大きい数字を英語で表現してみよう!

学校で数字を英語で表す方法を習いました。

 

例えば、100までの数字を
みなさんはスラスラと言えますか?

「サーティ」という単語を聞いて、
「30」か「13」か迷うことはありますか?

 

発音はできてもスペルが苦手な人もいますね。

 

例えば「15」を正しく英語で書けますか?

 

正解は fifteenです。

 

みなさんは覚えていますか?

 

「これくらい簡単!」という人も
読者の皆さんのなかにいるかもしれません。

 

 

では、そんな皆さんへ質問です。

 

桁数が大きい数字を英語で表現できますか?

 

例えば、25,000を英語で言えますか?

 

 

私も昔は表現の仕方が全然分からず、
覚えるのにとても苦労しました。

 

ですが、ある法則を知ってからは、
すぐに英語で言えるようになりました!

 

今回は、大きな桁の数字を英語で表せる、
とても簡単な法則をお教えします!

 

桁の単位は全部で4つだけ!

英語でふつうに使う桁の単位は、
実は4つしかありません。

 

下のイラストを見てください。

 

数字のコンマ(,)で単位が分かれており、
0が3つで単位が変わります。

 

上のイラストのように英語では、
4つの単位を使い分けます。

 

例えば「2万」を英語で表してみると?

 

 

正解は、20 thousand (twenty thousand)です。

 

英語では、「20千」のように表します。

 

 

まだ慣れませんか?

それでは、いくつか例題を解いてみましょう!

 

練習しよう!

ここでは、大きな数字を表現するために
いくつか練習をしてみましょう。

初めは難しいと思いますので、
先ほどの単位のイラストを見ながら
順番に解いてみましょう。

 

① 1万5千    (15,000)

② 2万4百    (20,400)

③ 5万2千    (52,000)

④ 30万    (300,000)

⑤ 55万    (550,000)

⑥ 200万    (2,000,000)

⑦ 350万    (3,500,000)

⑧ 4200万    (42,000,000)

⑨ 15億    (1,500,000,000)

⑩ 3500億    (350,000,000,000)

 

正解は?

いかがでしたか?

初見では難しいですよね。

一つずつイラストを使って解説しますね!

 

① 1万5千    (15,000)

 

正解は 15 thousand (fifteen thousand) です。

 

英語では、「15千」となります。

 

 

② 2万4百    (20,400)

 

正解は 20 thousand (and) 4 hundred
(twenty thousand (and) four hundred)です。

 

英語では、「20千+4百」となります。

andはあってもなくても大丈夫です。

 

 

③ 5万2千    (52,000)

 

正解は 52 thousand (fifty-two thousand) です。

 

英語では、「52千」となります。

 

 

④ 30万    (300,000)

 

正解は 300 thousand
(three hundred thousand) です。

 

英語では、「300千」となります。

 

 

⑤ 55万    (550,000)

 

正解は 550 thousand
(five hundred (and) fifty thousand) です。

 

英語では、「550千」となります。

 

 

⑥ 200万    (2,000,000)

 

正解は 2 million (two million) です。

 

英語ではそのまま「2百万」となります。

 

 

⑦ 350万    (3,500,000)

 

正解は、3 million 500 thousand
(three million five hundred thousand)です。

 

英語では「3百万+500千」となります。

 

 

⑧ 4200万    (42,000,000)

 

正解は 42 million (forty-two million) です。

 

英語では「42百万」となります。

 

 

⑨ 15億    (1,500,000,000)

 

正解は 1 billion 500 million
(one billion five hundred million) です。

 

他にも、
one and a half billion と表すことも可能です。

 

英語では、「1十億+500百万」となります。

 

 

⑩ 3500億    (350,000,000,000)

 

正解は、350 billion
(three hundred (and) fifty billion)です。

 

英語では、「350十億」となります。

 

 

さて、みなさんは何問正解しましたか?

 

桁が大きくなるほど、
難しいと感じた人は多いと思います。

 

もし、めんどくさいな~と感じた方は、
こちらのウェブサイトをどうぞ。

 

このサイトでは、数字を入力するだけで
自動的に英語に直してくれます。

 

 

また、今回の内容をより詳しく学びたい方は
こちらの動画をご覧ください。

 

バイリンガールのChikaさんが
今回の内容を詳しく紹介しています。

 

 

さて、続いては
西暦を英語で表す方法をご紹介します。

 

西暦を英語で言うには?

1995年や2020年など西暦を英語で表すには
少しルールが異なります。

 

単純に1995を
one thousand nine hundred and ninety-five
ということもできますが、
あまりにも長いですよね。

 

 

こんな時に役に立つのが、
数字の前半と後半を分ける方法です。

 

例えば、1995を表すとき、
英語では19と95に分けて言います。

 

この場合1995年は、
19 95 = nineteen ninety-five と表します。

 

他にも1889年は、
前半の18と後半の89に分けて、
18 89 = eighteen eighty-nine と表現できます。

 

 

ちなみに1906年のように
十の位に0が入るときは、
nineteen oh six のように
0を「オー」と読みます。

 

また、2000年を英語でいうときは
普通に two thousandで大丈夫です。

 

さらに、2005年を英語で表すには、
two thousand (and) five または
twenty oh five と表します。

他にも2020年は前半の20と後半の20に分けて
20 20 = twenty twenty と表現できます。

 

 

注意していただきたいのが、
このような前半と後半を分ける方法は、
西暦を言うときにしか使えません。

普通に4桁の数字を英語で表すときは
thousand などの単位を使う必要があります。

 

私も昔は、西暦をそのまま読んでいました。

 

それでも間違っている訳ではないのですが、
ネイティブは普通数字を分けて発音します。

 

現地の人がこのように発音するということは
リスニングでもこのように発音されます。

 

つまり、この言い方をマスターしない限り
リスニングでも「正しく聞き取れない!」
ということが起きてしまいます。

 

私もこの原則を理解する前に
リスニングを聞いたときは、
「なぜネイティブは数字を2つ言うのか?」
と戸惑ってしまいました笑

 

みなさんはこの原則を理解しましたので、
リスニングで困ることはありませんね!

 

最後に

この記事を最後まで読んでいただいた方は、
大きな数字を英語で表す方法を
一通りは理解できたと思います。

  • 数字の桁は基本的に4種類だけ
  • 4種類の桁を同時に使うことが多い
  • 西暦の場合は、前半と後半に分ける

 

実際には、1000万以上の大きな数字を
使う機会はそれほどないと思います。

(会計の仕事や勉強をしている人は、
よく見る数字だと思いますが…)

 

初めは難しくても練習を重ねることで
いずれは数字を見ただけでスラスラと
英語が出てくるようになると思います。

 

大きな数字をすぐに英語で言える人って
とってもかっこいいですよね!

 

ぜひ皆さんも数字の表し方をマスターして、
英語のレベルを向上させましょう!

 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  


現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。  


 
 


書籍と同時に受け取れるメルマガでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  


最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です