英語のエッセイの書き方を完全解説!【例文で、構成からくわしく説明】

英語のエッセイというと、難しいイメージがありませんか?

 

今回は、そんなエッセイをスムーズに書くための方法を、
サンプルをつかって解説していきます。

 

私は、以前エッセイの書き方がわからず、
IELTSというテストのライティングで悲惨な点数をとったことがあり、
すごく後悔した苦い経験があります。

 

あなたはぜひ今のうちに、書き方を知っておいてくだいね!

 

 

エッセイとは

エッセイとは英語の小論文のことです。

 

エッセイを書く機会は、
海外の大学や大学院への入学のためや、
TOEFLやIELTSといった英語能力試験の問題として出てきます。

 

 

「エッセイでは内容がよければ、いい」
と思いがちですが、実は形式に沿っていることが最初に注意すべきことなんです。

 

 

エッセイの内容は、あるトピックについて賛成・反対などの意見を主張して、自分の主張がどうして正しいのかを説明していきます。

 

 

エッセイの構成

エッセイは
・イントロダクション
・ボディ
・コンクルージョン

の3つの部分で構成されます。

 

ここでIELTSのサンプルエッセイをみてみましょう。

 

引用元:https://takeielts.britishcouncil.org/take-ielts/prepare/free-ielts-practice-tests/writing/academic/task-2

 

例題のトピック

A person’s worth nowadays seems to be judged according to social status and material possessions. Old-fashioned values, such as honour, kindness and trust, no longer seem important.

(最近では、人の価値は社会的地位や財産によって判断されているようだ。
昔ながらの価値観、例えば名誉や優しさ、信頼はもはや大事ではないようだ。)

 

回答例

イントロダクション

Given the power and influence of the super rich, it might seem as if social status and material possessions are the new symbols of personal worth, but in everyday life I do not think this is true.

ボディ

It is apparent that most celebrities today are admired or envied solely for their material wealth or position in various social hierarchies. Many of these people are known to turn their backs on friends, cheat on their spouses or spend their evenings over-indulging in alcohol and/or drugs. Things like owning a mansion, driving an expensive car and getting into A-list parties are exalted above old-fashioned values. Ultimately, though, it is the many readers of gossip magazines and celebrity blogs who reinforce these ideas.
Nevertheless, I do believe that in their day-to-day lives most people still believe in values such as honour, kindness and trust. In some way most of us want to form loving families, raise our children to be good citizens, stand up for the downtrodden and protect our communities from harm. We still form friendships, romances and business partnerships based on old-fashioned criteria. When our trust is abused or we are unfairly treated, we see that as a major violation of our relationship and we judge the wrongdoer accordingly.

コンクルージョン

In conclusion, I believe there is some truth to the notion that status and possessions have superseded old-fashioned values as a measure of a person’s worth. Looking beyond the tabloids, however, it is apparent that most ordinary people have still preserved an old-fashioned conscience.

この中で最も重要なのは、ボディの部分です。

 

ボディでは、主張が正しい理由を詳しく説明します。

 

1パラグラフにつき、1つの理由について書いていきます。

 

通常2~5パラグラフほどになります。

 

ちなみにパラグラフとは、ひとかたまりの文の集まりのことです。

 

上記の例では、2パラグラフでできていますね。

 

 

ボディ以外の、イントロダクションとコンクルージョンは、出題された問題のトピックとボディをつなぐ役割をします。

イントロダクションとコンクルージョンはなるべく、簡潔にまとめるようにしましょう。

 

この、エッセイの構成は、スピーチやプレゼンのときの原稿としてもつかうことができるので、ぜひ覚えておいてくださいね。

 

 

各パラグラフの構成

続いて、それぞれのパラグラフで、
どんな文を書いていけばいいか、説明していきます。

イントロダクション

 

イントロダクションは
・背景①
・背景②
・主張

の3文でつくられます。

 

回答例のイントロダクションの部分をみてみましょう。

Given the power and influence of the super rich, it might seem as if social status and material possessions are the new symbols of personal worth, but in everyday life I do not think this is true.

例文では、3つの文がつながっていますが、分けて書いたほうが書きやすいので、
気にしなくて大丈夫です。

 

 

背景①

Given the power and influence of the super rich,

(大富豪の権力や影響力を考えると、)

 

問題のトピックのキーワードについて一般的な話をする部分です。

 

当然なことや常識になっていることを書けばよいです。

 

例題では、トピックの中心となるキーワードは
social status(社会的地位)とmaterial possessions(財産)
の2つです。

 

この2つについて、よく知られていることを書きます。

 

 

背景②

it might seem as if social status and material possessions are the new symbols of personal worth,

(社会的地位と財産が、あたかも新しい、人としての価値のシンボルのように思われる)

 

キーワードが1つの場合、背景①で書いたことをより詳しく書きます。

 

キーワードが2つの場合、もう一つのキーワードについて、同じように一般的なことを書いていきます。

 

例文では、social status and material possessionsとしてキーワードを1つにして書いていますね。

 

 

主張

but in everyday life I do not think this is true.

(しかし、日常生活では、私はこれが正しいとは思わない)

 

あなたがトピックについて賛成か反対か、主張を書きます。

 

実際は、あなた自身が持っている意見というより、書きやすそうな方を選びましょう。

 

採点者は、個人的な考えではなくて、
読みやすく、説得力がある文章を書けるかを見ています。

 

 

ボディ

It is apparent that most celebrities today are admired or envied solely for their material wealth or position in various social hierarchies. Many of these people are known to turn their backs on friends, cheat on their spouses or spend their evenings over-indulging in alcohol and/or drugs. Things like owning a mansion, driving an expensive car and getting into A-list parties are exalted above old-fashioned values. Ultimately, though, it is the many readers of gossip magazines and celebrity blogs who reinforce these ideas.

 

ボディは
・ボディのトピック
・例
・議論
・ボディの結論

の4つでつくられます。

 

ボディのトピック

It is apparent that most celebrities today are admired or envied solely for their material wealth or position in various social hierarchies.

(今日、ほとんどの有名人は様々な社会的階層において、財産や地位だけのために、敬愛されたり、うらやましがられたりしていることは、明らかだ。)

 

主張の理由を端的に説明する文です。

 

ボディで言いたいことを始めにまとめます。

 

例文では、これからcelebrities を例に出すことがわかるように、書いていますね。

 

 

Many of these people are known to turn their backs on friends, cheat on their spouses or spend their evenings over-indulging in alcohol and/or drugs.

(これらの人々の多くは、友人に背を向けたり、伴侶を裏切ったり、お酒やドラッグにふけって夜をすごしたりすることで、知られている。)

 

この部分では、例としてあげたものについて詳しく書きます。

 

例文ではcelebritiesについて書いています。

 

 

議論

Things like owning a mansion, driving an expensive car and getting into A-list parties are exalted above old-fashioned values.

(豪邸を所有したり、高級車に乗ったり、VIP用のパーティに乗り込んだりするようなことは昔ながらの価値観よりも賛美される。)

 

例として挙げたことが、どうトピックにつながるのかを説明します。

 

2文以上に分けて書いたほうが、書きやすいときもあります。

 

例文では、celebritiesと昔ながらの価値観を対比させていますね。

 

 

ボディの結論

Ultimately, though, it is the many readers of gossip magazines and celebrity blogs who reinforce these ideas.

(けれども最終的に、このような考えを強化しているのは、ゴシップ雑誌や有名人のブログを読んでいる多くの読者たちだ。)

 

ボディで最も言いたいことを書いて、ボディをまとめます。

 

例文では、最終的に責任は読者にある、ということを伝えています。

 

 

コンクルージョン

In conclusion, I believe there is some truth to the notion that status and possessions have superseded old-fashioned values as a measure of a person’s worth. Looking beyond the tabloids, however, it is apparent that most ordinary people have still preserved an old-fashioned conscience.

 

コンクルージョンは
・主張のまとめ
・主張
・自分の願い/結論

の3つでできています。

 

主張のまとめ

 

今まで書いてきたことの要約を書きます。

 

文のボリュームによっては、なくても大丈夫です。

 

回答例では、この部分はありません。

 

 

主張

In conclusion, I believe there is some truth to the notion that status and possessions have superseded old-fashioned values as a measure of a person’s worth.

(結論として、地位と財産が、人の価値をはかるものとして、昔ながらの価値観に取って代わった、という考えは幾分正しいと思う。)

 

最初のイントロダクションで書いた主張を言いかえます。

 

英語では、同じ表現を二度使うことは、良くないとされています。

 

そこで、主張を再度書くために、違う表現をつかいましょう。

 

 

自分の願い・結論

 

Looking beyond the tabloids, however, it is apparent that most ordinary people have still preserved an old-fashioned conscience.

(しかしながらタブロイド紙の外の世界をみると、ほとんどの一般人は未だに昔ながらの分別をもっていることは明白である。)

 

最後に、全体をしめる文として、
今後望まれることや、まとめとなる一文を書きます。

 

例文では、昔ながらの分別を持っている人も多くいる、という前向きなとらえ方をして、
エッセイを締めくくっています。

 

エッセイの書き方

ここからは、エッセイを書いていく手順を説明します。

 

ステップ1:トピックの決定、メモ

 

問題のトピックから連想することを書きだしてブレインストーミングをしていきます。

 

そのあと、不必要なものや関連性が薄いものを消していきます。

 

 

ステップ2:全体構成を考える

 

・イントロダクションの内容
・ボディの内容とボディのパラグラフ数
・コンクルージョンの内容

をおおまかに考えていきます。

さきほどの解説を参考に、考えてみてくださいね。

 

ステップ3:原稿作成

 

全体構成ができたら、回答用紙に記入していきます。

 

ステップ4:推敲

 

記入したエッセイの見直しをしていきます。

☑チェックすること

  • スペルが正しいか
  • コンマ、ピリオド、セミコロンは正しく使われているか
  • 根拠や具体例がトピックとずれていないか
  • 単語や表現のくり返しがないか

 

フレーズ集

最後に、各パラグラフで使いやすいフレーズをあげましたので、
参考にしてみてくださいね。

 

イントロダクションで使えるフレーズ

 

  • Recently
  • In my opinion
  • I agree / disagree with

 

ボディで使えるフレーズ

パラグラフ1で

  • Firstly
  • First of all
  • For instance

パラグラフ2以降

  • Secondly
  • In addition
  • Next
  • Moreover
  • Furthermore
  • On the other hand
  • In spite of
  • Since then
  • Thirdly
  • Lastly
  • At last

 

コンクルージョンで使えるフレーズ

 

  • In conclusion
  • To sum up
  • In summary
  • To conclude
  • As a result
  • In other words
  • Therefore

 

まとめ

エッセイの書き方は、何度も書いてみて
エッセイの構成やよく使うフレーズに慣れることが一番です。

ぜひ、構成を念頭に置いて書いてみてくださいね。

きっと、今までよりも悩まず、スムーズに書けますよ!

 

IELTSを勉強中の方はこちらの記事もおすすめ!

IELTS7.0を目指そう!初受験で達成した私の勉強法

2020.01.23

 

 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  


現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。  


 
 


書籍と同時に受け取れるメルマガでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  


最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です