『お土産』は英語で何て言う?単語とフレーズをマスターしよう!

突然ですが、皆さん、『お土産』という言葉を聞いて、真っ先に何をイメージしますか?

 

  • 旅行に行った際に、家族、友人や同僚のために、現地で購入する『お土産』

 

  • 旅行ではなく、ホームパーティーや友人・親戚の集まりなどに持っていく、手土産としての『お土産』

 

一言に『お土産』といっても、シチュエーションによって微妙に意味が違ってきますよね。

 

 

また、『お土産』の習慣は、日本と、私が住んでいるアメリカでは少し違っています。

 

日本では、旅行や帰省などで会社をお休みした場合、会社の同僚にお土産を買って帰るのはマナーですよね。

 

ところが、アメリカでは、旅行に行っても、お土産は持って帰っても、実際の『お土産』は持参しないことがほとんどです。

 

しかし、私は、会社宛てにお土産を買って持っていく、日本の『お土産』の習慣は、日本人の気づかいを表現できる素晴らしい習慣だと思っているので、アメリカでも毎回旅行に行くと会社にもお土産を買って帰ります。

 

日ごろの感謝の気持ちを同僚たちに伝えられるチャンスでもあります。

 

何といっても、お土産を会社に買って持って行った日は、会社のチームの雰囲気が少し良くなったりして、ポジティブな日になりますよね。

 

そして、アメリカでは比較的シャイな日本人にとって、お土産を持参することでみんなと話のネタを共有できるので、お土産持参は戦略的メソッドだったりもします。

 

また、昨今では、会社の同僚や、友人、ご近所さんなどが英語を話す外国人であるということも珍しくはないはず。

 

 

「お土産は買ってきたけれど、英語でどう表現すればいいかわからないなあ」

 

と思ったことはありませんか?

 

 

 

今回は、『お土産』に該当する英単語と、『お土産』に関連したフレーズをご紹介したいと思います。

 

 

『お土産』って英語で何ていう?

『お土産』と聞いて、皆さん、真っ先に思い浮かぶ英単語は、”souvenir”ではないでしょうか?

 

しかし、英語の”souvenir”が日本語の『お土産』と全く同じニュアンスかと言うとそれは違います。

 

先ほども述べた通り、単に、『お土産』といっても、旅行の記念で買ってくるお土産や、訪問先に持参する手土産など、
シチュエーションによって日本語のニュアンスも違います。

 

ここでは、よく使用する、三つの『お土産』の英語表現、”souvenir”, “present”, “gift” の使い分けについてご紹介します。

 

souvenir

お土産=souvenir ?

 

高校受験などで、お土産=souvenirと暗記した人も多いかと思います。

 

お土産全般はsouvenirって言えばいいんじゃないの?と思いがちですが、souvenirのもともとの語源はフランス語で、「思い出」や「記憶」という意味だそうです。

 

なので、お土産全般というよりかは、
「記念品」、「思い出の品」
といったニュアンスが強いです。

 

そのお土産を見ながら、旅の思い出を思い出せるようなアイテムと言えばいいでしょうか。

 

具体的には、観光地などである、お土産屋さん(外国ではお土産屋さんはsouvenir shopと言って、まさにそのままの表現ですが)で売っている、絵ハガキやキーホルダー、マグカップ、マグネットなどが、souvenirです。

 

 

souvenirは、どちらかといえば、
自分への記念品
という感じですね。

 

なので、他人を訪問するときに持参する「手土産」としては、souvenirは使えません。

 

souvenirは自分への記念品presentやgiftは他人への贈り物と認識している人も多いようです。

 

ただ、旅先で買った記念品を、他人にプレゼントする場合は、souvenirを使用してもよいでしょう。

 

 

”○○のお土産” という表現

 

souvenirは、”○○(地名)のお土産” という意味で使用できます。

 

例えば、メキシコのお土産と言いたいときは、単純に

 

Mexican souvenir

 

と、【地名+souvenir】 と表現するのが簡単です。

 

他には、前置詞 from や of を伴って、

 

【souvenir from 地名】
ex)  souvenir from Mexico

【souvenir of 地名】
ex)  souvenir of Mexico

 

とも表現できます。

 

 

present / gift

 

souvenirが、”記念品” というニュアンスなのに対して、”人にあげる贈り物”としてのニュアンスでは、presentやgiftを使用します。

 

 

 

ホームパーティーや、友人・親戚などの集まりにお呼ばれされた際に持っていくお土産、いわゆる『手土産』を表現する際は、presentやgiftを使用します。

 

 

 

 

presentとgiftの違い

 

presentとgiftは、いずれも『贈り物』の意味ですが、giftの方が、presentより少しフォーマルな表現になります。

 

giftは、少し値段が高いかしこまった贈り物、presentはカジュアルな贈り物といった感じでしょうか。

 

 

旅のお土産をpresent / gift で表現しよう

 

日本の旅行先で買う、食べ物のお土産は、確かにパッケージなどで、旅を思い出させてくれるので、
souvenirと考える人もいるようです。

 

しかし、基本的に、渡してすぐに食べて消費されることがほとんどで、消費された後は、何も残らないので、souvenirを使用すると若干語弊が出てくる可能性があります。

 

presentやgiftを使った方が無難かもしれません。

 

「○○(地名)に行ってきたから、そのお土産だよ」

 

という時には、

 

This is a present/gift from my trip to ○○(地名).

This is a present/gift we brought back from ○○(地名).

 

と言うと良いでしょう!

 

 

souvenir、present、gift
を使わない『お土産』の表現

 

souvenir、present、giftを使用しないで、『お土産』、『手土産』、『贈り物』を表現するときは、ざっくりとした表現になりますが、”something”を使用することも可能です。

 

I bought something for you from my trip to ○○(地名).
○○のお土産を買ってきたよ!

I got you little something!
ちょっとしたお土産を持ってきたよ!

 

また、旅のお土産であれば、ずばり、買ったものを伝えてもいいかもしれません。

 

This is a pack of local coffee bean from California.
カリフォルニアの地元産のコーヒー豆です

This is a bottle of famous Napa wine.
有名なナパワインです

 

 

『お土産』に関連したフレーズ

 

 

 

『お土産』に該当する単語の使い分けができたところで、『お土産』に関連する会話表現もマスターしましょう!

 

 

旅行の『お土産』に関連するフレーズ

旅行に行く前のお土産に関連するフレーズ

 

Is there anything you want from Mexico?
メキシコのお土産で欲しいものはある?

 

Can you get me something from Japan?
日本で何かお土産を買ってきてくれない?

 

Can you get me Hawaiian Kona coffee?
ハワイのコナコーヒーを買ってきてくれない?

 

Don’t forget my souvenirs!
お土産よろしくねー!

 

I’m going to get something as a souvenir for my girlfriend.
(I’m gonna get something as a souvenir for my girlfriend.)
彼女にお土産を買う予定なんだ。

 

ちなみに、未来の予定を表す【be動詞+going to ~】についてはぜひこちらも参考に!

「It's gonna be」をネイティブのように使いこなしたい!

2020.01.28

 

お土産を購入するときのフレーズ

 

I’m looking for something for my family/friends/co-workers.
家族/友人/同僚のために何か探しています。

 

where is the closest souvenir shop?
一番近いお土産屋さんはどこですか?

 

what is the most popular item as souvenir?
お土産で一番人気のものは何ですか?

 

Do you have any recommendation for a gift within $50?
50ドル以内でおすすめのものはありますか?

 

How can I use this?
どうやって使うんですか?

 

Can you gift wrap it?
ギフトラッピングしていただけますか?

 

I’ll take this. / I’ll take one.
これをいただきます。/一ついただきます。

 

お土産を渡すときのフレーズ

 

This is a souvenir from Mexico.
メキシコのお土産です

 

I got you a small gift from Mexico.
メキシコでちょっとしたものを君に買ってきたよ

 

I went on a trip to Mexico and I bought you a
present. Here you are!
メキシコに旅行に行ってきたから君にお土産を買ってきたよ。どうぞ!

 

Guess what? I got something for you!
何だと思う? お土産を持ってきたよ!

 

Napa is famous for wine.
(場所) is famous for (もの).
ナパはワインで有名なんだよ

 

This is for everyone! Enjoy!
皆さんにこれを買ってきました。どうぞ!

 

I hope you will like it.
気に入ってもらえるといいな。

 

I thought you might like this.
これ、君が気に入るかなと思って。

 

 

Let me show you how to use/eat this.
どうやって使う/食べるかお見せします

 

 

お土産をもらった時

Thank you for the souvenir!
お土産ありがとう!

 

Thank you for getting me this!
これを買ってきてくれてありがとう!

 

Can I open it?
開けてみてもいい?

日本では、いただいたプレゼントをその場で開封するのはあまりいいマナーではないですが、アメリカでは、その場で開封して、「うわ~♡」っと良いリアクションをするのがマナーみたいなところがあります。

 

 

誰かを訪問するときに持っていく、手土産としての『お土産』に関連するフレーズ

I brought you a little present from the bakery.  It’s your favorite cup cakes.
ケーキ屋さんでちょっとしたお土産を買ってきたよ。君の好きなカップケーキ。

 

ちなみに、bakeryはパン屋さんをイメージする人も多いと思いますが、ケーキやクッキーなどを売っている店もbakeryと言います。

 

I got you something.
お土産をもってきました。

 

Here’s a little something for you.
ちょっとしたものを持ってきました。

 

This is a bread. I saw it was freshly baked.
焼きたてを見つけたので、パンを持ってきました。

 

This is for you.
I made some brownies this morning.
今朝ブラウニーを焼いたので、どうぞ。

 

 

おまけ: 「つまらないものですが」という表現

 

日本では、謙遜は美徳とされているので、お土産を渡すときには、
「つまらないものですが、どうぞ」
と言って渡すことがよくありますよね。

 

しかし、謙遜なんてめったにしないアメリカで、自分が持ってきた贈り物を「つまらないもの」と言ってしまうと
「え?なんでつまらないものをわざわざ持ってくるの?嫌がらせ?」
と思われかねません。

 

贈り物は自信をもって渡しましょう!

 

「つまらないもの」という謙遜表現に近い言い方としては、a little を使って表現するのが一番近いかもしれません。

 

I got you a little something.
あなたにちょっとしたものを持ってきました。

I brought you a little present.
ちょっとしたプレゼントを持参しました。

 

 

まとめ

お土産に関する表現方法について、理解していただけましたか?

 

『お土産』を表す3つの単語の違い

 

  • 記念品を表すsouvenir
  • 贈り物を表すpresent/gift
  • somethingを使ってお土産を表現できる

 

 

シチュエーションごとの『お土産』を使ったフレーズを覚えておくことが大切です

 

  • 旅行に行く前
  • お土産屋さんで
  • お土産を渡すとき
  • お土産をもらう時
  • お土産を持参するとき
  • a littleを使った”つまらないもの” の表現

 

 

みんなをハッピーにする『お土産』の習慣。

 

英語でもしっかりと表現して、ハッピーを倍増させちゃいましょう!

 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  


現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。  


 
 


書籍と同時に受け取れるメルマガでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  


最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です