私が『6 Minute English』をオススメする4つの理由

『6 Minute English』

 

皆さんは知っていますか?

 

これは、イギリスの放送局BBCが提供する「BBC Learning English」という英語学習サイト内のプログラムです。

 

 

このプログラムが英語学習にめちゃくちゃ使えるんです!

 

 

「もっとネイティブの英語に触れたい」

 

「自分の英語のレベルを上げたい」

 

そんな悩みを抱えたあなたに全力で『6 Minute English』をオススメしたいです!

 

これを読み終わった後には、新しい英語教材に出会うことができますよ!

 

 

今日はそんな私がオススメする『6 Minute English』をこの記事でご紹介したいと思います!

 

 

この記事では、

 

・6 Minute Englishとは

・6 Minute Englishをオススメする理由

 

について読めます。

 

『6 Minute English』ってなに?

『6 Minute English』をオススメする前に、『6 Minute English』とは何か詳しく説明したいと思います!

 

BBC Learning Englishについて

冒頭でも少し書きましたが、『6 Minute English』は、
BBC(British Broadcasting Corporation: 英国放送協会)が提供する、英語学習サイト内にある一つのプログラムです。

 

 

BBCはイギリスでラジオ・テレビを運営する公共放送局です。

 

日本でいうNHKのようなものです。

 

 

そして、このBBCが英語学習サイト『BBC Learning English 』も運営しているのです。

 

 

このサイト、本当に優秀なんです。

 

その理由の一つとして、コンテンツの充実度がハンパじゃないんです!

 

レベル別、目的別(文法・語彙・発音・ビジネス英語など)にカテゴライズされていて、自分のレベル・目的に合った学習ができます。

 

 

もちろん、BBCはイギリスの放送局なので、サイト内は全て英語表記にはなります。

 

しかし、ある程度の基礎がある方でしたら、全く理解できないことはないと思います。

 

むしろ、英語を英語で学ぶことで、理解がさらに深まり、日本語では説明しづらいニュアンスもしっかりとカバーできるのが利点です!

 

 

こちらの記事でも英語で学ぶことのメリットについて書いてあるので是非チェックしてみてください!

「英語を学ぶ」から「英語で学ぶ」へ!メリットと勉強法を徹底解説!

2020.01.29

人気プログラム『6 Minute English』

 

数あるプログラムの中で、人気プログラムの一つである『6 Minute English 』は、『Vocabulary』のカテゴリーに分類されています。

 

 

毎回様々なテーマに関して、2人の登場人物が6分間のトークを繰り広げます。

 

幅広いテーマが扱われていますが、どのテーマも小難しいものではなく、聞きやすいものになっています。

 

例えば、

 

・Why does seeing someone yawn make you yawn?

(なぜあくびをしている人をみると、自分にもあくびがうつるのか。)

 

・Can robots care of you?

(ロボットはあなたの事を気にかけることができるのか。)

 

・Is it a good idea to have a tatoo?

(タトゥーを入れるのはいいアイディアか。)

 

など、これらを見てもらって、「うわ、これちょっと難しそうなテーマだな・・・」と思うようなものはないですよね?

 

どのテーマもとっつきやすいのが『6 Minute English』の良さだと思います。

 

 

こうしたテーマの6分間の対話を聞き、6個のVocabulary(単語)が学べるプログラムになっています。

今すぐ『6 Minute English』を使って勉強したほうがいい理由

では、私がなぜ、ここまで『6 Minute English』をオススメするのか、4つの理由とともにお伝えしていきます!

1.本場のイギリス英語がどこにいても学べる!

『6 Minute English』はイギリスの放送局が提供しているプログラムなので、もちろんイギリス英語で作られています。

 

イギリス放送局で運営されている英語学習サイトの質が高くないわけがありません。

 

イギリスに行かなくても、本場のイギリス英語を学ぶことができるのが『6 Minute English』のメリットです。

 

 

またBBC Learning Englishの専用アプリがあります。

 

こちらがそのアプリになります。

 

音声をダウンロードして聞くことやアプリ内でスクリプトも見ることが可能です。

 

 

通勤や通学中にも、高い質で作られたイギリス英語の学習プログラムを気軽に使うことができるんです。

2.6分間という長さ

私が最初に英語を勉強し始めた頃は、「英語を聞く」ことにすごく抵抗がありました。

 

聞いてる途中で意味がわからなくなったり、長すぎると集中力が持たなくて、結局ちゃんと聞けてないなんてこともよくありました。

 

 

しかし、『6 Minute English』だったら、6分間という長すぎず短すぎない長さなので、私のような悩みを持っている方でも安心して学習できます!

 

 

逆に、6分と聞いて、「え、短すぎじゃん⁈」と思ったそこのあなたは一度『6 Minute English』を聞いてみてください。

 

意外と6分は短くなく、聞き応えがあるんです。

 

 

また、英語を話すスピードも速すぎず遅すぎず、英語学習者にとってはちょうど良いスピードだなと感じます。

 

またこの音声スピードは、シャドーイングの練習をするのにもうってつけです!

 

無茶な速さではないので、全く発音できないとはならないと思います。

 

かといって、めちゃくちゃ遅いわけでもなく、いい練習になるでしょう!

 

 

シャドーイングの詳しい学習方法はこちらの記事で紹介されているので、合わせて読んでみてください!

シャドーイングで口が回らない!そんな悩みを今すぐ解決できる方法

2020.01.21

 

3.更新頻度

『6 Minute English』は週一回、新しいテーマが更新されます。

 

ということは、週一回新しい英語教材が更新されるということです。

 

 

英語学習において、同じ教材を何度も反復するのはとても大事なことです。

 

反復と同じくらい大事なこと、それは、新しい知識に触れることだと思います。

 

 

しかも、更新は週に一度なので、一週間は同じテーマで学習し、また新しいテーマが更新されたらそこから一週間そのテーマについて学習することができます。

 

このように、『6 Minute English』で永遠に新しい知識を増やし続けることができるのです。

4.無料

ここまで、『6 Minute English』のいいところをお伝えしました。

 

こんなにいい教材です。

 

正直高いお金出してもいいと思えるくらいのクオリティなのに、

 

無料なんです。

 

BBC Learning Englishの全コンテンツが無料で使えます。

 

 

「本当は英語の参考書買いたいけど、お金がない…」

 

「英会話教室行きたいけど、月謝が高い…」

 

なんてもう悩まなくていいんです!

 

 

こんなに素晴らしい教材がインターネットさえあれば無料で使えるんです。

 

最早使わない手がないです!

 

まとめ

『6 Minute English』をオススメする4つの理由は、

 

1.本場のイギリス英語が手軽に学べること

2.6分間というちょうど良い長さの音声

3.週一という更新頻度の高さ

4.無料で利用できること

 

です!

 

 

今の時代、インターネットでなんでもできますが、英語学習もインターネット一つで事足りてしまうほどです。

 

皆さんにも、インターネットだけで利用できる『6 Minute English』のようなサイトを、学習方法の一つとして取り入れてもらえたらと思います。

 

 

そしてこのブログでも、随時英語学習に役立つ情報をアップしているので、是非他の記事も読んでいただければと思います!

 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  


現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。  


 
 


書籍と同時に受け取れるメルマガでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  


最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です