TOEIC IPスコアを履歴書に書いたら就活に有利?公開テストと比較!

TOEIC IPテストって履歴書に書けるの?

 

せっかく受けるなら高得点とった時のために
就活に使えるテストがいいですよね!

 

 

結論を先に言ってしまうと
就活で100%有利にしたいなら
公開テストを受けるべきです。

 

 

ただし!
もちろん、TOEIC IPテストを
受けるメリットはちゃんとあります。

 

実際、わたしも自分の大学で
年に1度は受験していました。

 

 

この記事では「TOEIC IPテスト」を受けるか
迷っているあなたに

  • IPテストと公開テストの徹底的な比較
  • IPテストを受けるメリット
  • IPテストを履歴書に書いてもOKか

をご紹介していきます。

 

 

この記事を読むと、TOEIC IPテストを
「受ける・受けない」が決めやすくなる
ので
ぜひ参考にしてくださいね!

TOEIC IP|TOEIC公開テストとの違い

そもそも「TOEIC IPテストってなに?」ってところからお話すると、

 

IP = Institutional Programで
一言でいうと特別な団体受験のことです。

 

一般的な公開テストの方は、
個人で受験しますよね!

 

一方で、IPテストは、学校や会社が、
生徒や会社員をまとめて申込み
をし、
試験を開催するテストです。

 

 

私の大学も、受験者を募って
年に何度も開催していました!

 

なぜ、何度も試験開催していたかと言うと、
650点以上取らないと、卒業までに必要な授業の履修が認められなかったからです(笑)

 

大学が外語大だったので、当たり前かもしれませんが「そんなこと聞いてない!」って
当時は、みんな焦っていました(笑)

 

 

余談はさておき、さっそく
IPテストと公開テストを比較していきます。

 

 

試験日程・頻度

公開テストは、
年10回で開催月が決まっています

 

IPテストは、
学校・会社が実施日を決められるので
その団体によって日程や頻度は変わります

 

 

受験地

公開テストは、
TOEIC側があなたの住所をもとに決めた、
試験会場で受験
しますよね。

 

IPテストは、
大学や企業が決めた場所で受験します。
大学であれば、おそらくカレッジ内での実施が一般的だと思います。

 

参考までに、私の大学は、何百人か収容できる一番大きな講義室で実施されてました!

 

 

受験料

公開テストは、6,490円(税込)
IPテストは、   4,230円(税込)

と、IPテストの方が1回あたり2,260円
安い
ので、かなりお得感はありますね!

 

ちなみに私の大学では、学年末は毎回「無料」でした。特に外語大なら、無料ってところも多いかも?

 

 

試験内容・レベル(難易度)

公開テストとIPテストの、内容とレベルは
同じです

 

ちなみに4年前まで、TOEIC IPテストは
「過去問の使いまわし」
と言われていました。

 

現在は「旧形式試験」→「新形式試験」に
変わったので、使い回しはされてない模様。

 

 

人にもよりますが私が受けたの時は「旧形式試験」だったからか、かなり簡単な印象でした。

 

おそらく過去に受けたことのある問題だったからでしょう。

 

もし「IPテストの方が簡単なら受けたい」と考えているなら、公開テストを考えたほうが良いかもしれません。

 

 

試験時間

上記で、テスト内容も難易度も同じだと
お伝えしました。

 

よって、公開テスト・IPテスト
どちらも2時間で同じです。

 

ちなみに私の大学では、だいたいが講義終わってから受験だったので、講義がいっぱい入っている日だと疲れている時に、受験なんてことも多々ありました(笑)

 

 

テスト結果・発送

公開テストは、テスト結果として
Official Score Certificate(公式認定証)
というものを受け取ります。

※試験日から30日以内に発送

 

 

IPテストは、テスト結果として
スコアレポート(個人成績表)
というものを受け取ります。

※学校・会社からTOEIC側に送られた後、
5営業日後に発送されるので受取は
一週間ちょっと、といったところでしょうか

 

テスト結果の見本はこちらです。

公開テスト IPテスト
Official Score Certificate
(公式認定証)
スコアレポート
(個人成績表)

※TOEIC公式サイトより引用

 

IPテストは公開テストと違って、写真がないですが、それ意外のスコアなどの重要な部分は、さほど変わりません。

 

 

余談ですが、学校・企業側は、受験者すべての成績を一覧でみることができる「スコアロースター」というものを受け取ります。

 

勝手な想像ですが、外語大なのに平均が低くかったら「生徒たちの成績が昨年度より低い。これじゃまずいぞ」なんて裏で会議してるかもしれないですね(笑)

 

 

テスト結果の再発行

試験日から2年以内の結果
であれば、どちらも再発行できるようです。

 

公開テストは、「TOEIC公式サイト」に
ログインして申請しましょう。

 

IPテストは、「TOEIC公式サイト」からは
再発行の申請ができません。
学校・会社に問い合わせてみましょう。

 

 

TOEIC IP|メリットは?

ここまでは「公開テスト」と「IPテスト」を徹底的に比較してきました。

 

「IPテストを受ける・受けない」を決めやすくするために、メリットをまとめてみます。

 

  • 安いから何度も受験しやすい
  • 試験会場に行くのに迷うことがない
  • 慣れたところで受験するので
    リラックスして受けられる
  • すぐに結果がもらえるから
    リアルタイムに対策を考えられる

 

 

また、私のIPテストの個人的な活用方法をご紹介すると、

 

気軽に何度も受けられるIPテストで

  • 自分の苦手な部分の把握
  • 時間配分の練習

をしていました。

 

 

「それって、過去問を自分でやるのと、同じじゃない?」と思われた方いると思います。

 

私は、自分ひとりでやるのと、試験っぽくやるのとでは、まったく感覚が違いました。

 

本番に慣れるっていう意味でも「IPテスト」はすごく良かったです。

 

スコアレポートも、もらえるので嬉しかったですよ!

TOEIC IP|スコアを履歴書に書いてもいいの?

job_hunting

さて、本題の「履歴書に書いても良いのか?」ってところをお話します。

 

結論からいうと、履歴書には書けますが
有利になるかどうかは
就職先によります

 

企業によっては、公開テストの結果(公式認定証)が必要な場合もあります。

 

 

なので就職に活用したければ

・IPテストを何度も受けて、点数を伸ばす
・就活が始まる直前に、公開テストを受ける

これが私のオススメです!

 

【履歴書の書き方】

公開テスト
「TOEIC公開テスト ◯◯点取得」

IPテスト
「TOEIC IPテスト ◯◯点取得」

 

TOEIC IP|対策方法は?

さっきもお伝えした通り、
「公開テスト」と「IPテスト」
の内容や難易度に差はありません。

 

よって通常の公開テストの対策をしましょう!

 

このサイトでは、TOEICの勉強法を
たくさんご紹介していますので
ぜひ参考にしてみてください。

 

 

→時間配分について

TOEICリーディングの時間配分は知っておかないと損します!

2020.01.19
→900点の目指し方

TOEIC900点の目指し方!単語力を確実に上げる方法3選

2020.01.29
→2ヶ月で100点上げる方法

2カ月でTOEICを点数を100点上げる簡単な方法

2020.01.17

まとめ

この記事のポイント

  • 就活で使うなら公開テスト
  • IPテストは学校・会社が実施する団体受験
  • IPテストは2000円以上お得
  • 内容やレベルは同じ
  • IPテストはリラックスして受けられる
  • IPテストも履歴書に書いてOK
  • IPテストはTOEICに慣れるために利用するのが◎
  • 就活で使う直前に公開テストを受けると◎
    ※直前といっても結果の受取まで約1ヶ月かかるので、間に合うように受験しましょう

 

 

 

メリット・デメリットのある「TOEIC IPテスト」ですが、活用方法によっては、価値のあるテストだと思います!

 

わたしも年に1度は受けていたので、自分の苦手なポイントを把握できて、本番までの試験対策に役に立ちました。

 

ただ、すぐに就活に使いたい方は、公開テストの方を受験することをオススメします!

 

TOEICの試験、がんばってくださいね!
応援してます。

 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  


現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。  


 
 


書籍と同時に受け取れるメルマガでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  


最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です