TOEIC と TOEFL の違いは? 英文学科卒、現役高校教師が教えます!

あなたは、「TOEIC」「TOEFL」というテストを耳にしたことはありますか?

 

テストの詳しい内容はさておき、英語の試験の名称であることは、ご存知ではないでしょうか。

 

いずれも、一般的に広く受験されている英語試験です。

 

しかし、それぞれの試験の中にも種類があり、その内容も大きく異なります。

 

 

どの試験を受けたらよいのか、悩みますよね。

 

「英語学習の成果を試したい」

 

「英語を使う仕事に就きたい」、

 

「履歴書に書ける資格が欲しい」

 

テストを受験する目的は様々でしょう。

 

実は、受験するテストを選ぶポイントは、受験の目的」なのです!

 

 

TOEIC ・TOEFL それぞれの特徴や試験内容等の違いを見ていきながら、テスト選びのポイントもお教えしていきます!

 

 

【運営者プロフィール】
東大生英語教師ジャック
"勉強法"をトコトン追求し、最短効率で東京大学に現役合格。TOEIC935点取得。 勉強法を発信したYoutubeチャンネルは登録者8000人超え。 ジャックの無料公式LINEは1000人以上が登録。1ヶ月の勉強でTOEICの点数が800超えたり、英語が絡む仕事に転職したり、ネイティブとストレスなく話せる人が続出。

TOEIC テストとは?

TOEIC の正式名称をご存知ですか?

 

TOEIC とは、Test Of English International Communication の略称です。

 

その内容は、基本的に、日常会話やビジネスに重点が置かれています。

 

受験者のターゲットは、主に大学生および社会人と言ってよいでしょう。

 

大学入試改革の対象試験から、TOEIC テストが外れたことからも、大学生以上をメインターゲットとしていることがわかります。

 

 

このTOEICテストには、大きく4つの種類があります。

 

その4種類を見ていきながら、TOEFL テストとの違いを確認してみましょう。

 

 

① TOEIC テスト ( Listening & Reading Test )

一般的に言われる「TOEIC」は、このテストです。

 

紙の問題用紙、解答用紙を用いたリスニング100問(45分)+リーディング100問(75分)で構成され、990点満点の試験となります。

 

リスニングは、一斉放送で行われます。

 

費用は、5830円ですが、リピーター受験割引などの制度もあるため、申込みの際に調べることをおススメします!

 

 

受験後、スコアの公式認定証が発行され、大学受験や就職の際に使用できます。

 

実際、就職活動に向けた大学生、企業等から取得を課せられた社会人、英語関連の職に就いている社会人等の受験者が多いようです。

 

このTOEIC テストが、もっとも主流と言えますね。

 

 

② TOEIC IP テスト

これは、TOEIC テストのいわゆる「団体試験」です。

 

大学単位で申し込み、その大学の学生が受験するというスタイルが多いです。

 

費用は、4230円と、TOEIC テストよりも少し安いですね。

 

 

ただし、IP テストは公式認定証が発行されません!!

 

ですので、あくまで「練習」です。

 

私自身、大学在籍中、模擬試験としてIP テストで練習した上で、TOEIC テストを受験しました。

 

模試感覚で受験するテストとして、おススメのテストです。

 

 

③ TOEIC Bridge Test

TOEIC Bridge Test は、初級者~中級者向けテストです。

 

内容も、ビジネスよりも、日常生活に重点が置かれています。

 

小、中学生の受験にも適しており、受験料は4950円とやや安くなっています。

 

 

英語学習を始めたばかりの方、TOEIC受験を将来的に目指している方におススメですね。

 

しかし一般的な汎用性は高いとは言えません。

 

 

④ TOEIC Speaking & Writing Test (S&W Test)

上記①でお伝えしたTOEIC テストは、リスニングとリーディングでしたよね。

 

このSpeaking & Writing Test (S&W Test)は、そのTOEIC テストで網羅されていないスピーキングとライティングの力を測るテストです。

 

受験料は10450円と、もっとも高くなっています。

 

スピーキング試験だけの受験も可能で、その場合の受験料は、6930円となっています。
※ライティングだけの受験は不可

 

 

一般的な認知度はあまり高くありませんが、商社や外資系企業など、ビジネス英語を話すことを求められる受験者には適しているでしょう。

 

 

以上のように、単にTOEIC と言えども、たくさんの種類があるのですね。

 

その内容や難易度、受験形式や受験料に違いはありますが、
共通するポイントは「日常会話」と「ビジネス」重点が置かれているということです。

 

特に、「ビジネス」色が強いと言えます。

 

 

そしてもう一つ大きなTOEIC の特徴。

 

それは、国際的な認知度は低いということです。

 

日本国内での受験や就職、スキルアップの試験としては、まったく問題ありません。

 

ですが、海外の大学や企業へのエントリーのためのアピールには、向いているとは言えません。

 

 

日本国内で英語力を示したいという方は、目的や内容に応じて、4種のTOEIC テストから選んでいくと良いですね!

 

 

東大生の英語勉強法が無料で学べる
この記事を読んでくれているあなた限定で、東大生の効率的な勉強法が学べる公式LINEへ無料で招待します。今だけ、東大生が書いた2つの書籍も無料でプレゼント

TOEFL テストとは?

さあ、次はTOEFL テストについてご紹介していきます。

 

TOEFL テストとは、Test Of English as a Foreign Languageの略語です。

 

 

このテストの大きな特徴、かつポイント。

 

それは、TOEFL テストは、アメリカ、イギリス等の教育機関や企業の判定基準として、採用されているということです。

 

そのため、その試験内容も、当然アカデミックなものとなっています。

 

この段階で、TOEIC テストとの特徴の違いが、かなり見えてきましたね!

 

 

実は、TOEFL テストも、TOEIC テスト同様に3種類あります。

 

TOIC テストとの違いを整理する前に、その3種類を簡単にご紹介しておきますね。

 

 

① TOEFL iBT テスト

TOEFL iBT テストは Internet-based Test の略称。

 

つまり、インターネット版のTOEFLテストです。

 

そのため、紙ベースのTOEIC テストと異なり、パソコン上での試験となります。

 

試験内容は、リーディング、リスニング、スピーキング、ライティング4技能、すべての力が測られます!

 

そのため、トータルの受験時間は4~4.5時間と大変長丁場です。

 

問題、解答ともにパソコンの画面上で行い、リスニングは、ヘッドセットをつけての実施。

 

スピーキングでも、パソコン画面に向かって解答します。

 

受験料は、US$235ですが、申込日によっても、受験料が異なりますので、申し込む際は、確認が必要です。

 

TOEIC テストと比べると高額ですが、国際的かつ4技能を網羅しているので、妥当な金額でしょう。

 

 

この iBT テストが、TOEFL テストにおいてはもっとも主流で、海外の教育機関や企業は、このiBT テストのスコアを採用しています。

 

つまり海外留学や就職等を目指す方に、最適なテストと言えます!

 

 

② TOEFL ITP テスト

TOEFL ITP テストは、Institutional Testing Programs の略称です。

 

TOEFLテスト開発のETSが提供する「団体試験」のため、公式なスコア証明書はもらえません。

 

 

TOEIC でいうTOEIC IP テストと同じですね。

 

TOEFL ITP テストは、TOEIC と同様に紙ベースの試験で、リスニングとリーディングのみとなっています。

 

そのため試験時間も、2時間程です。

 

公式なスコア証明は出ませんが、受験料は iBTより安いので、TOEIC IP テスト同様、TOEFL iBT テストの「練習」として活用できますね!

 

 

この他にも、インターネットが使用できない地域のみで実施される改訂版TOEFLペーパー版テストがありますが、受験者は限られているため、名前のみのご紹介に留めておきますね。

 

 

以上のように、TOEFL テストの大きな特徴は「国際的に使用されていること」および「アカデミック性が強い」ということです。

 

このことからも、TOEFL テストは、海外留学や就職を志す方向けのテストということがわかりますよね。

 

 

そしてこれが、日本国内使用がメインのTOEIC テストともっとも異なる点なのです!

 

 

まとめ

1. TOEIC テストの内容は「日常会話」と「ビジネス」

 

2. TOEIC テストの主流はTOEIC テスト!
受験や就職等、公式認定証が必要な場合は必ずこれ!!
その他、練習用のIP テスト、Bridge テスト、S&W テストは
試験内容や目的に応じて選択!

 

3. TOEIC テストの国際認知度は低い!!
※日本国内での受験や就職を望む方向け!

 

4. TOEFL テストは海外の教育機関や企業の判定基準
※「アカデミック」性が強い試験内容

 

5. TOEFL テストの主流はTOEFL iBT テスト
※海外の多くの教育機関や企業が判定基準に採用
※パソコン上での4技能の試験

 

 

「TOEIC テスト」「TOEFL テスト」

 

どちらのテストが、あなたに適していますか?

 

その答えは、あなたがテストを受ける「目的」にあります!

 

テストスコアを「日本国内」で使うのか。

 

それとも「海外」で使うのか。

 

そこがハッキリすれば、おのずと答えに辿り着くはずです。

 

 

さあ、TOEIC と TOEFL の違いをよく理解できた今、あとはテストに向けて学習あるのみですね!

 

 

ただし、テストの開催時期や場所も様々ですので、その点もよく調べておいてくださいね。

 
英単語を超効率に覚える書籍を無料プレゼント
期間限定で英単語を超効率に覚えるテクニックを解説した書籍「英単語のトリセツ」を無料でプレゼントしてます。LINE友達追加するだけで5秒以内でもらえます。

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、

工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  



現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が

最新英単語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、

ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。

 ※書籍はお持ちのスマホ・PC ですぐに読むことが可能です。

書籍と同時に受け取れる公式LINEのコラムでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  



最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事を書いた人

山崎
山崎
TOEIC950点取得。某大手オンライン英会話講師、英検教材作成、翻訳など英語に関わる仕事を経験。
現役高校英語教師を務めながらライターとしても活動中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。