英語力がのびないとお悩みのあなたへ。「独学」で一発解決できますよ。

こんにちは、English Lounge管理人のジャックです。

 

今回は、

「1番成長が速い英語の学習スタイル」

について話していきます。

 

英語塾にいった方がいいとか
とりあえずマンツーマンとか
自分でやった方がいいとか

色々な意見がありますけど、

 

結論からいうと、

独学が一番速いです。

 

英語塾に通うより
独学の方が
英語が早く上達するし、安いです。

 

その理由は3つあって、

・好きなときに勉強できるので無限にアクセルがふめる

・アクティブに学ぶので脳への定着がいい

・単純に楽しいので続く

です。

 

順番に説明していきます。

これを読めば、いますぐにでも
「独学で英語を学ぼう!」
とやる気が起きること間違いなしです。

 

独学は無限にアクセルが踏める

独学のいい点は、「いつでも」「どこでも」できることです。

 

「英語を上達させたい!!!」

という強い願いがあったとしたら、そのエネルギーを全て英語にぶつけることができます。

 

本当に英語を身につけたいなら、

・朝の時間
・休み時間
・移動時間
・寝る前

すべての時間を英語のために使えるので、当然その分成長ができるわけなんですよね。

 

 

逆に、英語塾に通うという選択は、自分で自分にブレーキをかけています。

週1とか週2っていう足かせを自分にかけているんですよ。

 

「どうせ来週また授業あるからいいや」
「自分では何もやらなくていいや」

こういう発想になってしまう。

 

もちろんこれでは週数時間しか英語にふれないので、成長が遅くなります。

英語は「週数時間で短期間習得!」となるほど甘くはないです。

 

独学で四六時中英語に触れている人に、あっという間に抜かされてしまいます。

独学なら短時間でのマスターも可能ですので。

 

これが、僕が独学を推奨している1つめの理由です。

 

独学はアクティブラーニングで定着がいい

アクティブラーニングという言葉を聞いたことあるでしょうか。

 

自分から積極的なアウトプットしたり、いわばアクティブに学ぶことです。

 

 

逆に、受け身で学ぶことをパッシブラーニングと言います。

アクティブラーニングは、実は最近の勉強法の中でも話題になってるんですよね。

その理由は、アクティブラーニングをすると、頭への定着が圧倒的によくなることが脳科学的に分かってきているからなんです。

 

 

たとえば、何かを覚える時に、ノートにまとめるみる。

 

「書く」という行為はアクティブなので、脳への定着が良くなります。

 

このアクティブラーニングの考え方は大事で、

たとえば本を読むときも、単に読むんじゃなくて、ノートにまとめながら読んでみる。

 

こうすると、1週間後の脳への定着度が恐ろしいほど変わります。

 

僕も昔は読みっぱなしだったんですけど、一時期から読みながら表紙のウラに内容を書き込みながら読むことにしました。

表紙のウラっていうのは、カバーを外した、そのウラです。真っ白のところです。

 

こんなかんじ。

 

 

これをやったら、3つものいい点がありました。

 

頭の中でも本の要旨を綺麗に整理できるようになったし、

途中で再開する時も、前のまとめが書いてあるのでスムーズに再開できるし、

読み終わったあとも、見直したいときにはまとめたものを見ればOKになりました。

 

 

僕は今まで読んだ本のまとめを、全てがカメラでパシャリと撮って、スマホに保存しています。

「あの本どんな内容だったっけなー」

と思い出したいときって意外とあって、今まで読んだ本のまとめが全て画像化されてると、めちゃくちゃ便利なんですよね。

 

すぐにスマホを取り出して、自分がまとめたモノをみれるわけですから。

しかも自分で一回整理して書いたモノなので、理解度も別格です。

 

ただ本を読むより、冗談抜きで5倍くらいの効果があるのかなー、と。

 

 

この方法こそが、Theアクティブラーニング。

 

やってみれば分かりますけど、脳へと定着度がハンパないので。

 

しかも、僕が数十冊の本をまとめた画像たちは、いまではかなりの価値になっていると思います。

 

僕から見れば、もう100万円くらいの価値があると思ってます。笑

 

 

さらに、書くだけじゃなくて、人に話したりするのもアクティブラーニングです。

 

僕が英語教師として教えているのもそうだし、
教える仕事をしてなくても、youtubeでしゃべってみたりするのも面白いですね。

 

しゃべってるだけで自分の頭の中で情報が再整理されて、理解度がうんと上がります。

 

 

でも、こうしたメリットしかないアクティブラーニングは、英語塾だと出来なくなってしまうんです。

 

どうしても教師が言ったことを受動的にこなすことになってしまう。

 

これだと、脳へ全然定着しないです。

 

英語塾に通って

「全然伸びないんだよなー」

って言ってる人は、だいたいパッシブなのが原因です。

 

この違いを一言で表すと、

「親にお金もらって留学に行かされた学生と、自分でお金を払って積極的に留学にいった学生、どっちが上達しますか?」

って話です。

 

そりゃ後者だよなー、と。

 

これを、独学なら英語学習に取り入れられるってことです。

 

 

僕自身英語教師をしていますが、生徒さんにアクティブに学ばせることを常に念頭に置いてます。

 

英語を学ぶメリットを理解してやる気が出させたり、
自分の弱点を自分で考えさせたりしています。

ノートも積極的に書くようにいっています。
(ほんとうは自分で考えて欲しいのですが。笑)

 

でも、だいたいの英語塾はそうなっていないんですよね。

 

大手の塾だと、100%マニュアル通りです。

マニュアル通りだと、どうしても一人一人の生徒のことを考えた授業にならないし、生徒側もパッシブになってしまいます。

 

これでは、成長しようがありません。

 

 

でも、独学で英語をやれば、アクティブラーニングによって右肩あがりに成長できますね。

 

独学英語は、単純に楽しい

 

しかも、独学で英語を学ぶと、単純に楽しいんですよ。

 

やってみればわかりますけど、独学で英語を学ぶのはちょー楽しいです。

 

「英語 = 苦痛」

っていう図式が頭に染みついている人は、はっきり言って学校とか英語塾のイメージのはずです。

「なんで先生の言ったことをやらなきゃいけないんだ」とか、
「これで本当にのびるのか?」とか、

不安や反発で英語のイメージがだだ下がりしてる状態です。

 

でも、本来の英語学習はそうじゃないはず。

 

たとえば、僕が推奨している勉強はというと、

 

・好きな洋画を見る

・興味のある本を読む

・旅行に行く

・YouTubeを見る

など、楽しいものばかりです。

 

でも、これが本来の言語の勉強法なんですよね。

テキストの上の英語なんて本当の英語ではありません。
化石の英語です。

実際に使ってこそ、ほんとうの英語なので。

 

独学で英語を勉強してみれば、

「本来の英語の勉強って楽しい!」

ということがわかると思います。

 

英語を身につけたいなら独学!

今回は独学が最強の英語勉強法であることを話してきました。

 

もう一度理由をまとめると、

・好きなときに勉強できるので無限にアクセルがふめる

・アクティブに学ぶので脳への定着がいい

・単純に楽しいので続く

の3つです。

 

今、「英語の勉強=先生に学ぶ」という図式ができているなら、今すぐ独学を試してみるといいと思います。

 

英語学習へのイメージが180度変わるので。

 

もし、独学しても変わらない人がいれば、それはパッシブにやっている証拠です。

 

僕が至るところでアクティブに学習する方法を書いているので、参考にしてみてください。

 

独学の効果に気づければ、英語をマスターできるのも時間の問題になりますよ。

 

では!

 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  


現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。  


 
 


書籍と同時に受け取れるメルマガでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  


最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です