中学英語をやり直したい大人のあなたへ。いま勉強しないと後悔する話

目的はさまざまですが、大人になってから
「英語を学び直したい」と思っている方
最近、本当に多いですよね!

 

 

私に4度の留学経験があるからか
よく友達からこういった相談を受けます

「外国人のお客さんが増えてきたから
英語の勉強しようと思ってるんだけど
どう勉強したらいいかなー?」

 

私はそれに対して100%「中学英語で基礎がためをするといいよ!」と返します。

 

  • 英語を話せるようになりたい
  • 英語でメールできるようになりたい

どんな目的にせよ、まずは「基礎である中学英語から」というのは共通して重要です。

 

 

そこで、今回は忙しいあなたに
最短で中学英語をマスターする方法
をお話します。

 

 

英語ができるようになったら、
人生が楽しくなります。

程度でいうと、
「音楽がながれると、踊りだす南米の人」
くらい楽しくなります。本当です。笑

 

 

なので、本気で学びたいと思っている方、

  • なぜ中学英語からなのか
  • どう勉強し始めたら良いか

を知り、今後の勉強に役に立ててくださいね

 

中学英語の学び直しが有効なワケ

今後あなたが勉強していくうえで、今一度、頭に入れておいて欲しいことがあります。

 

それは、
「自分にあったレベル」から勉強すること

 

分かってても、ついつい、すっ飛ばして
「自分のレベルに合ってない難しいこと」
から勉強してしまうことってありませんか。

 

 

わたしも、英語に限らず
すっ飛ばすことが多々ありました。

 

IT企業で働いていた時、京大院卒の上司に

レベルが10まであった時に、
レベル1の人がいきなりレベル6を
理解できるわけないんだよー

と言われてハッとさせられたことがあります

 

「基礎からやる」っていう、
この当たり前のことを守るのって
結構むずかしいなーと思うんです。

 

 

なぜすっ飛ばすのか考えてみたんですけど
「高レベルなことをやると、基礎も自然と身につくんじゃないか」っていう甘い考えがあるからだと思うんですよ笑

 

でもだいたい、早く習得したいがために、難しいことから始めると、かえって自分を苦しめることになるんですよね。

 

私の上司は、これを守ってきたからこそ、
「京大院卒で・仕事もできる人」
なんじゃないかって思うんです。

 

 

だから、あなたには中学英語という「基礎」から脱線せず、勉強していってほしいと思います。

 

また、中学英語の中でも、簡単なものから確実に理解していくようにしてくださいね。

 

「過去形」のルールを知らないのに
「過去完了進行形」をいきなり勉強しても
分かるわけがないですよね。

 

ややこしくなって挫折するリスクを防ぐためにも、基礎からやるってことをぜひ守ってみてくださいね。

どう勉強すれば良いの?

どう勉強すれば良いかイメージできるよう
なるべく具体的に、お話していきます。

 

分かる・分からないを分類する

まずは、教材と問題集を用意して、
全体をざっくり把握しましょう。

買ってみた教材の「目次」を
みるだけでも良いと思います。

 

そして、次に

◎ 完全に理解できている
◯ なんとなく理解している
△ 理解が怪しい
✕ ぜんぜん分からない

この4つに分類して、項目の隣に書いていき
自分のレベル確認をしましょう

 

この赤文字のような感じです。

 

そして、これを見ながら
「平日は1日1項目やろう」
といったように計画を立てます。

 

 

勉強の進め方

さっき「基礎からやるべき」と伝えましたが
一般的に教材は、後ろにいくにつれて難しくなってくはずなので「完全に理解してる◎以外の項目」を前から順にやりましょう

 

そして、

  • なんとなく理解できたらその隣に◯
  • 完全理解したらその隣に◎

をつけて、しっかり管理しながら進めます。

 

 

重要なポイント

100%理解できなくても、なんとなくでも理解した項目には躊躇せず◯をつけましょう

 

一度読んだだけで◎にすることなんてないですし、他の項目を勉強しているうちに、自然と分かるようになってることもあるので、◯のまま進んじゃいましょう!

 

そこで思考停止したら、
間違いなく時間だけが過ぎてきます。

 

その時100%理解できなくても、別に警察に逮捕されるわけじゃないですし、2周目に入った時にじっくり理解する時間を設ければ大丈夫です!

 

完璧主義者の方、要注意です!
(経験者は語る)

 

 

このように、その時々のあなたの英語力を
「見える化」させてあげるだけで

  • 勉強のモチベーション維持しやすい
  • 分かっている部分を何度も見るという
    非効率な勉強法をしなくて済む

といったメリット出てきます。

 

 

余談ですが、人は「分かる」部分を、
何度もみてしまう傾向があります。

 

なぜかというと「自分は理解できてるんだ」
という安心感が得られるからです。

 

でも分からない部分にフォーカスしなければ、当たり前ですが短期間で成長できません

 

なので、分からない部分をつぶしていくイメージで勉強していきましょう!

 

 

そして、全てが◎になるまでやることです。

 

何度読んでも理解できないときは、
悩む時間がもったいないので、
むりに理解しようとせずググりましょう

 

 

また、ほかの教材に浮気するのは絶対NGです

 

他の教材をやるときには、一つの教材を一通り◎にしてからにしてくださいね。

 

なぜなら、他の教材にしたところで、良くなるなんてことは、ほとんどないからです。

後悔しないために

おそらく、あなたは「英語を学び直したい」
ってずっと思ってきて、ようやく勉強しよう!って決意したところだと思います。

 

理解できなくて「こんながんばってるのに」
なんて心が折れそうになる時が必ずきます。

 

でも、一つの教材の項目すべてに
◎がつくまで諦めないでほしいんです。

 

なぜかというと私はそれをするだけであなたの人生が変わると確信しているからです。

 

あなたが教材1つ終わらせた時、
まず、英語に対しての自信がつきます。

 

そして、それがきっかけとなってもっと英語が好きになります。

 

英語が好きになると気づいたら勉強してたりしますし、勉強が嫌じゃなくなります。

 

そして英語力がついたら、洋画や海外ドラマをみたり、外国人に道を聞かれたり、海外旅行に行った時に、これまでとは違う景色が見えるようになると思うんです。

 

私は、昔は数学が大好きで、
逆に英語が超苦手な子でした。

 

でもちょっとしたきっかけで英語が楽しいと思えるようになり、一人で海外旅行へ行ったり、外国人の方とお付き合いしたり、外国人と仕事したり、すごく刺激的で楽しい人生が送れてます。

 

だから、あなたにも諦めないで
この景色を見てもらいって思うんです。

 

熱く語ってしまいましたが、
心からそう思ってます。

 

あの時やればよかったなんて思わないように、今、この瞬間から行動してみましょう!

 

まとめ

この記事のポイント

  • 「基礎から学ぶ」を徹底的に守る
  • むずかしいことからやると後で苦しむ

 

  • あなたがこれからやること
    1. 教材・問題集を1冊ずつだけ用意する
    2. 分かる分からないを分類する
    3. 計画を立てる
    4. 前の方から◎以外をやる
    5. 理解したら◯や◎をつける
  • 現状把握のために常に「見える化」する
  • 全ての項目が◎になるまで
    他の教材に浮気しない

 

 

熱く語ってしまいましたが、
今始めなければこの先ずっと
「あの時、英語の勉強はじめてれば今頃…」
って後悔すると思うんです。

 

すでに後悔してるなら、確実にまた1年後「1年前に始めればよかった」なんて後悔します。

 

なので、少しでも「英語をやり直したい」って思っているなら、それはすごく素敵なことだと思うので、ぜひ、今からでも本屋へ行って教材と問題集を買って始めて見てくださいね!

 

このサイトの運営者である現役東大生の「勉強に関する考え方」も、英語をやり直そうと思ってるあなたに、参考になると思うので、ぜひみてみてくださいね。

万里の長城から学ぶ、勉強を10倍ラクにする2つの考え方。

2020.02.01

 

 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  


現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。  


 
 


書籍と同時に受け取れるメルマガでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  


最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です