TOEIC受験前日だからこそ最後の一手!スコアアップの総仕上げ

明日はついにTOEICの試験日!

 

さて、あなたはどう過ごしますか?

 

「最後にもう一度過去問」
「いつも通りのルーティーンを崩さない」
「わからないポイントが出て混乱しないように、あえて何もしない」

 

どれが本番でベストを出すために効果的なのでしょうか。

 

 

実際私もイギリスでの大学留学を終えて、日本での英語力の証明書としてTOEIC受験を決意したのですが、「試験」というスタイルそのものに緊張してしまいました。

 

それでも、TOEICの特徴を知っていれば、ポイントをおさえた準備をして、リラックスして本番を迎えることができます!

 

 

そこで今回は、TOEICで確実にスコアアップするための前日の準備についてご紹介します。

 

緊張をも武器にして、本番でベストパフォーマンスを発揮できるようにしましょう!

 

 

イメトレで最終調整!模試でTOEIC脳をセットする

TOEICはゲーム的要素が高いという表現が使われることがあります。

 

これは、特定の「攻略法」のようなものが存在するということなんです。

 

 

私の英語ネイティヴの友人でTOEIC満点の人は実は誰もいません。

 

これは「英語を話すことができる=TOEIC高スコア」ではない証拠。

 

 

だからこそ、TOEICで問われる英語だけに集中して、TOEICスタイルつまりその形式を身に染み込ませることで、絶対的な余裕を生み出すことができます

 

 

すでに問題集や対策本で準備を進めてきたうえで迎える前日には、次のポイントを意識して、イメトレの実践である模試に挑戦しておきましょう。

 

1. 各パートの設問の種類を確認
2. 時間配分の確認

 

 

実際に模試を前日にやってみると、そのスコアが気になってしまうかもしれません。

 

もちろん実力チェックにもなるので誤答を出した箇所が気になるのは当然です。

 

ただ前日だからこそ重要なのが、「何を間違ったのか」ではなく「時間内に全問回答できるか」。

 

 

TOEICスタイルに自信とゆとりをもって対応できるTOEIC脳にセットするために、前日にもう一度模試を活用してみましょう。

 

 

英語の基礎体力を支える「単語」を復習

TOEICはもちろん、英語力の基礎となるのが語彙力です。

 

特にTOEICで頻出する単語には傾向があり、TOEIC用の単語帳をしっかり復習することは、リーディングパートだけではなくリスニングパートでも効果を出してくれます。

 

 

TOEICはビジネスシーンを想定した出題が多く、大学受験で求められる単語とは異なる分野の知識が求められています。

 

これは、先述した英語ネイティヴが必ずしも満点を取れるわけではない、という理由にもなります。

 

 

ここで注意したいのが、前日に使用する単語帳は、必ずいつもの勉強で使用していたものに限定する、ということ。

 

直前まで新しい単語を学び続ける!という意識は重要かもしれませんが、TOEICというテストでスコアを上げるためには効率の良いことではありません。

 

「あ、この単語いつも忘れちゃうな」というようなものをチェックしつつ、瞬時に意味をつかめる語彙数をひとつでも増やす感覚で復習してするのがポイントです。

 

 

TOEIC用の単語帳を最終チェック、この一手は毎日のルーティーンの延長上の対策として絶対にハズせないということを覚えておきましょう。

 

 

ここで逆に「前日だからこそ避けたい」こともお話しておきます。

 

 

新しい教材に手をつけない

単語の復習でも触れましたが、TOEIC前日の過ごし方に「新しい情報のインプット」は適していません。

 

ベストなアウトプットを実現するための最終調整日であるからこそ、今まで使い込んできた対策本・問題集を使いましょう

 

 

私がTOEIC受験した際も、前日はすでに挑戦済みの模試を1回分解いただけでした。

 

そこでTOEIC脳にチューニングできたので、一度目の挑戦で960点のスコアを取得しました。

 

 

もちろん、直前に偶然チェックした新しい単語や文法がたまたま出題されてスコアアップできる可能性はあります。

 

ただ「前日」に限定すると、TOEICの本番に挑む前のウォームアップにあたる行動が必要。

 

 

翌日の試験時間2時間でしっかり集中して、完璧なタイムマネジメントを実行できるようにする。

 

そのために、今までインプット量を強化するのではなく、アウトプット力を強化するという意識をもちましょう。

 

 

基本の基本、試験当日のスケジュール・持ち物チェック

最後に絶対に忘れてはならない一手があります。

 

それが、当日のスケジュールや持ち物の確認

 

「そんなこと当然でしょ!」となるかもしれませんが、意外に当日の朝になって焦ることもよくあります。

 

例えば、TOEICの受験では受験票と写真付きの本人確認書類が必要になります。

 

免許証やパスポートといった「写真付き」の身分証明書がすぐに取り出せない人、ちゃんと事前にチェックしておきましょう。

 

 

そして、スマホを時計代わりに使っている人も多いと思いますが、TOEICの試験中は当然スマホの電源を切らなければなりません。

 

時間との戦いともいえるTOEIC。

 

試験官は残り時間のアナウンスはないので、腕時計はTOEICにとって必須アイテムです。

 

日頃腕時計で時間をチェックする癖がない人は、前日はもちろん本番までに何度か実際に腕時計を着けて模試に挑戦して、解きながら腕時計で時間確認のクセをつけておくことをおすすめします。

 

 

当然だと思うこと、わかりきってると思うことだからこそ、前日にしっかりチェックして準備する時間を必ず取りましょう!

 

 

まとめ

目標をセットして、しっかり準備した人でも、あまり準備に時間が取れなかった人でも、試験前日は緊張や不安を感じるもの。

 

「あ、やっぱり緊張しちゃうな」

 

と、その状況をそのまま受け入れて、2時間のTOEICゲームに挑戦する!という感覚で攻略のポイントを確認する、それが前日にすべき最後の一手なんです。

 

1. TOEIC脳をセット
2. 慣れた教材で単語チェック
3. 当日のスケジュール・持ち物チェック

 

この3つができれば、TOEIC前日のToDoはこなせています。

 

あとは、リラックスして本番に向けて集中していけば、あなたの実力をアウトプットできるはず!

 

 

TOEIC直前対策として、ラスト1週間のポイントをまとめた記事も是非参考にしてください。

 

TOEICまであと1週間!どうしたらいいの?【600点台になるための勉強法】

TOEICまであと1週間!どうしたらいいの?【600点台になるための勉強法】

2020.02.20

 

 

また英語の基礎力を独学で身につけたい人には、こちらの記事もおすすめです!

 

英語力がのびないとお悩みのあなたへ。「独学」で一発解決できますよ。

英語力がのびないとお悩みのあなたへ。「独学」で一発解決できますよ。

2020.02.07

 

 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  


現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。  


 
 


書籍と同時に受け取れるメルマガでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  


最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です