TOEICスコアアップに特化した単語勉強法! スコア300から900まで伸ばした経験者が語る単語マスター方法

はじめまして!
シドニーの大学院に留学中のYURIです。

英語は、大学時代から社会人になってからは
TOEICを勉強し、留学することを決めてからは
TOEFL、IELTSの勉強をしてきました。

 

TOEICは主に就職活動、会社の昇進昇格や
資格テストにそなえて勉強をしていましたが
スコアアップの道のりは結構大変なものでした。

 

なんと初回受験のスコアは、

300

そこからコツコツ勉強をして現在は、

スコア900まで到達しました!

 

私の経験から言わせてもらうと、

 

「TOEIC頻出単語を制する者は、
TOEICスコアアップを制す」

とにかくTOEICに出てくる単語量を増やすことで、
スコアは徐々に上がってきます。

 

しかし、正直他の勉強をしながら、
働きながら英語の勉強をするって大変ですし、
時間をとって勉強をするのも難しいですよね。

単語帳を買って覚えてみようとしたものの
勉強時間が取れず、そのまま次の試験日を
迎えるという日々を繰り返していました。

 

今回は、

  • 他の英語試験の単語学習とTOEICの
    英語学習の違い
  • TOEIC頻出単語を覚えるコツ
    (イメージで単語を覚える)
  • おすすめ参考書の使い方

をお伝えしていきます。

 

「なかなかスコアが伸びないなぁと」
悩んでいた方は、この記事を通じて
TOEIC単語習得の具体的な方法や
ポイントがわかり、スコアアップの
近道にを手に入れることができると思います。

 

単語量とTOEICスコアアップの関係性

 

TOEICで高いスコアを目指すための一番の近道は、
単語量を増やすことです。

 

参考までに、TOEICのスコア別単語力は、

スコア600: 約5,000語
スコア700: 約7,500語
スコア800: 約8,500語
スコア900: 約10,000語

と言われています。

 

この語量だけ見ても、いまいちどれくらい
大変なものか想像しずらいと思いますが、

一般的に日本の高校卒業レベルの語量は約4,000語と言われていますので、高校以降英語の勉強をしていなかった方はかなり気合を入れて単語を覚得なければいけません。

 

なぜ、単語量を増やすことが大事なのか?

 

正直、「単語量を増やすことが一番大事」ということに疑問を感じている方も多いと思います。

 

「文章を読めば単語の意味はなんとなく推測できる
から問題は解けるよ」と感じている方も多いはず。

特にTOEIC頻出の単語は、ほかの英語試験のTOEFLやIELTSと比べてそこまで難しくない単語です。

なんとなく文章の中で意味をイメージできるのも確かです。

 

私もそう思っていました。

 

しかしTOEICでは、
限られた2時間の中で、200問
に回答する必要があります。

 

200問の中にはおそらくご存知の通り、

リスニング、
リーディング、
また色々な形式の問題がありますが、

単純計算すると、

1問あたりに使用
できる時間は1分
を切っています。

 

つまり、

時間との戦いなのです!

 

限られた時間で大量の問題を特には、
前後の文章から単語を推測していては
時間が足りません

 

そのため、

単語量を増やし

早く文章や会話内容を理解し回答する

これがTOEIC攻略への道になってくるのです。

 

 

TOEIC単語は意味をイメージできる程度に覚える

TOEICの単語学習は、高校までの学習、TOEFL、IELTSの単語学習とは少し異なります。

 

恐らく、高等教育での学習を振り返ると、
多くの方は、英単語のスペルをミスなく覚え、
英単語から日本語の意味を正しく訳す。

または、日本語から英単語に正確に訳すこと。

これらをゴールに勉強されてきたのでは
ないでしょうか。

 

TOEICではこのような学習方法は必要ありません!

 

単語を見て意味をイメージできる
で十分です。

 

また、TOEICの問題は、日常的なシーン、ビジネスで使われる広告やメールといった内容で構成されているため、TOEFLやIELTSのような学術的、専門的な単語は滅多に出てきません

 

たまに、TOEIC勉強にTOEFLの頻出単語帳を使っている方をお見かけしますが、英語の勉強としては間違っていないものの、TOEICのみでスコアアップを目標としている方にはこの勉強方法は向きません。

 

TOEICに出てくる単語に絞る

意味をイメージできる程度に学習をする

 

これがスコアアップへの近道です。

 

文章で単語を見た時「あ、これこんな感じの単語」というイメージができれば十分です。

 

例えば、
It is the most controversial part of meeting.という文が出てきた時に、

controversial(論議を引き起こす)は、

「話し合いが必要な感じの単語だったなぁ」

これくらいのイメージでOKです。

 

TOEICは文章を正確に訳す必要はないので、10正確に単語を覚えるならば、100イメージのつく単語を増やすイメージで習得していきましょう。

 

 

学習ツール選びの注意点

TOEIC勉強の学習ツール選びは無理なく自分にあったものを選びましょう。

 

自分の生活スタイル
(仕事が激務で正直電車の中でしか勉強できない、
家に帰ってゆっくり勉強するのが好きなど)

また自分自身の学習に対する性格
(飽きが来やすい、単語だけ見ても覚えられない、
本を読むのは好きでないなど)を把握して、

自分が続けやすそうなもの
を選ぶことをおすすめします。

 

また、これはよくやってしまいがちなことですが、
多数の参考書やアプリに手を出すことは絶対にNGです。

 

その理由は3つあります。それは、

  • 学習する単語が重複し、結局同じ箇所を学習することになる
  • 復習がしずらくなる
  • 達成感がなくなる

ことです。

 

使っている参考書やアプリがどうしても自分に合わないという場合は別ですが、それ以外はなるべく1つに絞って学習を進めましょう。

 

単語学習にはアプリがいい?
それとも単語帳や参考書?

これは、よく友人や同僚から聞かれる質問です。

 

最近は英語学習に便利なアプリも出てきていますし、通勤通学途中で勉強をされる方は本を持ち歩きたくないというケースも多いと思うのでアプリ学習に絞るのも一種の手かと思います。

 

ちなみに私はメインを単語の参考書1冊に絞り、外出先の隙間時間の学習にアプリを使っていました。

 

後ほど紹介しますが、最近は参考書とアプリがセットになっているものも多いので、うまく併用して学習することをお勧めします。

 

 

参考書のご紹介

ここでは、TOEIC学習に向いている!
と感じた参考書を勉強方法と一緒に紹介していきます。

1.世界一わかりやすい TOEICテストの英単語

 

  • レベル:TOEIC初心者〜スコア800
  • 特徴:全ての単語に解説がついていて、
    単語の使われ方をイメージしながら覚えられる

単語の学習は暗記というイメージが強い方も多い
かもしれませんが、こちらの参考書は
「丸暗記なしに覚えられる」

これが特徴です。

 

文章での単語の使われ方、テストでの出題のされ方を丁寧に解説してあるので、

単語の意味を理解しやすく
また本番で学習した単語に出会った時も意味を
イメージしやすい
です。

 

著者の関先生は、これまでTOEICのテストを何度も受験し、傾向を分析してこの単語帳を作成されたそう。

 

TOEICに絞った知見が確実に詰め込まれている単語帳です。

 

また、基本単語から上級者向けの単語までをユニット毎に解説してあります。

 

スコア800レベルまではカバーできる単語帳ではないかと思いますが、
その上を目指す方には物足りないかもしれません。

 

 

2.TOEIC(R) L&Rテスト 基本単語帳

 

  • レベル:TOEIC初心者〜スコア900以上
  • 特徴:全ての単語に解説がついていて、
    単語の使われ方をイメージしながら覚えられる

 

あらゆるスコアに対応をした単語帳と言えると思います。

 

各スコアで問われる表現を用例、説明伴にのせています。

 

品詞の覚え方の解説や音声学習ツールもついているため、音声をダウンロードして通勤通学時間に勉強することもできます。

 

また、音声はアメリカ英語、イギリス英語の両方
収録されているため、TOEICのリスニング対策にも
つながります。

 

 

3.TOEIC L & R TEST 出る単特急
金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)

 

  • レベル:スコア600〜スコア900以上
  • 特徴:アプリと音声を活用して学習できる

 

スコア600以上に伸ばしたいという方におすすめです。

 

また、この単語帳の単語は、よくTOEICに出てくるなぁという印象もあります。

 

内容はいたってシンプルで、それぞれの単語に一つの短文が載っています。

 

短文を見て使い方をイメージしながら覚えていくことをおすすめします。

 

また、単語帳と連動したアプリ、音声もあるので、
通勤通学中に合わせて勉強できるのもメリットの一つです。
隙間時間しか勉強できないという方には一番おすすめの単語帳です。

 

アプリ学習について知りたい方は、
TOEICアプリを296個使ってわかった究極のおすすめ20選
を確認し、自分に合ったアプリを選んでみることをおすすめします。

 

 

まとめ

 

今回紹介をした、私なりのTOEIC単語学習をまとめると、

  1. TOEIC学習は、とにかく単語量を増やす
  2. 単語をしっかり覚えるのではなく、
    意味をイメージできるレベルでなるべく多くの単語を覚える
  3. TOEICの頻出の単語を覚える
  4. 自分の性格や生活スタイルにあった学習ツールを使う

以上の4つがポイントです。

 

単語を覚えることはなかなか骨が折れることですが、単語量が増えると、試験の時スイスイ問題を解けている自分に出会えます!

 

この記事がみなさんの学習の参考になると嬉しいです。

 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  


現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。  


 
 


書籍と同時に受け取れるメルマガでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  


最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です