「ジグザグ」って日本語? 英語?

唐突ですが、みなさんに質問です!

 

みなさんは、この形を何と呼びますか?(下記)

そう!

「ジグザグ」って言いますよね。

 

 

ところで、「ジグザグ」って何語でしょう?

 

日本語?

カタカナってことは、外来語?

 

 

実は、「ジグザグ」は英単語から来ているのです!

 

日常生活に溶け込んでいる外来語「ジグザグ」。

知っているようで、実はよく知らない「ジグザグ」について、見ていきたいと思います!

 

 

「ジグザグ」って何?

フラッシュ, 雷雨, スーパー細胞, 天気, 空, 夜, フォワード, 雲

「ジグザグ」って、そもそもどんな意味でしょう?

辞書によると、次のように定義されています。

 

ジグザグ(英/仏:zigzag)

Z字状に直線が何度も折れ曲がっている物や形態のこと。
日本語では、稲妻の形に例えて稲妻形とも呼ぶ。

(参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%B0%E3%82%B6%E3%82%B0

 

「稲妻形」って聞くと分かりやすいですよね!

まさに最初にお見せした形そのものですね。

 

 

「ジグザグ」の定義が分かりましたが、「ジグザグ」は何語なのでしょう?

その語源に迫ってみましょう!

 

 

「ジグザグ」の語源

フォント, リード セット, タイポグラフィ, グーテンベルク, 文字

日常生活に溶け込んでいる「ジグザグ」。

 

実は、「ジグザグ」は外来語なのです!

カタカナ表記になっていることからも、想像は難くないですよね。

 

 

では、一体何語なのでしょう。

 

実は、先ほどご紹介した「ジグザグ」の定義に、その答えがあります!

気付きましたか?

 

ジグザグ(英/仏:zigzag)となっていますよね。

 

そう!

「ジグザグ」は
英単語だけでなく、フランス語でも使われている
のです。

 

この背景には、「ジグザグ」の語源が関連しているようです。

 

 

「ジグザグ」の語源を調べてみると、以下のような記述がありました。

 

zig-zag (n.)

also zigzag, 1712, from French zigzag (1670s),
perhaps from German Zickzack (though this is attested only from 1703),
possibly a reduplication of Zacke “tooth, prong.”

(参考:https://www.etymonline.com/search?q=zigzag

 

(和訳)

1712年、英単語として初見。1670年代に初見のフランス語「zigzag」に由来。

そのフランス語は、おそらくドイツ語のZickzackに由来。(ただしこの語が現われるのは1703年から)。

ドイツ語で「歯、剣」を意味する Zackeの繰り返しによるものと考えられる。

 

 

いかがでしょうか?

 

「ジグザグ(zigzag)」は、
ドイツ語⇒フランス語⇒英語という変遷を辿ったのですね。

 

そして、英単語「zigzag」が日本に到来。

 

「zigzag」⇒「ジグザグ」となったのですね!

 

さあ、これで「ジグザグ」が、英語かつフランス語である所以が分かりましたね。

 

「ジグザグ」は日本語でなく、

「zigzag」のカタカナ表記だったのですね!

 

 

オノマトペ

Djの, エル, ミキサー, 音楽, 音, パーティー, ダンス

みなさんは、「オノマトペ」って知っていますか?

 

オノマトペとは、擬音語と擬態語の総称のこと。

 

擬音語とは、「ワンワン」など物音や鳴き声を表す語。

擬態語とは、「わくわく」など気持ちや様子を表す語。

 

このような擬音語や擬態語は、日本語に多く見られますよね。

そして日本語のオノマトペは、
同じ語を繰り返す傾向があります
よね。

 

例えば、焼き立てのクロワッサンを食べたとき。

柔らかそうな触感を、どのように表現しますか?

 

「ふわふわ」って言いますよね!

 

このように、日本語には、

同じ語を繰り返すオノマトペが多く存在します。

 

 

そして、このオノマトペは、英単語にも多く見られます。

 

実は、今日のテーマ「ジグザグ」。

「ジグザグ」もオノマトペの1つなのです!

 

「ジグ」と「ザグ」って違う語なのに?

そう思いますよね。

 

 

ですが実は、「zig」と「zag」は、同じ意味を持つのです!

それぞれの語を辞書で調べてみました。

どちらの単語の意味にも、こう書かれています。

 

「zig」・「zag」 : 交互方向での急旋回により特徴づけられる鋭角的な形
(an angular shape characterized by sharp turns in alternating directions)

(参考:https://ejje.weblio.jp/content/zig

 

似た音の「ジグ」と「ザグ」。

同じ意味の語を組み合わせたオノマトペなのですね!

 

実は、英語のオノマトペには、
似た音の語を繰り返すものが多いのです!

 

例えば、
時計の音「チクタク(tick tack)」、鐘の音「キンコン(ding dong)」。

これもオノマトペの一例。

 

似た音の語を組み合わせていますよね。

これが、英語のオノマトペの特徴とも言えるかもしれませんね。

 

 

まとめ

波, 心, 愛, お問い合わせ, 最初の連絡先, 連絡先, 発生します, タッチ

1.「ジグザグ」とは「稲妻形」を表す

 

2.「ジグザグ」の変遷

⇒「ドイツ語(Zickzack)」⇒「フランス語(zigzag)」⇒「英語(zigzag)」

⇒英語(zigzag) ⇒日本語「ジグザグ」

 

3. 「ジグザグ」=オノマトペ

※「オノマトペ」:擬音語や擬態語の総称したもの
※ 英語のオノマトペは、似た音の語の組み合わせが多い
⇒例)時計の音「チクタク(tick tack)」、鐘の音「キンコン(ding dong)」

 

 

馴染みのある語「ジグザグ」。

深く掘り下げてみると、その語源やオノマトペなど、実に奥が深い語でしたね!

 

次に「ジグザグ」という表現を使うときは、今日学んだことを思い出してみてくださいね。

 

 

ちなみに、類似表現として「ぎざぎざ」があります。

これもオノマトペの1つですよね!

 

「ぎざぎざ」も「zigzag」で表現することが可能なようです。

 

しかし、「zigzag」以外の表現もあるようです。

興味のある方は、ぜひ調べてみてくださいね!

 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  


現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。  


 
 


書籍と同時に受け取れるメルマガでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  


最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です