英語の手紙の「結び」って? 英語の手紙の終わり方はこれ!

英語手紙を書いたことはありますか?

 

“Dear ~ ” から書き始めて?

要件を書く。

そして最後に、自分の名前を書いて終わり。

・・・

 

何か欠けていますよね?

 

 

そう、自分の名前の前に結び」が必要なのです!

 

「結び」とは、終わりにつける語や文章のこと。

 

結びって何を書けば良いの?

そう思った方もいるのではないでしょうか。

 

書き始めは知っていても、「結び」って意外と盲点ですよね!

 

そこで今日は、

英語手紙の終わり方(結びをご紹介します。

 

実は、この「結び」

相手との関係によって使い分けが必要なんです!

 

法則を知らずに同じ「結び」を使うと・・・

とっても失礼な印象を与えてしまうことも・・・!?

 

この「結び」を知れば、

親しい人への手紙

大切なビジネス相手への手紙

英語のメール

などなど、幅広く対応できちゃいますよ!

 

さあ、詳細は続きでチェックです。

 

 

 

「結び」って何?

そもそも「結び」って何か理解できていますか?

 

「結び」とは、終わりにつける語や文章のこと。

 

日本語の手紙を思い返してみましょう。

日本語の「手紙」にも、決まった型がありますよね。

 

「拝啓」や「時季の挨拶」
  ↓
「敬具」などの結び言葉

という流れですよね。

 

では、「敬具」以外の「結び」、思い浮びますか?

意外と出てこないのでは?

 

日本語の手紙の「結び」表現には

・「敬具」「草々」

・時節柄くれぐれもご自愛くださいませ

・実り多き一年になりますようにお祈りしております

・ますますのご発展をお祈り申し上げます

・またお会いできる日を楽しみにしております

 

などなど、たくさんの表現がありますよね。

 

 

実は、これは英語の手紙にも共通しているんです!

 

英語の手紙にも、

同じような「結び」が多く使われています。

 

それではさっそく、英語の手紙の「結び」をお教えします。

 

 

英語の手紙はどうやって終われば良いの?

手, 書きます, ペン, 紙, ありがとう, 文字, ありがとうございました

英語の手紙の「結び」の考え方は、日本と同じです。

 

ポイントは、

「結び」を使い分ける必要があること

 

その判断基準は

相手との関係

親密度

書き手の気持ち

 

では、その使い分けをシチュエーション別に見てみましょう。

 

 

ビジネスなどフォーマルな手紙

ビジネス スーツ, ビジネス, 男, Professional, スーツ

まずは、顧客や取引先等に送るフォーマルな手紙

 

このような手紙では、フォーマルな書き方が求められますよね。

 

 

そんなときに最適な「結び」は、”Sincerely”

 

※Sincerely (心から、本当に)⇒真心を込めて)

 

語の意味を知れば、ビジネスでも使える理由がわかりますよね。

相手に誠実な印象を与えることができますよ。

 

この結びを書けば、あとは自分の名前を書くだけ。

 

実際の表記は、このようになります。

Sincerely,
Tro Aida

 

とっても簡単ですよね。

 

ただし、

Sincerely” を「結び」で使う際のポイントが2つあるんです!

 

① 名前はフルネームで書く

② フルネームは直筆で書く (word等で作成した手紙含む)

 

“Sincerely” のフォーマルさを伺い知ることができますね。

特に、ビジネスレターの際には、しっかり覚えておきましょう。

 

 

ちなみに、

Sincerely”よりも、さらに丁寧な「結び」も存在します。

 

それは

“Your sincerely,”

“Sincerely yours,”

 

 

さらに、「敬意」を表したいときには、こんな表現もオススメ!

“Respectfully,” (敬意を込めて)

“Respectfully yours,” (敬意を込めて)

 

 

フォーマルな結びだけでも、たくさんの表現がありますね。

相手との関係性やあなたの気持ちに応じて、使い分けましょう。 

 

 

ビジネスでのカジュアルな手紙

会議, オフィス, ビジネス, チーム, チームワーク, 人, 仕事, テーブル

続いてもビジネスシーンでの手紙。

ただし今回は、会社の同僚や親しいクライアント向けの手紙です。

 

 

このような手紙でよく用いられる結びは、”Regards”

 

※Regards(心遣い、敬意)⇒敬意を込めて)

 

 

“Sincerely” よりも、ややカジュアルな表現とされています。

 

・親しいビジネス関係者へ

・堅苦しい手紙にしたくない

 

そんなときにオススメな結びですよ。

 

 

表記方法は、こんな感じ。

Regards,
Kumiko

基本的に、”Sincerely” と同じですね。

 

ですが、1つだけ違う点に気づきますか?

 

そう、フルネームではありませんよね。

ファーストネームのみです。

 

 

実は、“Regards” を結びで使う場合。

・フルネームでサイン

・ファーストネームのみでサイン

 

いずれもOKとされているんです!

 

 

さらに「親しみ」を込めたい場合。

“Regards” に形容詞を添えるのもオススメ!

 

 

例えば、こんな感じです。

“Kind regards,”

“Warm regards,”

“Best regards,”

 

 

ちなみに、”Regards” を使った結びの文章に、

“Please give my best regards to 〜”
(〜さんによろしくお伝えください)”

もあります。

あわせて覚えておくと良いですね。

 

いずれにしても、相手との関係性で、使い分けてくださいね。

 

 

友人など親しい人への手紙

子供, 女の子, 鉛筆, 描画, ノートブック, 研究, お友達と, 手

続いては、友人などの親しい間柄の人に対しての手紙。

一般的にもっとも頻度の高い手紙かもしれませんね。

 

親しい間柄では、様々な「結び」の表現が見られます。

 

まずは、代表的なものをご紹介します。

 

“Best wishes,”

 

※wishes(相手の幸福や安泰を祈る)

 

表記は、これまでと同じ。

Best wishes,
Kentaro

 

“Best wishes,” をさらにカジュアルにした表現も人気!

“Best,”

“All the best,” 

 

 

友情を確認したいときには、こんな結びを使うことも。

・”Your friend,” 

 

こうすることで、親しみを込めて締めくくることができます。

相手との距離を縮めることもできますよ!

 

ただし、

目上の人に対して使うと失礼になってしまうので要注意!

 

 

親密度の高い相手への手紙

中心部, 手紙, 愛, メール, バレンタイン, ロマンチック, 手紙, 手紙

続いては、恋人、家族、親しい友人に対する手紙。

 

このような手紙の「結び」でよく用いられるのは、これ!

“Love,”

 

※Love(愛)⇒(愛を込めて)

 

とってもシンプルかつストレートですね。

 

この”Love”は

・恋愛的な「愛」

・家族や友人へ「大好き」

 

という感情を表しています。

 

ですから、非常に親しい相手だけに使いましょう。

 

 

他にも、こんな表現もありますよ。

“With love,”

“Lots of love,”

“All my love,”

 

 

さらに、スラング表現もお教えしましょう。

・”xxx” (kiss kiss kiss)

・”xoxo” (kisses & Hugs)

 

とっても親しい関係なのがわかりますよね。

 

使いこなせると、ネイティブらしくて良いですよね!

ですが、使う相手は、しっかり選びましょう^^;

 

 

インフォーマルな手紙全般

最後は、インフォーマルな手紙全般に使える結びのご紹介です!

 

幅広く使える表現ですので、要チェックです!

 

“Thank you.”  (読んでくれてありがとう)  ※短いメモなどの場合に多い

“See you!”(またね!)

“Take care,(元気でね)

“Have a great day.”  (良い1日を)

“I look forward to seeing you.”
(会えるのを楽しみにしてる)

“Good luck,” (幸運を願って)

 

見慣れた表現ばかりですね。

手紙の内容や気持ちに応じて、気楽に使えますよ。

 

 

このように、英語の手紙の終わり方は、さまざま。

 

だからこそ、

相手との関係・状況、手紙の内容による使い分けが重要ですね

 

ですが、この「結び」を知っておけば、

どんな手紙も上手に書き終えることができますね!

 

 

まとめ

「英語の手紙」の終わり方は、相手との関係や気持ちに応じて使い分ける!

1.ビジネスシーン(フォーマル)
⇒”Sincerely,”・”Your sincerely,”・”Sincerely yours,”

2. ビジネスシーン(カジュアル)
⇒”Regards,”・”Kind regards,”・”Warm regards,”

3.友人など親しい相手へ
⇒”Best wishes,”・”Best,”・”All the best,”・”Your friend,”

4.親密度の高い相手へ
⇒”Love,”・”With love,”・”Lots of love,”

5.インフォーマルな手紙で
⇒”See you!”・”Take care,”・”Have a great day.”

 

 

さあ、あとは実践あるのみ!

さっそく英語で手紙を書いてみましょう。

 

英語の手紙をうまく利用すれば、ネイティブとの距離を縮めることもできますよ!

 

 

英語の手紙を書く機会がない…という方。

この結びは、英語のメールでも使うことができますよ!

 

ちなみに、英語のビジネスメールでは、

手紙よりも簡潔に、要件のみを書いた方が良いようです。

 

手紙では英語を書けるけど、会話になると英語が浮かばない…。

そんな悩みを持つ方は、こちらで解決できますよ!

ネイティブとの距離を縮めたい方は、この記事もチェックです!

外国人の名前と愛称の関連って? その法則をお教えします!

2020.01.08

 

 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  


現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。  


 
 


書籍と同時に受け取れるメルマガでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  


最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です