「コンタクトレンズ」英語の例文集!意外と知らないフレーズも覚えよう

あなたも気になっているであろうカタカナの「コンタクトレンズ」は和製英語なのか否か。

 

答えは・・和製英語ではなく英語です!

 

 

また、「目悪いの?」ってな話題では

「wear」でいいのかな?
「put」って使えるかな?

なんて思考停止する時ありませんか?

 

 

というわけで、今回は、
コンタクトにまつわる例文
をご紹介します!

 

 

わたしは海外生活を長くしていたのですが、やっぱり海外にいるとカラコンつけてると必ずなんか言われます。

 

コンタクトにまつわる英語を知らない最初の頃は「その話題あかん・・」って思うときがありました(笑)

 

でもちゃんと覚えれば、自信もってしゃべれるはずなのでがんばりましょう!

 

次にコンタクトの話題が出てきても、安心して話せるようになると思うので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

コンタクトレンズって和製英語?

 

さっきお伝えしたとおり、コンタクトレンズは和製英語ではありません!

 

そのままcontact lensを使いましょう

 

ですが、コンタクトって通常、
両目2つにつけますよね。

 

なので2つのコンタクトを言う時は
かならず複数形にしましょう。

 

ふたつならcontact lenses
ひとつならa contact lens

 

 

そして、ココがポイント!

 

日本ではコンタクトレンズを「コンタクト」
って略してる人が大半ですよね。

 

英語で言うにも、やっぱり
「contact lenses」って長い・・

 

なんと、英語でも同じように
contactsって略されてるんです。

 

同じ略し方するモノってあまりないイメージなので、ちょっと驚きですよね!

 

いろんな種類のコンタクトレンズ

 

コンタクトレンズは和製英語でないことが
分かりましたね!

 

つぎに、いろんな種類のコンタクトレンズの言い方を、さらっとご紹介します。

 

 

カラーコンタクト
colored contact lens

※「colored」は「色のついた」という意味の形容詞です!

 

度入りコンタクトレンズ
prescription contact lenses

※「prescription」は「処方箋」です。

 

度なしコンタクトレンズ
plain contact lenses

※「plain」は「普通の」という意味の形容詞です!

 

使い捨てコンタクトレンズ
disposable contact lenses

※「disposable」が「使い捨ての」という意味の形容詞です!

 

「コンタクトレンズ」例文集

 

それでは本題の
コンタクトにまつわる例文
を一挙に公開します!

 

 

ただし!シンプルに暗記するだけでは、
大変ですし、つまらないですよね。

 

意外と知らない表現も出てくると思うので、文法的な話もしつつご紹介していきます。

 

ぜひこれを機に「新しい知識」を
増やしてくださいね。

 

 

コンタクトをする

I put my contacts in.
コンタクトをつける

 

putは「置く」というイメージが強いと思いますが、実は、「位置させる」という意味も含まれています。

 

なので「コンタクトを置く・・?」と違和感を抱かず、「つける」という意味での「put」を自信持って使いましょう!

 

 

コンタクトをつけている

I’m wearing contacts.
コンタクトしてるよ

 

「wear」は「服を着る」という時によく使われるため、「put」同様、違和感をいだかれる方もおおいと思います。

 

ですが「wear」は「着る」だけでなく「身につける」という意味もあるので、コンタクトにも使うことができます。

 

 

コンタクトをとる

I took off contacts.
コンタクトを取った

 

「take off ◯◯」で「◯◯をはずす」
という意味です。

 

靴を脱ぐ・服を脱ぐといった表現でも、
よく使われていますよね!

 

 

コンタクトがずれた

My contact slipped.
コンタクトがずれちゃったよ

 

「slip」というと「すべる」という意味を思い浮かべがちですが、実は「ずれる」を表現するときにも使われています。

 

このように、ちょっと違和感のある単語は、コアイメージで覚えると違和感がなくなるので、ググってみてくださいね。

 

 

コンタクトをひとつ無くした

I lost my contact lens.
コンタクトが一個なくなった

 

「lost」は「lose」の過去形です!

 

そして一個無くしたということで、
「contact lens」です。

 

両方なくした場合は、
「contact lenses」と言いましょう!

 

 

コンタクトが破れた

My contact lens was ripped.
コンタクトがひとつ破れた

 

コンタクトを洗っていると、
うっかり破れてしまうことありますよね。

 

そんな時は「破れる」という意味の
「rip」を使いましょう!

 

 

コンタクトで目が乾いてきてる

My eyes are getting dry because of contacts.

 

コンタクトをしている人は
共感できるであろう目の乾き問題。

 

「be動詞 + getting + 形容詞」

 

この形を使うと「◯◯になってきている」という変化を表現することができます。

 

なので「my eyes are getting dry」で
「乾いてきている」という表現になります。

 

 

寝る前にコンタクトを外す

I take off my contacts before going to bed.
寝る前にコンタクトはずすんだ

 

これはさっきお伝えした「take of 〇〇」に
「before」をつけた形です。

 

beforeのあとは

  • 動詞 + ing
  • 主語 + 動詞

どちらも使えるので、

「before going to bed」だけでなく
「before I go to bed」でもOKです!

 

 

コンタクトの方が似合ってる!

You look so much better with the contacts!
コンタクトつけてる方がいい感じだよ!

 

「You + look +形容詞」は、褒める習慣のあるアメリカで良く使われるフレーズです!

 

You look good.
You look great.
You look beautiful.

 

このように形容詞を変えて応用してみると◎

 

 

コンタクトがなかなか入らない

It’s hard to put in my contacts.
コンタクトつけるのが大変

 

コンタクトが一瞬で入る時もあれば、
なんだか入らない時もありますよね。

 

そんな時は「hard」を使って
表現するのがおすすめです。

 

 

コンタクトの洗浄液を探しています

I’m looking for contact lens solution.
コンタクトの洗浄液を探しているのですが

 

「contact lens solution」で
「コンタクトの洗浄液」という意味です。

 

solution」と聞くと「解決策」といったイメージを持ってしまいがちですが、「保存液・洗浄液」という意味も含まれます。

 

なので店員さんにどこにあるか聞く時には
「Where is contact lens solution?」って
聞くと、一発で教えてくれるはずです!

 

 

コンタクトが取れない

I can’t get my contacts out.
コンタクトが取れないよ

 

「get ◯◯ out」で
「取り外す」という意味です!

 

ちなみに◯◯の部分が代名詞でなければ、

  • get my contact out
  • get out my contact

どちらの言い方でも大丈夫です!

 

代名詞を使う場合、
✕ I can’t get out it.
とは言えないので注意してくださいね!

 

 

コンタクトを落とした

I just dropped my contacts.
わたし今コンタクト落としちゃった!

 

「コンタクトが落ちた」という
「My contacts were dropped.」でもOK!

 

 

コンタクトに慣れてきた

I got used to contacts.
コンタクトに慣れてきたよ

 

「get used to 〇〇」で
「◯◯に慣れる」という意味です!

 

コンタクトをつけ始めた頃は、
慣れるまでに2,3日かかったりしますよね。

 

慣れないと伝えたい時は「can’t」を入れて
「I can’t get used to contacts.」
という表現を使ってみましょう!

 

コンタクトで目が痛い

My eyes hurt because of contacts.
コンタクトのせいで目が痛む

 

「痛む」は「hurt」で表現できます。

 

また「because of 〇〇」で「◯◯のせいで」という表現になり、けっこう便利なので覚えておくことをおすすめします!

 

 

まとめ

 

この記事のポイント

  • コンタクトレンズは和製英語ではない
  • コンタクトレンズ=「contact lenses」
  • 日本と同様「contacts」と略すのが一般的

 

 

わたしは普段からカラコンをしているのですが、初対面の外人さんにはやっぱりカラコンについて何か言われることが多いです。

 

「Is it colored contacts?(それってカラコン?)」といったような感じです。

 

カラコンは、日本では今や一般的ですが、
海外ではまだまだ珍しいんですよね!

 

そもそも目が大きいから、目を大きくさせたいという人は少なく、カラコンは必要ないのかも・・・?うらやましいです(笑)

 

といったように、カラコンをつけて海外行くと、大抵カラコン?って聞かれます。

 

ぜひ今回ご紹介したフレーズを
覚えておいて会話に備えてみてくださいね!

 

 

またこの記事を読んでいる方のほとんどが英語の勉強をがんばっている方だと思います。

 

このサイトの運営者である現役東大生が語る「単語が10倍覚えやすくなる方法」もぜひ参考にしてみてください。

 

より英語力をはやく上げることが期待できます。

「英単語の成り立ち」を理解するだけで単語が10倍覚えやすくなる

2020.02.26

 

それでは、英語の勉強を
たのしみながらがんばってくださいね!

 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  


現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。  


 
 


書籍と同時に受け取れるメルマガでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  


最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です