英語で「ごちそうさま」ってなんて言う?意外と知らないその言い方‼

 

突然ですが、「ごちそうさま」って英語に訳すとどうなるか知っていますか??  

 

「え…」とつまったそこのあなた。  

 

私も留学初期はそうでした。   言い慣れている簡単な言葉なのに英語がわからない…と思ってしまいました。

 

でも実はこれ、日本語独自の表現なんです。  

 

日本の食卓で食事の後にいつも言う、「ごちそうさま」という言葉。  

 

物心ついたときから、手を合わせて家族みんなで「ごちそうさま」をするのが当たり前だったはず。  

 

別の言語には、全く同じ意味の表現はありません。  

 

今回は、そんな日本特有の表現について英語でなんといえばいいか紹介します。    

 

 

「ごちそうさま」の意味

 

そもそも、「ごちそうさま」にはどういう意味があるのか。

 

漢字で書くと「御馳走様」となります。  

 

「馳走」という漢字は、「はしる・はしらせる」という意味。  

 

昔は、大切な客人をもてなすためには走り回って準備を整える必要がありました。  

 

このことから、「ごちそうさま」は手厚いもてなしを受けた時のお礼のあいさつでした。  

 

近代になって食後のあいさつとして用いられるように。  

 

今ではそれが定着しています。  

 

料理した人やごちそうしてくれた人に食後の満足感を伝える意味が大きくなっています。    

 

 

代わりに使える英語表現

それでは、意味をきちんと確認したところで英語にしてみましょう。

 

ここでは、シチュエーション別にいくつか紹介します。    

 

 

料理を作った人に対する感謝を表す

 

”Thank you for preparing the meal.”

 

 

最も一般的に使われるもの。  

 

直訳すると「食事を用意してくれてありがとうございます。」となります。  

 

海外ではホームパーティーもよくするので、ホストに対しても使えます。  

 

’meal’の部分を、’dinner’「夜ごはん」や’lunch’「昼ごはん」に変えてもOK‼    

 

 

料理を提供してくれた人に対する感謝を表す

 

”Thank you for the offering the food.”

 

 

先ほどの例と少し似ていますが、’offer’になっています。  

 

「食事を提供してくれてありがとう」と言う意味に変わります。  

 

ウェイターやウェイトレスに対して使うのが良さそうです。    

 

 

満足感を表す

“I’m done.”

 

「私は、お腹いっぱいです。」と言う意味。  

 

料理に満足していると表現できます。  

 

他にも、”I’m stuffed.” といえば同じ意味。  

 

お皿を下げていいか聞かれた場合にも使えます。    

 

 

食事に対して感想を表す

“I really enjoyed that.” 

 

直訳すると「食事をとても楽しみました。」と言う意味。

 

この場合は、「とてもおしかったです。」ということになります。    

 

 

食事をほめる時の英語表現

「ごちそうさまでした」には感謝が主に込められています。  

 

ここでは、食事の途中で褒めるフレーズもご紹介。  

 

 

特に海外のレストランでは、店員さんが来て食事はどうか聞かれることがしょっちゅう。  

 

私自身、最初は自分の食べ方がおかしいのではないかと緊張しましたが海外では普通のこと。

 

自信をもって、おいしかったという気持ちを伝えましょう。    

 

 

おいしいと伝えたい時

”That was delicious.”

 

この他にも、”That was tasty.”や”That was great.”などなど。    

 

 

ちなみに‥‥。  

 

日本語でも、「ごちそうさまでした。」と過去形で使うことが多いはず。  

 

食べる行為はもう終了したことだから。  

 

英語でもそれは同じなので’was’を使っています。    

 

 

口に合わなかった時

 

他国の料理は残念ながら口に合わないことも…。  

 

 

”Not for me” 

 

私には合わない。という表現がこちら。  

 

まずいと直接的に伝えてしまうのではなく、自分の口に合わないだけだというほのめかす言い方。    

 

 

「いただきます」の英語表現

 

ここまで「ごちそうさま」に注目してきました。  

 

では、同じように食事の前に使っている「いただきます」はどうなのか?  

 

最後に少しだけご紹介します。    

 

 

”Let’s eat.”

 

「さあ、食べましょう。」  

 

一番近い表現ではありますが、少し主体的な感じ。  

 

この言葉の前に、”That looks delicious.”「おいしそう」  

 

などと言う言葉をつけると少し自然になるかもしれません。  

 

 

”Bon Appetit.”

 

「どうぞ召し上がれ」という意味。  

 

ウェイターなどが料理を提供する時に良く使っています。  

 

もともとはフランス語ですが、英語圏や特にヨーロッパで使われているようです。  

 

英語の字幕でも、これで書かれているものをよく見かけます。  

 

最近では、Netflixのテラスハウスを英語字幕で見たときに見かけました。  

 

ドラマを使えば、生きた英語が学べる機会が多くありお勧め。  

 

しかし、やり方がわからない初心者さんもいるはず。  

 

そんな方はこちらの記事をチェック→海外作品を英語字幕・スクリプトで楽しむ! リスニングを向上させるには!?  

 

 

まとめ

 

当たり前に使っている「ごちそうさま」という言葉。  

 

英語ではぴったり合う言葉はありません。  

 

だからこそ、その時々の状況に合わせて使い分けていきましょう。

 

日本文化としても、手を合わせて「ごちそうさま」を言うことは誇れるもの。

 

ぜひ今回の英語を使って紹介してみてください。

 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  


現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。  


 
 


書籍と同時に受け取れるメルマガでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  


最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です