I was wonderingの意味・使い方を知れば「コミュ力」が圧倒的に向上する!

 

「I was wondering if 〜.」というフレーズ
英語圏でよく耳にしませんか?

 

そこで

なぜ現在の話なのに

現在形「I wonder if」や
現在進行形「I am wondering if」

だけでなく

過去形「I wondered if」
過去進行形「I was wondering if 」

も使われているの?

ってややこしく感じた方も多いと思います。

 

でも、それは時制を理解しているからこそ出てくる「当たり前の疑問」なんです。

 

むしろ英語の「新たな側面」を知る準備ができている、ということなので、すばらしいとすら思います。

 

 

まわりくどく言ってもしょうがないので
結論から言いますね(笑)

 

過去形や過去進行形をつかう理由は、
丁寧に言いたいからです!

 

 

というわけで今回は
動詞としての「wonder」を
時制ごとに深堀り
していきます!

 

 

私は以前イギリスで生活していたのですが
「上品な国」として有名なこともあって
やはり頻繁に使われていました!

 

 

進行形や過去形の持つ意味を知ると、
コミュニケーション力が向上するので
ぜひ、最後まで読んでみてくださいね。

 

あなたが「I was wondering」で混乱する理由

早速ですが、意味や使い方を学ぶ前に
あなたが「時制」に混乱してしまう理由
を知っておきましょう!

 

 

たとえば、お手伝いを依頼する時の

I was wondering if you could help me.

という文がよくありますよね。

 

そこで、なぜ「I am wondering」ではなく「I was wondering」なの?と疑問を持つと思います。

 

「手伝ってほしいのは今なのに
なぜ “過去進行形” を使うの?」
と、こんな疑問です。

 

実は、その理由はすごくシンプルなんです。

 

この文は「過去の話をしてる」わけではなく
「より丁寧に話してる」だけなんです。

 

 

過去形は必ずしも「過去の話」でのみ
使われるわけではない

このことを知らないと混乱してしまいます。

 

というわけで「必ず時制を合わせなければいけない」この先入観を捨てる必要があるんです。

 

思いきって捨てましょう!

 

それを踏まえた上で、時制別の「wonder」の意味や使い方を説明していきます。

 

 

「wonder」時制ごとニュアンス

それでは、動詞としての「wonder」を
時制ごとに紹介していきます。

 

違いを分かりやすくするために

I wonder / was wondering / wondered / was wondering if you can / could help me.

お手伝いの「依頼」をするときの文を使って
ニュアンスの違いを説明していきますね。

 

※ここからは次の「I wonder if〜.」の意味を知っていることを前提にお話していきます。

  • 「なのかな?」
  • 「かしら?」
  • 「思い巡らせている」

 

 

① I wonder

 

まずは、現在形の「wonder」です

I wonder if you can help me.

 

 

このように現在形「wonder」で伝えると「手伝ってくれるかな?」これくらいの軽い依頼になります。

 

つまり家族・親しい友達に対して使える
カジュアルな文ということです。

 

家族・友達に対してなら
「Can you help me? でも良いのでは?」
と思う方もいると思います。

 

その通りなのですが
「Can you help me?」は
少々ドストレート
なんです。

 

なので、ほんの少し「やんわり」言いたい時に「I wonder if you can help me.」と言われているんですね。

 

 

② I am wondering

 

次は、現在進行形の「wonder」です。

I am wondering if you can help me.

 

このように現在進行形を使うと「手伝ってくれるかな(って考えてるんだけど)」というニュアンスになります。

 

現在形とニュアンスの違いには大差がないようにも思えますが違いはあります。

 

現在進行形だと「”今”そう考えているんだ」を強調することができますよね。

 

ずっと思っているわけではなく、今(一時的に)思ってるだけなんだ、と強調することで、やんわりと伝えられるというわけなんです。

 

よって「I wonder」よりも「I am wondering」の方が、丁寧なんですね!

 

 

③ I wondered

 

次に、過去形の「wonder」です。

I wondered if you could help me.

 

「手伝ってくれないかなって考えたんだけど」

 

 

この過去形についても、
一見すると違いはないように感じます。

 

しかし実は、時間をずらすことによって、
より直接的な表現を避けることができます

 

そのため、先にお伝えした現在形・現在進行形よりも更に丁寧です。

 

 

気づいてない方が大半だと思いますが、
実は日本語でも同じことが起きています。

 

「こちらでよろしかったでしょうか」

 

この文は「こちらでよろしいでしょうか」よりも、やんわりしていますよね!

 

 

④ I was wondering

 

それでは本題の
過去進行形の「wonder」です!

I was wondering if you could help me.

 

このような過去形と進行形の組み合わせが
いちばん丁寧な表現になります。

 

「手伝ってくれませんか・・?」
ためらいながら遠慮がちに
依頼しているイメージです。

 

 

過去形にすることで時間をずらし
直接的な表現を避けています。

 

また、進行形にすることで「ずっと思っていたわけではなく一時的なものだよ」と優しい表現になるのです。

 

 

まとめ

 

この記事のポイント!

  • 時制を変えることで丁寧な表現になる
  • 進行形は「一時的」なため優しい表現に
  • 過去形は時間をズラして優しい表現に
  • 組み合わせた過去進行形はいちばん丁寧

 

 

まとめると、

現在形

現在進行形

過去形

過去進行形

この順でより「丁寧」になります

 

 

全てのシーンで

手伝って!
としか言えないより状況に応じて
手伝ってくれないかな
って思ってたんだけど
と、やんわり表現できる方が圧倒的にコミュニケーションが円滑に取れますよね!

 

ぜひ覚えてみて下さいね。

 

 

いやあ、英語って深いですね。

 

知った当初は「え!時制を変えると丁寧になるの!?」って驚きましたが(笑)

 

でも日本語でも使われてる手法なので
納得ですね!

 

ちなみにネイティブの人、
結構よく使ってます。

 

「I wonder if…」などと聞いた時には、
できるだけニュアンスを感じ取りましょう!

 

そうすることで、
より感覚をつかめると思います。

 

そして、積極的にアウトプットして、
使いこなしてくださいね!

 

 

またこの記事を読んでいる方のほとんどが英語の勉強をがんばっている方だと思います。

 

このサイトの運営者である現役東大生が語る「単語が10倍覚えやすくなる方法」もおすすめです。

 

より英語力をはやく上げるために活用してみてくださいね。

「英単語の成り立ち」を理解するだけで単語が10倍覚えやすくなる

2020.02.26
 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  


現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。  


 
 


書籍と同時に受け取れるメルマガでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  


最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です