「それは良かったね!」は英語で?ネイティヴ表現で心がこもった一言に!

英語でのコミュニケーション力が高い人の共通点は何でしょうか?

 

そのひとつとしてあげられるのが、

相づち・リアクションがナチュラルなこと。

 

 

「へー、そうなんだ」
「それは良かったね」

 

こういった相手の話を受けてのひと言がとっても大切なんです。

 

 

イギリスで生活していて、「そんな言い方もできるんだ!」と
そのパターンの多さに英語という言語のおもしろさを体感します。

 

 

いろいろな気持ちを込められるフレーズの中でも、

嬉しさ・喜び・安心が表現できる「それは良かったね」

は、お役立ちフレーズの代表格

 

 

そこで今回は、相手の話に「それは良かったね!」と伝えるときのフレーズを一緒にチェックしていきましょう。

 

簡単なひと言でも、表現次第でいろいろな気持ちを込められるんです。

 

心を込めた「良かったね」のひと言で、
相手との距離が
もっと縮まること間違いなし!

 

 

「それは良かったね」はどんな意味?

日本人の私たちには、英語を学ぶときの悪いクセがあります。

 

日本語のフレーズや単語を文字面だけで英語に転換しようとする

 

これはいわゆる機械翻訳状態で、とっても危険です。

 

 

つまり、「それは良かったね」を英語で表現したいとき、
「それは良かった」の言葉だけをそのまま訳すのは危険ということ。

 

「それは良かった」=「It was good.」

 

この考え方では、伝わらないんです。

 

 

「それは良かったね」というフレーズが、

どんな場面で使われるのか?
何を伝えるためのものか?

 

このポイントをおさえないと、最も大切なあなたの気持ちを相手に伝えることができない、ということをしっかり覚えておきましょう。

 

 

あなたの伝えたい「良かったね」は、

嬉しい「良かったね!」?
安心の「あー、良かったねー」?
切り抜けたときの「危なかったね…良かったね…」

どの「良かったね」ですか??

 

気持ちを相手に正確に伝えるためにも、日本語→英語の変換をするときには、
文字面ではなく、何を伝えたいのか、をまず考えることが大切。

 

 

では、「それは良かったね」のパターンを意識しながら、
実際によく使われるフレーズを確認していきましょう!

 

 

基本の「良かったね」フレーズ

「それは良かったね」を伝えるフレーズは、
その場面によってさまざま。

 

まずは「良い=Good」という固定概念を捨てます。

 

そして、「どんな気持ち・想いを伝えたいのか?」を考えましょう

 

 

ここでは、「良かったね」の基本フレーズとして、
パターン別にご紹介していきます。

 

 

「(That’s) Good to hear.」

「良かったね」の文字通り感が最も強い表現がこれ。

 

「That’s」を入れると、フォーマルなビジネスシーンでも使える万能表現です。

 

相手の話に対して、喜びの気持ちを込めた「良かったね」を伝える基本フレーズとして、相づち感覚でナチュラルに言えるようになっておきたいですね。

 

 

「Happy for you.」

「happy」が入っているのでイメージはつきやすいかもしれません。

 

直訳すると「あなたのために幸せ」という感じですが、
相手の気持ちに寄り添って嬉しく思っていることを伝えられる
あったかフレーズ。

 

「試験に合格した!」とか「悩んでたことが解決した!」とか、
嬉しいお知らせを聞いたときは、このフレーズがピッタリ!

 

 

「What a relief!」

「あー、良かったねー」的なホッとした気持ちを伝えるときはこれ。

 

「relief」という単語は、「安心感・安堵」を意味します。

 

心配事が解決するなどして、心が晴れたときに登場する言葉ですね。

 

 

「ホッとした」と言いたいときは、「relief」(名詞)ではなく「relieve」(動詞)を使います。

 

「I’m relieved.(ホッとしたよ)」

 

「良かったねー」という言葉のもとになる「安心」の気持ちを伝える。

 

日本語と英語の「感情の表現」の違いを感じますね。

 

 

次にご紹介したいのが、英語らしい「良かったね」フレーズです。

 

 

「良かったね」を表現できる英語らしいフレーズ

英語圏で生活をしていて、とにかくよく登場するのが、

 

「神様」です。

 

日本人の私たちにとっては、なかなかその感覚をネイティヴのように体感することは難しいのですが、自分自身に嬉しいことが起きたら、まず神様に感謝するのが一般的。

 

もちろん相手の話へのリアクションとしての「良かったね」にも、
神様への感謝フレーズを使うことがあります。

 

 

このような間接的な「良かったね」フレーズを使いこなせば、
よりナチュラルに感情を映し出す表現ができるようになります。

 

 

早速「良かったね」フレーズのバリエーションを体感してみましょう。

 

 

「Thank God!」

私自身イギリスで生活していて、とにかくよく耳にするフレーズです。

 

そのまま「ありがとう、神様!」ということ。

 

遅刻しそうだったけど何とか間に合った瞬間。
スマホを床に落としたけど無傷だとわかった瞬間。

こんなときの「良かった」にぴったりなのがこのフレーズです。

 

悪い状況を想像したけど回避できた、という相手の話に対しても、
「良かったね」とMAXのホッとした+心配からの解放感を込めて使います。

 

例えば、

A: There was no problem in the check-up results at hospital.
(病院で検査したけど問題なかったよ)

B: Thank God! I’m relieved.
(良かったね! ホッとしたよ。)

 

という感じで使います。

 

 

「Thank goodness!」

「神様に感謝」という感覚があるというのは理解できても、信仰がない人が「God」という単語を使うことを不快に感じる人もいるといいます。

 

ネイティヴが使っているからと言っても、誰もが気軽に使うのは好まれないことがあるんです。

 

そこで是非知っておきたいのがこの表現。

 

「goodness」は「徳・善」という意味の単語で、
「神様」を遠回しに指す表現
としても使われます。

 

「Thank goodness!」は、信仰に関係せず誰でも使える上に、
「Thank God!」と同じようなニュアンスをもつフレーズとして覚えておきましょう。

 

 

「You made my day!」

とっても英語っぽい表現で、個人的にお気に入りのフレーズです。

 

直訳すると「あなたは私の1日を作ってくれた!」ですが、
つまり「あなたのおかげで良い日になった!」ということ。

 

「伝えてくれてありがとう、おかげで良い日になったよ」
と伝えることで、「良かったね」を表す
こともできます。

 

 

「それは良かったね」は、場面やそこに込めたい気持ちによって、
こんなにたくさんの言い方があるんです。

 

英語でのコミュニケーションで大事なこと。

 

それは、「正しさ」ではなく「伝えたいという気持ち」ですね!

 

 

まとめ

「それは良かったね」の表現のバリエーションを知ることで、
英語という言語が大切にしていることを感じることができます。

 

日本語での表現では、感情を伝えることに大きな価値をおいていないように感じます。

 

決してそれが悪いというわけではありません。

 

ただ英語でのコミュニケーションスキルを上げるためには、
英語という言語のクセのようなものも学ばなければならないということ。

 

 

「それは良かったね」という気持ちを伝えるために

1. どの「良かったね」を伝えたいのかを考える
2. 基本のフレーズをチェックする
3. 英語らしい間接的なフレーズにも慣れる

 

この3つのステップを意識すれば、
あなたの気持ちをしっかり込めることができます。

 

 

英語の表現の考え方を身に付けて、
もっと自由で自然なコミュニケーションを楽しみましょう!

 

 

さまざまな違いがある日本と英語。その一方で、英語になった日本語のフレーズもあります。
詳しくは、こちらの記事を是非読んでみてください!

「英語になった日本語」を知って、ネイティブとの距離を縮めよう!

2020.03.19

 

英語でのコミュニケーションを楽しむには、まずは英語の基礎力が必要です。

独学でも成果を出せる英語勉強法については、こちらを参考にしてみてください。

英語力がのびないとお悩みのあなたへ。「独学」で一発解決できますよ。

2020.02.07

 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  


現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。  


 
 


書籍と同時に受け取れるメルマガでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  


最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です