西海岸の英語に方言やなまりってあるの? 会話で使える表現をご紹介!

今この記事を読み始めたあなた!

 

「Hi Bro, how are you?」

って聞いたことありませんか。

 

この「Bro」ですが、日本でもおなじみの単語を短くしたものなんです。

 

そうです。

「Brother」です!

 

「Bro」と短くして、友だちや初めて会った男の人に対し親しみを込めて使われたりします。

 

 

この「Bro」、映画などで使われてる場面をよく見ますが、

実は西海岸にあるカリフォルニア州で使われる方言なんです。

 

 

日本と同じように、アメリカにも地域によって異なる方言があります。

方言がわかるようになると、地元の人と仲良くなったって感じますよね。

 

 

この記事では、西海岸にある州の中でもカリフォルニア州でよく使われる英語を紹介します。

方言を覚えて、地元の人と仲良くなりましょう!

 

 

アメリカ英語に方言はあるの?

自由の女神像, ニューヨーク, Ny, ニューヨーク市, 市, 自由の女神

アメリカ英語は、西海岸、東海岸、南部など地域により方言やなまりがあります。

 

 

西海岸の英語は

「Western American English(Western U.S. English)」と呼ばれます。

 

 

私が東海岸にある語学学校で英語を勉強していたときです。

当時、英語を教えてくれていた先生が、地元である南部のケンタッキー州に2週間ほど帰っていました。

 

その後、また語学学校に戻ってきて英語を教えてくれました。

けれども、しばらく南部のなまりが抜けず、別人のようになってました。(笑)

 

地域によってこんなにも英語が違って聞こえるんだと、驚いたことを覚えてます。

 

 

このことをきっかけに、私が疑問に思ったのは、

「英語の標準語ってなんだろう?」ということ。

 

 

実は、西海岸のカリフォルニア州で話される英語が標準語だと言われているんです。

 

そんなカリフォルニア州にも方言があるので、見ていきましょう。

 

 

カリフォルニア州でよく使われる方言10選

サンノゼ, カリフォルニア州, 大学, 学校, 空, 雲, ゲート, 構造, 建物, ランドマーク

カリフォルニア州では、たくさん方言が使われています。

 

その中から有名な方言や可愛い方言をご紹介します。

 

Hella

「Very」や「really」と同じ。

とてもという意味で使われています。

 

This place is a hella beautiful.

この場所は、とても美しい。

 

カリフォルニア州で使われる方言の中で、1番有名と言えるぐらい知られています。

 

 

NorCal/SoCal

「北カリフォルニア(Northern California)」を略して「NorCal」

 

「南カリフォルニア(Southern California)」を略して「SoCal」と言います。

 

 

There are a lot of beautiful places in NorCal.

北カリフォルニアには、きれいな場所がたくさんあります。

 

I am from SoCal.

私は南カリフォルニア出身です。

 

 

カリフォルニア州はアメリカで人口が1番多く、3番目に広い州です

そのため、北と南で気候や文化、人柄などさまざまなところに違いがあります。

 

 

Yadadamean

Yadadameanの意味は、「わかった / 理解した」です。

 

「Yadada」と短くして使われることが多いです。

 

 

Dad:”Come home around 5, OK?”

(5時までに帰っておいでよ、いいね?)

Son:”Yadada.”

(わかったよ。)

 

このように、会話で使います。

 

発音が可愛くて私のお気に入りのスラングです。

ですが、使用される頻度は少なめです。

 

 

Butthurt

「悲しい / イライラする」を意味します。

 

「sad」や「angry」に似た表現です。

 

You might get butthurt if she will not answer your call.

もし彼女が電話にでなかったら、悲しいよね。

 

Stop getting butthurt over little things

小さなことでイライラするのはやめよう。

 

 

bomb

何か気に入ったものに対して、「素敵、最高」って感じで使います。

人に対して使うことも出来ます。

 

She is a bomb.

彼女、最高だね。

 

このスラングは女の子よりも男の子が使ってることが多い気がします。

 

 

Cruise

通常の船などが巡航するという意味ではなく、

「come」や「leave」と同じ意味で使われます。

「来る/ 行く」ですね。

 

Why don’t you cruise to my place for some drinks?

飲み物をもって私のところに来たらどう?

 

I’m going to cruise. I’ll work early tomorrow.

私は、もう帰るよ。明日、仕事で早いからさ。

 

 

意味を知らないと「えっ!?」ってなりますね。

 

 

Yee

Yes (はい)」と同じ意味です。

 

A: Are you going to the park?

(公園に行くの?)

B: Yee! Sure.

(うん!もちろん。)

 

 

もしこの表現を知らなくても、なんとか推測できそうですよね。

 

次も、推測可能な方言です。

 

 

Coo

「cool」と同じ意味です。

「かっこいい」や「いいね」と言いたいときに使います。

 

A: Let’s play basketball after class.

(放課後、バスケットボールしようよ。)

B: Coo.

(いいね。)

 

 

Tryna

Trynaと聞くと、「Trying to~(~しようとする)」を短くしたものと思いますよね。

 

ですが、カリフォルニアでは全く違う意味で使われるんです!

 

「do you like to」や「would you want to」と同じ「~しませんか」なのです。

 

Tryna dance?

踊りませんか?

 

慣れていないとTrying to~(~しようとする)と間違えて混乱しそうになるので、注意が必要です。

 

 

The Industry

「映画業界」を意味します。

 

Are you working in The Industry?

あなたは映画業界で働いているの?

 

ハリウッドがあるカリフォルニアらしいスラングですよね。

 

 

バレー・ガール(Valley Girl)なまり

ゴールデン ゲート ブリッジ, 女性, 戻る, 探している, ピースサイン, ランドマーク, カリフォルニア州

南カリフォルニアに住む若い女の子たちが話す特徴的ななまりのある英語です。

 

キム・カーダシアンも「バレー・ガールなまり」があります。

キム・カーダシアンは、実業家でもありながら、テレビタレントとしても活躍していますね。

話し方が可愛いから真似する女の子たちが多いです。

 

どんな話し方かはこの動画でチェックすることができます。

イギリスの女優であるエミリア・クラークが真似するバレー・ガールなまり

 

ゆったりと話し、語尾が上がってます。

これがバレー・ガールなまりの特徴です。

 

 

まとめ

アメリカ, 海岸, 西海岸, ポイントロボス, 風景, 太平洋, 太平洋沿岸

・カリフォルニア州でよく使われる方言

1. Hella(「Very」や「really」と同じ意味:「とても」)

2. NorCal/SoCal(北カリフォルニア/南カリフォルニア)

3. Yadadamean(わかった/理解した)

4. Butthurt(悲しい/イライラする)

5. bomb(素敵/最高)

6. Cruise(Comeやleave/来ると行く)

7. Yee(はい)

8. Coo(かっこいい)

9. Tryna(do you like toやwould you want to / ~しませんか)

10. The Industry(映画業界)

 

・バレー・ガール(Valley Girl)なまり

⇒南カリフォルニアで女の子たちが話しているなまり

 

 

カリフォルニア州に行ったときは、この表現をぜひ使ってみて下さいね。

地元の人たちとの距離がグッと縮まって、楽しい時間を過ごせると思います。

 

ネイティブとの会話に使える単語を紹介しているこの記事もおススメです。

「英語になった日本語」を知って、ネイティブとの距離を縮めよう!

 

英語には、会話で使えるスラングがいっぱいあります。

ガールズトークにかかせないスラングを知りたい人は、この記事がオススメです。

「モテる」は英語で何て言う?恋愛トークで使えるスラングと定番表現

 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  


現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。  


 
 


書籍と同時に受け取れるメルマガでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  


最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です