「have to」の発音が聞き取れない⁈実はネイティブはこう発音していた!

「ココの英語、なんて意味なんだろう?」

洋画を英語で観ていて、こんな経験をしたことありませんか。

 

 

私が洋画を観て英語の勉強を始めたばかりのころのことです。

 

洋画を英語で観ていたとき、何度も「ハフタ」と聞こえてきました。

けれども、どの単語のことか全くわかりません。

 

そこで「ハフタ」って何だろうと思い調べたところ、

なんと「have to」だったのです!

 

 

「ハヴ」と「トゥ」なのに、なぜ「ハフタ」となるのか。

とても不思議に思いました。

 

 

実は、これはリエゾンが関係しているんです。

 

リエゾンとは、前の単語の音と次の単語の音がくっつくことです。

そのため、「have to」が「ハフタ」となり知らない単語のように聞こえたんです。

 

 

私と同じような経験をしないために、リエゾンで音が変わる頻出表現を覚えましょう。

覚えると、英語の聞き取りがとっても簡単にできるようになりますよ!

 

 

 なぜ単語の音が変わるのか

なぜ, 質問, 質問マーク, 何故なの, 感嘆符, チャット, バブル

さきほどお話ししたように、英語には、リエゾンと言われる音の変化があります。

 

前の単語の後ろの音と次の単語の前の音がくっつくことでしたね。

そのため、1つ1つの単語を発音するときとは違う音に聞こえます。

 

これは、そのまま発音すると言いづらいため、言いやすい形に変化したんです。

 

 

日本語で言うと、「すみません」と似ています。

「すみません」を言うとき、自然と「すいません」と発音していますよね。

 

私たち日本語のネイティブは、無意識に言いやすい形に変えて発音しています。

同じように英語のネイティブも、無意識に言いやすい形で発音しているのです。

 

「すみません」とはっきり発音したら違和感を感じますよね。

「ハフタ」も「ハブ トゥ」と発音したら、違和感があるんです。

 

 

英語のネイティブは、発音しやすいようリエゾンしています。

なので、リエゾンを覚えたら、ネイティブの英語がすごく聞き取れるようになりますよ。

 

これから、覚えておくと役に立つリエゾンをご紹介していきますね。

 

 

よく使用されるリエゾン

吹き出し, コミックの泡, スーパー ヒーロー, 音声, 話, バブル

ネィティブが普段英語を話すとき、リエゾンを使用しています。

日常会話でよく使われるリエゾンをみていきましょう。

 

have to / has to

「~しなければならない」の意味を持つ「have to」。

「ハフタ」と発音します。

 

・I have to go now. (私は、今行かなければならないです。)

(アイ ハフタ ゴォ ナウ)

 

・You have to follow the rules. (あなたは、規則を守らなければなりません。)

(ユ ハフタ フォロゥ ザ ルールズ)

 

 

「has to」は「ハストゥ」と発音します。

・He has to do his homework.(彼は、宿題をしなければなりません。)

(ヒィ ハストゥ ドゥ ヒズ ホンムワーク)

 

・She has to work tomorrow.(彼女は、明日働かなければなりません。)

(シィ ハストゥ ウォーク トゥモロゥ)

 

 

実際に、ネイティブが「have to」をどう発音しているかこの動画でチェックできます。

 

「ハフタ」と発音されてますね。

 

「have to」が「ハフタ」って発音されることを知らないと、私のように「ハフタって何だろう?」となってしまいます。

 

他にも同じように音が変わる英語があるので、みていきましょう。

 

 

 ought to

「~すべき」の意味を持つ「ought to」

「アタ」という発音になります。

 

・You ought to see a doctor. (あなたは、医者にみてもらうべきです。)

(ユ アタ シ ア ドクタ)

 

同じ「~すべき」の意味を持つ「should」の方がよく使われます。

けれども、「ought to」も時々使われますので、うっかり忘れないように気を付けましょう。

 

 

want to

「~したい」の意味を持つ「want to」

「ワタ」になりそうですが違います!

 

「want to」は形が変わってwanna」=「ワナ」になるのです。

 

間違えないように注意しましょう。

 

I want to play the video game.(私はビデオゲームがしたいです。)

⇒I wanna play the video game.

(アイ ワナ プレイ ザ ヴィデオ ゲーム)

 

「wanna」は、とてもよく使います。

スラっと言えたら、かっこいいですね。

 

 

going to

この「~するつもり」の意味を持つ「going to」

これも「gonna」=「ガナ」と形を変えて使います。

 

I going to have lunch. (私は、昼食をとるつもりです。)

⇒ I gonna have lunch.

(アイ ガナ ハヴ ランチ)

 

「gonna」も「wanna」と同じくらいよく使われます。

会話でもよく出てくるので、覚えておくと役にたちますよ。

 

 

got to

「~しなければならない」の意味を持つ「got to」

「gotta」=「ガタ」になります。

 

I got to study English. (私は、英語を勉強しなければなりません。)

⇒ I gotta study English.

(アイ ガタ スタディ イングリッシュ)

 

イギリス英語だと「gotta」=「ゴッタ」と発音されます。

イギリスの映画を観たときに、注意して聞いてみてください。

 

 

リエゾンの発音練習

レコーダー, カセット, 内蔵マイク, ラジオシャック

ネイティブじゃないからリエゾンなんて無理だよって思ってませんか?

 

ネイティブじゃなくても練習すればリエゾンができるようになりますよ!

 

 

私が実際に試した練習方法をお伝えします。

 

まずは、ネイティブがどのようにリエゾンをしているか聞きます

 

その聞いた音をもとに、自分なりにリエゾンします。

 

その後、自分がどのように発音しているかチェックすることが大事です

 

チェックするために、私は、ボイスレコーダーを使用しました。

ボイスレコーダーで自分の発音を録音して、聴き、ネイティブの発音とどう違うか比べたのです。

 

ココのポイントは、誰もいないことを確認することです。

誰かに見られると恥ずかしいからです(笑)。

 

1人で静かな場所で行いましょう。

 

あとは自分の発音がネイティブの発音に近づくまで練習するのみ!

 

最初は英語で話すとき「アイ ハヴ…」あ、違った、「アイ ハフタ」と言い直してました(笑)。

でもいつの間にか「アイ ハフタ」と自然に言えるようになりましたよ。

 

 

まとめ

文字, 学校, 学ぶ, アルファベット, Abcの, 言語, 背景, アルファベット順, リテラシー, 文盲

英語はリエゾンにより、音が連結したり脱落したりする。

 

・「have to」の発音は「ハフタ」/「has to」の発音は「ハストゥ」

・「ought to」の発音は「アタ」

・「want to 」は「wanna」となり発音は「ワナ」

・「going to 」が「gonna」となり発音は「ガナ」

・「got to 」が「gotta」となり発音は「ガタ」

 

ネイティブは、無意識にリエゾンしながら英語を話しています。

ネイティブがどのように発音するか覚えて、英語を簡単に聞き取れるようになりましょう。

 

洋画を観ると、リエゾンを聞く練習にもなります!

この記事で紹介している洋画で英語を勉強する方法がオススメです。

洋画で英語を勉強する方法!この方法で英語学習が10倍楽しくなった

 

ネイティブが使う表現が使えると、かっこいいですよね。

この記事を読むと、It’s gonna beがネイティブのように使いこなせるようになります。

「It’s gonna be」をネイティブのように使いこなしたい!

 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  


現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。  


 
 


書籍と同時に受け取れるメルマガでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  


最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です