“I’m pretty sure.”は「かわいい」?「pretty」のもうひとつの意味!

友達と話をしていて「本当に?」と聞かれて、
「本当だよ!」と返すとき。

 

「YES!」

 

と強めに言うしかないってことありませんか?

 

 

相手に対して自分の自信度合いを伝えるフレーズは、
日常でもビジネスでもよく使いますよね。

 

その中でも、ネイティヴがよく使う表現として、
是非覚えておきたいフレーズ

 

それが、

「I’m pretty sure.」

という表現です!

 

 

「ん? “pretty”?」
となった方、すばらしい!!

 

誰もが知っている「pretty」には、もうひとつ重要な意味があるんです。

 

 

今回は、意外な「pretty」の意味と、
自分の自信度合いを表現するフレーズをご紹介します。

 

よく知ってると思っていた単語の意外な意味を知ることで、
ますます英語での表現力がアップしますよ!

 

 

「pretty」を使いこなして、あなたの自信をしっかり伝えましょう

 

 

「I’m pretty sure.」ってどんな意味?

「I’m pretty sure.」の意味を理解するには、
場面ごとイメージするのが一番です。

 

 

実際、このような会話で使うことができます。

 

A: Do you think Lyndsey is coming to the party?
(リンジーって、パーティーにくると思う?)

B: I’m pretty sure she is.
(間違いなく来るよ)

 

「I’m pretty sure」は、「ほぼ間違いない!」という自信を伝える表現

 

「sure」という単語だけで、「確信して・確かで」という意味があります。

 

 

ここで気になるのが、「pretty」の存在ですよね。

 

みなさんご存知の「pretty」の意味といえば…

 

そうです、「かわいい」。

 

 

海外で生活していて、ある時気づいたんです。

「やたらと”pretty”って言う人に出くわすなー」

 

これが、「pretty」のもうひとつの意味との出会いでした。
「かわいい」じゃない「pretty」です。

 

 

それが、「かなり・まぁまぁ」という程度を表す「pretty」

 

形容詞の前にくっついて、
その程度にふんわりと「確信・自信」をプラス
してくれます。

 

例えば、

A: How’s it going?(最近どう?)

B: Pretty good.(結構いい感じだよ)

 

こんな感じで、「すごい」というようなMAXではないけど、
70%程度の「まぁまぁ」感を表現してくれる便利表現。

 

 

「I’m pretty sure.」の場合は、「sure」にくっついているので、

もともとの「100%の確実さ」に
自分の「かなり・まぁまぁ」な自信・確信

この組み合わせで「(自分としては)間違いなく」なニュアンスが生まれます。

 

 

断定まではいかないけど、かなり自信があるという時こそ、

この「I’m pretty sure」の出番だと覚えておきましょう。

 

 

次に、「pretty」と同じように「程度」を表現する単語をご紹介します。

 

 

「Pretty」と似た役割をする「程度」を表す単語

「pretty」と同じように、「程度」を表現する単語を使いこなすことで、
ひとつの単語に表情を出すことができます。

 

「very(とても)」というおなじみの単語。

これは、かなり「程度」が強いことを表現します。

 

例えば、

「It is very cold.」と「It is pretty cold.」で比べてみましょう。

 

どちらが寒いのかというと、「It is very cold.」の方が寒いんです。

 

 

では、「pretty」に似た役割をする単語をいくつかみてみましょう。

 

 

「Quite」

「very」ととても似た強さをもつ単語です。

 

例えば、

「I’m quite sure.」と「I’m pretty sure.」は
「かなり」感という点ではほぼ同じ。

 

ただイギリスでは、「quite」を、
「予想していたよりも”かなり”」
として使うことがある
んです。

 

The exam was quite difficult.
(試験はかなり難しかった…予想していたよりも)

という感じ。

 

強い「程度」に加えて、+αの意味合いものせられる。
「quite」の存在を覚えておくと、表現力は一段とアップします!

 

 

「Fairly」

少し強さが弱まり「まぁまぁ」の度合いを意味します。

そして注意したいのが、この「まぁまぁ」は、
好ましい・肯定的な意味が含まれているという点。

 

例えば、

This room is fairly warm.
(この部屋はまぁまぁあったかいね)

この場合、嫌味のような否定的なトーンはなく、
好ましい「程度」だ、ということが含まれているんです。

 

 

ちなみに、この「fairly」にはもうひとつよく使われる意味があります。

それが、「fair(公平な)」の仲間としての「fairly」。
つまり「公平に・公正に」という意味です。

 

「pretty」と同じように、
「fairly」が形容詞の前にくっついているかどうか

それで「まぁまぁ」なのか「公平に」なのかを判断しましょう。

 

 

「Rather」

先ほど登場した「fairly」とは異なり、
否定的なニュアンスで「かなり」という強い「程度」を表します。

 

つまり、

This room is rather warm.
(この部屋はかなりあったかいね)

この場合、「あったかさ」が不快なものだということになるんです。

 

 

「pretty」や「very」のように強い「程度」を意味しつつも、
否定的なニュアンスを加える「rather」

 

使い方に要注意な単語なので、しっかりマスターしましょう。

 

 

自信満々を表現するフレーズ

ここで「I’m pretty sure.」というフレーズに再注目します。

 

断定まではいかないけど、かなり自信満々!
という意味のフレーズでしたね。

 

では、「100%絶対!!」という強さにしたいときのフレーズは?

 

ここでは、自信満々を表現できる表現をご紹介します。

 

 

「I’m confident.」

「confidence(自信)」の形容詞「confident(自信のある)」
を使うフレーズです。

 

強い確信・自信、そして自分の期待感も込めることができます。

 

 

A: How was the exam yesterday?
(昨日の試験、どうだった?)

B: I’m confident I will pass it.
(合格する自信があるよ)

 

このような感じで、自信満々感を表現できます。

 

 

「I’m positive.」

カジュアルな表現としてよく耳にするのがこのフレーズ。

 

「positive」はそのまま「ポジティヴ」として、
日本でもよく使われていますね。

 

実は「positive」には、「疑いがない・明確な」という意味が
メインとなっているので、

 

「I’m positive.」は、「私、ポジティヴなの」というより、

「確信している・間違いない」という意味

になります。

 

 

よく犯罪ドラマなどで、警察が聞き込み捜査をするシーンなどで、

A: Did you hear your neighbor shout at that night?
(あの夜に隣人が怒鳴ってるのを聞きましたか?)

B: Yeah, I’m positive!
(あぁ、間違いなく聞いたよ)

 

 

このフレーズは口語表現と言われる、
とてもカジュアルなもの

ビジネスシーンなどでは、使わないようにしましょう。

 

 

まとめ

「pretty」のような、「程度」を表現する単語を使うことで、
自信の度合いといった+αを加えることができるんですね。

 

英語は直接的な言語だと言われていますが、
実際はひとつの単語で細やかなニュアンスを伝えています

 

1. 自信満々度合いを出す「pretty」
2. 強い「程度」を表現する「very」「quite」「fairly」「rather」
3. 自信満々フレーズ

 

これをしっかりおさえれば、あなたの英語表現力は急上昇します!

 

英語の細やかなニュアンスをプラスして、コミュニケーションを深めましょう。

 

 

英語学習では、場面ごとのフレーズインプットが効果的です。
困ったときのひと言は、こちらの記事を是非参考にしてみてください。

「やれやれ」は英語で何と言う?困ったときに使えるフレーズを紹介

2020.04.02

 

 

日頃の英語勉強に疲れてきたら…
ラクに学ぶコツを、この記事でご紹介しています。

万里の長城から学ぶ、勉強を10倍ラクにする2つの考え方。

2020.02.01

 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  


現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。  


 
 


書籍と同時に受け取れるメルマガでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  


最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です