留学費用を抑えたい! ニュージーランド留学経験から学んだ節約方法を一挙紹介!!

「留学」。

英語や海外に興味のある方なら、1度は憧れますよね!

 

 

ですが、実際に留学に踏み切るには、大きな壁が…。

 

そう、それは「留学費用」

 

留学には、多額の費用がかかってしまうイメージが強いですよね。

実際に、NZ(ニュージーランド)留学した私にとっても、最大の悩みは費用でした!

 

 

ところで、「留学費用」には、具体的にどんな費用がありますか?

「交通費」

「学費」

…それだけですか?

 

いえいえ、留学するには、もっといろんなお金がかかるのです!!

 

 

そこで今日は、そんな「費用」に焦点を当てて、私の留学経験をお伝えしたいと思います。

 

人生初の留学で、右も左もわからなかった私。

留学した後に、「こうすればもっと安く留学できたのか…。」と後悔したことも…。

 

そんな私だからお伝えできる情報も、たくさん盛り込んでいますよ!

 

この記事を読めば

留学したいけど、費用面で決心できない…。

なんて悩みとはオサラバ !

 

費用のために留学の夢を断念なんてさせませんよ!

 

 

留学費用とは?

空港, 飛行機, 航空機, フライ, フライト, 空, 平面, 旅行, 休日

「留学費用」と一口に言っても、色んな費用が含まれますよね。

さあ、「交通費」や「学費」以外の費用は思い浮かびましたか?

 

「留学費用」という言葉には、実はこんなにたくさんの費用が隠されているんです!!

 

交通費(航空券)

滞在費(ホームステイ費用等)

学費

生活費(食費・交際費等)

その他の費用(受験料・留学会社手数料等)

 

意外と多いですよね!

まずは、それぞれの費用を具体的に見てみましょう!

 

 

航空券

航空券は、抑えやすい費用のひとつ!

 

ポイントは、

・利用する航空会社

・経由地

・渡航時期

 

まずは航空会社。

LCC等の安い航空会社を使うと、費用を抑えることができますね。

 

さらに、直行便でなく、他の土地を経由する便を使う!

そうすれば、さらに安く往来することが可能ですね!

 

この2点は、あなたの気持ち次第で実現可能!

本当に費用を抑えたいのであれば、旅の不便さは我慢できますよね!

 

最後に、渡航時期。

長期休みのシーズンなど、一般的な繁忙期を避ける。

そうすれば、安く航空券を手に入れることは可能でしょう。

 

以上3点!!

可能な限り、頑張ってみると良いですね。

 

 

学費

大学、大学院、語学学校。

校種が何であれ、学費は避けられないものですよね。

 

学費は高いというイメージを持つ方も多いのではないでしょうか?

 

ニュージーランドへの短期留学を希望していた私も、その一人でした。

とはいえ、実際にはどのくらいの費用がかかるのか、具体的に知りませんでした。

 

「大学を休学せずに、春休み中に短期留学したい!」

そんな気持ちに駆られた私は、このような行動に出ました!

 

1. インターネットで検索  ※検索ワード=「留学 費用」

2.「留学費用見積シミュレーション」できる留学会社を発見!

3.  希望の条件入力
※ 渡航先:ニュージーランド
※ 期間:7週間程度
※校種:
語学学校(1週間単位での受け入れ可)

4. 候補の語学学校一覧から料金を比較!

5.  留学会社にてカウンセリング・申込み

 

この過程で知ったこと。

 

それは、

同じ条件の語学学校でも、1週間あたりの学費には、想像以上に差がある

ということでした。

 

これは、大学や大学院でも同じでしょう。

 

 

学校ごとに、学費を調べておくことが重要ということですね!

 

ただし、学校選びは重要なので、安ければ良いとは言えません。

学校自体のことをよく調べ、自分の意志で選ぶことが大切ですね!

 

 

ちなみに私は、リスト上で一番安かった語学学校のHPや口コミを調べまくりました^^;

その学校で問題ないと判断し、その学校を選択。

学費を抑えても、快適なスクールライフを送ることができましたよ!

 

留学会社のシミュレーションは、とても役立ちました!

学費を比較したい方は、ぜひ検索してみてくださいね。

 

 

滞在費

留学中、私はホームステイをしました。

 

実際、語学学校の生徒のほとんどが、ホームステイをしているようでした。

 

海外滞在に慣れている方なら、シェアハウス等も良いでしょう。

ですが、初めての留学の方や海外滞在に不安のある方は、ホームステイが安心ですよね!

 

ですが、ホームステイ費用は、契約形態や仲介の有無によっても大きく異なります!

 

 

私は、留学会社に委託したため、ホームステイ費用はあらかじめ決まっていました。

ですので、費用を抑えるということはできませんでした。

もっと言えば、ホームステイ費用を抑える方法があることすら、知りませんでした^^;

 

ですが、実は、ホームステイ費用を抑える方法があったのです!

この方法は、あとでお教えしますね!

 

 

生活費

ホームステイでは、基本的に2食(朝、夜)はホストファミリーが作ってくれることが多いです。

そのため、2食分の食費は不要。

その他、水道代や光熱費も、当然ホームステイ費に含まれています。

 

ですので、日々かかる主な費用は、昼食費と交際費でしょう!

場合によっては、学校までの交通費が必要です。

 

交通費は仕方ないとして、それ以外の費用を抑えることができるかどうか。

それはすべてあなた次第!

 

昼食費を抑えるべく、私は、スーパーで食材を買い、毎日ランチBOXを作っていきました。

 

毎日ランチを買うと、意外と費用がかさむもの。

本当に節約したい方は、自炊するのをおススメします!

 

交際費については、交友を楽しみつつ、節約していくと良いですね。

 

 

その他の費用

留学申し込みの経由。

これによっても、留学費用は異なってくるでしょう。

 

たとえば、所属している大学経由で、海外の大学や大学院留学を申し込む場合。

受験料等は発生するかもしれません。

ですが、大学経由であれば、基本的な費用だけで留学できることが多いでしょう。

 

 

一方、高くついてしまうのが、留学会社経由の留学。

上記のような基本的費用に加えて、留学会社の仲介手数料も加算されるのです。

 

私自身、留学会社経由での留学を経験。

安いとは言えない手数料を取られました^^;

 

さらに、私の留学会社には、独自の「安心サポート」のようなオプションプランがありました。

初めての留学で不安いっぱいだった私。

勧められるままに、オプションをつけてしまいました^^;

結果、さらに費用UP…。

 

ちなみに、このサポートを必要とするような事態には遭遇せず、掛け捨ての保険となりました。

 

 

このように、費用を抑えるという点では、留学会社経由の留学は、おススメできません。

 

ですが、

初めて留学する方や留学が不安な方には、最適な手段とも言えるでしょう!

 

旅券や学校、ホームステイ先など、基本的な手続きは、全て請け負ってくれます

アドバイスやサポートも受けることができるので、不安も解消できるでしょう。

 

ご自分の気持ちに応じて、費用とサポートの兼ね合いを考えてみると良いですね。

 

 

このように、留学費用には、色んな費用が含まれています。

努力や我慢で節約できる費用もあれば、そうではない費用もあります。

 

ですが、可能な限り費用を抑えていけば、最後には大きな差になっていきますよ!

 

 

留学費用節約法

貯金箱, お金, ドル紙幣, 500 ユーロ, 200 ユーロ, ピグレット

留学費用をなるべく節約したつもりでいた私。

ですが、実際にNZで生活をしてみると、もっともっと節約できたことを思い知りました…。

 

「こうしておけばよかった!」と後悔している数々のこと。

みなさんにお伝えしていきますよ!

 

 

為替相場チェック!

航空券や留学会社の手数料等は、日本円。

ですが、学費や現地での滞在費、食費、交通費などは、現地での金額ですよね。

 

そこで重要になってくるのは、為替相場!

 

たとえば、

1ドル=110円のアメリカ。

1ドル=80円のオーストラリア。

 

私たち日本人にとって得なのは、どちらの国ですか?

 

当然、オーストラリアですよね!

 

 

ここの国に行きたい!

というこだわりが強くないのであれば、円が高い国を選ぶのも1つの手。

 

 

ちなみに私がNZ(ニュージーランド)を選択した1つの要因も、これ。

当時のNZドルは、1ドル=80円程だったと思います。

 

アメリカやイギリスの通貨に比べると、ずっと安いですよね!

 

たった数十円の違いと思う方もいるかもしれません。

ですが、学費や現地での生活費用が積み重なれば、大きな差になるのですよ!

 

 

自分で語学学校へコンタクト!

入学後に知った事実!

 

それは、

個人で語学学校に申し込むことができる!

ということ。

 

しかも安い!!

 

先ほどお話ししたように、留学会社を介しての申し込みは、手数料込の請求。

それを理解していても、想像以上の金額差に驚いたのを覚えています。

 

とはいえ、自ら学校にコンタクトを取り、留学の詳細を決めるのは大変ですよね。

特に、留学初体験の方や英語に自信がない方には、とても高いハードルかもしれません。

 

それでも、「挑戦しよう!」と思える方!

ぜひtryしてみてください!

 

学費を最小限に抑え、英語の勉強にもなる。

一石二鳥ですよね!

 

語学学校とやりとりすれば、学校生活の不安も解消できるかもしれませんよ!

 

 

自分でホストファミリー探し!

大学や大学院への留学では、dormitory(学生寮)に入ることが多いかもしれません。

 

ですが、語学学校には、基本的に寮はありません。

そのため、ホームステイをすることが多いのです。

 

さきほどお話ししたように、私の場合は、留学会社がホストファミリーを手配してくれました。

そのため費用も高く、費用を抑えようがありませんでした。

 

 

ですが入学してみると、語学学校の教職員宅にホームステイしている学生が!

 

学校でも家でも、先生と過ごせるなんて!!

英語の勉強にはもってこいだと思いませんか?

しかも、手厚いサポートもしてくれている雰囲気!

 

うらやましく思った私は、その学生に聞いてみたのです。

すると

学校にホームステイ先探しを委託したとのこと!

 

その結果、先生がホストファミリーになってくれたそうなのです!

同じような学生は、他にも数人いるようでした。

 

 

学校委託には、追加費用が必要なようでした。

ですが、

私が留学会社に支払った費用よりも安かったのです!

 

 

少しの追加料金で、ホストファミリーを探してくれる。

運が良ければ、教員の家に滞在できる!

 

利点だらけですよね!

 

 

ただし、このシステムの有無は、学校によって異なります。

興味のある方は、受け入れ先の学校に問い合わせてみてくださいね!

 

 

学校委託以外にも、ホストファミリーを探す方法はあります。

 

活躍するのは、ホストファミリー希望者を集めたwebサイト!

 

このサイトでは、ホストファミリー希望者を見ることができます。

ファミリーの移住環境、家族構成、希望条件、口コミ評価などが、詳細に書かれています。

 

気になるファミリーには、個人的にコンタクトできます。

その後、お互いに連絡を取り合って、決めていくスタイルのようです。

 

自分の希望に合う金額設定のホストファミリーを見つけることができるかもしれません!

 

ですが、これも、留学初体験の方や英語に自信がない方には、難しいですよね。

それでも、頭の片隅に入れておくと、役立つことがあるかもしれませんよ!

 

ちなみに、こちらが、NZのオークランドのホストファミリーを見つけるサイトです。

気になる方は、参考にしてくださいね。

http://www.homestayin.com/Auckland

 

 

まとめ

コイン, 通貨, 投資, 保険, 現金, 銀行, 金融, ビジネス, お金, 成功, お金の概念を保存します

留学費用には、節約できる費用とできない費用がある!

 

節約できる費用

・航空券
⇒航空会社、経由地、時期を選ぶ

・生活費
⇒円の高い国を選ぶ
⇒昼食は自炊する

・学費
⇒留学会社を介さず、自ら語学学校に申し込む!

・滞在費(寮がない場合)
⇒学校にホストファミリー手配を依頼できる場合がある!
※留学会社を介すより安い!
※語学学校の教職員宅に滞在できる可能性も!!

⇒webサイトでホストファミリーを探す
※希望の価格設定のファミリーがいるかも!

 

憧れの「留学」。

とはいえ、「費用」の面から見てみると、現実に引き戻されてしまいますよね^^;

 

ですが、抑えることができる費用もたくさんあります!

 

「こんな方法もあったのか…」と後悔もした私^^;

ですが、費やしたお金以上の価値ある経験もできました!!

 

留学費用で悩んでいるあなた。

 

必ず打開策はあります!!

諦めずに、留学を実現させてくださいね^^

 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  


現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。  


 
 


書籍と同時に受け取れるメルマガでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  


最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です