「スコットランド訛り」もイギリス英語?奥が深い訛りの世界!

ハリー・ポッター、バグパイプ、ウィスキー…

 

これらで世界的に知られている場所といえば?

 

そうです、「スコットランド」です。

 

 

私が住んでいる街は、このスコットランドの首都・エディンバラです。

初めてスコットランドを訪れて、まず感じたこと、

 

「この人たち、英語しゃべってる?」

 

イギリスの北部3分の1を占めていて、
当然イギリスの一部で、母国語は英語。

 

それなのに…訛りが強すぎる!!

 

 

そもそもイギリスは、4つ「国」で構成された連合王国。

私たちが日頃「イギリス」と呼んでいる国は、
「イングランド」
「ウェールズ」
「スコットランド」
「北アイルランド」
の4つの「国」の集合体ということです。

 

それぞれの「国」は、歴史的に完全に独立した王国。
独自の文化、そして言語が根付いています。

 

 

日本でも、地域によって方言があるように、

イギリスでも、地域によって訛り(アクセント/accent)があります。

 

 

今回は、世界的有名人も多く輩出しているスコットランドの
「スコットランド訛り」
をテーマにイギリス英語の奥深さをご紹介します。

 

 

「あ、これスコットランド訛りだ」

英語の訛りを聞き分けることができれば、

海外ドラマや映画も違った楽しみ方ができますよ!

 

 

「スコットランド訛り」の世界を一緒に楽しんでみましょう。

 

 

「スコットランド訛り」ってどんな発音?

イギリス英語にはどんなイメージがあるでしょうか?

 

アメリカ人の友人が、

「イギリス人はsnobbish(お高くとまっている)」

と言って、イギリス英語のマネをするのを聞いたことがあります。

 

イギリス英語といえば、次のような特徴があります。

 

 

・「R」の発音で舌を巻かない

・「T」をはっきり発音する

 

 

例えば「Water」は、
アメリカは「ウォーラー」
イギリスは「ウォーター」

 

よく例として登場する違いなのでイメージしやすいですよね。

 

 

その一方で、とにかく独特な「スコットランド訛り」には、
次のような特徴があります。

 

 

巻き舌のような「R」

スペイン語やイタリア語にある巻き舌の「R」の短縮版のような「R」。

巻き舌を1回だけするような感じの音になります。

 

この巻いた感じのせいなのか、「スコットランド訛り」は
どこかこもった感じの音になります。

 

つまり…聞き取りづらい…

 

 

例えば、「Car」は「カー」ではなく「カール」
のように聞こえます。

 

 

二重母音「ay(エイ)」

個人的に最もスコットランドらしさを感じる音です。

 

例えば、

「Monday」は「マンデイ」ではなく「マンディー」

「Station」は「ステイション」ではなく「スティーション」

で、「エイ」の音は「イー」になります。

 

ただ、「Say」は「セイ」ではなく「セー」
そのまま伸ばして発音しています。

 

一度実際に口に出してみてください!

ちょっと田舎っぽいほっこり感がありませんか?

 

全体的に語尾を伸ばし気味に感じると思います。

 

 

二重母音「oo(ウー)」

 

語尾は伸ばし気味だと思ったら、
イングランドでは伸ばすところは伸ばさない!

 

「oo(ウー)」は、「u(ウ)」と発音するんです。

 

これが「スコットランド訛り」です。

 

例えば、

「Pool」と「Pull」

 

イングランドでは「プール」と「プル」ですが、

 

スコットランドでは、「プル」と「プル」

つまり同じ発音になってしまいます。

 

他にも「Food」は「フード」ではなく「フド」
に聞こえます。

 

 

このような発音の違いが、全体のリズムそのものを変えて、

「スコットランド訛り」の独特さを生み出しているんですね。

 

 

個人的には、早口な人が多いような気がします。

独特なリズムと早口がおもしろいスコットランド訛り

 

「スコットランド訛り」を紹介する次のような動画で、
是非体感してみてください。

 

 

これも英語?スコットランドならではの表現!

もともとひとつの王国で独自の文化を育んできたスコットランド。

 

スコットランド独自の言語として
「ゲール語」も公用語として使われています。

 

実際、エディンバラの街中でも「ゲール語」が
道路標識や看板などに併記されているのを見かけます。

 

 

スコットランドで話されている英語は、
「Scottish English(スコットランド英語)」は、
公的な場で使われる、英語の標準語として認められている
んです。

 

スコットランド首相ニコラ・スタージョンも、
しっかり「スコットランド訛り」でスピーチしています。

 

ここからは、「スコットランド訛り」の特徴ともいえる、
スコットランド英語の単語をいくつかご紹介します。

 

 

「Aye」

これはスコットランドでも年配の方がよく使っています。

 

「Yes」を意味する「Aye(アイ)」です。

 

もともと中世英語を語源としているという説もあり、
「スコットランド訛り」として有名な単語ですが、
イギリス議会でも使われています。

 

エディンバラでも個人経営のお店などで、
いまだに使われているのを耳にします。

 

 

「Loch」

スコットランドの有名モンスターといえば、
「ネッシー」です。

 

ネッシーで有名なネス湖、
スコットランドでは「Loch Ness」です。

 

つまり、「Loch」は「湖」なんです。

 

発音は、「ロッフ ネス」という感じで、
「ch」はドイツ語・フランス語で登場する独特な音。

 

ネス湖以外でも、スコットランドにある湖は、
どれも「Loch〜」となっています。

 

 

「Wee」

日本語で言うと、「ちっちゃい」というニュアンスの言葉です。

 

カジュアルで、子供が使うような単語ですが、
日頃の会話でもよく使われています。

 

I have a wee dog at home.
(家でちっちゃい犬を飼ってるんだ)

 

「お、スコットランド訛り!」という単語のひとつですね。

 

 

次に、「スコットランド訛り」が楽しめる映画をご紹介します。

 

 

「スコットランド訛り」を映画で楽しもう!

実は、有名人をたくさん輩出しているスコットランド。

 

「スター・ウォーズ」「ムーラン・ルージュ」に出演した
ユアン・マクレガー

「X-MEN」「スプリット」に出演した
ジェームズ・マカヴォイ

「007」初代ジェームズ・ボンド
ショーン・コネリー

みなさん、スコットランド出身なんです。

 

首都のエディンバラは、毎年世界最大の演劇祭が開催されるなど、
イギリスの芸術が生まれる場所ともいえます。

 

 

ここからは、そんなスコットランドを舞台にした
「スコットランド訛り」を堪能できる映画
をご紹介します!

 

 

「トレインスポッティング」

先述のユアン・マクレガーの初出演映画です。

 

ヘロイン中毒の若者の日常をありのまま描いた作品。

 

初めてこの作品を観た時、これが英語だとは信じられませんでした…

それくらいキツい「スコットランド訛り」を体感できます

 

作品中に登場するエディンバラの街並みも必見です!

 

 

「メリダとおそろしの森」

ピクサー映画初の女性主人公であり、ディズニープリンセスのメリダの物語。

 

舞台は、10世紀頃のスコットランドなんです。

 

登場人物の声優ほぼ全員がスコットランド人俳優なので、
しっかり「スコットランド訛り」が楽しめます。

 

アニメーションで子供が楽しめる物語なので、
英語学習初心者でも安心して挑戦できますよ。

 

 

スコットランドを舞台にする映画や海外ドラマは、
他にもたくさんあります!

 

 アメリカを舞台にする映画と比べてみるのも、
「訛り」の違いを感じることができておすすめです。

 

 

まとめ

スコットランドには、ハイランドと呼ばれる絶景が広がる地方があり、
美しい自然と城をはじめとした史跡がたくさんあります。

 

「スコットランド訛り」を体験すべく、
是非一度訪れてみてください。

 

 

イギリスは、4つのユニークな文化の集合体ということで、
公用語の英語にも、それぞれ特徴があって「訛り」も奥深い!

 

 

すぐに現地に行けなくても、映画やドラマ・動画など、
スコットランドを感じる方法はたくさんあります。

 

この機会に、「スコットランド訛り」と
あなたの知っている英語を比較してみてください!

 

新しい英語の表情が見つかるかもしれません。

 

 

海の向こうアメリカにもいろいろな「訛り」があるようです。
詳しくは、是非こちらの記事を読んでみてください!

西海岸の英語に方言やなまりってあるの? 会話で使える表現をご紹介!

2020.04.05

 

 

英語力アップのための勉強法は、「独学」で実現できます。
こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

英語力がのびないとお悩みのあなたへ。「独学」で一発解決できますよ。

2020.02.07

 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  


現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。  


 
 


書籍と同時に受け取れるメルマガでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  


最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です