「off course」 って書いてない? ちょっとした凡ミスで、意味が変わってしまう英語に要注意!

タイトルを見て、

“off course” の何がミスなの?

と思った方。

 

結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。

 

 

『もちろん』を表す、「オフ・コース」という表現ですが、

“off course” ではなく、“of course” ですよね。

 

あ、そういえばそうだったよね! って思いましたか?

 

 

最近は、ビジネスメールやSNSなどで、英語をタイプする機会が多いと思います。

 

そんな時、ぼーっとタイプしているとよく起こしてしまう

凡ミス。

 

  • スペースを入れ忘れた・入れてしまった
  • 文字を1文字余分にタイプしてしまった
  • うる覚えのスペルで違う単語にしてしまった

 

など、色々なミスがあります。

 

 

冒頭の、“off course” も、凡ミスの一例。

実際、私が犯したミスです!

 

これ、ただのスペルミスだったらいいんですが、

” f ” を1つ多くつけるだけで、意味まで変わってしまいます。

 

 

こういった凡ミスで、意味まで変わってしまう英語。

集めてみると結構たくさんあります。

 

一文字違うだけで、まったく違う意味になってしまうものも…。

 

 

そこで今回は、少しの違いだけで、意味が変わってくる表現を集めてみました!

 

この記事で、凡ミス例を知ることで、

「こんな凡ミス、あるなあ。」

「この単語を使う時は注意しよう。」

と、頭の片隅に入れるだけでも、ミスは防げると思います!

 

ぜひ楽しんで読んでみてください!

 

 

“of course” と ”off course” の違い

カップ, コーヒー, ような, 親指, 高, 泡, カフェオレ, 笑顔, 笑う

私が犯した

“of course” と “off course” の凡ミス。

 

似ているようで、意味がまったく違うんです!

 

 

私が言いたかったのは、

“of course” 『もちろんの方です。

 

 

一方、『もちろん』と意味しようとして、 “off course” とタイプミスしてしまったとき。

 

この “off course” は、『コース(course)から外れる(off)』というニュアンス

『進路から外れる』・『道からそれた』のような意味になります!

 

実は、さらに、発音も変わってくるのです!

“of course” の発音は「オ・コース」!

“off course” の発音は「オ・コース」!

 

 

“f” を1つ余分に入れただけなのに、かなり大きな違いになってしまいますよね!

 

 

このように、なんとなく頭の中でスペリングを間違っているケースは意外と多いです!

 

 

ここからは、”of course” と “off course”と同じような凡ミス例をご紹介していきます。

 

 

凡ミス例① スペース、余分なスペル

間違い, 404 エラー, コンピュータ, ウェブサイト, アラート, Web

any one と anyone

“anyone” は、人物に対してのみ使用できる表現です。

 

例)

Did anyone see the accident this morning?

(今朝、事故を目撃した人はいますか?)

 

 

一方、“any one”は、人物はもちろんですが、あるグループ内のものに対しても使用できます。

 

例)

I can recommend any one of the books in this store.

(この書店のどの本でもオススメできます。)

 

このように、“any one” を使用する場合は、

“of ~” を伴い、一定のグループの中の一つという表現で使われることが多いです。

 

 

a part と apart

“a part” とスペースを入れた場合は、『~の一部』という意味になります。

 

例)

This is a part of a car.

(これは、車の一部分です。)

 

 

一方、

“apart” とスペースなしの場合は、『離れて』『別々の』の意味になります。

 

例)

These facilities are 2 miles apart.

(これらの施設は2マイル離れています。)

 

 

all together と altogether

“all together” は、『みんな一緒に』という意味で使用されます。

 

例)

Let’s go all together! (みんなで一緒に行こう!)

 

 

一方、“altogether” とスペースを入れず、”L”を一つ抜かすと、

『完全に』『合計して』『全体的に』の意味になります。

 

例)

The event of this week was cancelled altogether.

(今週のイベントは完全にキャンセルとなった。)

 

It comes to $50 altogether.

(合計で50ドルになります。)

 

となります。

 

少しのスペルミスで意味が変わってしまいますよね。

 

 

a lot と allot

“a lot” は、『多くの』という意味で頻用しますよね。

 

これをスペルとスペースのミスで、“allot” としてしまうと、

『割り当てる』『分配する』という意味の動詞になってしまいます。

 

 

beside と besides

“beside” は、『~のそばに』という意味で使用されます。

 

例)

She sat on beside him.

(彼女は彼のそばに座った)

 

 

一方、”s” をつけてしまって “besides” とすると、

『~に加えて』『~の他に』というだいぶ違った意味になってしまいます。

 

例)

I have to write two more articles besides this one.

(これに加えてあと2つ記事を書かなくてはなりません。)

 

Besides English, I can speak Spanish.

(英語の他に、スペイン語をしゃべることができます。)

 

といった感じです。

 

かなり違う意味ですよね!

気をつけましょう。

 

 

holy と holly

クリスマスシーズンに多発するミスです。

 

“holy” 『神聖な』『聖なる』という意味です。

 

“Holy Christmas” で、『聖なるクリスマス』という表現。

クリスマスの時期は目にしますよね。

 

 

一方” L ” のスペルを余分に追加してしまった “holly”

セイヨウヒイラギの植物の名前です。

 

 

1つスペルを追加してしまうことで、

♪ひいーらぎ かざろう ふぁららららーららんらんらん のひいらぎになってしまうわけです・・。

 

クリスマスの時期は気を付けましょう。

 

 

凡ミス例② うる覚えのスペル

エラー, Www, インターネット, 電卓, サーバーの, クラッシュ, 問題

ここからは、私が毎回、

「どっちがどっちだっけ?」となったり、

気を抜いていると間違えてしまう英単語をご紹介します。

 

 

complement と compliment

“complement” は、『補足して完全にするもの』『補語』

 

“compliment” は、『誉め言葉』『お世辞』

 

 

dose と doze

“dose”『服用量』『1回分の量』

 

“doze”『ちょっと眠る』『うたた寝をする』

 

 

capital と capitol

“capital”『首都』『州都』

 

“capitol”『国会議事堂』『州議会議事堂』

 

 

decent と descent

“decent”『きちんとした』『礼儀正しい』

 

“descent”『降下』『下落』『下り坂』

 

 

この場合、発音も要注意!!

 

“decent” は、「ディーセント」[díːsnt] と発音。

最初の “de” の部分を強く発音します。

 

 

一方、“descent”「ディセント」[dɪsént] と発音。

強く発音するのは、“ce” の部分です。

 

 

personal と personnel

“personal”『個人の』

 

“personnel”『全職員』『人事部』

 

 

discrete と discreet

“discrete”『分散型の』

 

“discreet”『分別のある』『思慮深い』

 

 

さあー、ここらへんで目と脳が、

もうわけわからん!と混乱してきましたよね?

 

でも、まだまだ行きますよ!

 

 

reminder と remainder

“reminder”『思い出させる人・もの』『督促状』など

 

“remainder”『余り』『残り物』

 

 

sooth と soothe

“sooth”『真実』『現実』

 

“soothe”『なだめる』『沈静化させる』

 

 

stationary と stationery

“stationary” は、『動かない』『静止した』

 

“stationery”『文房具』

 

 

heroin と heroine

“heroin”『(薬物の)ヘロイン』

 

“heroine”『(ドラマなどの)ヒロイン』

 

これ間違ったら大変なことになりますよね・・。

 

 

ざっと上げてみてもこんなにたくさんあるのです!

凡ミスだと甘く見てはいけませんね!!

 

 

まとめ

マーケティング, ビジネス, ボード, 親指, 高, 戦略, メディア

英語をタイプして書くときは、凡ミスを犯しやすい。

 

凡ミスには、

・スペースや余分なスペルによる凡ミス

  • any one と anyone
  • a part と apart
  • all together と altogether
  • a lot と allot
  • beside と besides
  • holy と holly  など

 

 

・スペルミスで意味が変わってくる英語

  • complement と compliment
  • dose と doze
  • capital と capitol
  • decent と descent
  • personal と personnel
  • discrete と discreet
  • reminder と remainder
  • sooth と soothe
  • stationary と stationery
  • heroin と heroine   など

 

 

これらの英語を使う時は、

間違いやすい単語があるぞ!

と頭の片隅に入れるだけでもOK!

 

ミスの発生率を下げることができるかもしれません。

 

 

また、これ以外にも、

自分が苦手だったり、間違いやすい英語をリスト化しましょう。

 

リスト化することで、脳が意識してミスを犯さないようになります。

 

 

リモートワークなどで、英文のメールやテキストを送る機会が増える昨今。

 

凡ミスポイントをしっかり理解することで

正確な英語のライティングにつなげていきましょう!

 

 

今回は、間違いやすい英語の単語をご紹介しましたが、

単語自体の成り立ちについて学びたい人はこちらがオススメです!

「英単語の成り立ち」を理解するだけで単語が10倍覚えやすくなる

2020.02.26
 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  


現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。  


 
 


書籍と同時に受け取れるメルマガでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  


最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です