海外旅行は英語圏がオススメ⁈ 旅行先を選ぶポイントをご紹介します!

突然ですが、

海外旅行に行くならどの国に行きますか?

 

アメリカ、ロシア、ヨーロッパ、韓国など、たくさんありすぎて選びきれないですよね。

 

私も海外旅行に行くときには、いつもどの国に行こうかすごく迷います。

時間、費用、その国の魅力は何か…考えることが多いです。

 

 

迷って決められない!

そんなあなたには「英語圏」がオススメ!!

 

「英語圏」では、実際に英語を使ってコミュニケーションをとる経験ができます!

 

たくさんある「英語圏」の国。

その中から旅行先を選ぶポイントもご紹介していきます!

 

この記事を読み終わるころには、早く海外旅行に行きたくてウズウズしてるはずですよ。

 

 

英語圏の国

英語圏の国は数多くあります。

 

その中で、とくに有名な3か国をみていきましょう。

 

アメリカ

英語圏といえば、真っ先に思いつくのではないでしょうか。

 

アメリカの象徴、自由の女神があるニューヨーク

 

ディズニー好きには、フロリダウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート

 

綺麗な海にウォーターアクティビティを楽しめるハワイ

 

 

何度行っても楽しめる旅行先ばかりです。

ネイティブと話せることも魅力ですね。

 

物価は日本とほぼ同じくらいです。

 

治安は、観光地は比較的良いです。

 

ですが油断は禁物!

場所によっては、治安が良くないところもあるので注意しましょう。

 

 

イギリス

長い歴史のある国イギリス、観光名所も数多くあります。

 

テレビでもときどき見る、あのバッキンガム宮殿

 

エリザベス女王が休暇を過ごしているウィンザー城

 

ロンドンを象徴する時計塔であるビッグ・ベン

 

 

長く壮大な歴史を感じることができる建物ばかりです。

 

イギリスでは、イギリス英語を生で聞くことができます。

 

物価は、日本より高いです。

ですが、生活に欠かせない食料品は、日本より安い場合もあります。

 

 

治安は良い方だと言われますが、大都市の犯罪率はとても高いです。

 

人込みや地下鉄では、スリに注意しましょう!

 

 

オーストラリア

豊かな自然を楽しみ、多くの野生動物の姿を見ることができます。

 

 

シドニーのシンボルであるオペラハウス

 

世界遺産のグレート・バリア・リーフを見れるクイーンズランド

 

エアーズロックとしても知られる有名な一枚岩があるウルル=カタ・ジュタ国立公園

 

カンガルーやフェアリーペンギンが見れるのも魅力のひとつですね!

 

 

ケアンズまで、東京から約7時間で行けます。

アメリカやイギリスと比べると近いですね。

 

 

物価は、日本よりも高めです。

ですが、都市部によっても物価の高さに違いがあります。

 

 

治安は良い方ですが、日本と同じように過ごせるほど良いわけではありません。

気を抜かないようにしましょう!

 

 

この動画では、オーストラリアの素敵な場所が紹介されてます。

動画を見て、さらにオーストラリア旅行のイメージを膨らませてみてくださいね!

 

 

 

英語が公用語の国

「英語圏」といえば、日本から遠いイメージがありますよね。

 

 

ですが、アジアにも英語が公用語の国があります。

 

旅行費用が安く、短期休暇で行けるため、とってもおススメです。

 

どんな国があるのか、見てみましょう!

 

 

マレーシア

マレー系、中華系、インド系などいろいろな人たちが住んでいます。

 

 

首都クアラルンプールといえば、ペトロナスツインタワー

 

世界遺産のポルトガル・オランダ支配時代の教会などが見られるマラッカ

 

マレーシア独立を宣言した場所があるオールドタウン

 

 

さまざまな文化を感じることができるのが魅力です。

 

 

公用語はマレー語。

ですが、観光客が訪れる場所では、英語が通じます。

 

 

物価は、日本と比べると、驚くほど安いです。

 

治安も良いと言われています。

けれども、夜道の一人歩きなどはしないように気を付けましょう。

 

 

フィリピン

英語学習の留学先としても、人気のあるフィリピン。

 

多くの日本人が訪れています。

 

 

日本人に大人気のリゾート、セブ島。

 

フィリピンで最も古いサン・アグスチン教会があるマニラ

 

世界最小のメガネザルであるターシャが住んでいるボホール島

 

 

数多くの島があり、ビーチだけじゃなく歴史的な建物もあります。

 

物価は、安いです。

観光地や都市部は、他の地域に比べると、物価は高いです。

 

 

治安は、良くなってきてると言われていますが、まだまだ注意が必要!

地域により危険度が違ってくるので、気を付けましょう。

 

 

シンガポール

公用語は4言語あり、そのうちの1つが英語です。

 

 

シンガポールの象徴であるマーライオンがあるマーライオンパーク

 

アトラクションが大好きな人は、ユニバーサル・スタジオ・シンガポール

 

シンガポールが、世界で初めて開園したナイトサファリ

 

 

国土は大きくなくても、見どころ満載です。

 

 

物価は、日本とほぼ同じくらいです。

 

治安は良いです。

 

 

治安が良くても、初めての旅行先だとドキドキしますよね。

日本と同じように、貴重品の取り扱いには注意しましょう!

 

 

シンガポールには、まだまだおススメの観光地があります。

この動画を参考にしてみてくださいね。

 

 

旅行先を選ぶポイント!

私が旅行先を選ぶときに、気を付けて見ているポイントです。

 

 

航空券

時期によって価格に大きな差が出るのが、航空券代

 

連休やイベントがある時期などは、通常よりも航空券は高くなります。

そのため、その時期を避けて旅行すると、比較的安く購入できます。

 

また、プロモーションの時期に航空券を購入できれば、半額以下なんてこともありますよ!

 

 

為替レート

為替レートによっても、旅行代が大きく変わります。

 

安い時期に換金できるよう、常にチェックすることが大事です。

 

 

治安

最新情報を入手しておきたいのが、治安ですよね。

 

たとえば、テロ直後に行くのは危険!

 

安全な時期と地域を選びましょう。

 

 

時差ぼけ

時差ぼけしてしまうと、せっかくの旅行が台無しになってしまいます。

 

旅行先の時差を考えて、休暇日数を決めることも重要です。

 

 

旅行先との時差を計算して、飛行機の中で睡眠時間を調整しましょう。

アイマスクなど時差ぼけ防止グッズは、必須ですね。

 

 

旅行するときは、航空券、為替レート、治安、時差ぼけも気にしてみて下さいね。

 

より快適に、そしてお得に旅行できるはずですよ!

 

 

英語圏の旅行。

「英語が通じるか不安だな…」なんて思ってませんか?

 

そんなあなたは、旅行前にこの記事を読むのが、おススメ!

この記事では、海外旅行で避けて通れない「お会計で使える英語」が紹介されてます。

 

心の準備をしておけば、ショッピングも心から楽しめます。

「支払」の英語で? これを押さえれば、海外での会計も怖くない!

 

まとめ

「英語圏」として有名な国

・アメリカ

・イギリス

・オーストラリア

 

旅行費用が安く、短期休暇で行ける英語圏

・マレーシア

・フィリピン

・シンガポール

 

旅行先を選ぶポイント

・航空券

・為替レート

・治安

・時差ぼけ

 

 

「英語圏」の国は、まだまだたくさんあります。

 

自分に合った最適な旅行先を見つけて、海外旅行を楽しみましょう。

 

 

ちなみに、実は日本人の4人に1人もパスポートを持っていないらしいですよ。

詳しくは、この記事で知ることができます。

 

日本人の24%しかパスポートを持ってない事実について思うこと

 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  


現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。  


 
 


書籍と同時に受け取れるメルマガでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  


最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です