ニュージーランド留学経験者が語る「友達」作りの極意!「友達」なくして留学の成功もなし!?

憧れの「留学」

 

とはいえ、内心、不安もたくさんありますよね!

 

 

ニュージーランドへ留学した私。

たった2ヶ月弱の短期留学でも、不安でいっぱいでした。

 

「現地で本当に生活できるのかな?」

「授業についていけるのだろうか?」

「というか、そもそも、こんな私が本当に留学できるの!?」

 

現地に向かう飛行機の中。

そんな不安が、底なし沼のように湧き上がってきました ^^;

 

 

そんなあらゆる不安を解消する1番の方法!

 

それは、留学先で友達」を作ること!!

 

 

どちらかというとシャイな私。

そんな私でも、入学したその日に、友達が数人できました!

 

そして帰国の日には、友達との別れに涙…。

 

 

それほどに、友達」は留学生活に欠かせない大きな存在でした!

 

 

そんな私が、

 

・留学先で「友達」ができたことによるメリット!

・「友達」を作るときの秘訣!

 

をお教えします!

 

これでもう、留学の不安とは無縁!!

 

実りある留学生活になること間違いなしですよ!

 

 

留学先で「友達」を作るメリットとは?

本, 読み取り, 文学, 学ぶ, テキスト, フォント, ページ, ティー

友達がいるメリットは、日常生活で体感していますよね。

 

ですが、留学中、「友達」のありがたみは何倍にも感じるかもしれません!

 

 

私自身、

「友達がいるってありがたい!」

と痛感した瞬間はたくさんありました。

 

 

その中でも、選りすぐりの私の実体験をお教えしますね!

 

 

精神的支え

ニュージーランドの語学学校に、短期留学した私の入学初日。

 

バス停から学校までの道が分からない…。

地図を片手に、周囲をウロウロして、やっと到着。

 

すると、学校が閉まっている…。

ひたすら一人で待ってみる。

 

そんな長い過程を経て、そしてようやく校内へ。

入学する学生が集められ、簡単なオリエンテーションが行われました。

 

 

この段階で、もうすでに疲れ果てていた私^^;

 

わけのわからない環境の中、孤独に動く。

本当にストレスフルですよね。

頭痛持ちの私は、頭がガンガンしていました^^;

 

 

孤独に耐えかねた私。

勇気を出して、隣の女性に話しかけてみたのです!

もうシャイだなんて、言っていられませんでした(笑)

 

 

すると、その女性も笑顔で、答えてくれました。

 

自己紹介を聞くと、タイ出身の女性だと判明。

簡単な英語で、他愛もないことを話しました。

 

そして、ふと気づくと、ひどかった頭痛もいづこへか ^^

 

 

話せる存在がいるって、本当に大切だと痛感しました!

 

 

実は、彼女がいてくれたおかげで、

学校生活だけでなく、滞在生活の不安も解消することができたのです!

 

 

ホームステイをしていた私。

私のホストファミリーは、小さなお子さんがいる若いご夫婦でした。

 

フレンドリーで親切なご夫婦でしたが、二人ともフルタイムのお仕事+小さなお子さん。

自分たちの生活だけで手一杯っていう印象でした^^;

 

 

ホストファミリーは、文字通り「ファミリー」

 

「お客さん」ではありません。

日本のお客さんのように、手厚い歓迎やもてなしはナイ!

 

そう頭では理解していても、放置されている感覚を持ってしまった私。

 

 

たとえば、庭でバーベキューするホストファミリーを発見。

 

すると

“You can join us if you want.”

と、ホストマザーが声をかけてくれました。

 

“IF YOU WANT.” (もし望むなら)

 

…なんとなく寂しくないですか? ^^;

 

「バーベキューするなら、最初から誘ってくれたらよかったのに。」

なんて、悶々としたことを覚えています。

 

 

“Wow! That sounds good! ”

と、気にせず溶け込めば良いのですが…。

 

無駄な遠慮や控えめさを出してしまう典型的は日本人の私。

日々、ファミリーとの距離感を感じ、寂しさを拭えませんでした。

 

 

そんな私が、タイの友達のホストファミリー宅にお邪魔したときのこと。

帰ろうとすると、「この辺は危ないから」と、

ホストマザーが、わざわざ送ってくれたのです!

 

温かさと優しさが、すごく胸に滲みたのを覚えています。

 

 

それ以来、友達と一緒にドライブに連れ出してくれたり、泊めてくれたりしてくれました。

さらに帰国日には、私を空港まで送ってくれたのです!!

 

別れ際、友達と彼女のホストマザーとの別れに、涙が止まりませんでした。

(ちなみに、私の本当のホストファミリーとは、自宅で、笑顔であっさり別れました^^;)

 

留学生活すべてにおいて、心の支えを持てたこと。

 

それは「友達を作れたおかげ」の一言に尽きます!!

 

 

精神的な支えがなければ成り立たない留学生活。

 

「友達」は絶対に欠かせない存在ですね!

 

 

英語力UP!

友達を作るもう1つのメリットは、まさに留学の根幹部分!

 

「英語力UP」です!

 

all Englishの授業を受けていても、授業だけでは、英語は上達しませんよね!

 

 

そこで有効なのは、友達と英語で「話す」こと!

とくに、スピーキングが苦手な日本人には、有効なのです!

 

 

スピーキングが苦手な日本人って多いですよね。

 

実は私も、その一人でした。

スピーキングを上達すべく、留学に挑戦したのです。

 

留学前の私は、英語で気持ちを伝えるのに、時間がかかっていました。

結果、会話のテンポが悪くなり「話せない」という苦手意識を持っていました。

 

あなたも心当たりはありませんか?

 

 

そもそも、なぜ、日本人はスピーキングが苦手なのか。

 

その答えは、簡単です。

 

頭の中で、英文法を一生懸命考えているから。

正確な文法を意識しすぎているのですね!

 

 

それを克服するためのポイント!

 

とにかく「話す」ことです!!

 

 

しかも

文法を考えすぎずに!

多少のミスは気にせずに!

です!!

 

 

授業ではないので、正解or不正解は二の次!

文法書通りの英語を話す必要なんてありませんよ!

 

 

だって、考えてみてください!

あなたは、毎日、教科書に載っているような正確な日本語を話していますか?

違いますよね!?

 

 

それは、英語も同じ。

 

 

たとえば「あなたは、先生ですか。」の英語。

 

日本人の頭は、「疑問文だから主語と動詞をひっくり返して…えーっと…」とフリーズ。

これで時間がかかってしまうのですね!

 

たしかに文法書では、

“Are you a teacher?”

 

ですが、もっとシンプルに

“You are a teacher ?

 

これでも良いのです!

「?」をイントネーションでしっかり表現すれば、ちゃんと伝わりますから!

 

 

ですから、考えすぎず、間違いを恐れず!

とにかく話してみましょう!!

 

 

いきなり、どんどん話せなくて大丈夫。

話そうと意識していれば、気づくと、ドッと英語が出てくるようになってきますよ!

 

 

友達であれば、英語を少々間違っても、気になりませんよね!

 

そんな気兼ねなく話せる「友達」

英語力UPのためにも必須ということですね!

 

 

友達を作るときの秘訣

キャンドル, 本, 古い, 光, ライブラリ, 古い本, 魔法の本, 魔法の

実際に、ニュージーランドで友達をたくさん作れた私。

 

そんな私が学んだ「友達を作るときの秘訣」

あなたにも、お教えしますね!

 

 

「actor / actress」 になる!

冒頭でもお伝えしたように、普段の私は社交的だとはあまり言えません^^;

 

そんな私が、ニュージーランドで、自ら話しかけて、友達をたくさん作れた理由。

 

 

それは、ある言葉を常に心に留めていたからです。

 

 

その言葉とは、

You should be an actress. (女優でありなさい。)

 

 

男性であれば、

You should be an actor. (男優でありなさい)

 

 

これは、私の大学の教授(イギリス出身)の言葉です。

 

教授のようなネイティブから見ると、英語を話す日本人は…

 

声が小さい

自信なさげ

ジェスチャーしない

アイコンタクトしない

 

日本人特有のネガティブな性質が、露呈してしまっているとのこと。

 

 

それを改善すべく、教授はいつも

“You should be an actor / actress.”

という言葉を、私たちに投げかけてくれていました。

 

有名人の言葉ではありませんが、的を得ていますよね!

 

 

この言葉のおかげで、ニュージーランドでの私は、

積極的に英語で話しかけることができたのです!

 

 

今のあなたが、どんなにシャイでも、人見知りでも、そんなの関係ありません!

 

英語を話すときは、「actor / actress」になるのです!

 

 

留学する前の今から、ぜひ、この言葉を意識してみてください!

そうすれば、留学するころには、英語でどんどん話しかけるあなたになっていますよ!

 

 

日本人ではないフリをする

日本人ではないフリをする(笑)。

 

これ、実際に、私が語学学校でやったことなのです。

身分詐称したわけではありませんよ^^;

 

 

語学学校の3割が、日本人だと聞いていた私。

日本人同士でくっついているのではないかと、想像はしていました。

 

 

入学初日、カフェテリアに行くと、案の定、日本人の群れ

 

なぜ、日本人だとわかったかって?

日本語、めちゃくちゃ聞こえてきましたから…^^;

 

 

群れたがる日本人の性質って、どの国に居ても変わらないものですね^^;

しかも、日本人を見ると、その群れに引き込もうとする傾向も…。

 

 

せっかくニュージーランドに居るのに、日本人と日本語に囲まれて過ごすなんてごめんだ!

 

 

そう思った私が考えたことは、ただ1つ!

 

「日本人ではないフリをしよう!」

 

 

幸い、アジアからの留学生が大半を占める学校。

日本語を話さなければ、国籍の判別は困難でした。

 

絶対に日本語を話さない!

日本人と絡まない!!

 

そう心に決めて、タイの友達や韓国の友達と、常に過ごしました!

 

遠巻きに、日本人学生の視線を感じたこともありましたが…^^;

そんなの気にせず過ごした結果。

 

100% 英語生活 に身を置くことができました!

 

 

その甲斐あって、たった7週間の短期留学で、

TOEICスコアが100点以上UP!!

 

スピーキング力も大幅にUPしたと、体感もしました!

 

 

とくに効果的だったのは、韓国籍の友達ができたこと。

 

私の学校では、スピーキング力に長けている学生の大半が、韓国籍の学生だったのです!

ネイティブ並みのスピーキングの速さと発音に、圧倒されました。※個々人にもよります

 

 

そんな韓国人の友達と話していると、「私も速く話したい!」という負けん気根性が^^;

文法や何やら考えずに、とにかく「話す」ことに集中したのです!

 

英語力UPできたのは、間違いなく、友達を作れたおかげ!!

 

「日本人ではないフリをして良かった!」

そう心から、そう思いました。

 

 

この経験から、留学先では、外国籍の友達を作るのをおススメします!!

そうすれば、あなたの英語力UPは間違いなしですよ!!

 

日本人の群れに巻き込まれそうなときは、ぜひ「日本人でないフリ」をどうぞ(笑)

 

 

まとめ

本, 古い, 読み取り, 歴史的に, 古物, 知っています, フォント, ページ

留学先で友達を作るメリット

① 学校生活、滞在生活の精神的な支え

② 英語力UP

 

友達を作るときの秘訣

①「actor / actress」となれ! 英語で積極的に話しかけるべし!

② 日本人ではないフリをする! 外国籍の友達を作るべし!

 

 

留学先でも、友達を作れそうな気がしてきましたよね!

 

 

「友達」ができれば、あなたの不安も解消!

さらに、あなたの英語力も大幅UP!!

 

 

留学に、友達」は欠かせないということですね!

 

積極的に友達を作って、実りある留学生活にしてくださいね!

 

 

留学するためには、事前に試験を受けなければならない場合も。

必要な試験はこちらでチェックしておきましょう!

TOEIC と TOEFL の違いは? 英文学科卒、現役高校教師が教えます!

2020.01.06
 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  


現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。  


 
 


書籍と同時に受け取れるメルマガでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  


最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です