海外旅行が安い時期は? 海外旅行を安く実現できる知識とテクニックを一挙公開!

パスポート取得にVISA申請、海外旅行保険加入。

旅行する前から、何かとお金がかかってしまう「海外旅行」

 

さらに、滞在費、食費、観光やおみやげ代金。

現地での出費も大きいですよね。

 

 

中でも、もっとも大きい出費となりうるのが「航空券」!

 

交通費を抑えて、現地での観光で、お金を使いたいですよね。

 

 

実は、海外旅行の航空券を安く手に入れる方法があるんです!

 

それには、旅行の「時期」大きく関連しています。

 

 

そこで今日は、「海外旅行の安い時期」に関する知識を伝授していきますよ。

 

・海外旅行が安い時期はいつ?

・海外旅行を安く抑える方法は?

 

そんな疑問にも、お答えしていきます。

 

正しい知識を身につけて、海外旅行をお得に実現させましょう!

 

 

航空券が安い時期は?

さあ、航空券の安い時期を、さっそくご紹介していきます!

 

 

航空券の安い時期は、一般的な「オフシーズン」と連動しています。

これは、国内でも海外でも、基本的に同じです。

 

 

ただし、海外旅行の場合、渡航先によって異なる場合があるのです!

 

まずは、一般的に安い時期(オフシーズン)を確認しましょう。

 

 

一般的な「オフシーズン」はいつ?

一般的な「オフシーズン」は、「オンシーズン」以外の時期。

 

 

「オンシーズン」のメインは、

 

・4月末~5月上旬(ゴールデンウィーク)

・7~8月(夏休み・お盆)

・12月下旬~1月上旬(冬休み・年末年始)

・3月(卒業旅行・休み)

 

ですよね。

 

この時期には、飛行機の利用者が増え、航空券が非常に高騰します。

 

 

逆に言えば、

航空券を安く抑えるには、この時期を避ければ良いのですね!

 

 

「オフシーズン」の中でも、とくに安い時期をご紹介します。

 

・ゴールデンウィークを除いた4、5月

ゴールデンウィーク期間以外では、航空券代はグッと下がります。

年度始めの忙しさもあり、旅行する人も少ないのかもしれません。

 

・10~11月

⇒夏休みシーズンの6月~9月が過ぎると、航空券の値段は、大幅に下がります。

12月になると、再び値段が高騰するため、狙い目の時期。

 

・1月中旬~2月中旬頃

⇒正月休み後、旅行者が減るため、航空券の値段も安く設定されています。

また2月は、年間でもっとも旅行者が少ないとされる月。

ただし、卒業旅行シーズンと被らない「2月中旬頃まで」。

 

 

いかがですか?

日本の年間の流れを考えると、だいたい予想できますよね。

 

航空券を安く抑えるためには、

「オフシーズン」の中でも、上記の時期を選ぶ!

 

これが鉄則ですね。

 

 

ちなみに、この「オフシーズン」の中でも、平日がとくにおススメ!

中でも、火曜日~木曜日は、さらにお得なことが多いようですよ。

 

 

「オフシーズン」にも落とし穴?

基本的には、「オフシーズン」を狙えば、安く海外旅行ができます。

 

ただし、海外旅行の場合。

一般的な「オフシーズン」に旅行すると、思わぬ落とし穴にはまってしまう場合も…。

 

 

渡航先の気候

観光のベストシーズンを決める要因のひとつ。

 

それは「気候」ではないでしょうか。

 

 

例えば、オーストラリア。

マリンスポーツでも、人気の高い国ですよね。

海, ビーチ, オーストラリア, シドニー, ボンダイ ビーチ

「オーストラリア」って、こんなイメージではありませんか?

 

こんなイメージのまま、夏休みにオーストラリア旅行をすると

とっても残念な結果に…。

 

 

だって、日本は「夏」でも、オーストラリアは「冬」ですから。

オーストラリアといえども、「冬」のビーチに、水着で日光浴はできませんよね^^;

 

 

オーストラリアの「夏」は、12月~2月。

 

…ってことは、

1月~2月中旬の一般的な「オフシーズン」なら、夏のオーストラリアに安く行ける!

 

そう喜んでしまった方、ごめんなさい。

 

 

渡航先が「南半球」の場合、この「オフシーズン」は当てはまりません。

だって、現地は「オンシーズン」ですから^^;

 

 

このように、海外旅行では、

日本の「オフシーズン」に旅行すると、失敗してしまう可能性があるのです。

 

とくに、「南半球」への海外旅行には、注意が必要ですね!

 

 

「気候なんて気にしない!」

という方は、現地+日本の「オフシーズン」を狙うのがおススメ!

 

 

たとえば、冬のヨーロッパ。

ノルウェー, 海岸線, 水, スカンジナビア, ヨーロッパ, 風景, 自然, 空

観光が「オフシーズン」のため、とっても安く航空券をGETできることも。

寒さを覚悟の上なら、ヨーロッパ旅行をお得に楽しめますよ。

 

 

現地の宗教

「オフシーズン」で安く渡航できたあなた。

ルンルン気分で、現地の街中に行くと、お店が閉まっている。

 

「オフシーズン」だけに気をとられていると、そんな事態に遭遇することも…。

 

 

実は、街のこの状況には、「宗教」が大きく関係しているのです!

 

 

私たち日本人の多くには、意識の薄い「宗教」

それゆえ、日本国内統一の「宗教イベント」のようなものも、ありませんよね。

 

 

ですが、国内統一の「宗教イベント」を実施している国が、世界にはたくさん。

 

 

「宗教イベント」のときには、現地は「オフシーズン」の場合があるのです。

その期間中は、飲食店やお店が閉まっていることも!

 

 

例えば、イスラム圏では、「ラマダン」という宗教イベントが行われます。

「ラマダン」とは、「断食」のこと。

イスラム教, 祈る, 祈り, 宗教, 人, 男, イスラム, イスラム教徒

この「ラマダン」期間中は、夕方まで飲食店が閉まっています。

また禁煙など、行動にも制限があるようです。

 

観光客といえども、現地の人々への配慮も必要。

断食中の人々の前で、バクバク食べるわけにはいきませんからね。

 

 

せっかくの海外旅行なのに、

お店が軒並み閉まっていたり、行動も制限されたり…。

 

こんな事態を避けるためにも、渡航先の国のことをよく調べておきましょう!

 

とくに「宗教イベント」には、注意が必要ですね。

 

 

ちなみに、英語圏の国でも、キリスト教の「宗教イベント」が多く開催されています。

例えば、日本人にあまり馴染のない「イースター」。

この期間中、お店を閉めている国もあるようですよ。

 

 

航空券を安くGETするテクニックは?

安く海外旅行できる時期や、その注意点はお分かり頂けましたね。

 

実は、「時期」以外にも、海外旅行を安く実現するテクニックがあるんです!

 

 

「LCC」を利用する

「安さ」が魅力の「LCC」。

格安, 航空, Lcc, 沖縄, 飛行機, 旅, Lcc, Lcc, Lcc

荷物制限が厳しかったり、機内食やアメニティがなかったり…。

多少の不便はあります。

 

ですが、安く海外旅行するには、LCCがいちばん!

工夫次第で、不便な面もクリアできますよ。

 

 

例えば、機内食。

追加料金を払えば、機内食を頼むこともできます。

 

ですが、飲食物持ち込んだり、機内で軽食を買ったりすることも可能。

※一部、持ち込み飲食できないものもあります

 

費用を最低限に抑えたい方は、色々と工夫してみると良いですね。

 

 

ちなみに「LCC」では、スーパーセールが行われることも。

すぐに完売してしまうため、メール会員になっておくと良いですね。

 

 

「早割」を利用する

早い時期に予約すると、「早期割引」(早割) が適用されます。

 

そのため、通常運賃より安く、航空券を手に入れることができるのですね。

 

 

一般的には、予約が早ければ早いほど、割引も大きくなるようです。

 

とくに、先ほどご紹介した「LCC」は、早めの予約がおススメ!

ただでさえ人気が高いので、すぐに席が埋まってしまうことがあるのです。

 

 

ただし、ここで注意したいのは「キャンセル料」

早い時期に予約すると、旅行直前に急用が入ってしまうリスクもありますよね。

 

実際、早割購入をした旅行客の多くが、キャンセルしているようです。

その場合、半額以上のキャンセル料金を課されてしまうことも。

 

 

お得な「早割」の裏にある、「キャンセル料」のリスク。

しっかり心に留めておきましょう。

 

 

「片道ごと」に購入する

旅行するとき、航空券を「往復」で、購入していませんか?

パスポート, チケット, 旅行, エントリ, フライト, パスポート

価格変動の大きい航空券。

「往復」で購入すると、損することがほとんどなのです!

 

 

ですから、航空券は

「往復」でなく、「片道ずつ」購入しましょう。

 

 

同じ日の便であっても、航空券の価格は大きく違ってきます。

もっとも安い便を「片道ずつ」選べば、費用はグッと下がりますよ。

 

 

その際には、多くの航空会社を比較しましょう。

 

「往復」ともに同じ航空会社である必要はありません。

価格が安いのであれば、「片道ずつ」違う航空会社を使うのです。

 

ここでさらに「LCC」を使えば、完璧ですね!

 

 

そんな費用比較に便利なのが、こちら。

これを使えば、もっとも安い航空券を見つけることができますね。

 

 

「乗り換え便」+「経由地」を選ぶ

「直行便」か「乗り換え」かによって、費用が大きく変わってきます。

 

 

現地への「直行便」がある場合。

当然、「直行便」の方が費用は高いでしょう。

 

 

ですから、費用を抑えるためには、「乗り換え便」を選ぶのが良いですね。

 

 

さらに「乗り換え便」の場合、「経由地」のよって価格が下がることも。

 

徹底的に費用を抑えたい方は、「経由地」ごとの費用も確認しましょう。

 

 

 

ただし「乗り換え」での旅行は、不便で大変なのも事実。

 

実際、「直行便」には

・渡航時間が短い

・空港での待ち時間がない

・荷物の移動スムーズ

などのメリットがあります。

 

時間や手間より、費用優先という方には、おススメな方法です。

 

このように、「時期」以外にも、

海外旅行を安く実現する方法は、たくさんあるのですね。

 

 

まとめ

海外旅行が安い時期(オフシーズン)は

・4月末~5月上旬(ゴールデンウィーク)

・7~8月(夏休み・お盆)

・12月下旬~1月上旬(冬休み・年末年始)

・3月(卒業旅行・休み)

※平日がさらにお得

 

ただし海外旅行の場合、注意が必要!

⇒現地の観光シーズンを確認 ※特に南半球

⇒現地の宗教イベントを確認

 

「時期」以外に、安く海外旅行するテクニックは

①LCCを利用する

②早割を利用する

③片道ずつ購入する

④乗り換え便+経由地を選ぶ

 

安い時期に、このテクニックを使えば、海外旅行費用をグッと抑えることができますね。

 

せっかくの海外旅行。

交通費を最小限に抑え、現地での観光を思う存分満喫しましょう!

 

海外旅行の観光での支払いでは、英会話は避けられません。

支払いに関する英会話が不安な方は、ぜひこちらをチェックしてみてくださいね。

「支払」の英語で? これを押さえれば、海外での会計も怖くない!

2020.03.26
 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  


現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。  


 
 


書籍と同時に受け取れるメルマガでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  


最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です