海外旅行に必要な英会話って!? これだけマスターすれば、海外旅行は怖くない!!

「海外旅行」で避けて通れないもの。

 

それは、やはり「英会話」!

 

せっかくの海外旅行。

英会話なんかの心配をすることなく、旅行を純粋に楽しみたいですよね。

 

そこで今日は、海外旅行に欠かせない英会話をご紹介します!

 

「これさえ覚えておけば大丈夫」っていう表現だけを厳選していますよ。

英語が苦手な方でも、安心ですね。

 

 

ちなみに、英会話は、旅行先の地を踏む前に始まります!

 

現地の空港から外に出るまでに、英会話が欠かせないシチュエーションがあります。

しかも、2つも!

 

思い浮かびますか?

 

 

さあ、この記事で、さっそくその答えと英会話をチェックです!

 

 

「機内」で必須の英会話

屋内, 飛行機, 航空会社, 人, 座っている, 乗客, キャビン, 飛行機

さあ、まずは「飛行機内」で欠かせない英会話です。

 

日本の航空会社を使うから、飛行機内で英会話はしないわよ?

なんて思ったあなた!

 

日本の航空会社であっても、外国籍の乗務員は必ずいます。

その乗務員とのやりとりは、当然「英語」

 

航空会社がどこであれ、「機内で」英会話を繰り広げることになるのです!

 

ですから、機内で想定される英会話は、しっかりと覚えておきましょう。

 

 

機内での英会話で、もっとも多いのが、

ドリンクサービスや機内食に関するもの。

讖溷・鬟�, 繝薙ず繝阪せ繧ッ繝ゥ繧ケ, 鬟溷刀, 讖溷・鬟�, 讖溷・鬟�, 讖溷・鬟�, 讖溷・鬟�

さっそく、よくある英会話をみてみましょう。

 

乗務員: Would you like something to drink?
(お飲物はいかがですか?)

乗客:Yes, please.(はい、お願いします)

乗務員:What would you like to drink?
(何にしますか?)

乗客:Orange juice, please.
(オレンジジュースでお願いします)

繧ェ繝ャ繝ウ繧ク繧ク繝・繝シ繧ケ, 繧ク繝・繝シ繧ケ, 繝薙ち繝溘Φ, 繝峨Μ繝ウ繧ッ, 譁ー魄ョ, 繝薙ち繝溘Φ C

フライト時間の長い海外旅行では、ドリンクサービスを数回経験します。

 

注文する際には、“Please”を使って、丁寧にお願いしましょう。

 

「欲しい飲み物名 ,+ please.」とするだけでOKです。

簡単ですよね。

 

ちなみに、この表現は、機内食の英会話にも応答できます。

 

乗務員に、こう聞かれた場合。

“Chicken or Fish?”(チキンとお魚、どちらにしますか?)

 

「欲しい飲み物名 ,+ please.」「食べ物」に変えて

“Fish, please.”(お魚でお願いします)でOK!

 

これで、機内での英会話の大半はクリアですよ。

 

 

その他、機内で使える表現もご紹介しておきましょう。

May I recline my seat?
(座席を倒してもよろしいですか?)

⇒座席を倒すときには、このように、ひとこと添えましょう。

 

Can I have some drink? (お水をいただけますか?)

 

※「some drink」のところに、次の単語を入れてもOK!

a blanket(ブランケット)/ a newspaper(新聞)/ green tea(緑茶)/ black tea(紅茶)

 

ここまで押さえれば、機内で快適に過ごせること間違いなしです。

 

 

「入国審査」に必須の英会話

ビザ, 承認, 旅, テンプレート, サービス, ツアー, 書類

飛行機を降りたら、いよいよドキドキの「入国審査」

一人で、英会話しなければいけない場面です!

 

ですが、ご安心ください。

 

入国審査の質問や答え方は、決まっています。

ですから、しっかり対策しておけば、絶対に大丈夫!

 

さっそく、決まった応答パターンをご紹介しますね。

May I see your passport?
(パスポートを見せてくれますか。)

 

How long(How many days) will you stay in ~?
(どのくらいXXXに滞在しますか?)

For ~ days.(~日間です。)

 

What is the purpose of your visit?
(旅の目的はなんですか?)

Sightseeing.(観光です。)

 

Where will you stay?
(どこに泊まりますか?)

I’ll stay at the hotel 〇〇.
(○○ホテルに泊まります。)

 

このうち、質問されるのは、たいてい1つだけ!

覚えておけば、問題ありませんね。

 

 

「移動時」に必須の英会話

地下鉄, 地下, 市, マンハッタン, 通勤, 公共交通機関, 鉄道

空港を出たら、荷物を預けるため、ホテルに行く方が多いのではないでしょうか?

 

ホテルに行くためには、タクシーやバスなどで移動しなければなりませんよね。

そんなときに必要な英会話表現をご紹介します。

 

タクシー編

タクシー タクシー, トラフィック, タクシー, ニューヨーク, 通り, 道路

Where is the taxi stand?
(タクシー乗り場がどこですか。)

・Can you take me to ~?
(~までお願いします。)

・I’d like to get to 〜.
(〜に行きたいです。)

 

交通機関編

ロンドン, ストリート, 電話, キャビン, 赤バス, イギリス, ロンドン

・Where can I catch a bus to ~?
(~へのバス停はどこですか?)

・Does this bus go to the city?
(このバスは市内に行きますか?)

・What time does the bus leave?
(バスは何時に出発しますか?)

・What’s the fare, please?
(運賃はおいくらですか?)

 

このくらい覚えておけば、基本的に大丈夫。

不安な移動も、スムーズにできますよ。

 

バスの場合。

降りる場所を見落としたり、降りたい場所でドアが開かないことも。

 

そんなときには、この表現を覚えておくと便利ですよ。

・Could you let me know when we get to〜?
(〜に着いたら教えて頂けますか?)

・ I’m getting off. (降ります。)

 

降りる場所が不安なときは、運転手さんや周囲に声をかけておくと安心です。

 

 

「ホテル」で必須の英会話

アーキテクチャ, バー, 建物, 椅子, コマース, 家具, ホテル, 屋内で

ホテルに到着したら、チェックインですね。

 

チェックイン時のやりとりは、こんな感じ。

 

旅行客:I’d like to check-in.
(チェックインをお願いします。)

レセプション:Could you please give me your name?
(お名前は?)

旅行客:My name is 〇〇.
(名前は○○です。)

 

さらに、チェックイン時には

パスポート

予約確認書(Confirmation slip)/ 支払証明書(Hotel voucher)

 

この2つを用意しておくとスムーズですよ。

 

チェックイン時間より早く到着した場合、荷物を預かってもらうことができます。

 

そのときに使える表現はこちら。

・Could you please keep my baggage / luggage?
(荷物を預かっていただけますか?)

・Can I use a safe-deposit box?
(セーフティーボックスを使えますか?)

 

観光後、ホテルに戻ったら

“I’d like to pick up my baggage.”

と言えば、荷物を受け取れますよ。

 

「ホテル」での最低限の英会話は、これだけです。

 

ただし、色んな設備のあるホテル。

想定外のトラブルが起きることもあります。

 

そんなときに使える表現も、見ておきましょう。

 

・There is something wrong with my key.
(部屋の鍵に問題があります。)

・The air conditioner doesn’t work.
(エアコンが動かないのです。)

・Could I move to a different room?
(部屋を変えてもらえますか?)

 

これで、何かトラブルがあっても、落ち着いて対応できますね。

 

ちなみに、ホテルのフロント係に、現地の情報を聞くのも一つの手。

おススメのレストランや観光名所を教えてくれますよ。

 

そんなときには、これ!

Could you recommend any sightseeing spots / restaurants around here?
(このあたりでおすすめの観光名所 / レストランはありませんか?)

 

 

「観光」に必須の英会話

カメラマン, 観光, スナップショット, 写真を撮る, カメラ, フォト, 写真

海外旅行の醍醐味である買い物や観光。

思う存分満喫できるためには、必要な英会話も欠かせませんね。

 

最低限、押さえておきたい表現はこちらです。

 

買い物編

ショッピング モール, 女性, ショッピング, ストア, 小売, センター

買い物中にわからないことがあれば、店員さんに聞きましょう。

 

商品を手に取ったまま、うろうろしすぎると、怪しまれてしまうことも…。

勝手に試着することも含め、日本での買い物の感覚は捨てましょう。

 

これだけ覚えておけば、買い物で困ることはありませんよ!

 

・I’m looking for 〜 .(〜を探しています。)

・I’m just looking, thank you. (見ているだけです。)

・Can I try this on?(試着してもいいですか?)

・Do you have T-shirts?
(Tシャツはありますか?)

・Do you have this in another color?
(これの色違いはありますか?)

・Do you have this in a bigger/smaller size?
(もっと大きい/小さいサイズがありますか?)

・I’ll take it.(これにします。)

・How much is this?(これはいくらですか?)

 

中学レベルの簡単な表現ばかりですね。

 

食事編

レストラン, ワイン, メガネ, 提供, 夕食, 祝賀, ガラス, テーブル

さあ、次は、レストランなどでの食事のシーン。

注文から、会計まで、英会話は欠かせませんよね。

 

買い物表現とあわせて、しっかり押さえてきましょう!

・Could you take my order? (注文お願いします。)

・I’ll have this one. (これをください。)

・That’s all. (以上です。)

・This is not what I ordered.
(頼んだ料理ではないのですが。)

・My order hasn’t come yet.
(注文した料理がまだ出てこないのですが。)

・May I have another one, please?
(おかわりできますか?)

 

食事を終えたら、席についたまま

“Check, please.”(会計お願いします)

と伝えましょう。

 

そうすれば、テーブルまで伝票を持ってきてくれます。

 

現金かクレジットカードで支払えばOK!

 

ここで要注意ポイント!

国や飲食店の種類によって、チップが必要です。

渡し忘れないようにしましょう。

 

その他、観光中で使うとしたら、こんな表現くらいでしょう。

・Where is the nearest place I can change money?
(両替所はどこですか?)

・Could you show me where we are now on this map?
(今、地図上のどこですか?)

Where is the bathroom?
(お手洗いはどこですか?)

 

ちなみに、’Toilet(トイレ)’という単語は、日本語でいう「便所」

「お手洗い」というニュアンスの ‘bathroom’‘restroom’ の方がよいですよ。

 

観光を楽しむためにも、最低限覚えるべき英会話は、しっかりと覚えておきましょうね。

 

観光につきものの「支払い」。

「支払い」に関する英語が不安な方は、こちらでチェックを!

「支払」の英語で? これを押さえれば、海外での会計も怖くない!

2020.03.26

 

 

「トラブル時」に必須の英会話

道路標識, アメリカ, トラブル, 問題, 懸念, 状況, 苦情, プラージュ

最後は、「トラブル」に遭ってしまったときに、必要な英会話です。

 

使う事態にならないのが一番。

ですが、海外旅行にはトラブルのリスクがつきもの。

 

盗難のような犯罪でなくとも、何かを置き忘れてしまうこともあります。

 

高校教師の私は、何度も、生徒を海外に引率しました。

再三注意しても、携帯電話などを置き忘れる生徒が、毎回出てしまいました。

 

海外という特異な環境では、思わぬ失敗をしてしまうのかもしれません。

 

ですから、トラブル時に使える表現も覚えておきましょう!

 

・I lost my cellular(mobile) phone.
(携帯電話を失くしました。)

※「cellular(mobile) phone」のところに、次の単語を入れることも可

credit card(クレジットカード)/ ticket(チケット)/ purse(財布)/ camera (カメラ)

 

よくある紛失物ですね^^;

 

意外と多いトラブルが、

「空港で預けた荷物が出てこない」というもの。

 

航空機に取り残されたままなら良いのですが…

他国行きの飛行機に、誤って積まれていることも…。

(過去、荷物だけがイギリスに行ってしまった生徒も・・・^^;)

 

荷物受け取り場所で待っても出てこないときは、近くのスタッフに

I can’t find my baggage/luggage.
(私の荷物が見つかりません)

と伝えれば、確認してくれますよ。

 

もちろん、これは完全に航空会社のミス。

何らかの補償はしてもらえるはずです。

 

荷物の積みミスが起こりうると知っておけば、パニックになりませんよね。

 

このように、思いがけないトラブルが起こりうる海外旅行。

英会話もしっかりと備えておけば、安心ですね!

 

 

まとめ

海外旅行には欠かせない「英会話」。

 

今回は、絶対に必要な英会話表現を、場面別にご紹介してきました。

 

英会話に自信のない方でも、大丈夫!

 

中学レベルの簡単な表現ばかりですよ。

この英会話表現を覚えて、海外旅行を満喫してきてくださいね。

 

もし「英語ができない」とお悩みの方がいれば、こちらを!

英語ができなくても、海外旅行する秘訣をご紹介していますよ。

海外旅行は、英語ができなくても大丈夫! 英語学習必見です!

2020.05.08
 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  


現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。  


 
 


書籍と同時に受け取れるメルマガでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  


最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です