TOEIC1ケ月前でも間に合うスコアUP法! 950点所持者が徹底解説!

気づけば、TOEIC1ケ月前

 

スコアを上げなければいけないのに、もう時間がない!

 

そんなあなたにために、

「1ケ月前から始めるTOEIC学習法」をご紹介します。

 

何から始めていいのかわからない…。

何が何でも、1か月でスコアを上げなければ…

 

そんな方必見!

 

10年以上900点台後半をキープしている私が、確立してきた

・スコアUPしやすい、Part○&○の効果的な学習方法

・TOEICを解き終えるため、Part○の高速解答の秘訣

 

を大公開いたします。

 

 

これをマスターすれば、1ケ月で100点UPも夢ではありませんよ!

 

 

スコアUPさせやすいPartは?

ボード, フォント, 問題, ソリューション, チョーク, 黒板, 教育, 研究

1ケ月でスコアをUPさせるには、いかに効率よく学習できるかがカギ!

 

そのためには、スコアを上げやすいPart を知りましょう。

 

次の表をご覧ください。

Part 内容(L= Listening, R=Reading) 問題数(全体割合)
1 写真描写問題 (L) 6問(3%)
2 応答問題 (L) 25問(12.5%)
3 会話問題 (L) 39問(19.5%)
4 説明文問題 (L) 30問(15%)
5 短文穴埋め問題 (R) 30問(15%)
6 長文穴埋め問題 (R) 16問(8%)
7 読解問題 (R) 54問(27%)

 

・リスニング ⇒ Part 3

・リーディング ⇒ Part 7

 

この2つのPartの配点が高いことが、一目瞭然ですね。

 

Part 3 とPart 7を攻略すれば、1か月間でもスコアUPできるはずです!

 

では、この2つのPartの学習方法をご紹介します。

 

 

Part 3 の効率的な学習法

比率の大きなPart 3を攻略できれば、リスニングスコアUPは間違いありません!

 

まずはPart 3の問題を用意しましょう。

リスニング問題集などがあるとよいですね。

https://goh-english.com/toeic-listening/toeic1782/

 

さあ、マテリアルが準備できたら、さっそく学習です。

おススメの学習手順は、こちら。

 

① Part 3を5問解き、答え合わせする

② もう一度聴き、答えに納得できるか確認する
※ 間違えた問題、確信なく正解した問題を中心に

マニュスクリプト(原稿)を見ながら聴く
※リスニング中の表現、内容を確認

マニュスクリプトを見ずに、さらにもう一度聴く
※リスニング中の表現や内容を理解できるか確認

 

計4回も聴くと、聞き取りづらい箇所が分かってきますよね。

 

聞き取れない箇所には、

・習得できていない表現

正しく発音できない英単語

が含まれているはずです。

 

そこがあなたの弱点!

 

 

その弱点克服のために、最後すべきこと。

 

それは

「習得できていない英単語をリスト化する」こと。

 

マニュスクリプトを見て、知らない英単熟語をすべて抜き出しましょう。

特に、聞き取りづらかった箇所は、しっかり確認してくださいね。

 

あとは、そのリストにした英単熟語を覚えていくだけ!

その表現をマスターすれば、聞き取れるようになりますよ。

 

 

このサイクルをひたすら繰り返していきましょう。

 

英単熟語リストについては、このあと詳しく解説しますね。

 

 

Part 7 の効率的な学習法

Part 7の最大の特徴は

英文量は多いが、問題の難易度は高くない

ということ。

 

つまり、ゆっくり考えて解けば、正解しやすいPart なのです。

 

 

ですから、学習段階では、「速く」より「正確に」解くことを意識しましょう。

正確に解けるようになれば、あとはスピードUPさせるだけですよ。

 

 

正確に解けるようになる学習法はこちら。

① 長文を1つ解く  ※ 早めの解答を意識

② 答え合わせする

③ 本文を読み、もう1度考える 
※間違えた問題、確信なく正解した問題のみ

④ 解説を読み、答えの導き方を確認

知らない英単熟語を抜き出し、リスト化する

 

 

リスニング同様、知らない英単熟語をリスト化していきましょう。

 

おススメは、ノートにリストを作ること。

 

 

これが、私が実際に作っている単語リスト(汚くてすみません…^^;)。

このように、自分専用の単語帳を作るのです!

 

 

限られた時間での学習には、これが効果的!

自分がわからない英単熟語だけが載っているんですから

 

どんどんリストを増やして、覚えこんでいきましょう。

 

そうすれば、効果は必ず発揮できますよ!

 

 

1か月でのスコアUPに欠かせないことは?

書き込み, ペン, 男, インク, 紙, 鉛筆, 手, 指, 青いシャツ

配点が高いPartの学習と同時にやるべきことは、問題演習!

 

 

2時間で200問こなさなければいけないTOEIC。

 

スコアUPのためには、問題演習をたくさんこなすことが必要不可欠!

 

 

問題演習することによって

2時間で200問に耐えうる体力・精神力・集中力

・タイムマネジメントの感覚

を身につけることができるのです。

 

 

しかし、ただ解きまくれば良いというわけではありません。

 

効果的な問題演習方法をお教えしますね。

時間を測って、本番さながらに解く

② 答え合わせする

③ 間違えた問題、確信なく正解した問題を、もう一度考える

④ 解説を読んで、③を確認

解説から知らない英単語熟語をすべて抜き出し、単語帳に転記
※Part 1 ~Part 7まですべて!

⑥ 単語帳をひたすら覚える

 

ただ解くだけでは、スコアを上げることはできません。

 

しっかり復習をしましょう。

出題された英単熟語は、すべて単語帳に加えて、覚えましょう。

 

この方法で解くだけでも、スコアは必ずUPしますよ!

 

 

ちなみに、問題演習におススメなのは、このような模試形式のテキスト。

https://www.amazon.co.jp/TOEICテスト公式問題集-新形式問題対応編-Educational-Testing-Service/dp/4906033482?ref_=s9_apbd_orec_hd_bw_b3kOi&pf_rd_r=4R1JF671QNFVTXFB01VX&pf_rd_p=5db04ede-6ab1-53f7-8929-9631575f6430&pf_rd_s=merchandised-search-10&pf_rd_t=BROWSE&pf_rd_i=893340

 

復習できるように、解き込まないようにしましょう。

 

 

スコアUPを叶える「解き方」

譖ク邀�, 譎りィ�, 繝翫う繝�, 繝代う繝�, 辣�, 繝薙Φ繝・・繧ク, 謨呵ご, 繝弱せ繧ソ繝ォ繧ク繧「

問題演習を積んでいくと、タイムマネジメントの難しさに気づくはず。

 

実際、私自身、900点を超えられなかった頃は、時間配分がうまくできていませでした。

 

 

試験時間内にすべて解き終えるかどうか。

これだけで、スコアは100点変わることもあります!

 

それほどに、TOEICは、タイムマネジメントが命なのですね。

 

 

そこで、解答時間を大幅に短縮する裏ワザを教えちゃいます。

 

リスニング編

放送英文が長いPart 3、Part 4

苦手な方も多いのではないでしょうか?

 

考えている間に、次の問題の放送が始まってしまって撃沈。

 

なんて方におススメの解答時間短縮方法は

「先読み・縦読み」。

 

 

「先読み・縦読み」すれば、解答の精度もUP!

これをするかしないかでは、スコアが大きく変わってきますよ。

 

 

「先読み・縦読み」は、文字通り

「選択肢を先に、縦に読んでおく」方法。

 

 

リスニング試験が開始した瞬間に、選択肢を読み始めてください。

ただし、横にじっくり読むのでなく、縦にぱっと目を通すのです!

 

たとえば、この選択肢。

(A) The size of a room

(B) The name of the man’s friend

(C) The number of people in a group

(D) The start date of renovations

 

縦読みすると、選択肢の要は、「大きさ」・「名前」・「数」・「日付」。

この情報があるだけで、リスニングはずっとスムーズになりますよね。

 

ただし、「先読み・縦読み」は、Part 3 & 4 の選択肢のみでOK!

 

実は、リスニングテストのPart1 & 2には、英文の選択肢がありません。

※Part 1 は写真のみ、Part 2 は一切なし

 

ですから、私は、リスニング試験開始と同時に、Part 3のページをめくっていました。

 

 

リスニング試験やPart 1の説明なんて聞いてはいけません!

 

Part 3 & 4 の選択肢を、可能な限り、ひたすら読み進めるのみ!

 

一度、パッと目を通しておくだけでも、実際に解くときの解答速度はUPしますよ。

 

 

リーディング編

リーディングでは、Part 7に時間を残せるかどうかが、タイムマネジメントのカギ。

 

そのためには、Part 5 と Part 6 を高速解答するしかありません。

 

 

「高速」を具体的に言うと、私は、

Part 5 + Part 6(42問)を20分間で解答しています。

 

これを成し遂げるためには、

問題量が多いPart 5 を高速解答しなければなりません。

 

そのためには、「問題の見極め」が重要です。

 

 

Part 5 の問題は、とっても大まかに分類すると2つ。

知識問題…英単熟語の語彙+文法問題

品詞判別問題…文中の空所に入れる品詞の判別問題

 

 

例えば、こちらの問題の答えはどれでしょう?

 

Although the author _____ presents the purchase of real estate, she later describes times that it might be risky.

(A) highly (B) afterward (C) quite (D) initially

 

答えは(D)

 

いかがでしょうか?

このように、選択肢の単語それぞれに関連がない問題。

これが「知識問題」なのです!

 

「知識問題」の大半は、英文内容を把握しないと正確に解けません!

時間がかかっても、全文読むしかありません。

 

 

全文を一読しても

「選択肢の単語が分からない…」

「英文法を知らない…」

 

そんなときは、諦めてください!

 

「知識問題」は、知らなければどうにもなりません。

悩む時間がもったいないです。

 

諦めてマークして、次の問題に力を注ぎましょう!

 

 

さあ、次の問題です。

制限時間は、15秒です!

AIZ Office Products offers businesses a _______ way to send the invoices to clients online.

(A) secure (B) secures (C) securest (D) securely

 

答えは(A)

15秒以内に解けましたか?

 

選択肢を見ると、いずれも「secure」という単語から派生した単語ですよね。

 

このように、関連のある選択肢が並んでいる問題が「品詞判別問題」。

 

この場合、全文を読まずに解けることがほとんどです。

文構造を見れば、瞬時に品詞(答え)を判別できるのです!

 

 

この問題では、空所の前に 「a」、後ろに「way(名詞)」 がありますよね。

この2語の間に入れる品詞と言えば、「形容詞」。

 

この段階で、(A) と (C) の2択に絞ることができます!

 

さらに、(C) securest は 「secure」の最上級。

最上級ならば、前は「a」でなく 「the」なので、答えは(A) となるのです。

 

いかがでしょうか?

この方法であれば、「品詞判別問題」の答えを、瞬時に選べます。

 

この2つの方法を使えば、Part 7 に時間を残すことができますね。

これで、リーディング試験の時間不足問題も解消です!

 

 

まとめ

TOEIC1か月前からスコアUPを狙うには

  • 配点の高いPart 3、Part 7 を攻略すべし
  • 問題演習をたくさん積むべし
  • タイムマネジメントに有効な解き方で解くべし
    ⇒リスニング:「先読み・縦読み」で時短
    ⇒リーディング:「問題見極め」で時短

 

 

TOEICまで「1か月」。

されど、「あと1か月」も、時間はあります。

 

この時間を有効に使って、TOEICスコアをUPさせましょう。

ご紹介した学習法を実践すれば、100点UPも夢ではありませんよ!

 

 

時間が足りないとお悩みの方は、こちらの記事もチェック!

TOEICのタイムマネジメントについて、もっと詳しく解説していますよ。

「TOEIC」の時間が足りないあなたへ!攻略の秘訣、教えます!! これであなたも、高得点者の仲間入り!!

2020.04.30
 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  


現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。  


 
 


書籍と同時に受け取れるメルマガでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  


最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です