2カ月でTOEICを点数を100点上げる簡単な方法

TOEICでは申し込んでから試験本番まで、

およそ2カ月の勉強期間があります。

 

学生であれば、時間がありますので、

勉強次第では200点以上点数を

上げることも可能です。

 

ですが、社会人の方は普段仕事があります。

 

勉強時間を見い出すことさえ難しいでしょう。

 

そんな忙しいみなさんに試してほしいのは、

  • 時間ごとに勉強するパートを決めること
  • 文法と単語の勉強に集中すること

 

短期間でスコアを伸ばすためには、

これらの方法が効果を発揮します。

 

それでは、詳しくみていきましょう!

勉強する時間とセクションを決めよう

毎日を過ごしていると、

ある程度まとまった時間と、

物事の間のスキマ時間が生まれてきます。

 

この2つの時間を使い分け、

効率よく勉強を進めましょう。

 

まとまった時間に取り組むべき勉強

ある程度まとまった時間が取れた時に、

取り組んでほしい勉強は以下の通りです。

  • 長めの長文問題(Part 7)
  • 長めの空欄補充問題(Part 6)
  • 長めのリスニング問題(Part 3,4)

これらは、一度解答を始めると、

すべて解き終わるまでに時間がかかる

セクションです。(個人差はあります)

 

スキマ時間に取り組むべき勉強

スキマ時間とは、

電車の通勤時間や仕事の休憩時間など、

ちょこっとした時間を指します。

 

この時に取り組んでほしい勉強は、

以下の通りです。

  • 短文文法問題(Part 5)
  • 短めのリスニング(Part 1,2)
  • シングルパッセージの長文(Part 7)
  • 単語

これらのセクションは、

比較的短時間で出来るため、

少しの時間を見つけて取り組むことができます。

 

さて、これらのセクションのうち、

比較的短期間でスコアを上げることができる

のはどれでしょうか?

 

それは、短文文法問題(Part 5)と単語です。

 

この2つはどれくらい勉強するかによって、

スコアが大きく変わります。

 

長文問題やリスニングは、

人によっては2カ月で伸ばすのは難しく、

十分な効果が期待できないかもしれません。

 

ですが、単語や短文文法問題は、

覚えるだけで点数を稼げますので、

短期間にスコアを伸ばすことができるのです。

 

私も以前、スコアを伸ばすために

苦労したことがあります。

 

勉強法がわからず、当時とても苦労しました。

 

ですが、単語と文法を

2週間足らず勉強するだけで、

スコアを100点以上上げることができました。

 

今回は、私が実践した方法をご紹介します。

どのように勉強するか

文法問題パート

では、文法問題はどのように勉強すれば

良いのでしょうか。

 

問題集は、人によっては合わないもの、

ありますので、自分にしっくりくるもの

を選びましょう。

 

まず、大きな本屋に行きましょう。

 

チェーン店舗でも小さいお店の場合は、

満足のいく品揃えが期待できません。

 

可能であれば、大きな街にある

大きな書店に行きましょう。

 

ネットを使用して購入することもできますが

必ず本屋で中身を見てから買いましょう。

 

ネットのレビューだけを見て購入するのは、

絶対にお勧めできません。

 

実物を手に取ってから、

自分に合う参考書を選びましょう。

 

英語のスコアが良い人は、

参考書を選ぶのに30分~60分かけることも

珍しくありません。

 

勉強は大変ですので、少しでも捗るように

じっくりと自分に合うものを選びましょう。

 

では、どのような点に注意して

参考書を選べばよいのでしょうか。

ポイント① 問題の量

参考書にどれだけの問題が入っているかは

とても重要です。

 

英語を伸ばすためには、とにかく演習を

繰り返すしか方法がありません。

 

問題量が少なければ、出題範囲を

十分にカバーしていない場合があります。

 

少しでも良い点数を取るためには、

より多くの問題を解く必要があるのです。

ポイント② 解説の質

いくら問題の量が多くても、

解説が十分でなければ

全く意味がありません。

 

なぜ間違えたかを理解しなければ

どれだけ問題を解いても

まったく身につきません。

 

大事なのは、ほぼ全ての設問に、

十分な解説がついていることです。

 

解説を読んで自分が完全に理解できるか、

この点を第一に確かめましょう。

 

勉強する人のレベルによっては、

理解できないような難しい解説が

載っている参考書があることも確かです。

 

また、正解の選択肢を選ぶ方法だけでなく、

なぜ他の選択肢は誤っているのかが

書かれているかも重要です。

 

そうでなければ、間違いである理由が

わかりませんからね。

 

ポイント③ テクニック

TOEICは時間との勝負です。

 

そのため、文法を完全に理解するまで

じっくり考えていると、あっという間に

時間が経ってしまいます。

 

TOEICの問題は、一見簡単そうな文法でも

実は難しいひっかけ問題!

ということもあります。

 

TOEICの文法問題は、1問20秒以内で

解くのがベストです。

 

そのため、速く解くための「テクニック」が

効果を発揮します。

 

テクニックを使えば、問題を理解しなくても

なぜか正解を選ぶことができるのです。

 

このようなテクニックが

どれほど参考書に記載されているか、

この点をチェックしましょう。

 

TOEICはあくまでビジネスパーソン向けの

試験ですので、英語が得意でない社会人の

ために、英語が分からなくても解ける、

テクニックが書かれている参考集があります

 

みなさんもこの点を吟味してみてください。

 

ポイント④ 大きさ・レイアウト・色

その問題集は持ち運びやすい大きさか、

この点もチェックしましょう。

 

重い問題集は持ち運びたくないですよね。

 

また、問題集のレイアウトも大事です。

自分にとって見やすいレイアウトなのか。

参考書は長い間利用するものです。

ですので、使いにくい参考書は

避ける必要があるでしょう。

 

それと同時に、

参考書の文字色はどうですか。

 

たくさんのカラーを使っている問題集も

あれば、2~3色だけでシンプルなものも

書店には並べられているでしょう。

 

自分が勉強して疲れないか。

問題集選びには意外とこの点も重要です。

オススメの問題集は?

私がオススメする問題集はこちら。

 

TOEIC® L&R テスト 文法問題 でる1000問

こちらの問題集は、

文法問題を1000問以上収録しており、

簡単な問題から難しい問題まで

幅広いタイプの問題に対応しています。

 

先ほど示した4つのポイントも満たしており

多くの人が使いやすい一冊と言えます。

 

1000問以上あるので、

全て終わらすのは大変です。

そのため、苦手な範囲だけなど

やる範囲を絞ることも一つの手です。

 

私はこの問題集を半分くらい解いただけで、

本番の文法パートで満点を取れました。

 

テキストの間違えた問題を繰り返し解き直し、

解説をしっかり読み込むことで、

私は高いスコアをとることができました。

 

テキストは分厚いですが、

持ち運び用の軽い冊子が中に入っているので、

私は電車の中でひたすら問題を解いていました。

 

単語パート

次は、単語集選びです。

 

実は、TOEIC勉強者向けの単語集は、

意外と数が限られています。

 

つい先日、IIBC(TOEIC実施団体)も

公式の単語集を出版しました。

 

私が単語集選びに重視する点は、

たった1つです。

 

それは、目指すスコア別に単語が分類

されていることです。

 

自分の取りたいスコアを決めている人は、

そのスコアのセクションを集中して

勉強すればよいのです。

 

TOEICはマーク式ですので、

単語は書けなくても、読めて意味が分かれば

それで良いのです。

 

とにかく、単語の意味(とできれば発音)を

覚えましょう。

 

単語を覚えたら、

問題を解いてみるのも忘れないでください。

 

問題を解かなければ、きちんと単語が

覚えられているか確認できませんからね。

オススメの問題集は?

色々な会社が単語集を出版していますが、

TOEIC受験者が選ぶべき単語集は一択です。

 

TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)

通称「金フレ」と呼ばれ、

初心者から上級者まで

幅広い人に愛されています。

 

この単語集のすごいところは

掲載されている単語の的中率。

 

本番では「単語集で覚えた単語だ!」と

驚いてしまうほどです。

 

この単語集はスコア別に

セクションが分かれており

覚えるべき単語が明確であることも

1つのポイントです。

 

先ほど述べましたが、TOEICではスペルや

「日本語→英語」の変換は必要ありません。

 

英語をみて日本語が分かれば良いのです。

 

私は、単語集の右ページの練習は

取り組みませんでした。

 

その代わり、英単語をみて

意味がすぐに分かるようになるまで

ひたすら繰り返しました。

 

とにかく、単語を見て日本語が出てくるよう

訓練しましょう。

 

私はこの単語集で勉強を繰り返して

解ける問題が以前より10問以上増えました!

 

それくらいこの単語集には、

重要単語が詰まっているのです。

 

単語の勉強には、是非以下のサイトも

訪れてみてください!

TOEICスコアアップに特化した単語勉強法! スコア300から900まで伸ばした経験者が語る単語マスター方法

 

さいごに

今回は、TOEICのスコアを2カ月で

引き上げるための方法をご紹介しました。

  • 勉強するセクションを時間で分ける
  • 単語と文法は、スコアを伸ばしやすい
  • 文法の問題集を選ぶポイントは4つ
  • 単語集は、スコア別にわかれているものを
  • 単語はスペルできなくてもよい!

みなさんも、以上の方法を実践してみてください!

 

 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  


現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。  


 
 


書籍と同時に受け取れるメルマガでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  


最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です