英語の勉強は海外ドラマから始めよう!効果的な勉強方法はコレ!

「英語の勉強」にはいろいろな方法がありますよね。

 

いろいろな方法を試した結果、
「日本で独学しても英語はマスターできない」
と感じている人いませんか?

 

そんな人におすすめするのが海外ドラマです!

 

 

「海外ドラマを今までたくさん観たけど、英語が上達したとは思わない」

 

はい。その通りです。
「観るだけ」じゃダメなんです。

 

「観るときの姿勢」と「観た後のトレーニング」
が英語力アップに効果を出す鍵。

 

 

実際、海外ドラマが大好きな私も、コツをおさえて観るクセのおかげで、次のようなことが学べました!

  • いろいろな国のアクセント
  • 日常生活で使えるフレーズ
  • いろいろな国の文化

 

 

今回は、初心者にも上級者にもおすすめの海外ドラマを使った英語勉強法についてご紹介します。

 

「なぜ海外ドラマが効果的なの?」
「どんなドラマがおすすめなの?」
「どうやって勉強すればいいの?」

疑問を解消して、新しい英語の勉強法に挑戦してみましょう!

 

 

海外ドラマが英語の勉強に効果的な理由


英語を勉強する方法はさまざま。

その中でも、海外ドラマをおすすめするのには理由があります。

 

海外ドラマを活用すれば、
英会話をマスターするために不可欠な「英語勉強の鉄則」をしっかりおさえることができるんです。

 

 

ここでは、 「なぜ海外ドラマが効果的なの?」という疑問に答えていきます。

 

 

「生きた今の英語」が学べる

海外ドラマの最大の強みは、「生きた英語」が学べること。

 

歴史モノではなく、現代を舞台にしているドラマで話されている英語は、「今の英語」です。

 

日本語に流行語があるように、英語にもその時代を象徴する表現がたくさんあります。

 

「今の英語」に慣れることで、より自然な英語でのコミュニケーション力を身につけることができますね。

 

 

日常生活での何気ないやり取りをベースに物語が進むこともあり、楽しみながら「実生活ですぐに使える」フレーズや表現を学べます

 

 

「継続」が楽しめる

海外ドラマは1シーズンでいくつもエピソードがあり、人気の作品は何シーズンも続いていますよね。

 

この連続性が、英語の勉強にとって重要な役割を果たしているんです。

 

 

「次のエピソードが気になる、もっと観たい」から、継続して観てしまう。

 

つまり、がんばらなくても毎日英語の勉強をする環境ができてしまう、ということ。

 

 

「勉強」というより「趣味」感覚で学べる。

これが、英語勉強を挫折する原因になりがちな「継続」ですら楽しめてしまう要素です。

 

 

場所と時間を選ばない

シリーズものドラマには1エピソード20分程度のものもあり、移動時間などちょっとしたスキマ時間でも観終えることができます。

 

スマホやタブレットがあれば、場所を選ばず、いつでも英語の勉強を始められますよね。

 

しかも、圧倒的に安いコストで続けられる!

 

自由度高く、簡単に英語に触れられる時間をもてることが、英会話上達のスピードを一気に上げてくれます

 

 

まずはここから!おすすめ海外ドラマ


「生きた今の英語」がつまった最強の英語教材ともいえる海外ドラマ。

 

「初心者でも、いきなり海外ドラマで英語を学べるの?」

という人も大丈夫です!

 

 

「好きなもの・興味のあるもの」は、「知りたい」という欲を駆り立ててくれるもの。

 

最初は全く聞き取れなくても、繰り返すことで確実に変化を体感できます。

 

 

ここでは、初心者でも安心して楽しめるおすすめドラマをご紹介します。

 

 

「Glee(グリー)」

アメリカの高校の合唱部を舞台にした学園モノ。

 

高校生だけではなく大人たちの日常を追える楽しみと、ミュージカルから最新ポップスまで幅広いジャンルの音楽とダンスが魅力的な作品です。

 

全体的に英語のスピードも聞き取りやすく、日常で使いたくなるフレーズが満載です。

 

オフィシャルYouTubeチャンネルの紹介クリップはこちら。

 

「How I Met Your Mother(ママと恋に落ちるまで)」

アメリカで大人気コメディドラマです。

 

友達とのやり取りシーンも多く、息子と娘に母親と出会うまでの出来事を話していくというシンプルな構図が、続けて見やすく理解しやすいです。

 

 

「そんなリアクションのフレーズがあるんだ」といった教科書では学べないフレーズが盛りだくさんなところもおすすめポイントです。

 

アメリカの放送局CBSの紹介クリップはこちら。

 

「The Big Ban Theory(ビッグバン・セオリー/ギークなボクらの恋愛法則)」

個人的にイチ押しなのがこのコメディドラマです。

 

高学歴なインテリオタク4人組とご近所の美女の日常がとにかくおもしろい。

 

インテリならではの難解な表現もありますが、それが一般人からはおかしく見えてしまうところまで描かれていて、誰でも親近感がわくはず。

 

いろいろな人間関係だけではなく、人種の違いやアメリカならではの文化など、英語らしいコミュニケーションがしっかりつめこまれています。

 

 

アメリカの放送局CBSの紹介クリップはこちら。

 

ご紹介したドラマ以外にも学習に適したドラマはたくさんあります。

 

何よりも大切なのは、興味のあるジャンルのドラマを選ぶこと。

 

毎日観たくなる、そんなドラマを探してみましょう!

 

 

効果アップのためにおさえたいコツ


海外ドラマを「観るだけ」では、英語力アップの効果は出ません。

 

大好きなドラマを最強の英語教材にするためには、次の2つのコツをおさえましょう。

  1. 一字一句聞き取ろうとしない
  2. 「日本語字幕→英語字幕→字幕なし」を反復する

 

それぞれのコツについて確認してみましょう。

 

一字一句聞き取ろうとしない

日本語のドラマを観ているときに、セリフの一字一句全て聞き取ろうとしていますか?

 

知らない単語が出てきたとしても、そこで止まったりしませんよね。

 

それは、キャラクターの表情など映像からの情報とセットで、話の流れをつかんでいっているからです。

 

海外ドラマを観るときも同じ。

知らない単語が出てきたからといって止まらずそのまま続けます。

 

 

セリフの流れの中で、知らない単語の意味を「推測する力」を身に付けましょう。

 

その場面での流れや、キャラクターの表情などを含めて、「何を伝えようとしているのか」に意識を集中させます。

 

 

繰り返して観るステップのなかで、意味がつかみにくい単語やフレーズがあれば、そのときにチェックする程度で大丈夫。

 

「今話している人が伝えようとしていることを理解する」

これを意識してドラマを観ることが、英語力アップの鍵です。

 

 

「日本語字幕→英語字幕→字幕なし」を反復する

「英語の勉強だから、字幕なしで観なきゃ意味がない!」

そんなことはないので、安心してくださいね。

 

英語力アップには、「反復と継続」が欠かせません

ドラマを観るときも同じ。

 

 

ポイントは、次のステップで観ることです。

日本語字幕付きで「話の流れを理解」

英語字幕付きで「何を言っているかを理解」

字幕なしで「英語を英語のまま理解」

 

最初のうちは、英語を聞き取りながら意味を理解するのは難しくて当たり前。

 

それぞれのステップを踏むことで、ドラマを楽しむ要素を残しながら、しっかり英語の勉強ができます。

 

 

お気に入りのセリフを完コピできるようになれば、楽しさがどんどん増して、モチベーションも上がっていきますよ!

 

 

ドラマを楽しむためにも、強化したいのがリスニング。

リスニング上達させる極意に興味がある方は、こちらの動画を是非参考にしてみてくださいね。

 

 

まとめ


 英語を勉強する理由は、人それぞれです。

ただどんな理由でも、英語でのコミュニケーションの方法を学ぶ必要があります。

 

海外ドラマでは、日常生活だけではなく、オフィスでのやり取りなど、あらゆる場面で使われる「生きた英語」が学べます

 

興味のあるジャンル、好きな俳優の出演作品など、あなたの「好き」度が高いドラマで、英語力アップを目指しましょう!

 

 

英語勉強法として、独学は最強ともいえます。

こちらの記事で紹介している「独学」の強みも是非読んでみてください。

英語力がのびないとお悩みのあなたへ。「独学」で一発解決できますよ。

2020.02.07

 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  


現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。  


 
 


書籍と同時に受け取れるメルマガでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  


最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です