オーストラリア留学中に友達はいた⁈留学での友達作り事情について!

「留学へ行ったら、友達がほしい!」

 

留学生ほぼ全員が思っていることだと思います。

 

 

しかし中には、

 

「でも、英語が話せないから日本人以外の友達ができないかも…」

「語学学校へ行かないのに、どこで友達を作れば良いの⁈」

 

なんて不安に思っている方も多いと思います。

 

 

私がオーストラリア留学中では、ありがたいことにたくさんの友達に恵まれました。

 

帰国後の今でも、連絡を取り合う友達がいるくらい、信頼できる友達もできました。

 

 

そこで、今回は

 

・留学中に友達をどうやって作ればいいのか

・語学学校へ行かなくても、友達ができるのか

・留学中に日本人とはつるむべき?つるまないべき?

 

の3点についてお伝えしたいと思います!

 

留学中に友達を作るには⁈私に友達ができた体験談!

友達を作ると言っても、実際にどのように友達になるのかいまいちわからないかもしれません。

 

ここでは、私の留学時代の話から、どのように友達を作ったのかお伝えしていきます。

 

到着2日目から友達がいた⁈

私は、大学からの留学だったので、同じ大学の生徒30名と留学へ行きました。

 

とは言っても、留学へ行くメンバーは知らない人がほとんどだったのもあり、当時の私は、

 

「どうせ外国に行くなら、日本人以外の友達をたくさん作りたい!」

 

と意気込んでいました。

 

 

そんな私は、実は、結構な人見知りでした。

 

初対面の人に話しかけるのはあまり得意ではなかったのです。

 

 

人見知りの自分に友達ができるのか⁈と不安にも思っていましたが、

 

「オーストラリアにせっかく来ているのに、人見知りを言い訳にして一人ぼっちの留学生活を送るなんて絶対に嫌。」

 

と思ったのです。

 

 

到着の次の日から早速語学学校が始まりました。

 

友達がほしい一心で、つたない英語でしたが、クラスメイトに話しかけるようにしました。

 

 

自分が言っていることが通じないこともたくさんありましたが、そこは語学学校。

 

みんな英語を学びに来ていたので、嫌な顔せず、私が言っていることを理解しようとしてくれました。

 

 

そして、到着2日目にして、同じクラスメイトの何人かと「友達」になることができたのです!

 

せっかくの留学生活を充実させたい!

私は、人見知りの自分を克服して友達を作ることができました。

 

 

黙っていても友達ってできませんよね。

 

 

できないと決めつけるのも自分。

 

できると思い込むのも自分。

 

何事も自分次第なのでは、とそのとき気づきました。

 

 

「私は人見知りだから友達ができない。」

 

と、私もずっと決めつけ続けたら、留学生活を本当に一人ぼっちで過ごすことになっていたかもしれません。

 

 

せっかくの留学を充実させたいのなら、自分自身が変わる努力も必要なんだと学ぶことがきました!

 

語学学校へ通わないあなたが、友達を作る方法

私の体験談をお話しさせていただきましたが、ここまで読んで

 

「私はワーホリで行くから、語学学校へは行かないし…」

「そもそも、語学学校以外でどこで友達を作ることができるの⁈」

 

と思われている方もいるのではないでしょうか。

 

 

ここでは、語学学校以外での友達作りについて、お伝えしていきます!

 

シェアメイトと仲良くなれる⁈

オーストラリアでは、一般的に『シェアハウス』に住み、他のシェアメイトと一緒に共同生活をすることが多いです。

 

私と一緒にオーストラリアへ留学に行った人達も、ホームステイを続けている人以外は、シェアハウスで生活していました。

 

 

シェアハウスは、語学学校にシェアメイト募集の貼り紙がしてあったり、ネット上でシェアメイトを募集していたりします。

 

 

もし、あなたが外国人の友達を語学学校以外で作りたいと思っているのであれば、外国人のシェアメイトがいる家に住むことをオススメします!

 

 

オーストラリアには、日本人オンリーのシェアハウスもたくさんあります。

 

その場合、オーナーも日本人の場合が多いので、日本語でのやりとりのため、楽に家探しをすることができます。

 

 

しかし、私の場合、外国人のシェアメイトがいる家に引っ越して、普段の生活から英語漬けにしたいと思いました。

 

そして、色々な国の人が住んでいるシェアハウスに住むことになったのです。

 

 

 そこでの生活は、今でも忘れられないくらい楽しかったです。

 

一緒にご飯を作ったり、出かけたり、遠出をしたり…など、たくさんのことをしました。

 

 

留学中で知り合った中で一番信頼できる友達にもそのシェアハウスで出会えました。

 

 

シェアメイト達は、ワーホリ、大学生、他の語学学校など、誰一人同じ語学学校ではなかったです。

 

 

このように、語学学校以外で友達を作るなら、シェアハウスで作ることもできるんです!

 

もし、シェアメイトと気が合わなかったら…

私は、いいシェアメイト達に出会うことができました。

 

しかし、シェアメイトと気が合うかは住んでみないとわかりません。

 

 

「気が合うかわからないなら、せめて日本語で話せるシェアメイトの方がいいのかな…」

 

と思うかもしれませんが、安心してください!

 

オーストラリアは、日本と違い、引っ越しの時にそこまでお金がかからない上に、住民票を変更するなどの手続きもありません。

 

もし、住んでみて自分が合わないなと思えば、引っ越すことも可能ですよ!

 

 

思い切って英語だけのシェアハウス生活に飛び込んでみるのもいいと思います。

 

日本人とつるむ?つるまない?

留学中に、

 

「英語を勉強しに来たから、日本人とは絶対仲良くしたくない!」

「日本人の友達なんていらない!」

 

と、言う日本人留学生も少なからずいると思います。

 

 

私も、オーストラリア到着当時は、

 

「オーストラリアに来てまで、日本語で話すなんて意味がない!」

 

と、日本人と一緒にいることに少し抵抗があったのも事実です。

 

 

 

しかし、留学生活を送っていく中で、

 

・完璧に言語が通じないこと

・文化や習慣の違いから理解されない、できないこと

 

など、知らない間にストレスが溜まっていました。

 

 

そんな時に、一緒に来ていた同じ大学の友達と話したりすることで、

 

・同じ状況下で理解してもらえる

・通じる、話せることへの安心感

 

など、たくさんの場面で支えてもらいました。

 

私は、留学したからこそ、

 

『日本人とつるむ=留学生活においてよくないこと』とは思わなくなりました。

 

 

もちろん、留学しているにも関わらず、英語で話す場面を避けたり、英語で話すことをしないのは、英語力が一向に伸びない原因になってきます。

 

しかし、逆に言えば、日本人とつるんでいるからといって、英語がまったく伸びないというのも違うと思います。

 

国籍関係なく、自分が一緒にいて楽しいと思える人達と友達になるのが一番留学生活を充実させることができるのではないでしょうか。

 

まとめ

留学中に友達を作るには、

 

・自分が変わる努力も必要

・語学学校以外にも、シェアハウスでも友達を作ることができる

・留学中には、国籍関係なく、自分が好きな人と友達になるべき

 

です!

 

 

留学中は、日本と違い、多国籍の方と出会うことができる場でもあります。

 

色々な国の人と話し、様々な文化、習慣を知ることや、自分が心から友達と呼べる存在が見つけられるといいですよね。

 

 

「外国人の友達を作るにも英語力が不安…」

 

と思っているあなたにオススメなのが、当ブログの管理人でもあるJuckさんのYouTubeチャンネルです!

 

英語の学習に役立つ方法がたくさん紹介されていますよ!

 

是非こちらからご視聴、チャンネル登録してみてください!

 

 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  


現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。  


 
 


書籍と同時に受け取れるメルマガでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  


最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です