英語面接で自己紹介!好印象を残す自己紹介の方法をお伝えします。

あなたはこれまでに、英語で面接を受けたことがありますか。

 

就職活動、大学の試験など様々な面接があります。

日本語で面接を受けても緊張するのに、英語で面接を受けると余計に緊張しますよね。

 

私もきちんと準備をしていなかったことで、過去に失敗をしたことがありました。

 

英語面接では、「では、自己紹介をお願いします。」の一言で面接が始まります。

 

英語面接に慣れていない方は、最初の自己紹介でつまずき、本領を発揮できないというケースが多いです。

 

つまり、「自己紹介」は英語面接の肝と言えるでしょう。

 

今回は、

  • 英語面接で自己紹介をする際に気をつけるべきこと
  • 自己紹介で使えるフレーズ等

 

をご紹介していきます。

 

「自己紹介」は英語面接成功の鍵

「自己紹介」は、面接官に第一印象を残すとても大事なステップと言えるでしょう。

大抵、自己紹介は面接の最初の場面で行います。

そのため、良くも悪くも「自己紹介」でその人の印象が決まってしまいます。

 

特に英語で面接が行われる外資企業や海外留学等では、面接官が自己紹介で見抜くのは下記の2点です。

 

  • スキルや経験的に自分の会社や学校に適している人物か
  • 相手としっかりとコミュニケーションが取れる人物か

 

 

スキルや経験は、事前に提出する職務経歴書を見れば判断できます。

 

しかし、英語面接で見られることは、

  • 職務経歴を自分の言葉で相手に伝わるように話せるか
  • 相手と良い関係性を作り、仕事・勉強できるか

 

です。

 

そのため、最初の自己紹介で良い印象を残すことは非常に重要と言えます。

 

 

東大生の英語勉強法が無料で学べる
この記事を読んでくれているあなた限定で、東大生の効率的な勉強法が学べる公式LINEへ無料で招待します。今だけ、東大生が書いた2つの書籍も無料でプレゼント

日本語面接と英語面接の違い

「英語面接」の「自己紹介」では、決定的に違う点があります。

「自己紹介」は、「自己アピールの場」ということです。

 

英語面接で押さえた方が良い点は下記の4点です。

  • 名前
  • これまでのキャリア
    大学卒業後からの職歴
  • 自分がアピールしたいスキル、経験
  • 志望動機や今後の自分のキャリアゴール

 

平均すると、自己紹介だけで2〜3分程度話すことになります。

少し、長いのではないかと思う方もいらっしゃると思います。

 

しかし、自己紹介でしっかりと話した方が面接官にも良い印象を残せます。

何故ならば、その後面接官も突っ込んだ質問をしやすいからです。

 

英語面接で使えるフレーズ

Attractiveness_of_English

ここでは、「英語面接」における「自己紹介」で使えるフレーズを紹介していきたいと思います。

 

自己紹介の出だし

Hello, nice to meet you.
(こんにちは、初めまして。)

 

自己紹介の切り出し方はよく迷ってしまいがちです。

いきなり自分の名前を伝えるのも悪くはないですが、できれば挨拶から始めましょう。

  • Hello.
    (こんにちは。)
  • Good morning.
    (おはようございます。)

 

などの挨拶からスタート。

 

その後に、

  • Nice to meet you.
    (初めまして。) 
  • I’m glad to see you.
    (お会いできて嬉しいです。)

 

といった表現をつけると、より自然な自己紹介の切り出し方になります。

 

 

自分の名前を伝える

  • I am 〜.
    (私は〜です。)
  • My name is 〜.
    (私の名前は〜です。)

 

これは言わずと知れた自分の名前の紹介の仕方です。

 

「My name is ~」は古い表現で、ネイティブは使わないと言う話を聞きます。

しかし、公式な場では、ネイティブも「My name is〜」から自己紹介を始めます。

 

面接の場では、上記の2つのどちらかの表現を使ってあげると良いでしょう。

 

 

大学時代勉強したことの紹介

  • I studied 〜 in my university days.
    (大学の時は〜を勉強していました。)
  • My major was 〜when I was a university student.
    (大学の時は〜を選考していました。)
  • I did 〜as my undergraduate degree.
    (学士号で〜を取りました。)

 

こちらはいずれの表現でも違和感なく使えます。

「undergraduate」は「学士号」のことを指します。

「修士号」を取られている方は、「postgraduate」。

 

更に「博士号」を取られている方は、「Doctor of Philosophy Degree」。

または、略して「Phd」と表現してください。

 

 

働いている産業、会社の紹介

  • I work for〜.
    (私は〜会社で働いています。)
  • I work in〜.
    (私は〜の産業で働いています。)

 

〜と言う企業で働いていたと言う場合は、work for〜」

産業や業界など、ある程度広いカテゴリーで捉えた場所で働いていたことを表現するには、work in 〜」を使いましょう。

 

 

自分の仕事内容を紹介する

  • I’m in charge of 〜.
    (私は〜の担当をしています。)
  • My responsibility is 〜.
    (私の責任は〜です。)

 

英語面接では、

What is your responsibility?
(あなたはどういった担当をしているの?)

と聞かれることが多いです。

 

海外だと、若手のうちからリーダーやマネジャーといった役職がつくことが多いためです。

 

日本の場合は、若手だと役職がつきません。

そのため、この質問に対して戸惑ってしまう人も多いのが現状です。

 

その時は、「I’m in charge of 〜.(私の担当は〜です。)」

という表現を使い、現在の担当職について説明すればOKです。

 

 

自分の得意分野を説明する

  • I’m good at〜.
    (私は〜が得意です。)

 

自分の得意分野を話したい時は上記の表現を使いましょう。

 

例えば、過去に複数の職種を経験していて、その中でも特にこの分野が得意ということを伝える時に。

また、自分が特に自信を持ってアピールをしたいスキルがある時に使ってみましょう。

 

例えば、

I’m good at managing members.
(メンバーのマネジメントが得意です)

I’m good at implementation of marketing strategy.
(マーケティング戦略の実行分野が得意です)

 

という使い方ができます。

 

志望動機を伝える

  • The reason why I would like to work/study for your corporation/university is〜.
    (あなたの会社/学校で働きたい/勉強したい理由は〜。)
  • I would like to 〜 in your company/ university.
    (私は、あなたの会社/学校で〜をしたいです。)

 

就職や学校への志望動機は上記の2つのいずれかを使って伝えると良いでしょう。

 

日本語の面接では、自己紹介と別に志望動機を話す時間が設けられます。

 

しかし、英語面接の場合は、自分のこれまでの経歴と一緒に志望動機を話すことが一般的

 

「聞かれてもいないのに話していいのだろうか?」

と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、経歴と繋げて志望動機までを話した方が、相手に意欲や意図が伝わりやすいです。

是非、自己紹介の中で志望動機も伝えるようにしてください。

 

自己紹介の終わり方

  • That’s all. Thank you.
    (以上です。ありがとうございます。)
  • Thank you. It is nice to see you.
    (ありがとうございます。お会いできて嬉しいです。)

 

一般的には、上記のいずれかの表現で自己紹介を締めます。

 

英語面接の場合は、日本のように尋問形式ではなく、フランクに進むことが大抵です。

 

そのため、Thank youを使って自己紹介を締める。

余裕があれば、It is nice to see you .(お会いできて嬉しいです。)

といった感謝を伝えることをおすすめします。

 

より詳しい自己紹介の具体例、準備の仕方を知りたい方は下記のリンクをチェックしてください。

英語面接は回答例を準備して攻略!効果的にアピールする答えはコレ!

2020年5月9日

 

 

英単語を超効率に覚える書籍を無料プレゼント
期間限定で英単語を超効率に覚えるテクニックを解説した書籍「英単語のトリセツ」を無料でプレゼントしてます。LINE友達追加するだけで5秒以内でもらえます。

英語面接で気をつけたいボーディランゲージ

自己紹介をする時に気をつけたいボディーランゲージをご紹介していきます。

 

握手はしっかりと

対面で英語面接を受ける場合は、最初に握手をしてから始まることが多いです。

 

海外の採用担当からは、

 

「日本人は握手をする文化がないせいか、目を合わさずに握手をする」

「握手をする時の力が弱々しい」

 

といった意見を耳にします。

 

弱々しく、アイコンタクトをとらない握手は、海外の採用担当者には、

 

「自信がない人」

「コミュニケーションを取るのが苦手な人」

 

と捉えられてしまいます。

 

 

最初の握手の印象で、相手にマイナス評価を与えてしまうことにもなりかねません。

 

 

ちょっとしたことですが、握手をする時は、

 

  • しっかりと相手の手を握る
  • 相手の目を見る

 

ことを意識してください。

 

 

アイコンタクトを忘れない

「英語面接」の際は、アイコンタクトをしっかりと取るようにしてください。

日本語で面接を受ける際は、多少目をあまり合わせなくても許されることがあります。

 

これは、「英語面接」では絶対してはいけないことです。

握手と同様ですが、自信がない人、コミュニケーションを取れない人と見なされてしまいます。

 

英語圏において、アイコンタクトはとても大事な要素とされています。

飲み会で乾杯をする際も、アイコンタクトをするのが礼儀とされるくらいです。

 

しっかり、1人1人の面接官の目を見て話すように心がけてください。

 

 

英語面接では、感情表現豊かに

日本の面接に際は、「真剣な表情で、なるべく笑わない方が良い」という話を聞きます。

英語面接の際は、逆と考えてください。

 

英語面接が行われる、外資企業、海外の大学では、「その人の人柄」を見ます。

 

ある程度の喜怒哀楽をつけると「自分がどういう人か」が面接官に伝わります。

そのため、面接官に好印象を残すことができるでしょう。

 

具体的に気をつけたい点は下記の3点です。

 

  • 顔の表情表現を豊かに

話の文脈に合わせて、喜怒哀楽をつける。

  • 声のトーン

嬉しい話の時はイキイキとした声のトーンで。

あまりよくない話の時は、少し落ち着けたトーンで。

など、自分の話している内容に合わせて、声の強弱やトーンを調整する。

  • ジェスチャー

話の内容に合わせて、身振り手振りを加えて表現をする。

 

あまりにも、感情表現が豊かになり、友人と話しているようになってしまうのは問題です。

しかし、る程度の感情表現は相手に良い印象を与えます。

 

意識をしてみることをおすすめします。

 

 

言葉のひげを取る

言葉のひげとは、「あー」「えー」といった、日本語で文章をつなぐ時につなぐ表現です。

 

日本人は、英語を喋る時にも、表現が出てこないと、この「あー」「えー」で文章を繋ごうとしてしまいがちです。

 

しかし、この言葉のひげは、特に英語面接では絶対にやめるべきことの一つです。

 

何故ならば、言葉のひげの部分に面接官の意識が言ってしまうからです。

そして、肝心の内容が面接官の頭に入ってこなくなってしまいます。

 

多少の間でしたら、特に相手も気になりません。

言葉のひげを使うくらいでしたら、ある程度の間を置いて話をした方が良いです。

 

あまりにも間が空いてしまう時は、次のフレーズを使いましょう。

 

 

  • Let me think.(ちょっと考えさせてください)
  • It’s a good question.(いい質問ですね)

 

 

 

It’s a good question. は、質問内容を褒める時に使うと考えられがちですが、実は違います。

ネイティブスピーカーは、自分の考えをまとめる際にこの質問をはさんで間をもたせます。

 

ぜひ、英語面接で間をもたせたい時に使ってみてください。

 

 

まとめ

今回は、「英語面接」で「自己紹介」をする上で気をつけたい、以下のことをお伝えしてきました。

 

  • なぜ、「英語面接」で「自己紹介」がとても大事なのか

→自分の会社や学校に適している人物か、相手とコミュニケーションが取れる人物かを見抜くため

 

  • 日本語面接と「英語面接」の違い

→英語面接では、自己アピールが求められている

 

  • 英語面接で使えるフレーズ

→挨拶の仕方
Hello, nice to meet you.(こんにちは、初めまして。)

自分の名前を伝える
My name is 〜.(私の名前は〜です。)

大学時代勉強したことの紹介
I studied 〜 in my university days.
(大学の時は〜を勉強していました。)

働いていた会社、業界の紹介
I work for〜.(私は〜会社で働いている。)

自分の得意分野を伝える
I’m good at〜(私は〜が得意です)

志望動機を伝える
I would like to 〜 in your company/ university.
(私は、あなたの会社/学校で〜をしたいです。)

自己紹介の締め方
Thank you. It is nice to see you.
(ありがとうございます。お会いできて嬉しいです。)

 

  • 英語面接で気をつけたいボディーランゲージ

→握手は、相手の目を見てしっかり手を握る

アイコンタクトを忘れない

感情表現は豊かに

言葉のひげを取る

 

自分の第一言語でない英語での面接は非常に緊張する場です。

ですが、自信を持って「自己紹介」をすることで、良い面接のスタートを切れますし、相手の印象もよくなります。

ぜひ、しっかり準備をして「英語面接」の「自己紹介」に臨むようにして見てください。

 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、

工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  



現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が

最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、

ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。

 ※書籍はお持ちのスマホ・PC ですぐに読むことが可能です。

書籍と同時に受け取れる公式LINEのコラムでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  



最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です