「今年の目標」を英語で言えるようになろう‼使えるフレーズ大公開!

お正月にすることといえば、「今年の目標」をたてること。

 

実はこれ、日本だけの文化だけではないんです。

 

英語でも、新年の抱負が聞かれることがあります。

 

そんな時、とっさに英語でも言えるようにしたいものですよね。

 

 

私がイギリス留学していた時にも、皆が自分の進む道をきちんと

考えているという印象を受けました。

 

そんな時に、「え…」と詰まってしまうと、どうでしょうか?

 

将来のことが考えられていない人だと認識されてしまいます。

 

逆に目標を公言すると、協力を得られることもあるかも⁉

 

 

そこで今回は、目標に関する単語・フレーズをご紹介。

 

この記事を読んだ後にはきっと、自分の成し遂げたい夢・目標

英語でかっこよく伝えられるようになっているはず‼

 

 

目標に関する単語

フレーズをご紹介する前に、まずは単語を確認しておきましょう。

 

「目標」と日本語で一口に言っても、英語では沢山の種類があるんです。

 

 

  • goal

一番、聞いたことがある単語ではないでしょうか。

 

サッカーなどの「ゴール」の元ともなっている英単語。

 

 

長期的な将来の目標を表します。

 

最終的な目標という意味で、’final goal’という風に使うこともあります。

 

 

  • objective

こちらは、少し上級者向けの単語。

 

期間は中期的で、大きさも中くらいの目標

 

’goal’までの中間地点で達成したい目標を指すことが多いです。

 

 

  • resolution

こちらは、目標と言う意味に加えて「抱負・決意」という意味も含まれる単語。

 

「新年の抱負」というときには、この単語を使って

‘New Year’s resolution’と言います。

 

 

今年の目標を尋ねるフレーズ

単語が分かったところで、フレーズを確認していきましょう。

 

まずは、目標を尋ねるフレーズから。

 

そのまま使える疑問文をいくつか紹介しているので、丸ごと覚えてしまいましょう。

 

 

  • What is your New Year’s resolution?

「あなたの新年の抱負はなんですか?」

 

先ほどの単語のところで学んだ、’New Year’s resolution’を使った質問例です。

 

目標が複数ある場合は”What are your New Year’s resolutions?”でもOK‼

 

ただ、聞く相手が目標をいくつ持っているかはわかりませんよね。

 

なので、基本的には単数形・複数形どちらでも大丈夫です。

 

 

  • What is your goal for this year?

「今年の目標は何ですか?」

 

年末に、来年の目標を聞きたい場合は、’this’のところを’next’に変えるだけ

 

’New Year’という単語が入っていないので、新年に関わらず

使えそうですね。

 

 

  • Have you made your New Year’s resolution?     

「新年の抱負は決めましたか?」

 

‘New Year’s resolution’と一緒によく使われる動詞は’make’

 

「作る」というとおかしい感じがするかもしれません。

 

ですが、’make a plan’で「計画を立てる」というフレーズも

あるので同じような使い方といえます。

 

 

自分の目標を伝えるフレーズ

目標の聞き方が分かったところで、続いて自分の目標の伝え方を見ていきましょう。

 

勉強・生活という2つの場面ごとに使えるフレーズをご紹介します。

 

それぞれの例文では、少し異なる表現を使用しています。

 

ぜひ様々なフレーズを組み合わせて使ってみて下さい。

 

 

勉強面

  • 英語スコア

My New Year’s resolution is to score 800 on the TOEIC test.

「私の新年の抱負は、TOEICテストで800点を取ることです。」

何かのスコアを伸ばしたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

 

この文は、TOEFLなど他の英語試験や学校のテストなどにも応用可能

 

自分に合った文を作ってみて下さい。

 

 

’score’というのは、カタカナでよく使う名詞がよく知られていますよね。

 

でも、例のように「点を取る」という意味の動詞でも使えるんです。

 

 

  • スキル

I’m going to improve cooking and communication skills by the end of July.

「私は、7月下旬までに料理とコミュニケーションのスキルを伸ばします。」

2つのことを1つの文で言いたい場合は、例のように‘and’で繋げればOKです。

 

スキル向上は、’improve’という単語を用いて表します。

 

 

この文では、最後に’by the end of July’と加えることで明確な期日を表しています。

 

「~まで」と言いたい時は、’by’を使います。

 

今回は7月下旬としましたが、新年の抱負であれば’by 2021’で「2021年まで」

などという使い方もできます‼

 

 

期日を設定した方がやる気も出て頑張ろうと思えるはず。

 

ぜひ、’by’を使って期日も表してみましょう。

 

 

生活面

  • ダイエット

I will lose 5kg by summer!

「私は、夏までに5キロ減らす‼」

ダイエットを目標に掲げる方も多いのではないでしょうか。

 

未来のことを決意するので’will’を使って表しています。

 

 

「体重を減らす」と言いたい時の「減らす」は、’lose’を使います。

 

’decrease’などではないので注意‼

 

 

  • 禁煙

I decided never to smoke again!

「私は、もう二度とタバコを吸わないと決めた。」

‘never’「もう二度と」という言い方に表れているように、’not’よりも強い言い方。

 

禁煙する気持ちをより一層強く伝えることが出来ます。

 

 

’decide’は、「決定する、決める」という意味の動詞。

 

同じ意味で、’determine’という単語も使えます。

 

 

  • 節約

My goal for 2020 is to save money.

「2020年の目標は、貯金することです。」

2020年のところは、その年に合わせて変えればいつでも使えます。

 

「節約する」は、例でご紹介した’save money’だけではありません。

 

‘not to waste money’「お金を使いすぎない」という意味のフレーズもあります。

 

日常会話でも使えるので、覚えておきましょう。

 

 

まとめ

「今年の目標」を英語で聞く・伝える方法をご紹介してきました。

 

スマートに自分の目標を伝えられるとかっこいいですね。

 

是非今回紹介した例文を使って、日本語だけでなく英語でも自分の目標を立ててみて下さい。

 

 

さて、友達や仲間と目標を語り合っているとき。

 

「あなたならできる!」と言ってあげたくなりませんか?

 

その時に使えるのが、”You can make it!”というフレーズ。

 

ぜひこちらの記事で学び、友達の目標も後押しできるように

練習してみてください。

We can make itはどう訳す?一つの意味でmake itの訳し方は完璧!

 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  


現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。  


 
 


書籍と同時に受け取れるメルマガでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  


最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です