英語力ゼロでイギリス留学へ。数字すら言えないまま行って私に起こったこと

 

「イギリス留学をしたい!と考え始めたけど
今の英語力で大丈夫なのかな?」

 

と気になっていませんか。

 

「てか、もはや英語力ゼロだけど
えいやーで行っちゃだめ?」

 

って考えている人も中にはいますよね(笑)

 

 

結論から言うと、大学・大学院でなければ
英語力ゼロでも留学はできます!

 

 

実際にわたしは「10から先の数字」が言えないままイギリスへ留学にいきました(笑)

 

それはそれは1日では到底語りつくせないほどの経験をしましたし、最高の留学でした!

 

ただ、正直「こうすればよかった」と
後悔していることもあります。

 

 

ということで、今回は
「英語力ゼロ」でイギリス留学すると、どうなるのか?
という体験談をあなたにお送りします!

 

 

私はそのあと「二度とイギリスでのような失敗はしない!」と心に誓いまして(笑)

 

ふたたび英語圏(オーストラリア)に行き、
2度目でしっかり成功をおさめました!

 

そして、今では「英会話講師」をするまでになりました!

 

 

この記事で「失敗しないために必要」なことを知ったら、あなたにやってもらいことはただひとつ。

 

それは、私を反面教師として
1発で留学を成功させること
です!

 

ですから最後まで読んでくれたら嬉しいです

 

英語力0で留学|恐ろしいほど聞き取れなかった

 

英語力ゼロで行くと、まず気がつくのは
びっくりするほど聞き取れない
ということです(笑)

 

とくにイギリス訛りは癖がつよいですから
なおのこと聞きとりが難しいんですよね。

 

 

たとえば、先生から何かを指示されていることが分かっても

 

「やばい。いま先生なんて言ったんだろう。
・・何すればいいの?」

 

と、めちゃくちゃ焦ります。

 

そして、周りを見て

 

「あぁプリントのここらへんをやるのね」

 

と、なんとかやり過ごすことになります。

 

 

そんなことがあったから、しっかり私にも
「この留学どうなっちゃうの」
という不安が一気に押し寄せてきました。

 

 

だけど!

 

意外に、不安よりも、新しい環境に
胸をおどらせていました。

 

決して私は「ポジティブ」な方ではなく、どちらかというと「考えすぎる性格」です。

 

それでも、ハリポタ感のある校舎や、ドイツ人の子と寝泊まりする部屋や、外国人ばかりの環境に、気がとられていたんです。

 

つまり、
不安 < 刺激
だったんです。

 

 

そんなこんなで、一週間が経つと
「聞き取れるようになってきたかも?」
といった変化に気がつきはじめました。

 

だから、不安はどんどんなくなってきます。

 

さらに、1ヶ月が経つと
半分は聞き取れるようになってきたんです。

 

もっというと「毎日聞いている人の英語」は
7割は聞き取れていました。

 

もうこの頃から「刺激」しかない毎日です。

 

はっきりいって最高の毎日でした(笑)

 

 

にしても、本当に不思議ですよね。

 

なにもしてないのに、
聞き取れるようになるなんて。

 

 

だから、

リスニング力ゼロでの留学は
たいした
問題でもないんです

 

英語力0で留学|友達作りに英語力とかいらなかった

 

もしかして

 

「英語が話せないのに、
友達なんてできるわけがない」

 

って思っていませんか?

 

 

私もイギリスへ留学する前まで、
本当にまったく同じことを思っていました。

 

でも現地へついたら、友達づくりに英語力なんていらないもんだからまじで驚きました。

 

 

例えば、ドイツ人のルームメイトとは、英語ではなく、お互いの言語を教えあって仲良くなったり。

 

中国人の子とは「漢字だけで、どこまで通じるか」という遊びをして仲良くなったり。

 

今だったら「Google翻訳」を使えばなんの問題もなく、距離を縮めることができますよね!

 

 

 

だから、
友達を作るときに必要なのは「相手に興味をもつ」ことであって決して「英語力」ではない
んです。

 

 

ちなみに、外国人との恋愛においても、
おなじことが言えます。

 

興味のある方は、この記事でくわしく書いてあるので、ぜひ読んでみてくださいね。

 

留学中の恋愛あれこれ!イギリス留学を経験した恋愛体質の私が語ります。

2020.04.10

英語力0で留学|中学英語は、事前に勉強してくるべき

 

ここまでは「英語力ゼロでも大丈夫だったこと」をお伝えしてきました。

 

いよいよ、ここからは「私が後悔したこと」について話していきます。

 

 

「日常英会話には、最低でも
中学レベルの英語力は必要」

 

というのは今や常識になりつつありますよね

 

だけど、私はそれを知ってたか知ってなかったか、まったく勉強せずに渡英しました。

 

「英語環境にいけば
勝手に文法もおぼえるよねきっと」

 

なんていう、あま〜い考えがあったんです。

 

 

でも現地では、なにか話そうとした時や、
レポートを書く時などに

 

「過去分詞ってhaveとセットだっけ」

 

「have と had って違いってなんだ」

 

「letってどうやって使うんだっけ」

 

とか、いろいろ疑問がでてくるわけです。

 

それで「やっぱり1から勉強しないとだめだな」って気がついて、私は机に向かって勉強ばかりしていました。

 

 

これ、超もったいないと
思いませんか。

 

 

机に向かって勉強するだけなら
日本でもできたことじゃないですか。

 

イギリスでの時間は、
そこでしかできないことに費やすべきです。

 

なんでこんな簡単なことに
気づけなかったんだ・・・

 

出発までまだ時間があるなら、こうなる前にできるだけいっぱい「中学英語」を勉強してくださいね!

 

私のように失敗しないことを、
心の底から願っています。

 

英語力0で留学|アウトプットしないで勉強ばかりしていたら失敗した。

 

さっきは「英語圏にいるだけで、話せるようになる」という勘違いについての話でした。

 

でも私としたことが、更にもうひとつ
大きな勘違いをしていたんです。

 

話せないのは勉強不足だからだ
と。

 

もちろん、さっきお伝えしたとおり、英会話をするのに「中学英語」の勉強は重要です。

 

でも「中学英語」を完璧にしたからといって、それだけで話せるようになるのかといえば、それはまた別の話です。

 

当時のわたしは、そんなことに気づかず、机に向かって苦手な勉強をしていまし。

 

そして、帰国日が近づくにつれ

 

「あれ、わたしこれだけ勉強してるのに、
思うように英語しゃべれてない・・・」

 

と、あせりはじめました。

 

今なら、当時の自分に、つっこみたい。

 

いや話せるようになりたいのに
なぜ話す練習をしない?!
と。

 

そうです「スピーキングスキル」をつける上で「アウトプット」がいかに大事なことなのかを、私はまったく理解しておりませんでした。

 

そこのあなたは大丈夫だとは思いますが

 

正直、現地にいると、何をすればいいのか、わかんなくなってくる時期もあります。

 

その時は、必ず思い出してください。

 

アウトプットしなきゃ、
一生話せるようにならないよ!
と。

 

それにアウトプットできるのは
イギリスにいる”今”だけだよ!

 

 

とにかくいろんな表現をくりかえし使ってみて、あなたの”口”を英語を発することに慣れさせるんです。

 

たとえば「How are you?」の返事で
「I’m fine.」なんていいますよね。

 

でも「I’m good.」って言う人もいるんだ!と
気づいたら「I’m good.」で返事をしてみるんです。

 

最初は「I’m…なんだっけ?」ってなります。

 

でも毎日言ってたら、一週間後にはその表現に慣れて、瞬時に「I’m good.」と言えるようになってるんです。

 

はい!これで「I’m good.」という新しいレパートリーをモノにできましたね!って話になるんです。

 

 

つまり、いろんな表現・単語をモノにしていくことこそが、誰もがもつ「ペラペラになる」という成功の鍵をにぎってるんです。

 

 

発音に関してもそうです。

 

「R」と「L」の発音方法がなんとなく分かってきたら、とにかく意識しながら話すんです

 

もちろん最初は通じないです。

 

でも通じるまで使いつづけるんです。

 

そして、ようやく通じた時には「スピーキングスキルがついてきてるな」ってしっかり実感できます。

 

「うわ、自分かっこいいじゃん!」
ってなって、超たのしいですよ(笑)

 

 

だから、間違っても私のように「ペラペラになるために勉強!勉強!」なんてことのないようにしてくださいね。

 

せっかくがんばっても、がんばり方を間違えれば、とんでもない失敗になります。

 

ペラペラになりたいから
勉強!勉強!は間違い。

 

ペラペラになりたいから
話す練習をしよう!が正解。

 

あたり前だけど、これが本当に重要なのです

 

まとめ

 

この記事のポイント

  • 英語力ゼロでもリスニングはなんとかなる
  • 友達作りに必要なのは「相手に関心を持つこと」であって「英語力」ではない
  • 「中学英語」の勉強は日本で済まそう
  • アウトプットして英会話に”慣れ”なければ英語は話せるようにならない

 

 

英語力ゼロでも、イギリス留学へ行けます。

 

行かないよりは、たとえ英語力ゼロでも行った方がいいと、個人的には思います。

 

だけど、せっかく行くなら、日本でできることは日本で済ませておくことを強くおすすめします!

 

そして、アウトプットに「イギリスでの全ての時間」をかけることができたら、だれよりもペラペラになっていることでしょう。

 

Enjoy your new challenge! Good Luck.

 

 

また、英語の勉強をしようと思っているあなたへ。

 

このサイトの運営者である現役東大生の「勉強に関する考え方」も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

そうすれば、勉強の効率が10倍にもなります!

 

これで中学英語もできるとこまで勉強しちゃいましょう!

万里の長城から学ぶ、勉強を10倍ラクにする2つの考え方。

2020.02.01

 

 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  


現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。  


 
 


書籍と同時に受け取れるメルマガでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  


最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です