TOEIC IPテストって履歴書に書いてOK? その疑問にお答えします!

就活や昇進試験でアピールとなるTOEIC

場合によっては、スコア必須の場合もありますよね。

 

そんなTOEICにまつわる、よく耳にする疑問。

 

 

それは

TOEIC IPテストのスコア、履歴書に書いていいの?」

 

 

特に、大学で広く実施されているIPテスト。

 

大学生の多くは、このIPテストのスコアを所持しているでしょう。

 

 

そんな大学生が就活を迎えるにあたって…

 

「IPテストのスコアが、公開テストのスコアより良かった・・・。」

「公開テストの結果が、企業のエントリー〆切に間に合わない・・・。」

 

なんて事態が起こることも・・・。

 

 

そんな場合、IPテストのスコアを就活に使いたいですよね。

 

結論をお教えします!

 

TOEIC IPテストスコアは、

基本的には、履歴書に書くことができます!

 

ただし…

・○○や○○○○○志願者はIPテストNG!

・入社後に○○を求められる場合もあり!

 

など、要注意ポイントがいっぱいなんです!

 

 

そこで今日お伝えするのは

・TOEIC IPテストの全容

・TOEIC IPテストNGの試験

・スコアを履歴書に記載する方法

 

などなど。

 

あらゆる疑問を解消していきますよ。

 

IPテストのスコア所持者・受験予定者、要必見です!

 

 

TOEIC IPテストって?

ライブラリ, ラトローブ, 研究, 学生, 行, 勉強, 人, 学ぶ, 留学生

そもそもTOEIC IPテストとは、いわゆる「団体試験」

 

大学や企業単位で申し込み、その大学や企業で受験するスタイルが一般的です。

 

10人以上で申し込み可能となります。

 

 

そんなTOEIC IPテストのメリット・デメリットを見てみましょう。

 

 

IPテストのメリット

IPテストは、ほぼメリットしかないといっても過言ではないでしょう。

 

 

受験料が安い

通常の公開テストの受験料は、6490円

一方、IPテストに受験料は、4230円

 

2000円以上も安いなんて、すごいですよね!

団体割引のようなものでしょう。

 

この価格であれば、学生でも何度も挑戦しやすいですね。

 

 

オンライン受験可能

実は、2020年4月より、

IPテストのオンライン受験が開始されました!

 

ご存じでしたか?

 

 

オンライン受験の特徴はこちら。

 

受験料4230円(IPテスト同様)

1名より申し込み可能

・受験会場は大学・企業もしくは自宅

テスト後、1週間程度で結果閲覧可能

 

 

いかがですか?

とっても便利な受験形態ですよね。

 

このオンライン受験も選択できるIPテスト。

 

受験できる団体に所属しているなら、利用しない手はありませんね!

 

 

IPテストのデメリット

ほぼメリットばかりのIPテスト。

1つだけデメリットがあります。

 

それは

IP テストでは、公式認定証が発行されないこと。

 

 

公開テストのように、顔写真の貼り付けを求められないIPテスト。

スコア証明書にも、当然、顔写真がついていません

 

ですから、公式認定証はもらえないのですね。

 

 

練習や自己研鑽、社内昇進資料としては問題ないでしょう。

 

ですが、就職試験は公式のもの。

IPテストでOKな場合とNGの場合があるようです。

 

 

「IPテストは履歴書で通用するのか。」

さっそく、その真相に迫っていきましょう。

 

 

IPテストスコアは履歴書に書ける?

再開, シート, 紙

さあ、一番の疑問。

「IPテストスコアは履歴書に書けるのか。」

 

 

冒頭でお伝えしたように、

IPテストスコアも、基本的には、履歴書に書いてOKです!

 

ただし、基本的には…です!

 

 

この件に関して、TOEIC公式サイトのQ&Aでは、こう書かれています。

 

Q:TOEIC L&R Ipテストのスコアは進学や就職に利用できますか?

A : 提出先独自の規定を設けている場合があるため、スコアを活用する際には提出先へご確認ください

( https://www.iibc-global.org/toeic/corpo/faq.html )

 

 

一般的には、IPテストスコアでもOKなことが多いようです。

ですが念のため、提出先に問い合わせてみるのが無難でしょう。

 

 

一方、次の職種の試験では、IPテストスコアはNG!

「公式認定証が必要」と、はっきり記載されています。

 

 

さあ、そんなIPテストNGの職種を見てみましょう!

 

 

公務員試験

先生, 教員, 工教育, 教育, ホワイト ボード, 教室, スマートボード

IPテストNGの就職試験は、「公務員試験」

 

公務員試験でTOEICスコアを使う場合、公式認定証が必要な場合があるようです。

 

特に、TOEICスコアによって、英語試験の免除を受ける場合です。

 

代表的なのは、「中高の英語教員試験」

 

 

多くの都道府県では、TOEICスコアにより、

一次試験の専門教科の試験(英語筆記試験)免除となるんです!

 

 

実は、私自身、その免除試験を受験した経験があります。

私が受験した件の規定、要件はこちら。

 

英語有資格者特例

・中学校、高等学校又は特別試験学校(高等部)教員の「英語」に出願する者。

TOEIC900点以上取得

(平成30年4月1日以降に取得したスコアに限る)

 

提出書類

特例要件を証明する書類の写し(公開テスト公式認定証等)

( file:///C:/Users/yamasaki.M/Desktop/111956.pdf より一部抜粋)

 

他の校種、職種でも、似た規定がある場合もあります。

また都道府県によっても、大きく異なります。

 

公務員試験でTOEICスコアを使いたい方、要注意ですよ!

 

 

通訳案内士

翻訳, キーボード, インターネット, ボタン, 言語, 通訳, 翻訳, 翻訳

IPテストNGの就職試験2つ目は、「通訳案内士」

 

通訳案内士の試験でも、TOEICスコアによる試験免除システムがあるんです。

 

その概要はこちら。

 

TOEIC 免除対象者

・Listening & Reading Test 900 点以上

すべて公開テストに限る。

IPテスト(社内・学内で実施されている団体特別受験制度)は対象外

 

提出書類

公式認定証 (OFFICIAL SCORE CERTIFICATE)

( https://www.jnto.go.jp/jpn/projects/visitor_support/interpreter_guide_exams/operation_2020.pdfより一部抜粋)

 

 

いずれも、英語を専門とする職種。

 

そのような試験で免除を受ける場合、

IPテストではNGとなる可能性が高いということですね!

 

 

英語を専門とする職種を目指す方は、公開テストの方が無難かもしれません。

 

繰り返します!

「IPテストOKか」は、提出先に必ず確認しましょう!

 

 

IPテストスコアの記入方法

履歴書, インタビュー, 募集, 雇用, 再開, 仕事, アプリケーション

さあ、IPテストスコアOKだと分かれば、いよいよ履歴書登場!

 

さっそくスコアを記入していきましょう。

 

記入方法はこちら。

 

・記載箇所:「資格」・「免許・資格」

・記載方法

① ××××年××月 TOEIC IPテスト ○○○点取得

② ××××年××月 TOEIC Listening&Reading Test  ○○○点取得

 

 

このように、IPテストスコアの記入方法には、大きく2つあります。

どちらを採用しても構いません。

 

一般的には

「TOEICテスト=Listening&Reading Test」と認識されています。 

 

ですが、TOEICテストには、

「TOEIC Speaking&Writing Test」も存在します。

 

はっきりと区別するためには、②が良いですね。

 

IPテストスコアであると知らせておきたい場合は、①が良いでしょう。

 

あなたの好みや状況に合わせて、①②を選択しましょう!

 

 

ちなみに、

「TOEIC Speaking&Writing Test」のスコアも所持している場合。

 

上記①②のあとに、あわせて記入すればOKですよ。

 

 

履歴書に記入できるTOEICスコアは?

評価, 試験, 渡される, 一覧, 達成, 教育, 検討, 経過報告, ゴム印

さあ、履歴書の記入方法はバッチリですね!

とはいえ、TOEICスコアを書くだけでは、試験に合格できません。

 

記入するスコア自体が、アピールになるスコアか。

 

これが何より重要。

 

 

スコアを記入したせいで、逆に不利になってしまうことも…。

 

 

職種別、アピールとなるスコアの目安はこちら。

 

・英語を使わない職種

600点以上

 

・英語を使う職種

750点~860点

 

・英語を専門とする職種

900点以上

 

 

大まかですが、これが一般的な目安となっています。

 

履歴書に書くなら、最低でも600点から

 

600点以下のスコアを記入した場合。

英語力が低いアピールとなってしまうのですね。

 

記入方法とあわせて、必ず頭に入れておきましょうね。

 

 

まとめ

TOEIC IPテストスコアは、履歴書に書いてOK!

 

ただし、以下の試験ではNG!

・公務員試験(特に英語教員試験)

・通訳案内士

 

IPテストスコアの履歴書記入方法

・「資格」/「免許・資格」欄へ

① ××××年××月 TOEIC IPテスト ○○○点取得

② ××××年××月 TOEIC Listening&Reading Test ○○○点取得

※①・②より選択

 

 

アピールとなるTOEICスコア

⇒職種により異なる

※最低ラインは600点!
⇒ 600点以下では、不利になる可能性も…

 

メリットたくさんのIPテスト。

しっかり対策して、目標スコアを達成しましょう!

 

 

そして最後に、履歴書に正しく記入する。

これで、望む仕事GETは間違いなしですね。

 

TOEIC対策を始めたい方。

ぜひこちらを参考にしてくださいね。

TOEIC1ケ月前でも間に合うスコアUP法! 950点所持者が徹底解説!

2020.05.21

 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  


現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。  


 
 


書籍と同時に受け取れるメルマガでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  


最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です