音読でやばいくらい英語力は伸びるが回数かさねても◯◯がないと効果はゼロ?

reading

 

英語がぺらぺらな人が共通してやっていること、って何だと思いますか?

 

それは音読です。

 

ペラペラな人たちの間では、
音読は「神」と言われているほどです。

 

私はイギリスへ1年間留学していましたが、

 

ぶっちゃけ、留学より、音読していた方が、流暢な英語が話せるようになるのでは?

 

と、わりとガチで思っています。

 

というのも、私自身が「留学」よりも
「音読」での方が伸びたからです。

 

 

というわけで今回は
なぜ音読がそれほど神なのか?
どうすれば効果をだせるのか?

をご紹介します!

 

 

この記事は、
✕「テストで点数を上げたい人」向けではなく
◯「英語がペラペラになりたい人」向け
です。

 

最強といわれている音読ですが、
やり方を間違えると効果ないので

 

失敗しないための

  • 教材のえらびかた
  • 事前にかならず必要な知識
  • 音読しているときに意識すべきこと

もあわせてご紹介します。

 

最後に、
今のあなたに音読する準備が
整っているかどうか
をお伝えします。

 

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

なぜ音読が効果的なのか?

 

「英語の音読やろうかな?」と
考えてるあなたのために、

 

音読が効果的な理由

 

をまずはご紹介します。

 

 

結論からいうと、音読が効果的なのはネイティブのような英語に近づけるからです。

 

それによって外国人と話すときに、コミュニケーションがかなり楽になります。

 

どういうことか、説明しますね。

 

 

まず、外国人と話そうと思ったときに、
大抵みんなが経験すること。

 

それは、びっくりするほど自分の英語が伝わらない、ということなんです。

 

私もイギリスに来て、初めて外国人に話しかけたときに伝わらなかったですからね(笑)

 

「Where are you from?」

 

しかも、これほど簡単で、
文法が間違ってないはずの文です(笑)

 

でも、実は私の英語に問題がありました。

 

 

わたしの経験上、
英語が伝わらない最大の理由はこの3つ

  • 発音
  • リズム
  • イントネーション

 

カタカナ英語で話すと、相手からすれば「おかしな文字が混ざってる」のと同じなんです

 

例えば「love」の発音は「LAV」ですよね。

 

ところが、カタカナで発音すると
「ラブ(LABU)」になってしまいます。」

 

本来の発音 LAV
カタカナ英語 LABU

※発音記号が分からない方もいると思うので、わかりやすくローマ字で説明しています

 

「V」を「B」と発音したり、ないはずの「U」の発音したら、当然、相手はあなたがまさか「love」と言っているなんて思いもしないわけです。

 

 

また、英語では重要な単語は
「強く」「ゆっくり」発音
されます。

 

それによって、日本語にはない
独特のリズムが英語にはあるんです。

 

日本語のようにリズムが一定だと、
意味がつかみにくいんですよね。

 

 

ただし、逆にいえば「発音・リズム・イントネーション」を改善するだけで、あなたの英語は圧倒的に伝わりやすくなります。

 

もちろん始めから完璧にしなくても大丈夫。

 

発音が正確でなくとも、正しいリズムで話せば、相手の理解度は高まります。

 

一番問題なのは「発音・リズム・イントネーション」のひとつも出来ていないということです。

 

 

そこで、発音とリズムの矯正に役立つのが
今回のテーマである音読なのです。

 

ネイティブの声を聞きながら、音読をすると
こんなことに気づくことができます。

  • 大袈裟なくらい口を動かさないと、
    ネイティブのようには発音できない
  • 英語のリズムの特徴
  • 抑揚のつけ方

 

効果的な音読のやり方

毎日やることが結果につながる

 

音読は毎日コツコツやることこそが
英会話上達への近道です。

 

 

極端な話ですが

「週に1回を、7ヶ月間で、30回」
「毎日1回を、1ヶ月間で、30回」

どちらが英語力は伸びるでしょうか?

 

同じ30回でも、後者の「毎日1回を、1ヶ月で30回」の方が、何倍も効果が高いはずです。

 

 

というのも語学習得は、短い期間でにいかに

  • フレーズ
  • 単語

に出会えるかが鍵を握っているからです。

 

短期間のうちに出会えば出会うほど、
脳はそれを「重要なこと」だと認識します。

 

そして、それを「すぐに情報を取り出しやすい状態」にしますし、忘れにくくさせます。

 

ですから、たまにやるよりも、毎日コツコツやる方が、圧倒的に楽で効果的なのです。

 

1日の音読回数や時間について

 

音読回数は、1日10回を目安にすると
良いと言われています。

 

が!ストイックな人は別として、
たいていの人は途中で挫折します。

 

しかし、やはり毎日音読することが重要です。

 

なので、慣れてない最初のうちから1日10回と決めてしまわず、1日にやる時間を決めて毎日必ずやることをおすすめしています。

 

時間は、1日最低30分 です。

 

ちなみに、私はこれで
2ヶ月間つづけることができました!

 

あなたに合ったルール作り探りながら
やってみてくださいね。

 

 

具体的な音読方法

 

音読ときくと「声に出して英文を読むだけ」
というイメージがあるかもしれません。

 

しかし、それだけだと「英会話上達」には
ほとんど効果はありません。

 

音読というのは「自分の英語」と「ネイティブの英語」の差を埋める作業です。

 

 

よって音読における一番重要なポイントは
ネイティブの声を聴きながら
音読すること
です。

 

そして

  • 発音
  • リズム
  • アクセント

を意識してみましょう。

 

できるだけ英語音声を
真似ることが大切です。

 

それでは、ネイティブの英語音声を使った
音読手法2つをご紹介します。

 

 

手法①シャドーイング

 

まずひとつめは英会話上達への王道
シャドーイングです。

 

シャドーイングは、その名のとおり「シャドウ(影)」になってネイティブの声を追いかけ音読する手法です。

 

なにも読まずに
聞き取った英語音声を
少し遅らせながら発します

 

それを、1つのスクリプトにつき
10回はくり返し行いましょう。

 

※シャドーイングをもっと詳しく知りたい方は後でよんでみてください

シャドーイングで口が回らない!そんな悩みを今すぐ解決できる方法

2020.01.21

 

 

手法②オーバーラッピング

 

2つめの英会話上達への王道は
オーバーラッピングです。

 

英文を読まず、聞こえてきた英語音声にすこし遅らせて発するのが「シャドーイング」でしたよね。

 

一方で「オーバーラッピング」は

英文を見ながら
音声に合わせて
同時に音読します

 

それを、ひとつのスクリプトにつき、
10回はくり返し行いましょう。

 

教材の選び方のポイント

book store

 

まちがった教材をえらぶと、
効果が薄れる可能性があります

 

教材を選ぶときの
「絶対に守るべきポイント」
はたったの3つです。

 

この2つをおさえて選んでみてくださいね。

 

ポイント1|レベル

 

1つめのポイントは、今より少しレベルの高い教材を選ぶことです。

 

目安として、7割以上理解できる英語長文であればOKです。

 

あまりにも自分のレベルよりも
むずかしすぎると効果が期待できません。

 

自分がどれくらい理解できるのか、
確認してから使ってみてくださいね。

 

※なぜ自分のレベルに合わせなければいけないのか、詳しくは最後に説明します。

 

 

ポイント2|音声つき

 

2つめのポイントは、
英語音声つきの教材を選ぶこと
です

 

音読の目的は「ネイティブの英語」と
「自分の英語」の差をうめることだと
説明しました。

 

「ネイティブの英語」を聞かずして、
差を埋めることはできないですよね。

 

ですから必ず英語音声つきのものを選んでくださいね。

 

ポイント3|日本語がまざっていない

 

教材の中には、

 

「英語→日本語→英語→日本語」

 

このように英語と日本語の音声が交互に流れるものがありますが、日本語音声がはいったものは絶対につかわないでください

 

 

実は、音読には「英語脳」になれる
というもう1つのメリットがあるんです。

 

英語脳は、英語を聞いたときに、日本語に訳さず、英語を英語のままに理解できる脳のこと。

 

日本語がはいってくると、せっかく英語脳になろうとしているのに、邪魔をされます。

 

ですから必ず「日本語がはいっていない教材」を選んでくださいね。

 

効果がでるまでの期間

 

あなたが気にしている最大のポイントは
「どれくらい続けたら効果が出るのか」
ですよね。

 

これは正直にいってしまうと
あなたのレベルによります。

 

でも、ひとつ言い切れることは、

 

正しい方法で1ヶ月間まいにち続ければ
どのレベルにいる人でも必ず効果はでる

 

ということです。

 

 

1ヶ月やってみて効果がなければ、やり方を見直しする必要があるかもしれません。

 

以下の2つのポイントを確認してくださいね

  • 教材のレベルが自分に合っているか
  • 発音、リズムは意識できているか

 

音読は「最後のブラッシュアップ」ということを忘れてはいけない

 

最後に、音読に挑戦するうえで、
とても大切なことをお話します。

 

それは、基礎がない状態でやると
必ず失敗するということです。

 

あなたが理解できないことを
聞いて、音読するとどうなるか。

 

「やった気」になって、じつは上達していないという「もったいない状況」になります。

 

 

理由はシンプルです。

 

それは音読というのは「最後に味を整える」ためのものだからです。

 

中学英語という「土台」なしに
音読という「調整」をするというのは

 

お米がないのに、味付けして、チャーハンを
作ろうとしているのと同じです。

 

 

英語文法・基礎単語を知らずして、
音読しても意味がありません。

 

意味が分からないことを、くりかえし読んでも、何も頭に入ってきません。

 

残念ながら英語が話せるようにもなりません。

 

 

「じゃあ、どのレベルの英語力があれば
音読を始めていいの?」

 

と疑問に思うと思います。

 

その基礎がどのレベルかというと
中学英語9割理解できる
くらいのレベルです。

 

まだ、このレベルに達していないかもしれないと思ったら、まずは中学英語という「基礎」からはじめてみてくださいね。

中学英語をやり直したい大人のあなたへ。いま勉強しないと後悔する話

2020.02.10

 

まとめ

 

この記事のポイント

  • 1日30分を1ヶ月間つづけると
    効果を感じられる
  • 発音・リズムを完コピすることで、ネイティブの英語と自分の英語の差を埋められる
  • シャドーイングとオーバーラッピング
    という手法を使う
  • 教材を選ぶポイント3つ
    • すこし難しいと感じるレベル
    • ネイティブ音声付き
    • 日本語なし
  • 音読は「中学英語レベル」になってから

 

 

ちなみに、今回紹介したシャドーイングとオーバーラッピングは、実はスピーキングだけでなく、リスニングにも効果があります。

 

1ヶ月後、どれくらいスピーキングとリスニング力が上がっているか、楽しみですね!

 

自分の合ったルールで、今日からコツコツとがんばってみてくださいね!

 

 

また、私たちは英語の勉強をがんばるあなたを応援しています。

 

以下の記事で現役東大生が考える

どうすれば英語のモチベーションを
維持できるのか?

についてご紹介しています。

 

まずは、方法論よりも大切な「考え方」について、ぜひご一読くださいね。

英語学習のモチベーションが続かない人が必読するべき記事

2020.03.01

 

 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  


現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。  


 
 


書籍と同時に受け取れるメルマガでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  


最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です