How are you?にネイティブはこう答える!すぐに使える気分別フレーズ集

hello-greeting

 

そろそろ「I’m fine. Thank you.」以外の
フレーズを使ってみたい!

 

いつも「How are you?」と聞かれた時に、
同じように答えていてなんとなく嫌だ!

 

って方のためにネイティブが使う
気分別のフレーズ
をこの記事でご紹介します!

 

 

私自身もイギリスに着いて1週間くらい経ったころに「毎回おなじように答えるのってなんかなあ・・」と思っていました。

 

毎日おなじように答えても別にいいけど、
なんか気持ち悪いんですよね。

 

だから皆「どんな返事をしてんだろ」って
常にアンテナ立ててた時期もありました。

 

そしたらフレーズを覚えてく中で
「あること」に気がついたんです!

 

それは「How are you?」の返事が必ずしも「元気かどうか」の答えでなくても良いということ。

 

これはね、まあ衝撃的でした(笑)

 

というわけで、

  • 「How are you」の本来の役割
  • 「I’m fine. Thank you.」は使わないのか

についても話していきます!

 

これでもう迷うことなく返事ができるようになるので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

気分別How are you?の返事リスト

hello

 

いまどき学校で習った「I’m fine thank you.」なんて言わないよ!というのは徐々に知られてきていますね!

 

そこででてくる疑問といえば「じゃあどう返事したらいいの?」という疑問ですよね。

 

いろんな言い方がありますが、ネイティブがよく使う絶対間違いないフレーズを用意しました!

 

気分別にリストにしたので
ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

普通なときの返事

I’m okay.
まあまあだよ

Not bad.
悪くないかな

All right.
まずまずかな

Nothing much.
特になんもないよ

Nothing special.
特になんもないよ

 

上の3つはどれも同じような意味ですが
下の2つは「特に変わりはない」という
意味です。

 

ようは「平凡だよ」ということですね!

 

 

ちなみに元気度が「ふつう」であっても初対面の人には「元気です」というのが一般的です。

 

私はイギリスに住んでいた時は

  • 関係が浅いひとには「I’m good.」
  • 仲良しの友達には「Nothing special.」

と伝えることが多かったです!

 

元気なときの返事

I’m pretty well.
わりと調子いいよ

I’m pretty good.
わりと元気だよ。

I’m doing well.
順調だよ

I’m doing good.
うまくやってるよ

I’m good.
元気だよ

I’m great.
元気だよ

Excellent.
調子いいよ

 

これら7つのフレーズが
一番よく使われるフレーズです。

 

英語圏では初対面でも
「How are you?」と聞かれます。

 

たとえば、レジのお姉さんにも言われます。

 

ひとつ前でも言いましたが、仮にあなたが元気でなくとも、初対面のひとには「元気だよ」と伝えるかと思います。

 

だからまずはこの中の1つだけでも
確実におぼえて使ってみましょう!

 

 

ちなみに感覚としては、
この7つのフレーズに大差はありません。

 

でも「微妙な違い」も気になる方もいると思うので、元気度順に単語を並べてみます。

 

good < great < excellent

 

微妙な違いを表現したいときは
これを参考にしてみてくださいね。

 

 

また、すでに知っている方もいるとは思いますが、もうひとつ補足しておきます。

 

pretty well とか pretty good は決して
「かわいい」と言いたいのではなく

  • わりと
  • まあまあ
  • そこそこ

というニュアンスを加えたいときに使います。

 

prettyをつけるだけで、ネイティブ感を出せるのでけっこうオススメです!

 

絶好調のときの返事

I’m so good.
めっちゃ元気だよ。

I’m super.
スーパー元気だよ。

 

どシンプルですが「絶好調」と伝えるときは
「so」をつけるだけでもOKです!

 

また日本語でもよく使われる「スーパー」はひとことで「絶好調」を表現できるので私はよく使っています。

 

あとは「絶好調」と伝えるときに、
意識すべきことといえばコレ。

 

絶好調と伝えれば
「なにがあったの?」と聞かれるはずなので
「絶好調の理由」も用意しておくと◎です!

 

たとえば、

I’m super because I passed the exam!!
(超元気だよ!試験に受かったからね!!)

こんな感じです!

 


調子が良くないときの返事

Not so good.
そんなに良くもないかな

I don’t feel well.
調子よくないんだよね

I’m tired.
疲れてるかな

I’m exhausted.
くたくただよ

I’m dying.
死にそうだよ

 

気分が良くないと伝える時には、理由をつづけて伝えるとコミュ力が上がります。

 

これはひとつ前の「絶好調」と同じですね!

 

たとえば、

I’m dying. I just broke up with my girlfriend yesterday.
(死にそう。きのう彼女と別れたわ。)

こんな感じ。

 

I’m dying.なんて言ったら、必ず「What’s wrong?(どうしたの?)」と聞かれます。

 

相手を心配させないよう、先に理由を伝えると良いコミュニケーションが取れそうです!

 

 

以上「How are you?」の返事の紹介でした!

 

メモやブックマークをして、様々なパターンの返事をマスターしてみてくださいね。

「How are you?」の役割は”あいさつ”だった

greeting

 

「How are you?」というのは「相手が元気かどうか確かめるための表現」とイコールではないってこと知ってますか?

 

実際の「How are you?」の役割は
「Hello」のような “あいさつ” に近いです。

 

というと語弊があるかもしれないので
どういうことかゆっくり説明しますね!

 

 

冒頭でも言いましたが、私はイギリスで「How are youの返事の仕方」に耳を傾けていました。

 

その時の話なんですが、店員さんがお客さんに「元気かどうか」を聞くことに違和感をおぼえたんです。

 

初対面なのに「なんで聞くんだろう」って。

 

でもよく聞いてると、前のお客さんが
「How are you」の返事をせず
「Hi」とだけ返してる
んです。

 

私は「元気かどうか聞いてくれてるのに、なんであの人答えないんだろ」なんて思ったんですが(笑)

 

同じように返事をしない人がけっこう多くて。

 

それで、だんだんと「How are you?」の
本来の役割が見えてきました。

 

単純に挨拶の一部なのねと。

 

あ〜だから初対面の人にも「How are you?」って聞くのねって妙に納得しました。

 

 

ちなみに「How are you?」を「Hi」で返す人だけでなく「How are you?」で返す人もいます。

 

ここまでくるともはや意味分かんない(笑)

 

 

もし「How are you?」が直訳通り「元気かどうかを知るための質問」だとすると、以下のように「How are you?」で返ってくることはないですよね。

 

あなた:How are you? (元気?)
相手 :Hi. How are you? (元気?)

 

だから直訳はともかく、実際の感覚としては

あなた:How are you? (やほー)
相手 :Hi. How are you? (やっほー)

くらいな感覚なはずなんです。

 

「自分が元気かどうかなんて、
大真面目に返事しなくてもよかったんだ!」

 

って途中で気づいて、
すっごい挨拶が楽になりました(笑)

 

「I’m fine, thank you.」って使われているの?

hey

 

教科書に書いてある表現は、実際には現地で使われないことが多々あります。

 

その代表がこの「I’m fine. Thank you.」

 

使っちゃいけないのか?と言われると、そういうわけではないし、ちゃんと意味は通じるし、文法的にも◎です。

 

でも「生きた英語」とは言いがたい・・

 

もちろん昔はよく使われていたそうです。

 

でも言語というのは時代とともに変わっていくものなんですよね。

 

私は外語大卒なのですが、
大学でそう習いました。

 

感覚でいうと

  • おかたい
  • 時代遅れ

といったところでしょうか。

 

「ファッション」だけでなく、
「言葉」も時代についていきたい方は
イマドキの返事をしましょう!!

 

まとめ

hi

この記事のポイント

  • 元気かどうかの返事をしない人もいる
  • How are youをHello.で返しても◎
  • How are youをHow are you.で返しても◎

 

 

How are you?をHow are you?で返すなんてって驚かれた方も多いと思います。

 

でも「How are you?」は「Hello.」おなじような意味の挨拶だと思えば、納得ですよね!

 

頻繁に会うひとに元気?という文化がない日本からすれば、ちょっと違和感があるかもしれませんが、とっても大事なあいさつのひとつなのです!

 

これで、ひとつネイティブに近づきましたね。

 

ぜひいろんなパターンの返事にトライしてみてくださいね!

 

 

そして、このサイトは英語の勉強をがんばるあなたを応援しています。

 

以下の記事でサイトオーナーの現役東大生
「英語学習のコツ」を紹介しています。

 

これを知るだけで「勉強の効率」があがるので、こちらも参考にしてみてくださいね。

「英単語の成り立ち」を理解するだけで単語が10倍覚えやすくなる

2020.02.26
 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  


現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。  


 
 


書籍と同時に受け取れるメルマガでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  


最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です