TOEICリーディングの時間配分は知っておかないと損します!

TOEIC、最後まで解ききれていますか?

 

解ききれないという方は、
時間配分と解き方を変えれば得点アップできますよ!

 

私も、初めてTOEICを受けたときは、
最後まで解ききる時間がなくて結構、
落ち込んでしまったのですが、
今からお伝えする時間配分と
解き方のコツで1年後には、
めでたく100点以上スコアアップすることが
できました!

 

あなたも、ぜひこの記事を参考にして
とれる得点は逃さずとれるようになりましょう!

 

TOEICリーディングパートの構成

リーディングは
Part5:短文穴埋め問題、
Part6:長文穴埋め問題、
Part7:長文読解問題
3パートに分かれています。

 

合計100問で、リーディングにかけられる時間は75分です。

 

 

TOEICは、850点以上の英語力の人が
時間配分を気にせずに1問ずつ解くと
最後まで回答できるようなレベルになっています。

 

そのため、初級~中級者の人が
解き方のコツや時間配分を気にせずに解いてしまうと、
最後のPart7の部分で時間がなくなってしまいます

 

 

リーディングのベストな時間配分とは?

リーディングのベストな時間配分は
Part5を10分
Part6を10分
Part7を55分
です!

 

リスニングが終わったらすぐに、
問題用紙の空いているところに
各パートを何時までに解くか、メモしておきましょう。

 

メモしておけば、時間を気にしすぎて集中力が切れることもありません。

 

ぜひ、やってみてくださいね。

 

 

リーディング問題の解き順2パターン

時間配分ともうひとつ重要なのは、
解く順番です。

 

解き順は、あなたのタイプ別に2パターンあります。

 

タイプ①現在、スコアが500点未満の人

 

あなたはPart5,6でしっかり得点をとることに集中しましょう。

 

Part5 → Part6 → Part7
と、順番どおりに解いていってOKです。

 

 

タイプ②現在、スコアが500点以上の人

 

このタイプの方は、
Part7に時間をつかえたら、正解できる場合が多いです。

 

そのため、解く順番は
Part7の2~3文章の問題

Part7の1文章の問題

Part5

Part6
が良いです。

 

 

リーディングの解き方のコツ

リーディング問題を解く際に大切なのは
解ける問題と解けるかあやしい問題を区別していくことです。

解けるかあやしいと判断した問題は
いさぎよく捨てましょう。

 

 

もし、捨てる場合でも回答欄は空けずに
当たりそうな選択肢を塗っておくことで、
得点アップの可能性を上げることができます。

 

 

また時間が足りなくなって、
最後に塗るだけになるよりも
確実に解ける問題に時間を割くほうが
得点につながります。

 

そのため、先ほど紹介した時間配分を意識して回答しましょう。

 

 

また各パートのDirectionsは読まなくて大丈夫です。

 

その分、過去問などで問題形式にしっかり慣れておきましょう。

 

そうすればテスト本番にすぐ、問題の形式に対応できるようになりますよ。

 

 

Part5の頻出問題4タイプ

Part5の問題には、頻出の問題タイプが4つあります。

 

1つずつ解き方のコツを、例題で解説していきます。

 

例題の引用元:TOEIC® Listening & Reading Testサンプル問題

 

 

①単語の意味を知っていれば解けるタイプ

 

例題)All clothing sold in Develyn’s Boutique is made from natural materials and contains no _____ dyes.

A) immediate
B) synthetic
C) reasonable
D) assumed

 

この問題は選択肢がすべて形容詞になっています。

 

形容詞は、その単語の意味を知らなければ正解がわかりません。

 

このような、
単語を知らないと解けない問題は
時間をかけて考えても
得点につながりません。

 

そのため、選択肢のうち2つ以上が知らない単語の場合は、捨ててしまいましょう。

 

今回の正解はBです。

 

 

ちなみに例題の意味が気になる方は、辞書で調べてみてくださいね。

 

自分で調べると、手を動かした分、覚えやすくなりますよ。

 

 

単語を早く覚えたい!という方は、こちらの記事もぜひ!

TOEICスコアアップに特化した単語勉強法! スコア300から900まで伸ばした経験者が語る単語マスター方法

 

 

②品詞のかたちを正しく選ぶタイプ

 

例題)Gyeon Corporation’s continuing education policy states that _______learning new skills enhances creativity and focus.

A) regular
B) regularity
C) regulate
D) regularly

 

この問題は選択肢がすべて「regular」の品詞が違うバージョンになっています。

 

こういった場合は、空欄の直前か直後を見てみましょう。

 

空欄の直後に「learning」があるので、これを修飾していることがわかりますね。

 

「learning」は動詞にingがついたものです。

 

動詞を修飾するものは副詞ですね。

 

つまり、空欄に入るのは副詞になります。

 

今回の正解はDです。

 

副詞は語尾にlyがつくものが多いので、選択肢の単語を知らなくても、
当てることができますよ。

 

 

③動詞のかたちを選ぶタイプ

 

例題)Customer reviews indicate that many modern mobile devices are often unnecessarily ___.

A) complication
B) complicates
C) complicate
D) complicated

 

この問題の選択肢はすべて動詞
「complicate」の変形バージョンになっています。

 

動詞の変形バージョンのときは、文全体の構造をつかみましょう。

 

この文では、「that」の前と後で2つ文ができます。

 

空欄のある、後半に注目しましょう。

 

すると
主語は「(modern mobile) devices」、
動詞は「are」
になっていますね。

 

動詞がbe動詞なので、空欄には名詞か形容詞がくるとわかりますね。

 

そして空欄の直前には「unnecessarily」という副詞があります。

 

副詞は形容詞か動詞の前につくので、
空欄は形容詞と判断できますね。

 

形容詞は動詞の過去形と同じかたちをしているものもあります。

 

今回は、Dが正解となります。

 

形容詞には、語尾がful, less, ous, ly など様々なかたちがあるので、
頻出の形容詞は、暗記してしまったほうが速いです。

 

 

④正しい接続詞を選ぶタイプ

 

例題)Jamal Nawzad has received top performance reviews ______ he joined the sales department two years ago.

A) despite
B) except
C) since
D) during

 

この問題は、選択肢がすべて接続詞で、
前の文と後ろの文をつないでいます。

 

前後の文のだいたいの意味をみて、
どうつながると正しいか考えてみましょう。

 

今回は、
「ジャマルさんが良い評価をもらい続けている」
「2年前に彼がセールス部門に入った」
の2つをつなげます。

 

セールス部門に入って「から」いい評価をもらい続けている
とつなげると自然ですよね。

 

すると「~してから~」という意味で使える、Cが正解となります。

 

 

Part6の解き方

文章挿入問題は時間がかかるので
初級・中級者は捨ててしまいましょう。

 

 

そしてPart5,6をあわせて最大でも25分間で解くようにします。

 

 

Part5,6では終わらせることを優先して、
少しでも時間のかかる問題はとばしましょう。

 

Part7にしっかり時間を確保することで、
効率的に得点アップにつながります。

 

 

Part7の解き方

設問と本文の順番は8割ほど一致するといわれています。

 

そのため、
まずは初めの問いには最初の段落を見る、
というように順番にそって文章をチェックしましょう。

 

その後、内容が合わないようであれば、
正解のあたりをつけて塗っておくか
回答を後回しにしましょう。

 

 

初心者はシングルパッセージを中心に解きましょう。

 

これは、文章が多くなるほどリーディング能力が必要になり、正解しづらくなるからです。

 

 

ダブルパッセージ・トリプルパッセージの語彙問題は単語を知っているかどうか、
判断するだけで回答できるので時間がかかりません

 

優先して先に解いておくと、得点の取りこぼしがないでしょう。

 

 

シングルパッセージ

この問題は1つの文章をよんで2~5の設問に答える形式で
10セットの文章、29問出題されます。

 

25分以内で解きましょう。

 

 

また、Not問題と文章挿入問題は初級・中級者は捨てていいです。

 

答えになりそうな文章にあたりをつける → 回答できそうか判断する
この流れをできるだけ早くこなせるように、意識することが肝心です。

 

 

ダブルパッセージ

この問題では2つの文章を参照する問題も出題され、2セット10問あります。

 

10分間で解くようにしましょう。

 

 

トリプルパッセージ

この問題では3つの文章を参照する問題が出題され、
3セット15問、出されます。

 

20分間で解きましょう。

 

 

まとめ

  • リーディングの時間配分は
    Part5を10分
    Part6を10分
    Part7を55分

 

  • Part7のうち
    シングルパッセージ問題に25分
    ダブルパッセージ問題に 10分
    トリプルパッセージ問題に20分

 

  • 解く順番は
    現在500点未満:
    Part5→ Part6→ Part7

    現在500点以上:
    Part7→ Part5→ Part6 

 

  • Part5で頻出の問題は
    ①単語の意味が分かれば解けるタイプ
    ②品詞のかたちを正しく選ぶタイプ
    ③動詞のかたちを選ぶタイプ
    ④正しい接続詞を選ぶタイプ

 

  • Part7は問いの順番に文章をみていく

 

 

最後に

TOEICは時間に余裕がなくなるようにできているので、

この記事でお伝えしたコツを活用して

どうか焦らずに解いていってくださいね!

 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  


現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。  


 
 


書籍と同時に受け取れるメルマガでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  


最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です