『ローマの休日』で英語学習? 名場面から学べる日常会話表現はこれ!

突然ですが…

映画ローマの休日はご存じですか?

 

言わずと知れた、オードリー・ヘップバーンの初主演作

 

オードリー・ヘプバーンの美しさが凝縮されています。

見るだけでも、女子力が上がる映画です。

 

ですが、この映画。

女子力だけではなく、英語力UPにも効果的って知っていましたか?

 

とくに、リスニング力に自信がない人にオススメなんです!

 

 

こんな悩みはありませんか?

 

「教科書や参考書で勉強してるのに、ネイティブとの会話はうまくいかない。」

「英語教材のリスニングできるのに、実際のネイティブの発言は聞き取れない。」

 

その悩み、すごくわかります。

 

現在、アメリカで暮らしている私。

渡米してきたばかりの頃は、ネイティブとの会話で苦労した一人です。

 

TOEICでは900点近くとれているのに、会話となると足も手もでない・・。

 

この原因は

「ネイティブの会話表現に慣れていないこと」

なんです。

 

 

手っ取り早い解決方法は、

英語の映画を見まくって実践英語に慣れる!

 

 

そこでオススメなのが、このローマの休日』。

特に、初心者におすすめです!

 

 

そこで今回、この『ローマの休日』に関して

  • 初心者の英語学習にオススメな理由

  • 映画の名場面から学べる日常会話表現

 

を解説していきますよ。

 

 

オードリー・ヘップバーンの魅力に酔いしれながら、

英語力もがっつり上げていきましょう!

 

 

『ローマの休日』のおさらい

オードリー ・ ヘップバーン, ハーコート ・ ウィリアムズ, 女優, 俳優, シーン, ローマの休日, 映画

英語の勉強に入る前に、『ローマの休日』がどんな映画かおさらいしましょう!

 

 

ストーリー

ヨーロッパ最古の王室の王位継承者、アン王女(オードリー・ヘプバーン)。

欧州親善旅行で、ヨーロッパの各地を訪れていました。

 

ローマ滞在中、過密なスケジュールと自由のない生活の王女アン。

ストレスにより、ヒステリーを起こしてしまします。

 

ある夜、こっそりと宮殿を抜け出し、ローマの街へ。

 

そこで、

アメリカ人新聞記者のジョー・ブラドリー(グレゴリー・ペック)と出会います。

 

特ダネを狙っていたジョー。

アン王女に、1日ローマ案内を申し出ます。

 

ローマを巡りながら、二人はだんだん惹かれあっていきますが・・。

 

そんなふたりの淡い恋愛を描いた名作です。

詳細はこちらで!

 

 

映画の見どころ

『ローマの休日』は、映画の内容以外にも見どころがたくさん。

 

美男美女のキャスト

(出典: https://www.cinematoday.jp/page/A0006702)

 

主役のアン王女には、オードリー・ヘップバーン

ジョーには、グレゴリー・ペック

 

この美男美女のキャスティング。

当時、大きな話題となりました。

 

ここまで美男美女のカップルって、現実にはいないかも!ですよね。

 

 

ヘップバーンカット

日本で『ローマの休日』が公開された年。

女性の間で大流行したものが、こちら。

 

アン王女のショートカットの髪型です。

その名も『ヘップバーンカット』

(出典https://history-of-hair.blogspot.com/2017/02/1950.html)

このショートカット。

 

実は、

しがらみから解き放たれた自由の象徴なんです!

 

このショートカット姿、本当にかわいいですよね。

ぜひ、映画の中でもチェックしてみてください。

 

 

ローマの名所

映画の随所で、ローマの有名な観光地が出てきます。

 

中でも有名なのは

  • パンテオン

 

  • スペイン階段

 

  • トレビの泉

 

  • 真実の口

 

などなど。

 

映画を楽しみながら、ローマの名所もめぐってみましょう。

ローマに行った気分になれるはずですよ!

 

 

『ローマの休日』で実践英語を学ぼう

さあ、ここからは実践英語の勉強です!

 

 

『ローマの休日』がオススメの理由

美しい王室英語

『ローマの休日』で、アン王女が話す英語。

イギリス王室の英語で、とても気品があります。

 

普段、アメリカでスラングまみれの環境にいる私。

すごく新鮮に聞こえます。

 

しかも、丁寧な言い回しが満載!

この英語をマスターすれば、英会話に役立つこと問題なしです!

 

ちなみに、

ジョー英語は、アメリカ英語

ジョーの話す英語と比較してみるのもオススメ!

 

イギリス英語とアメリカ英語の違いを味わえる貴重な機会ですよ!

 

 

  • スラングが少ない

さきほどお話ししたように、

『ローマの休日』には、スラング表現は出てきません

 

英語教材にあるような模範的な英語表現ばかり!

 

ですから、

とくに初心者に、学習教材としてオススメです!

 

 

  • ゆっくりしたスピード

『ローマの休日』中の英語のセリフ。

 

ほかの映画より、比較的ゆっくり話されています。

 

これまで、ほかの映画で

「英語が速すぎて聞き取れない」

と挫折した方!

 

この『ローマの休日』を試してみましょう!

 

この映画なら、聞き取れる可能性が高いですよ。

 

さらに、短いセリフが多い!

 

これもまた、初心者オススメの理由なんです。

 

・英語学習初心者

・リスニングが苦手な方

この『ローマの休日』なら、リスニングの楽しさを感じられますよ!

 

 

『ローマの休日』のセリフで英語を学ぼう!

お待たせしました!

 

映画の名場面から、日常会話で使える表現を解説します!

 

その名場面とは、こちら!

(1:50)あたりの会話から。

 

ジョーの家に泊まったアン王女。

 

翌日、一人でヘアカットに行ったり、ジェラートを食べたり。

アン王女は、ローマを満喫します。

 

そんな時、偶然の再会を装ったジョーと再会します。

 

 

「そろそろ帰らないといけないから、タクシーを呼ばないと」

というアン王女。

 

その時のふたりの会話がこちら。

 

ジョー:
Well, look: before you do, why don’t you take a little time for yourself?
ねえ、それをする(タクシーを呼ぶ)前に、もう少し自分の時間を過ごしてみたら?

アン王女 :
It may be another hour.
1時間くらいなら。

ジョー:
Live dangerously! Take the whole day!
もっと刺激的に生きようよ! 一日とってしまえばいい!

アン王女:
I could do some of the things I’ve always wanted to.
私がいつもやりたかったことができそうね。

ジョー:
Like what?
どんなこと?

アン王女:
Oh, you can’t imagine… I’d, I’d like to do just whatever I’d like, the whole day long!
あなたには想像もつかないでしょうね。私がやりたいことを一日中やってみたい!

ジョー:
You mean, things like having your hair cut? Eating gelato?
髪の毛を切ったり、ジェラートを食べたりってこと?

アン王女:
Yes, and I’d like to sit at a sidewalk cafe, and look in shop windows, walk in the rain, have fun, and maybe some excitement. It doesn’t seem much to you, does it?
そう!道端のカフェで座ったり、お店のウィンドウを眺めたり、雨の中を歩いたり、楽しいことや、興奮することをしてみたい!これってあなたにとってはたわいもないことだよね?

ジョー:
It’s great. Tell you what: why don’t we do all those things-together.
それはいいね!ねえ、君がやってみたいこと全部、一緒にやらない?

アン王女:
But don’t you have to work?
でも仕事しないとでしょ?

ジョー:
Work? No! Today’s gonna be a holiday.
仕事? いいや、今日はお休みだよ。

  • well, look ねえ、きいて。

→相手に何かを話しかけるときの表現
※「見て」より「よく集中して」というニュアンス

例)

Look. I’m going to tell you something important.
ねえ、大事な話をするよ。

 

 

  • Live dangerously! もっと刺激的に生きよう!

→「もっとリスクをとっていこうよ!」という表現

 

ユーモアを持たせて、

「少しだけ冒険してみよう」というニュアンスで使います。

 

ちなみに、

この語源は、ニーチェの名言からだとか。

 

 

  • Like what?   例えばどんな?/何?

 

日常会話では、本当によく出てくる表現!

相手が言ったことに対して,具体的例を出してほしい時に使います。

 

例)
A: I wanna do something exciting next weekend.
(次の週末には、何か興奮することがしたいなあ。)

B: Like what?
(例えばどんな?)

A: I think you should eat healthier meal, not junk foods.
(あなたは、ジャンクフードじゃなくて、もっと健康的なご飯を食べた方がいいと思う。)

B: Like what?
(例えばどんな?)

 

 

  • I’d like (to ~) ~したいな

I would like to ~の省略形

 

この助動詞would。

まだ現実に起きていない願望を表現します。

 

例)
I’d like to eat a whole cake by myself!
ケーキを一人で丸ごと一つ食べてみたい。

 

 

  • You mean ~ つまり~ということ? 

 

この表現も、日常会話によく出てきます。

相手が言いたいことを確認するときに、使います。

 

例)
You mean she hates me because I told her something rude?
(つまり、僕が彼女に失礼なことを言ったから、彼女は僕のことが嫌いだって言いたいの?)

 

 

  • Tell you what ねえ、ちょっと話をきいて

 

話の始まりで、

「これから大事なことを話す/提案するよ」

という前置きとして使います。

 

ここでは、

「これから君のやりたいことを全部やろう!」

という大事な提案をする前置き。

 

この表現を知っていれば、

気合を入れているジョーの心を感じ取れますね。

 

 

  • why don’t we ~? ~しませんか?

=shall we ~? 一緒に~しませんか?」

 

お誘いや提案をするときに使います。

 

ちなみに、

似た表現の Why don’t you ~? 。

「~してみては?」という提案の表現になります。

 

違いに注意しましょう。

 

 

いかがですか?

このたった一場面だけでも、日常会話に使える表現がぎっしりですよね!

 

そこまで速くないので、聞きやすいですよね。

他の場面も、ぜひチェックしてみてください。

 

 

まとめ

『ローマの休日』から学ぶ日常会話。

いかがでしたか?

 

この記事のまとめです。

 

  • 『ローマの休日』は言わずと知れた、オードリー・ヘップバーンの主演初作品。
  • オードリー・ヘップバーンの魅力に酔いしれながら英語も勉強できてしまう
  • 王位継承者のアン王女と新聞記者ジョーの恋物語
  • ストーリー以外でも見どころがたくさん
  • 『ローマの休日』の英語は、品があり、速すぎず、聞き取りやすい
  • 有名な一場面だけでも日常会話で使える表現が満載

 

 

アン王女もジョーも、しゃべっている英語がとてもきれい。

これなら、英会話初心者でも理解しやすいですね!

 

さあ、さっそく次の場面もチェックですよ!

たくさん学べること間違いなしです!

 

映画で英語を勉強したい人はこちらも!

「パイレーツオブカリビアン」で英語学習‼ネイティブに近づけるフレーズ3つご紹介‼

2020.08.13

「プラダを着た悪魔」から学ぶ英語フレーズ4つご紹介‼

2020.08.02
 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  


現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。  


 
 


書籍と同時に受け取れるメルマガでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  


最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です