「would you」と 「could you」の違いは実はシンプル!使い分けのポイントはコレ

 

「Would you」と「Could you」の意味って
まったく同じ気がするけど何かちがうの?

 

と疑問に思っている、そこのあなた!

 

わかります、こういうのって、
地味にややこしいんですよね〜

 

でも!実はちゃんと
明確な違いはあります

 

 

たしかに意味は同じ。

 

だけど裏の意味には差があるんです

 

 

というわけで英語圏に留学していた私が
Could youとWould youの違いを超ドシンプルに説明します!

 

これを読めば、モヤモヤしているあなたの頭がスッキリするのでぜひ最後まで読んでみてくださいね!

 

そもそも Would you〜? Could you〜?の意味ってなに?

 

既に知っている方も多いと思いますが、
改めて意味をチェックしてみましょう!

 

 

どちらもメインとなる意味は

Would you 〜?
Could you 〜?
〜して頂けませんか?

でしたよね!

 

 

そう誰かに依頼をする時
に使える便利なフレーズ
なんです。

 

 

「could」は「can」の過去形で
「would」は「will」の過去形なんですが

 

大前提、これらは過去形だからといって
過去の話をしているわけではないですよね!

 

丁寧に言いたいから過去形にしていますね

 

 

でもなんで過去形にすると丁寧になるの?と気になる方もいると思うので補足しておくと

 

これは日本語でも同じなんですが、直接的な表現を避けることで丁寧に伝えることができるんです。

 

実はそれだけでなく過去形にすることで
選択権はあなたにありますよ〜
と感じさせられる文にもなります!

 

 

理解を深めるために、むりやり日本語で
「違い」を説明してみるとこうなります。

 

過去形を使わない場合

Can you help me?
Will you help me?
→「手伝ってくれませんか?」

 

過去形を使う場合

Could you help me?
Would you help me?
→「手伝って頂けませんか?」

 

 

というわけで、とりあえず「過去形にすると、これくらい丁寧になるのか〜」くらいに思っておきましょう!

みんなが混乱する理由

why

 

ここでひとつ疑問が出てきました。

 

そもそも、なんでこの2つに皆
混乱してしまうのでしょうか。

 

 

なんで混乱するかというと、
「Could you〜?/Would you〜?」って

 

意味が同じで、使い分けがさっぱり分からないからなんですよね

 

 

やっかいなことに翻訳ツールなどで日本語訳したり、調べたときとか同じ「〜して頂けますか?」が表示されるんですよね。

 

そして「どっち使えばいんだよ!」
となってしまいがち。

 

 

そのとおり、この2つは
同じ意味なんです。

 

でも同義語とかもそうだけど
その中にもいろんなパターンがあります。

 

  1. どんな場面で誰に対しても使える同義語
  2. 使うタイミングが違う同義語
  3. ニュアンスが違う同義語

 

 

「えーっと」「うーんと」くらいの差なのか、それとも「わたしは」「おれは」くらいの差なのか、

 

そこを知る必要があるから、あなたは、この記事にたどりついたんだと思います。

 

 

じゃあ、「Would you〜?」「Could you〜?」はどちらなのかというとこに戻ると、

 

意味・使うタイミングはほぼ同じです。

 

でも
別々のニュアンスがあります

 

じゃあ違いはなに?使い分けは?

①ニュアンス

さっきもいったとおり
「Could you」「Would you」は
ニュアンスがちがいます。

裏の意味
Could you〜? 可能ですか?
Would you〜? 意思がありますか?

 

 

「Could」は能力があるか
「Would」は意思があるか

を聞く役割がそれぞれにあるんです。

 

 

Could you help me?
「手伝っていただけますか?」

裏の意味→「手伝って頂くことができますか?」

 

Would you help me?
「手伝っていただけますか?

裏の意味→「快く手伝って頂けますか?」

 

 

②タイミング

実はそれぞれに裏の役割があるんですね!

 

 

じゃあそれぞれの使うタイミングは?

 

もう察しがいい方は
分かるかもしれませんが

 

 

  • Could youは、特に、
    可能かどうか聞きたい時
  • Would youは、特に、
    やる意思があるか聞きたい時

 

に使います!

 

③例文

それでは最後に例文ををみて、さらに「裏のニュアンス」の理解を深めて、違いをハッキリさせましょう!

 

 

  • 可能かを聞くCould you〜?
  • 意思があるかを聞くWould you〜?

 

この2つの例文を
同じ内容の文で比べていきます。

 

分かりやすくするために大げさに言いますが
ここでの目的は「裏のニュアンス」を
感じ取ることです。

 

それではLet’s get started!

 

 

例文①彼女が何をしたのか説明して頂けますか?

Could you explain what she did?
彼女が何をしたのか説明して頂くことは可能ですか

Would you explain what she did?
彼女が何をしたのか快く説明して頂けますか

 

 

例文②私達の写真を撮って頂けませんか?

Could you explain what she did?
私達の写真を撮って頂くことは可能ですか

Would you take me home?
私達の写真を快く撮って頂けますか

 

 

例文③会議に参加して頂けますか?

Could you explain what she did?
会議に参加して頂くことは可能ですか

Would you explain what she did?
会議に快く参加して頂けますか

 

迷ったらとりあえずWouldで◎

 

と、ここまで読んで、それぞれの
ニュアンスとタイミングが
明確になったと思います。

 

「二兎を追う者は一兎をも得ず」
ということわざがありますが、

 

ぶっちゃけこういう微妙なニュアンスって、2つ同時に覚えようとすると、結局どっちも覚えられないなんていうことが起こると思います。

 

多義語なんかもそうですよね!

 

でもこれが当たり前なんです。
にんげんだもの。

 

 

だから、私がおすすめしているのは、
まずは片方をマスターすること。

 

 

「Would you〜?」「Could you〜?」それぞれに裏のニュアンスに差があるものの、使うタイミングに大差はないですよね。

 

依頼であればどっちを使っても
まったく問題はありません。

 

だからまずは、意思を聞く「Would you〜?」からマスターしてみませんか?

 

そうすることで・・

 

「Could you〜?」は可能かどうか聞く方だったよね!だからWould youは意思を聞く方だったね。

 

って分かるようになります。

 

 

だから、混乱したら片方ずつ
順に覚えてみてくださいね。

 

まとめ

 

この記事のポイント

  • どちらも「して頂けますか?」という丁寧な表現
  • 意味が同じだから混乱する
  • でも裏の意味は違うよ!
    • Could youは可能か聞く表現
    • Would youは意思があるか聞く表現
  • とりあえず迷ったらWould youを使っとこう!

 

 

こういう微妙なニュアンスの違いって、ネイティブが使ってるところを実際にみないと、なかなか違いがつかめないですよね。

 

でもだからこそ分かった時って
すごく楽しくないですか?

 

こういうのも言語を学ぶ
楽しみでもありますよね!

 

とりあえず丁寧になにか頼みたい時には「Would you〜?」を使ってみて下さいね!

 

Would you use “would you” from now on?

 

 

また、私たちは英語の勉強をがんばっている
あなたを応援しています。

 

以下の記事で現役東大生が考える
どうすれば英語のモチベーションを維持できるのか?
についてご紹介しています。

 

まずは、方法論よりも大切な「考え方」について、ぜひご一読くださいね。

英語学習のモチベーションが続かない人が必読するべき記事

2020.03.01
 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  


現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。  


 
 


書籍と同時に受け取れるメルマガでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  


最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です