「ターミネーター」で英語学習! あの有名なセリフを日常会話で使いこなそう!

「ターミネーター」。

 

世界中で、人気の高い名作映画ですよね。

 

初めて「ターミネーター」が公開されたのは、1984年。

今や「ターミネーター・シリーズ」となり、大人気です。

 

映画を見たことがなくても、あの有名なセリフを知っている方は多いはず!

 

そのセリフとは・・・

I’ll 〇〇〇」!

 

とはいえ、

「この有名なセリフ、日常会話で使えるんだろうか…」

そう疑問に思っていませんか?

 

実は、

ちょっと英語を工夫するだけで、日常で使いやすくなるんです。

 

あの有名なセリフはもちろん、

「ターミネーター・シリーズ」の第1作目から、日常で使える英語を紹介していきます。

 

マスターすれば、あなたもネイティブの仲間入りできるかも!?

 

まずは、「ターミネーター」第1作目のあらすじから見ていきましょう。

 

 

あらすじ

1984年のアメリカ、1人の女性(サラ・コナー)の命が狙われます。

その理由は、「未来」にありました。

 

2029年。

ジョン・コナー率いる抵抗軍と人工知能スカイネットが指揮する機械軍との戦いが行われます。

 

スカイネットは、殺人アンドロイドであるターミネーターを過去(1984年)に送り込みます。

ジョン・コナーの母親となるサラ・コナーを殺すよう指示して・・・。

 

ターミネータを演じるのは、

ご存知、アーノルド・シュワルツェネッガーですね!

 

抵抗軍は、カイル・リースを送り込み、サラを護衛させます。

 

カイルはサラを守り、サラはターミネーターから逃げ切れるのか!?

 

という、目が離せないストーリー!

 

ターミネーターが、どこまでもサラを追いかけていく展開。

ドキドキ、ハラハラが隠せません。

 

気になる方は、こちらであらすじをチェックしてください。

 

 

使える英語表現~「ターミネーター」より~

映画の雰囲気は、掴めましたね。

 

ではさっそく日常会話で使える英語をご紹介していきます。

 

 

terminate

映画のタイトルである「ターミネーター」。

英語版は「The Terminator」

 

Weblio英和辞典・和英辞典によると

terminator
①(終わらせるもの)
②(月・惑星の)明暗境界線

映画のタイトル「The Terminator」。

「終わらせるもの」という意味なんですね。

 

「何を終わらせるのか」・・・は、あなたの解釈で^^;

 

とはいえ、この「terminator」という単語。

日常会話では、ほとんど使うことがないかと思います。

 

ですが、

動詞形になると、日常会話で使う機会がグッと増えます。

 

terminatorの動詞形はterminate

terminate
①終える、終結する
②(…の)終わりをなす
③限る、(…の)境をなす

(参考:Weblio英和辞典・和英辞典

 

「terminate」を使った例文は、こちら。

・This bus terminates at the next stop.
(このバスは、次が終点です。)

・I terminated my employment contract.
(私は、雇用契約を終えました。)

 

「terminate」は「end」に近い意味ですね。

ですが、「end」よりもフォーマルな印象を与える単語です。

terminate(終える・終結する)

覚えて、ぜひ会話で使ってみましょう。

 

さあ、続いては、あの名セリフ!

 

 

I’ll be back.

ターミネーターの名セリフといえば? 

I’ll be back.

ですよね。

 

こちらの動画の21秒のところです。

警察署内での会話

The Terminator:
Where is she?((サラは)どこにいる?)

Desk Sergeant:
Look, it may take a while. Want to wait? There’s a bench over there.
(しばらくかかりますよ。待ってるならベンチでどうぞ。)

The Terminator:
I’ll be back!(また来る!)

この会話のように

また戻ってくるからと言いたいときに使います。

 

ちなみに、ターミネーターはこの後、

トラックに乗ったまま警察署に戻ってきましたが(笑)

 

「I’ll be back.(また来る)」のように、

この言葉のままだと、いつ戻ってくるのかわかりません。

 

そんなときは、「I’ll be back.」の後に、単語を追加してみましょう!

 

おすすめは「right」「soon」

I’ll be right back.
((ホントに)すぐ戻ってくるから。)

I’ll be back soon.
((ちょっと行って)すぐ戻ってくるから)

こうすれば、すぐに戻ってくることを強調することができます。

 

具体的な時間を入れるのも、良いですね。

 

たとえば、こんな感じ。

I’ll be back in a few minutes.
(2,3分で戻る)⇒(すぐに戻る)

ポイントは、in」の使い方。

「in」=「~後に」

という意味なんです!

 

このように、

具体的に、未来の時間を表すことができるんです!

 

ぜひ使って、習得してくださいね。

 

 

On your feet.

サラを殺そうと、追いかけてくるターミネーター。

サラとカイルが逃げているシーンで出てくるフレーズです。

 

ケガをしたカイルへのサラの一言。

“On your feet.”

 

直訳すると「脚の上に」・・・。

どういう意味か、わかりますか?

 

実はこれ、立ってという意味なんです!

 

こちらの動画の39秒のところを聴いてみて下さい。

“On your feet.”

普段の会話では、なかなか使わないかもしれません。

 

ですが、この表現に一単語加えると、よく耳にする表現に!

 

それは

“Think on your feet.”

 

直訳すると

“Think on your feet.”=「立って考える」

となりそうですが・・・

 

実は、

“Think on your feet.”「素早い決断をする」

 

という意味になるんです!

 

Think on your feet.=立って考える

➡座って考える時間がない

➡素早い決断をする

このように連想すると、覚えやすいですよ。

 

さあ、「ターミネーター」に隠された使える英語表現。

習得できましたか?

 

どんどん使って、自分のものにしていきましょう!

 

 

まとめ


・「ターミネーター(The Terminator)」

・動詞形「terminate」=「終える」
※endよりもフォーマルな印象

・I’ll be back.(また来る)
⇒「right」や「soon」を入れると、すぐに戻ってくることを強調可

・On your feet.(立って)

・Think on your feet.(素早い決断をする)

Think on your feet.=「立って考える」
➡座って考える時間がない
➡素早い決断をする
と連想すると覚えやすい

 

「ターミネーター」の他にも、

使える英語フレーズ満載な名作映画はこちら!

「パイレーツオブカリビアン」で英語学習‼ネイティブに近づけるフレーズ3つご紹介‼

2020.08.13

名作映画「タイタニック」のシーンから英語を学ぼう‼

2020.07.26

「プラダを着た悪魔」から学ぶ英語フレーズ4つご紹介‼

2020.08.02
 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  


現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。  


 
 


書籍と同時に受け取れるメルマガでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  


最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です