日本語の教え方の基本!絶対外国人に喜ばれる5つのポイント!

teach

 

日本語が話せるからといって、
教えられるかどうかは別の話ですよね!

 

いざ教えるとなると「どこからどう教えればいいの?」となるのが現実。

 

 

学習者がどんな目的で日本語を勉強しているのか、によってアプローチの仕方も変わりますが・・

 

どんな目的であれ共通して「意識すべきポイント」があります。

 

それは基本的に「自分だったらこうしてくれたらうれしい」という内容です!

 

だから、むずかしいことはありません。

 

 

というわけで日本語を教えるときにやると
学習者が喜ぶ5つのポイント
をご紹介します!

 

 

かつて私も「日本語力ゼロの外国人彼氏」に日本語を教えていたことがありました。

 

当時の彼氏に「こうしてくれたら嬉しい」と言われたことをギュッと詰めこんでいます。

 

ちなみに、その彼は3ヶ月後には・・

私「何食べたい?」
彼「カレーたべたい」

こんな簡単な会話ができるまでになりました
※大前提、学習者の頑張りあってこそですが

 

 

というわけで、

  • これから友達や彼氏に日本語を教える予定
  • 現在教えてるけど難しさを感じている

こんな方は必見です!

 

①日本語を勉強する目的をきく

tutor

 

いちばん最初にやってほしいことがあります

 

それは、これから日本語を教える相手に
日本語を学ぶ目的を聞くということ

 

 

なぜ目的を明確にすべきか。

 

それは、いきなり網羅的に学ぶよりも
目的に特化した範囲で覚えるほうが
圧倒的に効率的
だからです!

 

参考までにこれを
「レバレッジ勉強法」といいます。

 

 

また、いろんな言語の中でもむずかしいと言われている日本語は、挫折しやすい言語のひとつですよね。

 

範囲を狭めることで「日本語むずかしい。もうむり…」というような挫折も防げます。

 

 

効率的+自信をもって学んでもらうためにも
なんで日本語を学ぶのかを
聞いてみましょう!

 

 

ここで少し「目的に特化して範囲をせばめて勉強」について補足しておきますね。

 

範囲を狭めるとは、どういうことか。

 

たとえば日本語を学ぶ目的が「日本人女性と付き合いたいから」だとします。

 

そしたら「敬語」よりも「タメ口」を
優先的に学んでもらうんです。

 

また扱う例文もまずは

  • 相手のことを知るための質問
  • 誘う時の会話
  • デートで使う会話

にしぼります。

 

目的が日本人女性と付きあうことなのに「ビジネス会話」「旅行で使う会話」をやってもあまり意味がないですよね。

 

必要のないことは一切省く、
それがレバレッジ勉強法なんです。

 

 

参考までに目的を聞くと
この2つは絞れると思います。

  • タイプ(敬語 / タメ口)
  • シーン (大学 / 日常 / ビジネス)

 

 

ぜひ目的を聞いて、必要のないものを省き、効率的に日本語を覚えてもらって下さいね。

 

②日本語は日本語でおしえる

talk

 

2つ目のポイントは、

 

日本語はできるだけ
日本語で教えてあげる

 

です!

 

 

この必要性は、逆の立場になってみると
分かりやすいです!

 

よく英語学習者に必要なのは「英語脳」と
言われていますよね。

 

この「英語脳」というのは「英語は英語のままに理解すること」を指してるんですが

 

これは英語だけでなく、だれがどの言語を学ぶときにも共通することなんです。

 

 

だから日本語学習者に対しても、できる限り
日本語は日本語のままに
理解してもらってください!

 

というのも、実際の会話では「反射的に言葉を発すること」が必要になりますよね。

 

ところが「🍎→apple→りんご」と英語を挟むと、反射的に発することができません。

 

でも「🍎→りんご」というように、りんごを見た瞬間に「りんご」と言えたらリズムよく会話ができます。

 

 

だから、

 

「apple は日本語で『りんご』っていうよ」

 

と教えるのではなく

 

「これは『りんご』だよ」と実際に見せて、日本語だけを伝えるべきなんです。

 

 

日本語はできる限り
日本語で教えてくださいね!

 

③長い文で話さない

 

とくに始めの方は「一文一義」
意識して話してあげると喜んでくれます!

 

一文一義とは「1つの文」に
「1つの内容」だけ含ませることをいいます

 

これを意識するだけで、学習者はあなたが発した日本語の理解度が高まるはずです。

 

逆に意識してあげないと、全部の単語をひろうことができず、パニックになってしまいます。

 

私がダーッと長々日本語を話したとき「My head is spinning.」つまり「頭がくらくらする」と友達から言われたことがあります。

 

 

だから、特に学習しはじめのころは

わたしは今から仕事するよ。

というように「人+動詞」だけで
話してあげてください!

 

 

慣れてきたら、

  • 目的語
  • 時間
  • 場所

など様子を見ながら少しずつ
いろんな情報を加えていくと良いです!

 

そして、次は接続詞をつけて最終的に「一文一義」から「一文二義」にするイメージで進めていくのがおすすめです。

 

まずは、一文一義です!

 

④ジェスチャーで伝える

 

また、必ずジェスチャーを
してあげてましょう!

 

ジェスチャーは相手にとって「何を伝えようとしているかの大きなヒント」になります。

 

例えば、食べる仕草をしながら「食べる」と言ってあげると、はじめて聞いた単語であっても学習者に意味が伝わりますよね!

 

 

ただ、ジェスチャーのメリットはこの
「伝えやすくなる」だけではないんです!

 

脳に定着しやすくなるんです。

 

さっきの例と同様、食べる仕草をしながら「食べる」と言ったとします。

 

そうすると「食べる」という単語と「食べる」というイメージがリンクしますよね。

 

その結果、その単語は忘れにくくなるんです。

 

これは脳科学で、いろんな情報とリンクさせることで、記憶というのは定着しやすくなることが分かっています。

 

 

もちろん、すべてをジェスチャーできるわけではないと思います(笑)

 

しかし、できる限り身振り手振り教えてあげることで、効率的に単語を覚えてもらいましょう!

 

⑤アウトプットをしてもらう

people

 

最後のポイントは・・

 

アウトプットの機会を
たくさん設けましょう!

 

語学を学習するうえで、かならず必要になるのが「アウトプット」です。

 

「インプット」するのは、
学習者さん自身でもできますよね!

 

だけど「アウトプットして間違いを正してもらう機会」は、あまりないのです。

 

 

 

本気で勉強している日本語学習者は

 

アウトプットして、どんどん日本語を話したい。間違ってたら正してほしい

 

これが本音です。

 

 

だから、とにかくアウトプットしてもらう
機会を常に設けてあげましょう。

 

 

参考までに、私はこの流れでやっています

単語・フレーズを教える

私が例文をつくる

同様に例文をつくってもらう
(アウトプット)

間違いを正す

それを参考に再度アウトプット

 

こうすることで、新たにおぼえた単語・フレーズが忘れにくくなり、効率は高まります。

 

まとめ

talk

 

この記事のポイント

  • 目的をきいて教える範囲をせばめる
  • 日本語は日本語のままにおしえる
  • 1文はとにかく短く
  • 身振り手振りでつたえる
  • 繰り返しアウトプットをしてもらう

 

 

いきなり外国人に日本語をおしえるとなったら、あたふたしてしまうかもしれません。

 

でも実は「自分だったらどうしてほしいか」ということを考えながらやるとコツがつかめると思います。

 

だから、今回の5つのポイントを押さえて、たのしく勉強してもらってくださいね!

 

 

 

また、私たちは英語勉強法・英語マインドなど発信しています。

 

英語を学習中の方は「どうすれば英語のモチベーションを維持できるのか?」についてのこちらの記事にも、ぜひ目を通してみてくださいね。

英語学習のモチベーションが続かない人が必読するべき記事

2020.03.01

現役東大生が考える方法論です!

 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  


現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。  


 
 


書籍と同時に受け取れるメルマガでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  


最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です