ネットスラング「F」とは? 禁断の「Fワード」をお教えします!

今回は、かなり下品な表現、Fワード」のお話です。

 

Fワード」とは、

「fuck」というワードを使ったネットスラング表現。

 

記事作成のためとはいえ・・・打つのもためらわれるこのワード・・・。

 

なのでここからは、

ネット上でよく見る”f*ck”と表記していきます!

 

ネットスラングとされるこの表現。

 

実は、

洋画にも、かなり頻繁に出てきているんです。

要するに、日常生活でも使われているってことですね。

 

ですから、このネットスラングを知れば

洋画を英語のままで理解しやすくなる

日常会話(ちょっと下品な・・・・)も理解できてしまう

 

 

とはいえ、この「Fワード」。

TPOをわきまえて使ないと、大変なことになってしまうんです!

最悪の場合、命にかかわってしまうかも。。。

 

そこで今日は、

危険だらけ?のネットスラングFワード」を徹底解説しちゃいます!

 

「Fワードかっこいい!」と憧れているあなた!

実際に使っちゃう前に、必ず読んでおいてくださいね。

 

あなたの身のためですよ^ ^;

 

 

Fワードって?

手紙, F, 金, フォント, F字, 書きます, タイプ, スタイル, レタリング, トレーニング

一般的に「Fワード」とは、

「fuck」というワードを使った英語表現のこと。

 

この「Fワード」。

アメリカでは、放送禁止用語です。

 

映画や音楽で使われるときには、あの音が流れます。

そう、「ピー」ですね^^;

 

子どもには絶対聞かせてはいけない表現なのですね。

 

 

ちなみに、この「F word」。

「F bomb(爆弾)」と表現されることもあります。

 

これは、

「誰かが「f*ck」と言うと、爆弾投下されたかのように周囲が騒ぐ」ことから来ています。

 

それほどまでに、「f*ck」という言葉は、下品なのですね!

 

「f*ck」の本来の意味は、「性交する」。

 

ですが現在では、

その意味で使用されることはほとんどないようです

 

・人を罵倒したい

・会話にかなり強烈な(下品な)インパクトを与えたい

 

そんなときに使われるようです。

 

日本語で表現すると。。。

「死ねよ」、「うんこ食べろ」、「地獄に落ちろ」

くらいの表現にあたるでしょう・・・。

 

 

FワードのTPO

モンスター, 青, インターネット, 攻撃, ファイアウォール

それでは、「Fワード」はどんな時に使われるのでしょう。

 

結論から言うと、

なるべく使わない方がいいです!

 

・・・が、

中でもとびっきりのNGパターンをお教えしておきます。

 

それはこちら。

公共の場で発する

女性が使ってしまう

子どもの前で使う

 

まずは、仕事や大学などの公の場。

 

そんなところで口にしてしまったら・・・

100%信頼を失います。

まさに「F bomb投下」といった感じです。

 

公の場での使用は絶対に避けましょう!

 

 

そして、女子の皆さん!

「Fワード」は、ぜったいNGです!

 

男性に、ドン引きされちゃいます。

少なくとも、スペックの高い男性とは無縁になってしまいます。

 

 

そしてもう1つ!

「子どもがいるシチュエーションでは、Fワードは絶対に使わない!」

 

これは、どの国でも暗黙のルール。

 

これを破ってしまうと、人間性を疑われます。

日本でも同じですよね。

 

この3つは、しっかりと心に留めておきましょう!

 

では、「Fワード」を使えるのは、どんなシチュエーションなのか。

 

それは、

「ごく親しい間柄での会話」。

 

特に、

男性のマブダチ同士では、結構使われているようですよ。

 

TPOをしっかりとわきまえることが不可欠ですね。

 

 

禁断の「Fワード」一覧

十字, バイザー, フォーカル ポイント, センター, 中間, 情報, 問題

ここからは、「Fワード」をご紹介していきます。

危険度もあわせて要チェックですよ!

 

「Fワードなんて使わない!」

そんなあなたも、知っていて損はありませんよ!

 

これを知っておけば、洋画をより臨場感をもって楽しめることまちがいなしです。

 

Motherf*cker

危険度MAXの表現。

直訳でも、危険度合いがわかりますよね・・・^^;

 

この言葉は、本当に絶対使わない方がいいです。

 

最上級の罵り言葉と言っても過言ではありません。

もちろん、友人間でもほとんど使用しません。

 

 

F*ck off!

こちらも、とっても危険な表現。

 

和訳すると、

「失せろ!」・「消えろ」のような感じでしょうか。

 

相手に、その場から居なくなってほしいときなどに使用します。

友人間でも使用しません。

 

一人にして欲しいときは

“leave me alone!” などを代用するようにしましょう。

 

 

Don’t f*ck with me!

基本的に、攻撃的な表現。

 

「調子こくんじゃねーぞ」・「なめんなよ」

的な意味合いです。

 

友人間で使用するのは、あまり聞かないですね。

けんかを売られた時などに使う表現だと考えてください。

 

 

ちなみに、類似表現 “Don’t mess with me!

下品度は、少しだけ下がりますが、オススメできる表現ではありません。^^;

 

 

F*ck you!

相手に対して、これ以上ない罵倒をする場合に使います。

 

「死ね」・「地獄に落ちろ」・「くそ食らえ」

的な意味合いです。

 

知らない人に対してこれを使う場合は、殺される覚悟で・・・。

命が惜しい方は、言わないほうが賢明ですね^^;

 

ただし、近しい友人間(男性間)では、

「ふざけんなよー!(笑)」的な感じで使うことはあるようです。

 

 

Shut the f*ck up!

こちらは、“Shut up!”のひどい版^^;

 

“Shut up!”(黙れ!)

この一言でも、きつい印象を受けますよね。

 

ここに“F*ck”が入ると・・・

「黙れ!くそ野郎」的な感じでしょうか。

 

もちろん、他人や目上の人には使いません。

 

ただし、親しい友人間では、使われることも

 

たとえば、

誰かのジョークに、ツッコミ的な感じで使うようですよ。

 

 

Fuck!

こちらも、やや危険となりうる語。

 

基本的に、罵り言葉として使った場合ですね。

「くそっ」みたいな感じです。

 

 

ただし、この “Fuck!”という表現。

リアクション表現として使われることも、よくあります。

 

たとえば、こんなとき。

・失敗してしまった時の「やっちまったー!」「くっそー!」

ex) F*ck! I lost my phone!

(やっちまったー!携帯なくした!)

 

・何か悪いニュースを聞いたときの「マジかあ!最悪!」

ex)

上司: You guys have to work 12 hours tomorrow.

(明日は12時間勤務だよ)

あなた: Fuck! (マジか!最悪!)

 

それ以外にも

・怒った時の「あー!!もう!!」

・ドアに指を挟んだときなどの「痛い!!」

などなど。

 

日常生活でも、よく使う言葉ですよね。

上品な方も、ぜひ覚えておいてくださいね。

 

 

Holy f*ck!

これは、

予想だにしない、「かなりの驚き」を表す表現です。

 

『うわっ!』みたいな感じですね。

 

たとえば、目の前で事故が起きたときなど。

意表をついて、思わず出てくる表現ですね。

 

とはいえ、決して上品な言葉ではありません。

そんなときは、“Oh my God!”などで代用しましょう!

 

 

What the F*ck!?

こちらは、まさにネットスラング。

 

ネット上で、「WTF」って表現を見たことがありませんか?

 

これはまさに、

「What the fuck!?」の略です。

 

・混乱したとき

・何が起こってるか理解不能なとき

などに使います。

 

「一体どうなってんの?」

「何が起きてるの?」

といった感じでしょうか。

 

たとえば、

帰宅すると、めちゃめちゃになった家を見たときの“WTF..?”

 

出勤してメールチェックすると・・・

すごい量のメールが届いているときの“WTF?”

 

トイレットペーパー売り場に品物がすっからかんなのを目撃したときの “WTF !!!??”

などなど。

 

日常で使いそうですね!

 

 

I f*cked up.

「自分がなにか大失敗をしたとき」などに使うこの表現。

 

「やらかしてしまった!」みたいな感じですね。

 

ex)

A: I f*cked up. (やらかしてしまった・・)

B: What did you do? (何したの?)

A: I lost the memory stick.

(メモリースティックをなくした)

 

これは、日常生活でも使えそうですね。

覚えていて、損はありませんね、

 

 

F*ck me !

こちらも、

「何か失敗をやらかしてしまった時」に使える表現。

 

『私バカだわー』と、自分を責める感じで使います。

 

ただし、

先ほどの”I f*cked up!”より、

失敗の程度が低い場合に使います。

 

たとえば、

・携帯を落として、画面を割ってしまった

・熱い鍋に間違って触ってしまった

 

こんなときに使うイメージですね。

 

基本的に「自分の行動」に対しての後悔のニュアンスが強いですよ。

 

 

F*ck it!

どうでもよくなった時に使います。

 

「どうでもいい!」

「知るか!」

といった感じです。

 

ex)

F*ck it! I’m not gonna study anymore!
(もうどうでもいいわ!もうこれ以上勉強しない!)

 

こちらも、日常で使うことが多そうですね。

 

 

I don’t give a f*ck!

こちらも、“f*ck it!”と同じく、

「どうでもいい」というニュアンス。

 

「マジでどうでもいい」・「俺には関係ない」

的な感じです。

 

ex)

A: Your ex-girlfriend is gonna marry next month.
(あなたの元カノ、来月結婚するよ)

B: I don’t give a f*ck!
(俺には関係ない!)

 

とはいえ、“f*ck”という表現は避けたいですよね。

 

この場合は、

“I don’t care!” で代用すると良いですよ。

 

 

F*ck yeah! / F*ck No!

“Yes”・“No”を強調するときに使うこの表現。

 

ex)

A: Do you want to work this Sunday?
(今週日曜日働きたい?)

B: F*ck no !
(絶対いやだ!)

 

A: Why don’t you come to my house and drink some beer with me?
(うちで一緒にビール飲まない?)

B: F*ck yeah!
(もちろん!)

 

これは、日常会話で使えますよね!

 

ネイティブらしいこの表現。

ぜひ覚えておきましょう!

 

 

「Fワード」を使ってしまったら…?

申し訳ありませんが, 許します, 謝罪, 残念なことに, 許し, 自責の念

「Fワード」を適さない場所で、思わず使ってしまった時は・・・

Excuse my language.

Excuse me.

と必ず言いましょう。

 

言葉は取り返しがつきませんが、せめて取り繕うことは忘れずに^^;

 

 

まとめ

ネイティブ的表現の「Fワード」。

日常生活や洋画では、よく耳にする表現ですね。

 

ですが、ノンネイティブが使うには、リスクが高いワードでもあります。

使う際には、十二分に気を付けて、使いましょう。

 

 

ちなみに、「F」に関連して・・・

「F」というコメントを見かけたことありませんか?

 

英語圏ニュースサイトやYouTube等のコメント欄に、「F」と一文字だけ書かれている場合。

 

「F」=「Press F to Pay Respects」

を意味します。

 

この「Press F to Pay Respects」。

 

「哀悼の意を表するためにFを押せ」

という意味なんです。

※pay respects(敬意を表する・哀悼の意を表する)

 

まさにネットスラングですね。

ぜひ使ってみてくださいね。

 

今や日常の一部と化したSNS。

 

実は、英語学習にも使えるんですよ!

気になる方は、こちらをチェック。

 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  


現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。  


 
 


書籍と同時に受け取れるメルマガでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  


最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です