5文型の簡単な見分け方は、これ! 現役英語教師が教えます!

高校で最初に学んだ英文法、覚えていますか?

 

それは文型

 

「文型」とは、英文の型のこと。

英語には、5つの文型が存在します。

 

つまり、

すべての英文が、5文型のいずれかに当てはまる

ということです。

 

「たった5つ♪」と思いきや・・・

実は、この「文型」、なかなかのくせ者。

 

文型自体はシンプルですが、

「見分け方」が難しいんです!

 

高校で英語をおしえて10年以上になる私ですが、

「文型の見分け方」を理解させるのは、いまだに大変・・・。

 

ですが、この「文型」が理解できていないと

・文法問題を解けない

・正しく英文を理解できない

・英作文が上達しない

 

このように、マイナスしかないんです!

 

そこで今日は、英文法の基本

文型の見分け方を徹底解説しちゃいます!

 

高校で英語が苦手になったあなた!

実は、「文型」を理解できていないままかも!?

 

さあ、まずは理解度をチェックから始めましょう。

 

 

「文型」の種類

ファサード, ウィンドウ, ファサードパネル, アーキテクチャ, 建築家, 建物

さあ、まずは、5文型の種類から。

各文型の構成は、こちら。

※ S=主語、V=動詞、O=目的語、C=補語

 

上記の内容は、必ず完璧に覚えましょう!

それがスタートラインですよ。

 

 

さあ、上記内容をクリアできている方。

 

次の英文の文型は何でしょう?

1. She lives in Japan.

2. Please call me Kumi.

3. Tom gave his brother a red pen.

 

正解はこちら!

1:第1文型  2:第5文型  3:第4文型

 

さあ、全問正解できましたか?

特に間違えが多いのは、「第5文型(No.2)」でしょう。

 

 

では、さっそく文型ごとに解説していきましょう。

簡単に見分けるコツ、満載ですよ!

 

 

第1文型 : S+V

まずは、第1文型の形から。

第1文型: S+V

この知識が、まずは基本ですね。

 

第1文型は、とってもシンプル!

主語(S)が動詞の動作(V)をする

主語(S)が動詞の状態(V)である

 

いずれかを表しています。

 

例文を見てみましょう。

She lives in Japan.(①)
S    V         修飾語 

She gets up early in the morning.(②)
   S  V                副詞    修飾語

 

「S+V」と聞くと、

とっても短い英文を連想しがちですよね。

 

ですが実際には、上記のように

S+Vに色んなものがくっついてきます。

 

よくあるものは

副詞

修飾語(句)
⇒前置詞を伴うもの等

 

このような語句は、

S・V・O・Cにあてはまりません。

 

つまり、

S・V・O・Cとしてカウントされないんですね。

 

したがって、上記の例文は

「S+Vのみ=第1文型」

となるわけです。

 

「第一文型=短い」という先入観は捨てましょう!

 

 

第2文型: S+V+C

スパーク リング ワイン, 気泡, メガネ, 2, ビュー, パノラマ, 海

まずは基礎知識。

第2文型: S+V+C

つまり、

第2文型=主語(S)+動詞(V)+補語(C)

というなのですね。

 

ところで、

「補語」とは何か、理解できていますか?

 

実は、

「補語」を苦手とする学習者が多いんです!

 

簡単に説明すると

「補語」=「主語や目的語の状態を表す語」

第2文型(SVC)には、O(目的語)がありません。

 

したがって、第2文型が表す内容は

主語が補語の状態である

主語が補語の状態に変化する

 

 

では、例文を見てみましょう。

 

Jane is a nurse. (③)
S          V         C

Tom looks angry with me.(④)
S            V            C         修飾語

 

いかがですか?

 

③④ともに、

「C」が「Sの状態」を表していますよね。

 

そのため、

「S=C」と記載している参考書が多いです。

 

 

ですが…

例えば、上記④だと「Tom」=「angry」。

 

「人間=感情」・・・?

少し違和感がありませんか?

 

 

そんなときは、こう読み替えてみましょう!

「S=C」⇒「SがCである」

 

例文で読み替えてみると…

例文③:「Janeがnurseである」

例文④:「Tomがangryである」

 

すんなり理解できますよね!

 

 

ちなみに、こんな間違った解釈をしている人も…。

「be動詞の文=第2文型」

 

確かに、第2文型の文に「be動詞」が使われることは多いです。

 

ですが、

「第2文型=be動詞の文」と言い切るのはNG!

 

それは、上記④の例文からもわかりますよね。

 

ただし、

第2文型で使用されやすい動詞は存在します。

・be動詞
・get
・seem
・look
・tastes
・sound

繰り返しますが、決めつけるのは危険です!

あくまで一つの目安として、覚えておきましょう。

 

さあ、これで、第一関門である第2文型突破!

 

続く第3文型は、簡単ですのでご安心を^^

 

 

第3文型: S+V+O

かわいい, 猫, 子猫, 動物, 哺乳類, ペット, ミャンマーの猫, 3

いつものように、基本知識の確認から。

第3文型: S+V+O

第3文型=主語(S)+動詞(V)+目的語(O)

ということですね。

 

最も使用頻度が高いされる文型だとか。

 

第3文型の説明に入る前に、

「目的語」は理解できていますか?

 

「目的語」=「動作(V)の内容・相手」

 

 

例文を見てみましょう。

I ate the cake. (⑤)
S    V            O

I told Tom about the accident.(⑥)
S    V       O                     修飾語

 

分かりやすいですよね。

 


⑤⇒動作(ate)の内容

⑥⇒動作(saw)の相手

 

さあこれで、第3文型もマスターですね!

 

 

第4文型: S+V+O+O

クレー, 運, 幸運のお守り, 大晦日, 新年の日, 新しい年, 今年の変わり目

さあ、例のごとく、基本知識の確認から。

 

第4文型: S+V+O(1)+O(2)

このように、

第4文型=主語(S)+動詞(V)+目的語(O1)+目的語(O2)

で構成されています。

 

「第3文型+目的語」となっているんですね。

 

したがって、第4文型が表す内容は

「主語が、A(動作の相手)にB(動作の内容)をV」

 

 

例文を見てみましょう。

Tom gave his brother a red pen.(⑦)
S     V          O1(相手)     O2(内容)

I bought him a expensive present last week.(⑧)
S  V      O1(相手)         O2(内容)                 修飾語

 

そんなに難しくはありませんね。

 

 

が、ここで、要注意ポイント!

 

それは、目的語の順番!

 

実は、

目的語の内容によって、置く順番が決まっているんです!

 

S+V+O1+O2
⇒O1=動作の相手
⇒O2=動作の内容

 

つまり、

主語(S)⇒動詞(V)⇒動作の相手(人)⇒動作の内容(物)

となるんですね!

 

簡単と思われがちな第4文型の意外な落とし穴!

しっかり頭に入れておきましょう。

 

 

第5文型: S+V+O+C

太陽, 5, 日の出, 日没, 女の子, 手, 帽子, 金髪, 朝, 壁紙女の子

さあ、いよいよ最後の難関「第5文型」!

 

まずは、形の確認から。

第5文型: S+V+O+C

第5文型とは、

主語(S)+動詞(V)+目的語(O)+補語(C)

で構成されるんですね。

 

一般的に、もっとも難しいとされるこの第5文型。

 

表す内容はこちら。

主語(S)の動作(V)によってOがCの状態になる

主語(S)の動作(V)によってOにCの行為をさせる

 

よくわかりませんよね^^;

 

例文を見てみましょう。

I (always) call her Kumi.(⑨)
S  副詞          V        O        C

I found the test difficult ( to solve).(⑩)
S   V         O       C    修飾語句

 

いかがですか?

 

第2文型は「C=S」であったのに対し、

⑨⑩ともに、「C」が「Oの状態・内容」を表していますよね。

 

よって「O=C」と記載している参考書が多いです。

 

 

ですが…これも先ほどの第2文型と同じ!

 

例えば、上記⑩では「the test」=「difficult」。

「もの=状態」に、違和感があるかもしれませんね。

 

そんなときは、こう読み替えてみましょう!

「O=C」⇒「OはCである」

 

例文で読み替えてみると…

例文⑨:「herはKumiである」

例文⑩:「the testはdifficultである」

 

すんなり理解できますよね!

 

最難関とされる第5文型。

 

判別に悩んだときには、

「OがCの状態か?」と考えてみると良いですね!

 

 

さあ、いかがですか?

1つ1つポイントを押さえれば、そう難しくはありませんね。

 

基本の型が曖昧な場合は、まずは覚えることから始めましょう!

 

 

まとめ

英語には、5つの文型(文の方)が存在する。

 

文型に入る前の基本知識

・S=主語

・V=動詞

・O=目的語(動作の内容・相手)

・C=補語(主語や目的語の状態)

 

5文型のポイント

・第1文型:S+V
⇒副詞や修飾語を伴う場合が多い

・第2文型:S+V+C
⇒S=C(SがCである)
⇒V=be動詞,get,seem,look,sound,tasteの場合が多い

・第3文型:S+V+O
⇒動作の内容・相手を伴う

・第4文型:S+V+O1+O2
⇒動作の内容・相手を伴う
⇒O1=人(相手) / O2=物(内容)
※O1とO2の入れ替え不可

・第5文型:S+V+O+C
⇒O=C(OはCである)

 

さあ、これで5文型すべてマスターできましたね!

 

あとは、実践あるのみ!

たくさん演習を積んで、文型の見分け方を極めちゃいましょう!

 

とはいえ、

日本語と英語の構造の違いに戸惑うこともありますよね・・・。

 

そんな時は、こちらで解決ですよ!

 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  


現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。  


 
 


書籍と同時に受け取れるメルマガでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  


最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です