英語の文法で大事なのは単語の順番?!その理由と基本の5文型

「英語は、語順が大事。」

 

この言葉を聞いたことはあるけれど、今いちピンとこない…という方も多いはず。

 

 

社会人になって、英語を独学した私もその1人。

 

「単語さえあっていれば、語順はバラバラでも通じる。」と思っていました。

 

実際、簡単な英語の意思疎通はできていましたしね。

 

 

しかし、あるとき言われた衝撃の一言…。

「あなたの英語は語順がバラバラだから、子どもが話しているみたいに聞こえるよ。」

 

語順の重要性を知った瞬間でした。。。

 

というのも、英語を使う仕事を希望していた私。

そんな子ども英語では、仕事なんてできないと思ったんです。

 

 

その後、語順を学んだ私が気づいたこと。

 

それは

英語での語順の大切さ

基本の5文型の重要性

 

 

昔の私のように

「英語は、語順が大事。」

と聞いてもピンとこないあなたのために!

 

この記事では、

語順が大事な理由

基本の5文型

について、解説していきますね。

 

語順を甘く見ているあなた、要チェックです!

 

 

英語は語順が大事な理由

私が、英語の語順の大切さを理解できていなかった理由。

 

それは、

日本語と英語の仕組みの違いに気づいてなかったから。

 

例えば、

1、好き 猫が トモコは
2、トモコは 好き 猫が
3、猫が トモコは 好き

 

日本語だと、どれでも意味は通じますよね。

 

 

なぜなら、

日本語には助詞(て・に・を・は)があるからなんです。

 

助詞のおかげで、

主語、動詞、目的語を見分けられるんですね。

 

 

一方、今の3つを英語にすると、どうでしょう。

1、likes a cat Tomoko
2、Tomoko likes a cat
3、a cat likes Tomoko

 

「トモコは猫が好き。」という意味になるのは、

2、Tomoko likes a cat.

しかありませんね。

 

それは、この文が

英語の基本文型に則った語順になっているからなんです!

 

 

「トモコは猫が好き。」を英語で表現する場合、

 

①『トモコは』=主語

主語は最初に置く

 

②『猫が』=目的語

動詞の後ろ

 

③『好き』=動詞

主語の後ろ

 

この語順のルールに従ってできた英文が

Tomoko likes a cat.

 

英語には、

日本語の助詞に当たるものがありません。

 

したがって、

「どの場所に、どの単語を置くか」

というルールが大事なんですね。

 

これが、英語は語順が大事と言われる所以です。

 

 

当時の私が話してた英語。

「猫 トモコ 好き」くらいに、たどたどしかったんでしょう^^;

 

 

とはいえ、

語順なんてどうやって覚えればいいの!?

と思いませんか?

 

 

実は、英語には、

「基本の文型」と呼ばれるものがあるんです!

 

ではさっそく、

その「基本の文型」を見ていきましょう!

 

 

東大生の英語勉強法が無料で学べる
この記事を読んでくれているあなた限定で、東大生の効率的な勉強法が学べる公式LINEへ無料で招待します。今だけ、東大生が書いた2つの書籍も無料でプレゼント

基本の文型について

語順の勉強には欠かせない『基本の5文型』!

その5つの型は、こちら。

 

  • 第1文型➡S+V
  • 第2文型➡S+V+C
  • 第3文型➡S+V+O
  • 第4文型➡S+V+O+O
  • 第5文型➡S+V+O+C

 

ちなみに、

S➡主語(名詞)

※Tarou、water、tennisなど人や物、事柄の名前

 

V➡動詞(主語の動作や状態)

※have、make、likeなど動作や状態を表す

 

O➡目的語(名詞)

※動作の内容、相手を表す

 

C➡補語(名詞・形容詞)

※主語や目的語の内容(名詞)状態(形容詞)を表す

 

 

この基本事項は頭に入れておきましょう。

 

では、第1文型からみていきましょう!

 

 

第1文型

第1文型=S+V(SはVする)

 

例文はこちら。

・I study.(私は、勉強します)

 

S+Vのみで、わかりやすいですよね。

 

実は、次の例文も、第1文型なんですよ!

・She studies at the university.
(彼女は、大学で勉強します)

・He walks slowly.

(彼は、ゆっくり歩きます)

 

S+Vのあとに、

『at the university』や『slowly』がついてますね。

 

これは、修飾語

 

修飾語とは

前置詞+名詞

例:at the university、in the parkなど

 

副詞

例:slowly、yesterdayなど

 

ぱっと見、長い文に見えても、

実は第1文型の可能性もあるんですね。

 

修飾語かどうかの判別がポイントですね!

 

 

第2文型

第2文型=S+V+C(SはCである)

 

例文

・I am a student.
(私は、学生です)

・He looks happy.
(彼は、幸せそうです)

・She became a doctor.

(彼女は、医者になりました)

 

 

第2文型の大きな特徴!

 

それは、

S=Cの関係が成り立っていること。

 

見分けるときに、意識してみてくださいね。

 

 

第3文型

第3文型=S+V+O(SはOをV)

 

例文はこちら。

・I speak English.
(私は、英語を話します)

・We play soccer.
(私たちは、サッカーをします)

・He bought a car.

(彼は、車を買いました)

 

 

一見、第2文型と同じ形に見えますよね。

 

ですが、

第2文型の特徴『S=C』になっていますか?

 

 

例えば最初の例文。

『I』=『English 』ではありませんよね。

 

つまり、

第3文型:S≠O

 

これで、第2文型との見分けも大丈夫ですね!

 

 

第4文型

第4文型=S+V+O+O(SはOにOをV)

 

例文はこちら。

・I show you a picture.
(私は、あなたに写真を見せます)

・You gave him a pen.
(あなたは、彼にペンをあげました)

・She asked you a favor.

(彼女は、あなたにお願いをした)

 

このように、第4文型では、目的語2つを並べます。

 

 

特に、第4文型で使われやすい動詞はこちら。

➡︎show、give、ask、get、send、cook、tell、teach、buyなど。

 

知っておくと、簡単に使えますね。

 

 

第5文型

第5文型=S+V+O+C

 

第5文型の日本語訳は、2通り。

SはOをCにする

SはOがCだとVする

 

例文はこちら。

・She makes me happy.
(彼女は、私を幸せにします)

・I named the cat Mimi.
(私は、その猫かなミミと名付けました)

・She found this book difficult.
(彼女は、この本が難しいとわかりました)

 

 

第5文型の大きな特徴は、

O=Cの関係が成り立つこと!

 

例えば、1つ目の例文。

『me』=『happy』と言えますよね。

 

『O=C』が成り立つわけです。

 

 

さらに、

第5文型で使われやすい動詞も決まっています。

➡︎make、name、find、get、keep、thinkなど

 

一般的に難しいとされる第5文型。

使われやすい動詞を覚えておくと良いですね!

 

 

 

さあ、いかがですか?

 

日本語にはない、文型という概念。

慣れるまでは、難しく感じるかもしれません。

 

 

ですが逆に考えると、

文型どおりに英文を作れば、正しい英語が作れる

ということですよね。

 

 

まずは、文型を完璧に覚えてしまいましょう。

 

あとは、単語をパズルのようにはめ込む!

これだけで、正しい英文ができるようになりますよ。

 

 

まとめ

英語では、「語順」がとても大切。

 

その語順の元になる5文型。

・第1文型:S+V

・第2文型:S+V+C

・第3文型:S+V+O

・第4文型:S+V+O+O

・第5文型:S+V+O+C

 

この基本5文型を覚え、語順の基本を身につけましょう!

 

英単語が覚えられなくて困っているあなた。

こちらの動画がオススメですよ!

 

こちらの記事ではelounge管理人のジャックさんが

英語力をのばせる「独学」方法をご紹介しています。

英語力がのびないとお悩みのあなたへ。「独学」で一発解決できますよ。

2020年2月7日
 
英単語を超効率に覚える書籍を無料プレゼント
期間限定で英単語を超効率に覚えるテクニックを解説した書籍「英単語のトリセツ」を無料でプレゼントしてます。LINE友達追加するだけで5秒以内でもらえます。

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、

工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  



現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が

最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、

ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。

 ※書籍はお持ちのスマホ・PC ですぐに読むことが可能です。

書籍と同時に受け取れる公式LINEのコラムでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  



最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です