聞くだけで英語が話せる? リアルな口コミと英語を話せない3つの原因に迫る

聞くだけで英語が話せる』♪

 

こんなキャッチフレーズを耳にしたことありませんか?

 

「そんなラクな話ないでしょう~」

なんて思いつつ・・・

 

英語学習者なら、内心惹かれてしまいますよね^^;

 

聞くだけで英語が話せる。

そんなことって、本当にあるのでしょうか?

 

 

結論言っちゃいます。

聞くだけで英語が話せるわけありません!

 

語学は、そんなに簡単ではありません。

 

 

 

とはいえ、そんなフレコミの教材があるのも事実。

 

そこで今日は

  • 「聞くだけで英語が話せる」教材の真相
  • 聞くだけでは英語が話せない理由

 

これをお届けしたいと思います。

 

 

「聞くだけで~」に釣られそうになっているあなた!

この記事を読んでからでも、遅くはありませんよ。

 

 

『聞くだけで英語が話せる』教材のリアルな声

女の子, 若い, 学生, 座ります, テーブル, 図書, ノート, ペン, 研究

聞くだけで英語が話せる』で有名な教材と言えば?

 

そう、CMでもおなじみ

「スピードランニング」

 

 

スピードランニングのキーワードは

「聞き流すだけで英会話できる」。

 

 

スピードランニングが唱えるメリットはこちら。

 

  • 音楽のように聞き流して学習できる
  • 1日5分から学習できる
  • 解説が分かりやすく即効性がある
  • 教材の内容が面白い

 

なんとも、飛びつきたくなるようなおいしい話ですね。

 

 

スピードランニングの実際の宣伝が、こちら。

とっても効果がありそうですよね。

 

 

実は、近年、大量のCDを聴く学習スタイルから、

新プラン「スピードランニングα」に移行しているんです。

(出典:スピードランニング公式HP)

 

2つのプランがあるなど、何かと変化があったようです。

とはいえ、「聞き流すだけで英会話できる」

というスタンスは、変わらないようですね。

 

 

ということで!

実際のユーザーの声から、その真相のほどを検証してみたいと思います。

 

 

スピードランニングの口コミ

まずは、ポジティブな口コミから見てみましょう。

よかったのは、毎日やることで英語を勉強する習慣づくりには繋がったこと。

かなりの分量が耳にインプットされるので、自然と英語への抵抗はなくなった。

みんなの英語広場 より)

仕事が忙しく、英語の勉強時間を捻出するのが難しかった私。

スピードラーニングの一番のウリ、「CDを聞き流すだけのお手軽さ」の通り、通勤時間や出張の移動時間に聞いて勉強することが出来たので助かりました。

最初は本当に効果があるのか半信半疑でしたが、CDから流れてくる会話がシュールというか、つっこみを入れたくなるような感じで、先が気になって聞き流すというより聞き入ってしまっていました(笑)。

600点そこそこだったTOEICの点数が、710点まで伸び、結果もついてきたので満足しています。

口コミレポート&ランキング より)

シーンに合わせて使えるストーリーで構成されている。

同一ストーリーで、日本語入りと英語のみのバージョンが用意されている。

しかも、日本語入りのバージョンは、若干ゆっくり。

副読書が用意されている。

質問があれば電話でもメールでもサポートしてくれる。

ボリュームを考えれば、コストパフォーマンスは良い。

聞き流すだけで英語ができるわけは無い。

そんなことは当たり前。自分なりに工夫することが必要。

例えば、単語帳などの成果物を作成すること。

みんなの英語広場 より)

いかがですか?

 

好評な口コミをまとめると

  • 忙しくても学習できる
  • 聴くことで英語への抵抗感がなくなる
  • 題材が面白いので聴きやすい
  • 英語を聴き取りやすくなった

 

 

ただし、

「聴くだけで英語が話せるようになった!」

と、実感したユーザーはほとんどいないようですね

 

これが、答えでしょう。

 

 

本当に英会話力をつけるには、

聴く➕自分の努力が必要だということですね。

 

 

 

つづいては、低評価の口コミです。

 

正直、

低評価の口コミの方が圧倒的に多かったです…^^;

 

その一部をご覧ください。

この教材は宣伝通り、隙間時間を有効に使うという意味では有効な教材だと感じました。

なんとなく過ごしていた隙間時間に教材を聞くことで、英語を勉強しているというモチベーションを維持することができます。

ただ、聞き流す「だけ」で英語がペラペラになるか、理解できるようになるかというと、それを実感するまでには至らなかったというのが正直なところです。

意味がわからない部分は聞き流しでは何度聞いても意味がわからなかったので、なんと言ったか確認しながら根気よく注意して聞くという姿勢が必要だと感じました。

口コミレポート&ランキング より)

本当に聞き流すだけで話せるようになるのかという点は疑問です。

聞き取れることと、実際に自分が話をして、相手と会話をするということは違うと感じるからです。

実際、街で困っている外国の方に話しかけられたとき、相手が何を聞いているのかということはわかったのですが(○○に行きたいのだが、どう行けばよいかわからないという内容でした)、ことばがうまく出てこず、結局は単語を並べて話すという状態になってしまいました。

スピードラーニングだけでは、やはり「話す」という点が弱いのではないかと感じます。

実際に海外の方と話す機会が頻繁にある方にとっては効果があるかもしれませんが、スピードラーニングのみで英語がぺらぺら話せるようになるとは思いません。

口コミレポート&ランキング より)

聞くだけで話せるものなのかと思い、半信半疑で使ってみることにしました。

ですが、実際には英語だけの音声を聞くだけなんて、相当勉強したい人でなければ聞く気になれないし、わからないのに聞いていても眠くなるだけだし、聞き流して英語がわかるようになるわけではないと思いました。

今ではすっかり収納棚の奥で安らかに眠っています。全然使いませんでした。

留学の経験から、そもそも聞くだけで英語が話せるようになるなんて夢のまた夢だと思います。

“聞く「だけ」”という簡単な学習で英語が本当に話せるようになるのなら、今頃日本の言語は日本語と英語になっているはずです。

実際には英語ができる日本人は一握りで、そうゆう人は本当に努力しているはずです。

「~だけで英語が話せるようになる」という謳い文句のコマーシャルはオーバーです。
地道にコツコツ学習し、苦しい思いをすることが、英語が話せるようになるための一番の近道です。

何とも、シビアな・・・^^;

 

低評価の口コミをまとめると

  • 聴いても理解できない箇所は分からないまま
  • 英語学習初心者には難しすぎる・不向き
  • 聴く「だけ」で英語ペラペラは無理

 

 

まずもって、

英語学習初心者には、聞き流し自体難しいようです。

 

聞き流すにも、

ある程度の英語力が必要だということですね。

 

 

結果、

「聞くだけで英語ペラペラ♪は、無理!」

と言わざるを得ないでしょう。

 

 

繰り返しますが、英会話力をつけるには、

聴くプラスαの努力が必要だということです。

 

 

東大生の英語勉強法が無料で学べる
この記事を読んでくれているあなた限定で、東大生の効率的な勉強法が学べる公式LINEへ無料で招待します。今だけ、東大生が書いた2つの書籍も無料でプレゼント

聞くだけで英語が話せない理由

なぜ, 質問, テキスト, 黒板, テクスチャ, ホワイト, 灰色の質問, なぜ

なぜ、聞くだけで英語を話せるようにならないのでしょう?

 

その主な原因は3つあります。

 

 

英語をただ聞き流すだけでは、

  1. 語彙を習得できない
  2. 正しく理解できていない
  3. 英語を話す機会を持てない

 

いずれも、英語学習には欠かせないポイント。

ですが、聞き流すだけでは、このポイントを押さえられないんですね。

 

では、1つずつ見ていきましょう。

 

 

語彙を習得できない

英文を聴いていると…

途中で「ん!?」ってなることありますよね。

 

 

よくある一因は、「語彙」

 

あなたが「?」と思った箇所には、

あなたの知らない単語がある可能性が大なんです!

 

 

それなのに…

 

何度も何度も英文を聞きなおす。

何度聞いてもわからない…。

なんじゃこの教材は~!!笑

 

なんてことになっちゃうわけです^^;

 

 

この原因は、

わからない語彙を放置していること。

 

 

これが「聞くだけ」の落とし穴

 

知らない単語は、100回聞いても理解できません。

だって、知らないんですから。笑

 

まして、話せるはずありません。

だって知らない単語ですから。笑

 

 

聞くにも話すにも、語彙力が大きく影響するってことですね。

 

 

英文を正しく理解できていない

英語を聞き流すだけ~の落とし穴、その2。

 

それは、

聞きとった英文の正誤を確認できないこと。

 

聞き流すだけでは、

  • 「聞き取れてる!」と勘違い
  • 聞き取れていない英文を放置

 

なんて可能性も、大いにあるんです!

 

だって、「聞くだけ」ですから。

 

 

たえば、同じ発音の ‘fun’ と ‘fan’。

 

‘fan’ だと思い込んでいたら、実は’fun’だった!

なんてことも、ありえるわけです。

 

 

こんな事態を防ぐ手立ては1つ。

マニュスクリプト(原稿)を確認することです。

 

 

まずは、

「これ以上わからない」

「完全に理解できた」

 

こう思えるまで、何度も聞いてみましょう。

 

その後、マニュスクリプト(原稿)で確認です。

 

 

ただし、その際、聞き取れない箇所はもちろん、

「聞き取れた!」と思える箇所も確認を!

 

そうすることで

  • 聞き取れない箇所の語彙・発音の習得
  • 正しく聞き取れたかの確認

ができます。

 

正誤の確認なしに英語を聞くのは無意味

と言っても過言ではないでしょう。

 

 

英語を話す機会を持てない

上記2点をおさえれば、聞き取りは上達するでしょう。

 

ですが、

「英語を話せる」には至りません。

 

 

では、英語を話せるようになるには?

 

「英語を話す機会」が不可欠なんです。

 

だって、英語を発さずに、英語ペラペラになると思いますか?

そんなはずはありませんよね^^;

 

 

この点こそが、

「聞くだけで~」の決定的な欠点。

 

 

英語を聞いた量と英会話力は比例しません。

 

英語を聞いて理解できる≠英語を話せる

なんです。

 

 

実際に英語を話す

これなくして、英語を話せるようになるはずありません!

 

 

まとめ

変更の時間, 新しい方法, 文字, 単語, フォント, ライトボックス, と言って, テキスト, 過去, 写真

『聞くだけで英語が話せる』はありえない!

 

その3大原因

  1. 語彙を習得できない
  2. 聞き取りの正誤を確認できない
  3. 英語を話す機会が持てない

 

聞くだけでは、英語は話せません。

 

 

ただし、

聞く+上記3点の学習を取り入れる。

 

そうすれば、英語を話せるようになれるでしょう。

 

 

要するに

「聞くだけで~」なんて楽な道はないってことですね。

 

コツコツ努力して、力をつけていきましょう!

 

 

ちなみに、

英語をペラペラ話すには、正しい発音も不可欠。

発音に自信がない方は、こちらをチェックです!

 
英単語を超効率に覚える書籍を無料プレゼント
期間限定で英単語を超効率に覚えるテクニックを解説した書籍「英単語のトリセツ」を無料でプレゼントしてます。LINE友達追加するだけで5秒以内でもらえます。

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、

工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  



現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が

最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、

ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。

 ※書籍はお持ちのスマホ・PC ですぐに読むことが可能です。

書籍と同時に受け取れる公式LINEのコラムでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  



最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です