TOEICは勉強スケジュールを立てれば怖くない!200点UPを目指す方法

コロナ禍で長引くTOEICの抽選受験。

せっかく受験できるからには、失敗したくないですよね。

 

 

そのために必要なのは、

勉強スケジュールを立てること。

 

 

「いつも途中で挫折してスケジュール倒れしてしまう」

「スケジュール通りに学習してるのにスコアがUPしない」

 

 

その原因は、

あなたのスケジュールの立て方にあるのかも・・・!?

 

 

ありがちな失敗例は

  • 現状把握が甘い
  • 細かすぎるスケジュール
  • ポイントのズレた学習内容

 

これでは、せっかくの学習しても効力を発揮できません。

 

 

そこで今日は

  • 失敗しないTOEIC勉強スケジュールの立て方
  • 効果的なTOEIC学習のコツ

 

これをあなたにお届けしたいと思います。

 

 

的を得たスケジューリングをすれば、

200点UPも実現可能です。

 

まずはこの記事を読んで、コツを掴んでみてくださいね。

 

 

スケジュールを立てる前に

リアミラー, ソリューション, 問題, 分析, 赤, 緑, 黄色, テキスト

ではさっそく!

と、スケジュールを立てたいところでしょう。

 

 

が!

 

いきなりスケジュール立てに走ってはいけません。

 

 

その前にやるべきことが3つあります。

 

それは

  1. 現状(スコア)把握
  2. 決戦日(受験日)決め
  3. 目標スコア設定

 

では、1つずつ見ていきましょう。

 

 

自分の現状を把握する

受験経験者は、最新スコアを確認しましょう。

そのスコアが、あなたの現状だと考えて良いでしょう。

 

 

受験未経験者は、

まずは自身のおおよそのスコアを知りましょう。

 

スコアを測る方法は、主に2つ

  • 予想問題集で予想スコアを出す
  • e-testで予想スコアを出す

 

 

予想問題集を使う場合は、新形式対応のテキストを使いましょう。

 

特にオススメなのは

「TOEIC L&R テスト 至高の模試600問」

5点刻みでスコアを出せるので、より正確に現状把握ができます。

 

 

「書店に行く暇なんてない!」

そんな方にオススメなのは、「e-test」

 

スマホでTOEIC模試を受けることができるんです。

しかも、試験時間は30分!

 

興味を持った方は、こちらをどうぞ。

 

 

これで現状把握はバッチリですね!

 

 

受験日を決めて申し込む

さあ、次は

決戦日を決めて、申し込みをしてしまいましょう!

 

その際のポイントは、2~3か月後の受験日を選ぶこと。

 

 

受験を申し込めるのは、最短でも2か月弱先のテスト。

 

したがって、

最短のTOEIC、もしくは、その次の回のTOEICを申し込みましょう。

 

そうすれば、ちょうど2~3か月の学習期間を確保できます。

 

 

日程を決めたら、もう申し込んでおきましょう!

決意が揺らいでしまう前に^^;

 

 

目標スコア定め

これで、ゴールの日程と内容が定まります。

 

自分の現状と受験日までの日数から、総合的に判断しましょう。

 

 

ポイントは

到達可能だと思える目標スコアを設定すること。

 

心のどこかで「無理~」って思う目標設定はやめましょう。笑

途中で挫折してしまいますからね。

 

現実的なラインとして、100~200点の範囲での設定が無難でしょう。

 

 

とはいえ、

  • 現状のスコアレベル
  • 確保できる勉強時間
  • 気合 笑

などなどによっても変わってきます。

自身の状況を冷静に分析して、設定してみましょう。

 

 

参考までに、あるデータをご紹介します。

目標スコア達成に要する学習時間がグラフ化されています。

(参考:A Teacher’s Guide to TOEIC)

ひとつの目安として活用してみてくださいね。

 

 

東大生の英語勉強法が無料で学べる
この記事を読んでくれているあなた限定で、東大生の効率的な勉強法が学べる公式LINEへ無料で招待します。今だけ、東大生が書いた2つの書籍も無料でプレゼント

学習スケジュールを立てる

プランナー, 2019, 年, カレンダー, スケジュール, 日付, 2 月

さあ、準備が整ったところで、スケジュールを立てていきましょう。

 

スケジュール立てのポイントは、3つ

  1. 2種類のスケジュールを立てる
  2. 苦手分野中心の学習計画を立てる
  3. 試験前には演習を多く取り入れる

 

 

では、1つずつ見てみましょう。

 

 

2種類のスケジュールを立てる

ここでいう2種類のスケジュールとは

  • 1日単位でのスケジュール⇒例:2/2~7 リスニングPart3,4
  • 1日の中でのスケジュール

⇒例:18:00~19:00 語彙演習+暗記

 

このように、2つのスケジュールを作ってみましょう。

 

 

ここでのポイントは

過密スケジュールにしないこと!

 

予定通りにできない日もあります。

ですから、詰めすぎないことが大切です。

 

 

ズレることを前提として、調整日を設定する

これもとっても有効!

 

無理のないスケジュールが、継続のコツです。

 

 

とはいえ、いざスケジュールを立ててみると…

 

「勉強時間をなかなか確保できない。」

そう気づくことって、ありますね。

 

 

そんなときに有効なのは、隙間時間の活用。

 

1日の中で、意外と見つかる隙間時間。

このちょっとした時間でも、勉強に使うことができます。

 

  • 英語学習アプリで語彙学習
  • スマホでニュースを聞いてリスニング対策 などなど

 

ちょっとした時間でも、できることはたくさんあります。

 

まとまった学習時間を確保しづらい。

そんな日は、この隙間時間の活用スケジュールを立ててみましょう。

 

ちなみに、隙間時間には、youtubeでの学習もオススメです。

 

 

 

苦手分野中心に学習計画を立てる

さあ、学習の大まかな日程が見えてきましたね。

あとは、その学習内容を埋めていきます。

 

リスニングテストとリーディングテスト。

バランスよく取り入れると良いでしょう。

 

 

ただしその際、

苦手な分野の学習に重点を置きましょう。

 

 

そのためには、どの分野が苦手なのかを知る。

これが不可欠です。

 

最後に解いたテストから、

得点率の悪かった分野を洗い出しましょう。

 

あとは、その分野に重きを置いたスケジュールを組めばOK。

己の弱点を知ることが、スタートです。

 

 

試験前は演習中心に組む

2~3か月かけて苦手分野を潰したら、最後は演習です。

 

演習するメリットは

  • 学習の成果を確認できる
  • 時間配分の感覚をつかむことができる

 

 

特に、TOEICテストは「時間配分」が命!

演習を積むことで、時間配分の感覚を体得できるんです。

 

ですから、

本番前1~2週間は、演習を多く取り入れましょう。

 

 

ただしその際、注意すべき点は

復習もスケジュールに組み込むこと。

 

 

「演習」と「復習」は必ずセットで、

スケジュールに組み込みます。

 

要は、解きっぱなしにしないってことですね。

 

 

演習と復習を重ねていけば、必ずスコアUPできます。

必ずセットで行いましょう。

 

 

さあ、これで効果的なスケジュールは完成です。

あとは、実行あるのみです!

 

 

苦手分野克服の秘訣

ディレクトリ, 道標, 希望, 絶望, うつ病, 心理学, 療法, 木, 穀物

スケジュールが確定したら、あとは学習を進めるのみ。

ということで、学習のコツを、最後にご紹介したいと思います。

 

 

多くの受験者が苦手とする

  • リスニングテスト Part 3、4
  • リーディングテスト Part 5、7

 

この分野について、簡単にお教えします。

具体的な対策法が分からない方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

リスニングテスト Part 3, 4

リスニングで難解なのは、Part 3、4でしょう。

それゆえ、苦手意識の強い方も多いはず。

 

この2つのPartは、

放送内容+選択肢が長いため、難しく感じてしまうんです。

 

これを克服するには、日々の地道な学習が不可欠。

  • 英語のニュースを聞く
  • シャドーイングを取り入れる

などなど。

 

コツコツと実力をつけていくしかありません。

 

 

が、

本番の解き方が悪いと、その力を発揮できません。

 

 

実は、オススメの解法テクニックが、1つあるんです!

 

それは、「選択肢の先読み・縦読み」。

 

  • 「先読み」・・・放送より先に選択肢に目を通す
  • 「縦読み」・・・選択肢を縦にざっと読む

 

 

選択肢を「先読み・縦読み」する。

これだけでも、回答の精度がグッと上がります

 

 

では、いつ「先読み」を始めるのか。

 

それは、リスニング試験開始の瞬間!

 

 

試験や Part 1 の説明なんて聞きません。

開始と同時に、Part 3・4 の選択肢をひたすら読み進めます。

 

一度、パッと目を通すだけでも、回答速度は断然UPします。

 

このテクニックと日々の学習で、スコアUPは間違いなしです!

 

 

リーディングテスト Part 5、7

多くの受験生が苦手なリーディングPartといえば?

 

  • 語彙・文法のPart 5
  • 長文読解のPart 7

ってところではないでしょうか。

 

 

この両Part克服に共通して必要なことは

  • 語彙・文法力の強化
  • 正しい時間配分

 

 

Part 5は当然ながら、Part 7でも語彙・文法は欠かせません。

語彙が分からないと、長文の読みようがありませんからね^^;

 

そこでオススメしたいのは、このテキストを使った学習。

TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問

 

めちゃくちゃ頻出の問題が、1049問収録されています。

 

この1冊で、Part 5を完全攻略できてしまいます。

具体的な学習方法は、こちら。

『TOEIC文法でる1000問』だけで文法完璧マスター? その真相と効果的な使い方に迫る

Part 5 が苦手な方は、試す価値アリです!

 

 

そしてもう1つの重要な要素は、時間配分です。

 

というのも、

TOEICテストでは、時間配分が命。

 

 

特にリーディングテストでは、

時間配分だけでも、スコアは大きく変動します。

なんと100点変わることも・・・!

 

 

この原因は、Part 7 のとてつもない分量。笑

 

Part 7を解き終えることができるか。

これが、スコアにとっても影響します。

 

 

したがって、

語彙力+時間配分の感覚をつけることが不可欠なんです。

 

時間配分についてもっと知りたい方には、こちらがオススメです。

TOEIC一夜漬けで100点UPさせるためにやるべき3つのこと

以上、知っておくと役立つテクニックをお伝えしました。

 

ですが、あくまでもテクニック。

スケジュールに基づいて、コツコツ学習することが何より大切です。

 

効果的なスケジュールを立てて、着実に力をつけましょう。

 

 

英単語を超効率に覚える書籍を無料プレゼント
期間限定で英単語を超効率に覚えるテクニックを解説した書籍「英単語のトリセツ」を無料でプレゼントしてます。LINE友達追加するだけで5秒以内でもらえます。

まとめ

日記, ペン, マグ, 書き込み, カレンダー, 日記, カレンダー

TOEICの勉強は、2~3ヶ月のスケジュールを立てて行うべし。

 

スケジュールを立てる前にすべきこと

  1. 現状把握
  2. 受験日決定&申込み
  3. 目標スコア設定

 

スケジュールの立て方のポイント

  • 2種類のスケジュールを立てる
    ⇒1日単位と1日の中でのスケジュール
  • 苦手分野に重点を置く
  • 試験前には演習を多く組み込む
    ⇒演習と復習を1セット

 

さあ、スケジュールが立ったら、あとは実践あるのみ。

実践できれば、目標達成できるはずです!

 

スケジュールとともに以外と大切なのは、試験前日の過ごし方。

興味のある方はこちらもどうぞ!

【実話】TOEIC直前に悪あがきしたら935点とれてしまった話

 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、

工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  



現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が

最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、

ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。

 ※書籍はお持ちのスマホ・PC ですぐに読むことが可能です。

書籍と同時に受け取れる公式LINEのコラムでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  



最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です