『TOEIC文法でる1000問』だけで完全攻略? その真相と効果的な使い方に迫る!

唐突ですが、TOEICスコアUPを目指すあなたへ質問です。

 

今話題のTOEIC対策テキスト、ご存知ですか?

 

 

その名もTOEIC文法でる1000問』

 

 

「この1冊だけで、TOEIC文法は完璧にマスターできた!」

「1000問もあるのに、解説がめちゃくちゃ丁寧でわかりやすい!」

「リーディングスコアが100点UPした!」

などなど。

 

 

絶賛の声が止まらないテキストのようなんです!

 

社会人になると、めっきりと学ぶ機会がなくなる英文法。

たった1冊でマスターできるなら、言うことなしですよね。

 

 

そこで今日は

 

  • TOEIC文法でる1000問』が熱い理由
  • TOEIC文法でる1000問』の効果的な使い方
  • TOEIC文法問題の攻略法

 

 

これを特別にあなたにお届けしたいと思います。

 

 

まずは、この記事を読んだうえで、テキストを使ってみてください。

そうすれば、100点UPも十分可能だと思います。

 

 

ではさっそく、テキストの概要をみていきましょう。

 

 

『TOEIC文法問題でる1000問』とは?

文学, 本, ページ, クリーン, 書籍のバインディング, 教育, 研究

まずは、『TOEIC文法でる1000問』の基本情報から。

 

 

本書の基本情報

TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問

 

20万部超えという大ヒット作となったこの著書。

詳細な情報はこちら。

 

  • 書籍名:「TOEIC L&R テスト 文法問題 でる 1000 問」(改訂版)
  • 著者:TEX加藤
  • 値段:2,300円(税別)
  • 問題数・内容:1049問・文法問題

 

 

タイトルは「1000問」ですが、実際には1049問収録

 

しかも、その1049問

めちゃくちゃ厳選された頻出問題ばかり!

 

「あ、この問題あった!」と心の声が炸裂すること間違いなしです 笑。

 

 

 

さらに、音声を聞くことも可能です

音声アプリ「abceed analytics」をダウンロードするだけ。

 

試してみたい方は、ぜひ!

・Android⇒こちら
・iPhone⇒こちら

 

 

ちなみに、著者はTEX加藤さん

TOEIC界で非常に著名で、ロングセラーを多数輩出しています。

 

他にも

などなど。

 

大ヒットのTOEIC対策テキストが多数出版されています。

気になる方は、ぜひ購入してみてください!

 

 

本書の構成・内容

テキストを開くと、このような構成になっています。

(出典:Amazon.com)

 

  • 左ページ:文法問題
  • 右ページ:文法解説

 

 

実際に問題を解いて、右ページで答え合わせします。

 

アウトプットしたうえで、正しい情報をインプットできるこの構成。

とっても効果的ですね。

 

 

さらに、もう一つありがたい特徴が。

 

それは、

問題がカテゴリー分けされている点

 

  • 品詞問題
  • 動詞問題
  • 前置詞問題or接続詞問題
  • 代名詞問題

などなど。

 

カテゴリー分けされているので、自身の苦手分野を把握できます。

より一層、効率よくレベルUPできそうですね。

 

 

本書の対象レベル

とっても使いやすいテキストですが、注意すべき点があります。

それは、本書の難易度

 

 

実は、このテキストは難易度が高めなんです。

 

先ほどお見せしたように、右ページには丁寧な解説がついています。

ですが、これは一定の文法知識を前提としたもの。

 

 

「中学校の文法からあやしい…」

「文法なんてさっぱり覚えていない」

 

こんな状態では、解説自体を理解できないでしょう。

 

 

したがって、

本書の対象レベルとなりえるのは、TOEICスコア500点以上。

 

「500点はクリアしているけど、文法が苦手」

「文法を極めて700点を超えたい」

などなど。

 

500点以上所持者に、効果的なテキストなんです。

 

 

ですからまずは、自身のレベルに合っているか確認してください。

 

「このテキストを使えるレベルに届いてない・・・。」

そんな方は、まずはこちらを使ってみるのをオススメします!

新TOEIC(R)テスト 中学英文法で600点!

 

まずは、このテキストで基礎固めをしましょう。

その後、『TOEIC文法問題でる1000問』へ挑戦しましょう。

 

焦らず、コツコツと着実にいきましょう!

 

 

東大生の英語勉強法が無料で学べる
この記事を読んでくれているあなた限定で、東大生の効率的な勉強法が学べる公式LINEへ無料で招待します。今だけ、東大生が書いた2つの書籍も無料でプレゼント

『TOEIC文法問題でる1000問』の効果的な使い方

ノートブック, 紙, ページ, 空, 空白, 本, コーヒー ブレーク

テキストの特質も分かったところで、さっそく使っていきましょう。

 

オススメの使い方をご紹介してみたいと思います。

良ければ、参考にして取り入れてみてください。

 

 

ポイントは3つ。

  • 最低3周はやる
  • 問題文・選択肢の全単語をチェックする
  • 30問を10分で解く

 

 

では、その内容を詳しくお話していきます。

 

 

最低3周はやる

1000問以上という大量の問題。

 

だからといって、一通り解くだけでは不十分です。

全然足りません!

 

最低でも3回は解きましょう。

 

 

一通り解いた後の2回目以降は

  • 苦手なカテゴリーを重点的に解く
  • 理解できなかった・間違えた問題のみ解く

などなど。

 

自分の力・状況に応じて、工夫してみてOK。

カテゴリー別に収録されているので、アレンジしやすいですね!

 

 

30問を10分で解く

最後のポイントは、スピードをつける練習をすること。

 

というのも、

文法問題であるPart 5の最題の難点は、時間配分だからです。

 

TOEICでは、ただ正確に解けるだけではダメなんです。

何より大切なのは、速く正確に解けること。

 

 

どのくらいの速さかというと、Part 5と6で20分

これを成し遂げるには、かなりのトレーニングを要します。

 

 

そこで、30問を10分トレーニングです。

 

普段から、時間を意識して解く。

これだけでも、スコアアップに繋がります。

 

「いつもTOEICの時間が足りない。」

そんな方には、特に効果テキメンです!

 

 

 

問題文・選択肢の全単語をチェックする

1回目解く際に、やって頂きたいことがあります。

 

 

それは、

  1. 問題文・選択肢の全単語をチェックする
  2. その中で、知らない単語をピックアップする
  3. ピックアップした単語を「単語ノート」に集約する

 

 

問題文、選択肢は、単語の宝庫。

その単語を取りこぼすなんて、もったいなさすぎです!

 

正解した問題であっても、全チェックします。

その中に知らない単語があれば、すべてピックアップしましょう。

 

 

そしてもっとも大切なのは、

その単語を「単語ノート」に集約すること。

 

 

ここでいう「単語ノート」とは、あなた専用の英単語ノート。

載っているのは、あなたが知らない英単語だけ。

 

 

つまり、この「単語ノート」を使えば、

知らない単語だけを覚えられるわけです!

 

めちゃくちゃ効率的ですよね。

 

 

作り方はとってもシンプル。

  1. 意味が分からない英単語だけを抜き出す
  2. その英単語の意味を調べる
  3. 英単語と調べた意味をノートに転記、一覧にする

 

 

これで、世界に1冊の単語ノートの完成です。

試験当日も、この1冊があれば乗り切れます。

 

作って使ってみると、その良さが分かってもらえると思います!

 

 

作ってはみたものの、なかなか単語を覚えられない。

そんな方は、こちらを見てみてください。

【手元動画】英単語帳の本当に正しい暗記法を東大生が解説してみた(※爆伸び注意) – YouTube

 

TOEICテスト Part 5 の攻略法

ビジネス, 成功, 受賞, グラフ, 矢印, 成長, ファイナンス

語法・文法問題であるPart 5。

 

さきほどもお話ししたように、

このPart 5をいかに高速回答できるか。

これが、リーディング試験のスコアを大きく左右します。

 

  • 『TOEIC文法問題でる1000問』で文法マスター
  • 『TOEIC文法問題でる1000問』でスピードトレーニング

 

この2つを成し遂げた方。

 

最後に習得してもらいたいテクニックがあります。

 

 

それは、「問題の見極め」

 

 

実は、Part 5 の問題は、大きく2つに分類できます

  1. 知識問題…英単熟語の語彙or文法問題
  2. 品詞判別問題…品詞の判別問題

 

 

例題を見てみましょう。

Although the author _____ presents the purchase of real estate, she later describes times that it might be risky.

 

(A) highly  (B) afterward  (C) quite  (D) initially

正解:(D)

 

このように、

選択肢の単語に関連がないのが「知識問題」。

 

「知識問題」の大半は、

英文全体の内容を把握しないと正確に解けません。

 

つまり、時間がかかろうとも、全文読むしかないのです。

 

ただし、一読してみて

「英文や選択肢の意味が分からず解けない」

「何の文法かすらわからない」

 

こんなときは、諦めてください。

 

 

「知識問題」は、知識がないと解けません。

悩む時間がもったいないです。

 

諦めてマークし、次の問題に力を注ぎましょう。

 

 

さあ、次の問題です。

AIZ Office Products offers businesses a _______ way to send the invoices to clients online.

 

(A) secure  (B) secures  (C) securest  (D) securely

正解:(A)

 

選択肢を見てください。

「secure」に関連のある単語ばかりです。

 

このように、

選択肢の単語に関連性があるのが「品詞判別問題」

 

「品詞判別問題」は、

全文を読まずに解けることがほとんど。

 

文構造を見極めるだけで、瞬時に答えられるのです。

 

 

では、さきほどの問題に戻りましょう。 

冠詞 ‘a’ と名詞 ‘way’ の間に入る品詞といえば?

そう、「形容詞」です。

 

これで、(A) と (C) の2択に絞ることができます。

 

さらに、(C) securest は 「secure」の最上級。

もし(C)が正解なら、’a’ でなく ‘the’。 

ということで、(A) を瞬時に選べるわけです。

 

いかがですか?

 

この方法なら、Part 5の回答時間を大幅にカットできます。

その浮いた時間を最難関Part 7に回す。

 

ぜひ、実践してみてください。

 

 

英単語を超効率に覚える書籍を無料プレゼント
期間限定で英単語を超効率に覚えるテクニックを解説した書籍「英単語のトリセツ」を無料でプレゼントしてます。LINE友達追加するだけで5秒以内でもらえます。

まとめ

Spring, School, Study, Line, Paper

『TOEIC文法問題でる1000問』に関する重要情報

  • 1094問の文法問題をカテゴリー別に収録
  • TOEIC業界で有名なTEX加藤氏著作
  • アプリダウンロードで音声確認も可能
  • 対象レベルはTOEIC 500点以上

 

『TOEIC文法問題でる1000問』の効果的な使い方

  • 最低3周演習する
  • 30問を10分で解く
  • 問題文・選択肢の単語のうち知らない単語をピックアップ
    ⇒単語ノート作成

 

 

大人気の『TOEIC文法問題でる1000問』。

この記事を読んだ今なら、効果を最大限発揮させることができるはず!

 

TOEICスコア100点UP目指していきまょう!

 

 

勉強しようと思っていたのに、気づけば前日・・・。

そんなピンチのときには、こちらをどうぞ!

【実話】TOEIC直前に悪あがきしたら935点とれてしまった話 | 英語教師歴4年の現役東大生の勉強法 (jackslog.com)

効果的なTOEIC対策、まだまだありますよ~!

たった3ヶ月でTOEIC900点を射程圏内にする勉強法 – YouTube

 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、

工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  



現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が

最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、

ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。

 ※書籍はお持ちのスマホ・PC ですぐに読むことが可能です。

書籍と同時に受け取れる公式LINEのコラムでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  



最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です