英検5級に合格できるのは何年生? 合格できる小学生の共通点はこれ!

英検の中でもっとも簡単な英検5級

 

まずは英検5級から、子どもに挑戦させたい!

そんな保護者も多いでしょう。

 

 

でも英検5級を目指せるのは、いったい何年生から?

そんな疑問の声も、よく耳にします。

 

ということで今日は

  • 英検5級の内容・レベル・合格率は?
  • 英検5級の受験者は何年生から?
  • 英検5級合格ポイント

 

これをあなたにお届けしたいと思います。

 

 

英検5級から順当に合格していきたい中学生。

小学生以下のお子さんに英検5級を挑戦させたい大人。

 

必見ですよ!

 

 

英検5級の内容・レベル・合格率は?

問題, ソリューション, 質問マーク, チョーク, 黒板, ヘルプ, サポート

さあ、まずは英検5級の内容を見ておきましょう。

何年生から挑戦できるかの判断にも、大きく関わりますよ!

 

 

英検5級の試験内容

まずは、英検5級の試験形式から。

 (英検公式サイト

試験のポイントはこちら。

 

試験形式

  • リーディング試験 25問(マーク式)
  • リスニング試験 25問(マーク式)

 

試験時間

  • リーディング試験 25分(マーク式)
  • リスニング試験 20分(マーク式)

 

試験内容の主な場面・題材

場面 家庭、学校、地域(各種店舗・公共施設を含む)、電話など
話題 家族、友達、学校、趣味、旅行、買い物、スポーツ、映画、音楽、食事、天気、道案内、自己紹介、休日の予定、近況報告など

(英検公式サイト)

 

英検5級の試験内容に関しては、おおよそ分かりましたね。

 

45分間で、計50問のテスト。

時間、分量ともに、易しいと言えますね。

 

 

ただし、受験者が小学校低学年である場合。

 

45分間の試験中、

「一切声を出さない、話さない」を守れるか。

 

これも重要となってくるでしょう。

 

 

英検5級のレベル

続いては、英検5級のレベルです。

 

英検5級のレベルの目安はこちら。

 (英検公式サイト

すべての事項に書かれているように、

英検5級の特徴は、「初歩的な英語」なんですね。

 

目標とされる習得語彙数は、300~600語。

 

 

とはいえ、

「具体的にどのくらいのレベル?」って思いますよね。

 

英検協会によると、レベルの具体的な目安はこちら。

 (英検公式サイト

一般的に、英語を本格的に学び始めるのは、中学校。

そう考えると、「初歩的=中学初級」は頷けますよね。

 

 

ちなみに、

英検5級のスピーキング試験は希望制

受験しなくても、英検5級の取得は可能です。

 

 

ただし、

英検3級以上の級は、スピーキング試験必須。

 

練習を兼ねて、受験してみるのも良いかもしれませんね。

 

5級のスピーキング試験のサンプルがこちら。

 (英検公式サイト)

 

もっと知りたい方は、こちらでチェックです!

 

 

英検5級合格ライン・合格率は?

最後は、気になる合格ラインと合格率。

 

現在、英検の合否判定には、

「CSEスコア」という独自の基準点が使われています。

 

独自の換算数式によって算出されるため、

「○問正解したら合格」とは言えなくなっているんです。

 

 

とはいえ、

一般的に言われるボーダーラインは、60%程度

 

リーディング+リスニングで、60%ちょっとあれば、

ほぼ確実だと考えて良いでしょう。

 

 

ちなみに、

現在、英検の合格率は非公開。

 

最後に公開されたのは、2015年。

この年の英検5級の合格率は、81%ほど。

 

以降も、

合格率に大きな変動はないと思われます。

 

この高い合格率を考えると、そう高い壁ではなさそうですね。

 

 

東大生の英語勉強法が無料で学べる
この記事を読んでくれているあなた限定で、東大生の効率的な勉強法が学べる公式LINEへ無料で招待します。今だけ、東大生が書いた2つの書籍も無料でプレゼント

英検5級の受験は何年生から?合否は?

学校用品, 文房具, バックパック, コピー スペース, 筆記用具

さあ、それではさっそく本題に切り込んでいきましょう!

 

「英検5級の受験は、何年生からなのか」について。

 

 

結論としては、

小中学生、何年生からでも可能です。

 

中には、

幼稚園児でも合格する場合もあるほどです。

 

 

中学生で受験する場合。

学校の英語学習をしっかり行っていれば、難しくはないでしょう。

 

 

では、小学生以下で受験、合格するには?

 

小学生以下で合格する場合、こんな子どもが多いようです。

  • 帰国子女である
  • 幼少期から英会話スクールに通っている
  • 私立のインターナショナルスクール等に通っている

 

もちろん、

家庭学習のみで合格した小学生もいるでしょう。

 

ですが、概して、

小学生以下で合格する場合は、上記パターンが多いようですよ。

 

 

ちなみに、

問題文にはすべてふりがなが書かれています。

 

したがって、

ひらがなを読むことができれば、試験自体は大丈夫でしょう。

 

 

とはいえ、英検5級でも語彙や会話問題もあります。

短文ながらも、長文読解もあります。

 

ですから、文脈を読み取る日本語力は不可欠

受験年齢を考える際、その点の考慮も必要ですね。

 

 

英検5級合格のポイント

心, キー, バラ, Herzchen, 愛, ロマンス, シンボル

さあ、では英検5級をいかに攻略すべきか。

その秘訣をご紹介しましょう。

 

ここでは、特に

小学生以下の受験者にオススメ攻略法

に焦点を当てていきますよ!

 

 

リーディング試験

25問から成るリーディング試験。

 

その内訳は

  • 語彙・文法問題(15問)
  • 会話問題(5問)
  • 並び替え問題(5問)

 

中でもポイントとなるのは、語彙・文法問題!

 

 

特に、受験者が小学生以下の場合。

 

この第1問でどれだけ正答できるか。

これが、合否に大きく影響してくるんです!

 

理由は2つ。

  • 配点が高い
  • 内容が簡潔である

 

 

たとえば、こんな問題です。

(英検公式サイト)

 

読解力が低くても、知識だけで処理しやすいですよね。

 

したがって、

受験者の年齢が低いほど、この大問の正答率がカギとなるでしょう。

 

 

オススメの攻略法としては

  1. 英検の過去問演習をする
  2. 選択肢・問題文中のわからない単熟語をチェックする
  3. 覚える

 

このサイクルをひたすら繰り返します。

 

 

5級の英単語数は、そう多くはありません。

繰り返すうちに、習得した単語に出会うようになります。

 

そこまで来れば、スコアUPは必至ですよ!

 

 

リスニング試験

続いては、リスニング試験。

 

実は、

合格をもっとも左右するのが、リスニング試験!

 

 

というのも、英検5級のリスニング試験は

  • スピードがゆっくり
  • 2回放送される

 

かなり得点しやすい試験なんです!

 

 

実際、合格した小学生以下は

リスニングで高得点をとっているようです。

 

読解が不要なリスニング試験。

年齢が低いほど、重要性は高いと言えますね!

 

しっかり過去問演習をして臨みましょう。

 

 

英単語を超効率に覚える書籍を無料プレゼント
期間限定で英単語を超効率に覚えるテクニックを解説した書籍「英単語のトリセツ」を無料でプレゼントしてます。LINE友達追加するだけで5秒以内でもらえます。

まとめ

英検5級は、中学校初級レベル。

合格ラインは、おおむね60%と考えられる。

 

中学生はもちろん、小学生も合格している。

中には、幼児で合格しているケースも。

 

小学生以下の合格者に多いパターン

  • 帰国子女
  • 英会話スクール生
  • インターナショナルスクール生

 

英検5級合格のコツは、リスニング試験で高得点をとること。

特に小学生以下の受験者は、リスニングで稼ぐことが重要!

 

最後に公開された英検5級合格率は、約81%。

しっかり演習と復習を積めば、小学生以下でも突破できる。

 

さあ、興味を持った方は、さっそくトライしてみましょう。

 

 

ちなみに、

今大注目されているのが、バイリンガル育児。

 

「英語を話せる子どもに育てたい!」

そんな願望のある方は、こちら!

バイリンガルベイビー (Bilingual Baby) に学ぶバイリンガル育児とは!?【必見】

 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、

工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  



現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が

最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、

ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。

 ※書籍はお持ちのスマホ・PC ですぐに読むことが可能です。

書籍と同時に受け取れる公式LINEのコラムでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  



最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です