TOEICスコアUPに欠かせない勉強計画。失敗しないスケジューリングはこれ!

コロナ禍で長引くTOEICの抽選受験。

受験できるからには、失敗したくないですよね。

 

そのために必要なのは、勉強計画を立てること。

 

いつも計画倒れしてしまう…

計画通りに学習してるのにスコアが上がらない…

 

その原因は、その勉強計画にあるのかも・・・!?

 

 

ありがちな失敗例は

  • 現状把握が甘い
  • 細かすぎる計画
  • ポイントのズレた学習内容

 

これでは、せっかく計画的に勉強しても効果が出ません!

 

 

そこで今日は

  • 失敗しないTOEIC勉強計画の立て方
  • 効果的なTOEIC学習のコツ

 

これをあなたにお届けしたいと思います。

 

適切な計画を立てて、しっかりと実行すれば、

200点UPも実現可能!

 

必見です!

 

 

計画を立てる前にすべき3つのこと

チックタックつま先, 愛, 中心部, 再生, チェック ボックス, 戦略ゲーム

ではさっそく!

と、計画を立てたいところでしょうが、ちょっとお待ちください!

 

 

計画を立てる前にやるべきことが、3つあります。

 

それは

  1. 現状(スコア)把握
  2. 決戦日(受験日)決め
  3. 目標スコア設定

 

 

では、1つずつ見ていきましょう。

 

 

自分の現状を把握する

受験経験者は、最新スコアを確認しましょう。

 

「最新スコア=あなたの現状の実力」と考えます。

 

 

受験未経験者は、

まずは自身のおおよそのスコアを測りましょう。

 

スコアを測る方法は、主に2つ。

  • 予想問題集で予想スコアを出す
  • e-testで予想スコアを出す

 

予想問題集を使う場合は、

新形式対応のテキストを使いましょう。

 

 

オススメは「TOEIC L&R テスト 至高の模試600問」。

(Amazon)

5点刻みで予想スコアを算出できるこのテキスト。

より正確に、現状の力を把握することができます。

 

 

「書店に行く暇なんてない!」

そんな方にオススメなのは、「e-test」

 

スマホでTOEIC模試を受けることができるんです!

しかも、試験時間は30分!

 

興味のある方は、こちらからどうぞ。

 

 

さあ、これで現状把握は完了です。

 

 

受験日を決めて申し込む

続いては、決戦日を決めて、申し込む!

 

ポイントは、

2~3か月後の受験日を選ぶこと。

 

 

実際、受験申込できるのは、最短でも2か月弱先のテスト。

 

したがって、

最短のTOEIC、もしくは、その次のTOEICが良いでしょう。

 

そうすれば、ちょうど2~3か月の学習期間を確保できます。

 

そして日程を決めたら、申し込んでしまいましょう!

決意が揺らいでしまう前に^^;

 

 

目標スコア定め

最後は、目標スコア決めです。

自分の現状と受験日までの日数から、判断しましょう。

 

ポイントは

到達可能だと思える目標スコアを設定する。

 

心のどこかで「無理~」って思うスコアはダメってことです。笑

途中で挫折してしまいますからね。

 

現実的なラインとしては、

現状スコア+100~200点が無難でしょう。

 

 

とはいえ、これは

  • 現状のスコアレベル
  • 確保できる勉強時間
  • 気合 笑 などなど

によっても変わってきます。

 

自身の状態を分析して、設定すると良いですね。

 

 

ちなみに、あるデータを参考としてご紹介します。

目標スコア達成に要する学習時間がグラフ化されています。

(参考:A Teacher’s Guide to TOEIC)

 

ひとつの目安として活用してみてくださいね。

 

 

東大生の英語勉強法が無料で学べる
この記事を読んでくれているあなた限定で、東大生の効率的な勉強法が学べる公式LINEへ無料で招待します。今だけ、東大生が書いた2つの書籍も無料でプレゼント

勉強計画を立てよう

時間, 時間管理, ストップウォッチ, ビジネス, 計画, 時計画, 組織

やっと準備が整ったところで、計画を立てていきましょう。

 

ポイントは、3つです。

 

  1. 2種類のスケジュールを立てる
  2. 苦手分野中心の学習計画を立てる
  3. 試験前には演習を多く取り入れる

 

 

では、1つずつ見てみましょう。

 

 

2種類のスケジュールを立てる

2種類のスケジュールとは

  • 1日単位での計画
    (例:2/2~7 リスニングPart3,4)
  • 1日の中での計画
    (例:18:00~19:00 語彙演習+暗記)

 

このような2種類の計画を作ります。

 

 

ここでのポイントは、

過密スケジュールにしないこと!

 

予定通りにできない日もあります。

ですから、詰めすぎないことが大切です。

 

もしくは、

ズレること前提に、調整日を設定する

というのも、とっても有効ですよ!

 

無理のない計画が、継続のコツです。

 

 

とはいえ、いざ計画を立ててみると…

 

「勉強時間をなかなか確保できない…。」

って気づくことって、ありますよね。

 

そんなときに有効なのは、隙間時間の活用

 

1日の中で、意外と見つかる隙間時間。

このちょっとした時間も、勉強に使うことができます。

 

  • 英語学習アプリで語彙学習
  • スマホで英語ニュースを聞いてリスニング 

などなど。

 

ちょっとした時間でも、できることはたくさんあります。

 

まとまった学習時間を確保しづらいときは、

隙間時間の活用計画も立ててみるのも良いですね。

 

 

ちなみに、

隙間時間学習でオススメなのは、YouTube!

 

 

勉強計画は苦手分野中心に

さあ、大まかな計画ができてきましたね。

あとは、学習内容を埋めるのみ!

 

リスニングテストとリーディングテストを

バランスよく取り入れていきましょう。

 

 

ただしその際、

苦手な分野の学習に重点を置くこと。

 

 

そのためには、

どの分野が苦手なのかを知ること

が不可欠。

 

 

最後に解いたテストから、

得点率の低い分野を洗い出しましょう。

 

その分野に重きを置いた計画にしていきましょう。

 

とにもかくにも、己の弱点を知る。

これが、スタートです!

 

 

試験前は演習中心に組む

さあ最後は、演習あるのみです!

 

演習のメリットは

  • 学習の成果を確認できる
  • 時間配分の感覚をつかむことができる

 

 

特に、TOEICテストは、時間配分が命!

 

時間配分の感覚は、

演習を積まないと身につかないんです!

 

 

ですから、

本番前1~2週間は、演習を多く取り入れましょう。

 

 

ただしその際、注意すべき点は、

復習時間も計画に組み込むこと。

 

「演習」と「復習」は必ずセット!

 

要は、解きっぱなしにしないってことですね。

 

 

演習と復習を重ねていけば、スコアUPは必至。

必ずセットで行いましょう。

 

 

これで、効果的な計画の完成です。

あとは、実行あるのみですね!

 

 

苦手分野克服の秘訣

キー, 古い, 花, ノスタルジックです, ビンテージ, マーガレット, さび

では最後に、学習のコツをご紹介しましょう。

 

多くの受験者が苦手とする

  • リスニングテスト Part 3、4
  • リーディングテスト Part 5、7

 

この2分野を取り上げたいと思います。

 

具体的な対策法を知りたい方、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

リスニングテスト Part 3, 4

リスニングで難解なのは、やはりPart 3、4。

苦手意識の強い方も多いのでは?

 

このPartが難しい要因は、放送内容+選択肢の長さ

 

これを克服するには、

日々の地道な学習しかありません。

 

  • 英語のニュースを聞く
  • シャドーイングを取り入れる など

 

コツコツと実力をつけていくしかないでしょう。

 

 

とはいえ、いくら力をつけても、

本番の解き方次第で、その力を発揮できないんです!

 

 

ですが実は、

そんな悲劇を防ぐ解法テクニックがあるんです!

 

 

それは、「選択肢の先読み・縦読み」

  • 「先読み」・・・放送より先に選択肢に目を通す
  • 「縦読み」・・・選択肢を縦にざっと読む

 

これだけで、回答の精度がグッと上がります!

 

 

では、いつ「先読み」を始めるのか。

 

それは、リスニング試験開始の瞬間!

 

試験や Part 1 の説明なんて聞きません。

開始と同時に、Part 3・4 の選択肢を読み進めます。

 

一度目を通すだけでも、回答速度は断然UPするんです。

 

計画的な学習にこのテクニックが加われば、鬼に金棒です!

 

 

リーディングテスト Part 5、7

多くの受験生が苦手なリーディングPart。

 

それはやはり

  • 語彙・文法のPart 5
  • 長文読解のPart 7

ではないでしょうか。

 

この2つのPartの克服に必要なことは

  • 語彙・文法力の強化
  • 正しい時間配分

 

Part 5は当然ながら、

Part 7でも語彙・文法は欠かせません。

 

語彙が分からないと、長文の読みようがありませんからね^^;

 

 

そこでオススメなのは、このテキストを使った学習。

TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問

めちゃくちゃ頻出の問題が、1049問収録されています。

この1冊で、Part 5完全攻略できちゃいます!

 

詳しい学習法はこちら。

『TOEIC文法でる1000問』だけで完全攻略? その真相と効果的な使い方に迫る!

Part 5 が苦手な方は、試す価値アリです!

 

 

そしてもう1つ重要なのは、時間配分

 

TOEICテストは、時間配分が命。

 

特に、リーディングテスト。

時間配分だけで、スコアは大きく変動します。

 

なんと100点変わることも・・・!

 

 

その原因は、Part 7 のとてつもない分量。笑

 

Part 7を解き終えることができるか。

これが、スコアにとっても影響するんですね。

 

 

したがって、リーディングスコアUPには

語彙力+時間配分の感覚が不可欠!

 

時間配分についてもっと知りたい方には、こちら。

「TOEIC」の時間が足りないあなたへ!攻略の秘訣、教えます!! これであなたも、高得点者の仲間入り!!

 

以上、知っておくと役立つテクニックのご紹介でした。

 

 

ですが、これはあくまでもテクニック。

 

計画に基づいて、コツコツ学習することには勝りません。

効果的な計画を立て、着実に力をつけていきましょう!

 

 

英単語を超効率に覚える書籍を無料プレゼント
期間限定で英単語を超効率に覚えるテクニックを解説した書籍「英単語のトリセツ」を無料でプレゼントしてます。LINE友達追加するだけで5秒以内でもらえます。

まとめ

TOEICの勉強は、2~3ヶ月間の計画を立てて行う。

 

計画を立てる前にすべき3つのこと

  • 現状把握
  • 受験日決定&申込み
  • 目標スコア設定

 

スケジュールの立て方のポイント

  • 2種類のスケジュールを立てる
    ⇒1日単位と1日の中でのスケジュール
  • 苦手分野に重点を置く
  • 試験前には演習を多く組み込む
    ⇒演習と復習を1セット

 

さあ、計画を立てたら、あとは実践あるのみ!

 

隙間時間も有効に活用して、どんどんスコアUPしちゃいましょう!

 

隙間時間の学習には、このYouTuberもオススメ!

満点所持者のモリテツさんのTOEICテクニックです。

morite2・モリテツこと森田鉄也の英語とは?【大学受験生・TOEIC受験者必見】

東大生が教えるスコアUP法はこちら。

 

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、

工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  



現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が

最新英語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、

ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。

 ※書籍はお持ちのスマホ・PC ですぐに読むことが可能です。

書籍と同時に受け取れる公式LINEのコラムでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  



最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です