英熟語の覚え方には秘訣アリ⁈覚え方のコツと効率的な勉強法

英熟語を覚えられない…」

そんなあなたへ朗報です!

 

実は、英熟語の覚え方には、4つの秘訣があるんです。

 

 

その秘訣とは

  1. まとめて覚える
  2. 前置詞に注目する
  3. 使用シーンを想像する
  4. 語源から推測する

 

この方法を知れば、英熟語をずっと簡単にマスターできます。

 

さらに!

効率的な英語学習法も紹介していきますよ。

 

英熟語を覚えるのが嫌いな方。

気になる詳細をぜひチェックしてくださいね。

 

 

【運営者プロフィール】
東大生英語教師ジャック
"勉強法"をトコトン追求し、最短効率で東京大学に現役合格。TOEIC935点取得。 勉強法を発信したYoutubeチャンネルは登録者8000人超え。 ジャックの無料公式LINEは1000人以上が登録。1ヶ月の勉強でTOEICの点数が800超えたり、英語が絡む仕事に転職したり、ネイティブとストレスなく話せる人が続出。

英熟語の覚え方のコツ


英熟語とは「単語+単語」の組み合わせ。

 

単語が組み合わさることで、意味が大きく変わる英熟語も多いです。

 

それでは、英熟語の覚え方のコツのご紹介です。

 

 

まとめて覚える

英熟語って、同じ単語を使っていることが多いですよね。

 

特に多いのが、「動詞+前置詞」パターン

 

例えば、「look」を使った英熟語。

可能な限り、思い浮かべてみましょう。

  • look in~ (中をちょっとのぞく)
  • look out~ (用心する、気を付ける)
  • look for~ (探す、得ようと求める)
  • look on~ (傍観する、眺める)

などなど、まだまだたくさんありますよね。

 

いずれも、同じ単語「look」に関するもの。

ですが英熟語になると、意味が多様になりますね。

 

それゆえ、頭が混乱してしまいがちなんです。

 

 

ですが、その対策法はとってもシンプル。

 

同じ単語の英熟語は、まとめて覚える。

 

ややこしいからこそ、

頭を整理しながら、まとめて覚えてみましょう。

 

シンプルですが、これがベストな方法です。

 

 

前置詞に注目する

英熟語をどうしても覚えられない…。

 

そんな時は、前置詞に意識を向けましょう。

 

 

同じ単語なのに、英熟語では意味が違う理由。

 

それは、

前置詞に影響を受けているからですよね。

 

 

ということで、

前置詞から英熟語を覚える方法のご紹介です。

 

 

そもそも前置詞とは「in、out、for、on」など。

短い単語が多いですよね。

 

 

ですが、各前置詞には、意味があるんです。

たとえば、こんな感じです(一例)。

  • 「in」…何かの中にある
  • 「out」…外にある(⇔in)
  • 「for」…どこに向かうのかを表す
  • 「on」…表面上

 

このニュアンスを頭に入れて、先程英熟語を見てみましょう。

  • look in
    見る+何かの中➡︎「何かの中をのぞく」

 

  • look out~
    見る+外➡︎「外を見る」➡︎「用心する、気を付ける」

 

  • look for~
    ➡︎見る+どこに向かうのか➡︎どこにあるのか見る➡︎「探す・得ようと求める」

 

  • look on~
    ➡︎見る+表面上➡︎表面上を見る➡︎「傍観する、眺める」

 

このように、

前置詞に影響を受けていることがわかりますね。

 

前置詞のニュアンスを知る。

これが、似た英熟語でも混乱しなくなるコツです。

 

 

使用シーンを想像する

実際に、自分が熟語を使うシーンを想像する。

これも、英熟語を覚えるのに効果的です。

 

 

look for~を使った文章を考えてみましょう。

 

たとえば、こんなシチュエーションはどうでしょう。

約束の時間が迫っているが、財布が見当たらない…。

 

そんなときに発する言葉は、

I’m looking for my wallet!
(私は財布を探しています!)

という感じでしょうか。(必死な感じ)

 

このように、想像して英文を作ってみるんです。

 

ポイントは、身近なエピソードを使うこと。

 

日常生活でありうるシーンをイメージします。

そうすると、記憶に残りやすくなるんです。

 

 

このイメージを利用した覚え方。

始めは、うまくいかないかもしれません。

 

「イメージを使って何かを覚えるのは初めて…」

という方。

 

まずは、

イメージを使って英単語を覚える練習を取り入れてみては?

 

その方法は、この記事で詳しく紹介されています。

「英単語の成り立ち」を理解するだけで単語が10倍覚えやすくなる

 

 

語源から推測する

英熟語には、単語の意味とは全く違う意味になるものも。

 

そんなときは、語源から推測して覚えるのが効果的!

 

 

例えば、「a piece of cake」

普通に訳すと「ひと切れのケーキ」ですよね。

 

ですが、こんな会話ではどうでしょう?

A: Can you pick me up tonight?(今夜迎えに来てくれる)

B: A piece of cake.

このような会話な場合。

「ひと切のケーキ」は、明らかにおかしいですよね。

 

実は、この「a piece of cake」。

「朝飯前だよ、簡単だよ」という意味もあるんです。

 

なぜ「朝飯前だよ、簡単だよ」という意味も持つのか。

 

これには、諸説あります。

が、有力な一説は、語源から推測できるんです。

 

「ひと切れのケーキ」って、すぐ食べられますよね。

 

つまり、

「簡単なこと」=「朝飯前」というわけです。

 

いかがですか?

 

一見かけ離れた2つの意味。

ですが語源から推測すれば、繋がりが見えてきますね。

 

 

このようなものは、他にもたくさんあります。

 

たとえば、「out of the blue」という表現。

直訳すれば「青の中から」ですね。

 

実はこの表現には、

「思いがけなく、突然」という意味があります。

 

同じように、語源から推測してみましょう。

さあ、繋がりはみえてきましたか?

 

気になる正解は、この中です。

英語の面白いことわざ【10選】英語ならではの表現・文化を学ぼう!

 

 

 

東大生の英語勉強法が無料で学べる
この記事を読んでくれているあなた限定で、東大生の効率的な勉強法が学べる公式LINEへ無料で招待します。今だけ、東大生が書いた2つの書籍も無料でプレゼント

効率的な英語学習法

さあ次は、効率的な勉強法についてです。

 

この方法を取り入れて、英熟語もマスターしていきましょう。

 

 

定期的な復習

唐突ですが、「エビングハウスの忘却曲線」。

耳にしたことはありますか?

 

これは、

忘れるまでの時間と記憶の関係を表した曲線。

(出典:Wikipedia

 

この図から読み取れることは

  • 1回の勉強で覚えたことは、すぐに忘れる
  • 繰り返し勉強すると、記憶を定着できる

 

「なかなか英熟語を覚えられない。」とお悩みの方。

 

当然です。

人間は忘れる生き物なんですから。

 

この忘却曲線が証明してくれています。

 

 

この忘却曲線から読み取れる重要ポイント

 

それは、

繰り返し勉強すると記憶を定着できること

 

つまり英熟語を覚えるには、

定期的な復習が欠かせないんですね。

 

 

たとえば、今日覚えた英熟語を明日も復習する。

 

このように定期的な復習をする。

これが、英熟語学習にもとても効果的です。

 

 

英文を作成

定期的に復習して覚えた英熟語。

 

その知識を植え付けるには、アウトプットが不可欠です。

 

 

オススメなアウトプットの方法。

 

それは、

覚えた英熟語を使って英文を作ること。

 

 

作る文は短くてOK。

 

大切なのは、覚えた英熟語を使うこと。

これは、英熟語の復習にもなりますね。

 

つまり、アウトプットするメリットは2つ。

  • 記憶に定着する
  • 復習になる

 

 

ただし、ただ英文を作るだけでは不十分。

 

作った英文を覚え込みましょう。

 

書いて覚えるタイプの人は、ひたすら書く。

声に出して覚えるタイプの人は、ひたすら音読。

 

これで、復習と記憶の定着の完成です。

うまく学習に取り入れてみてくださいね。

 

 

洋楽を聞く

洋楽の中では、英熟語がたくさん使われています。

 

読むことにも書くことにも疲れた…。

そんな時は、洋楽を聞いてみましょう。

 

ここでは、おすすめの洋楽を2つご紹介します。

  • ビートルズ『Yesterday 』
  • アナと雪の女王から『ありのままで』

 

 

まずは、ビートルズ「Yesterday」から。

 

さっそく聴いてみましょう。

0:28から始まる部分を取り上げてみます。

3行の中で、英熟語が3つも使われています。

 

歌詞

Suddenly I’m not half the man I used to be
There’s a shadow hanging over me
Oh, yesterday came suddenly.

使われている英熟語はこちら。

  • not half:まったく、少しも~ない
  • used to:かつては~していた
  • hang over:~を覆う

 

この英熟語なくして、この曲の歌詞は理解できませんね。

 

ちなみに、和訳はこちら。

突然、僕はこれまでとまったく違う人間に
僕を覆う影が
昨日は突然やって来た

 

続いては、アナと雪の女王から。

さっそく聴いてみましょう。

0:19から始まる歌詞はこちら。

正しく聞き取れてましたか?

The snow glows white on the mountain tonight
Not a footprint to be seen
A kingdom of isolation
and it looks like I’m the Queen

ここに出てきた英熟語は、こちら。

  • Let it go:そのままにしておく
  • not a ~ to …:~ひとつ…しない
  • it looks like:~のようだ

 

 

ちなみに、和訳はこうなります。

今夜、雪は山で白く輝き
足跡ひとつ見られない
孤独の王国
そして私はここの女王のよう

このように、洋楽にも英熟語は不可欠。

好きな洋楽で、英熟語を学んでいきましょう。

 

 

まとめ

英熟語の覚え方のコツ

  • 同じ単語の英熟語はまとめて覚える
  • 前置詞の意味に注目する
  • 使用シーンを想像する
  • 語源から推測する

 

英熟語を覚えられない。

そんな時は、この英熟語の覚え方を思い出してみてくださいね。

 

 

効率的な英語勉強方法

  • 定期的な復習
  • 英文を作成

 

勉強に疲れたら、洋楽を聞きましょう。

曲中の英熟語を学んでいくと良いですね。

 

気分転換にもなりますよ。

 

 

その他、Youtubeを用いた学習もオススメです。

日常の学習に疲れたとき、ぜひ試してみてくださいね。

 
英単語を超効率に覚える書籍を無料プレゼント
期間限定で英単語を超効率に覚えるテクニックを解説した書籍「英単語のトリセツ」を無料でプレゼントしてます。LINE友達追加するだけで5秒以内でもらえます。

【P.R】東大生の英語勉強法が学べる1400円の書籍を無料プレゼント中


読者さんには正しい英語勉強法をぜひ知ってもらいたくて、

工夫次第ではたった数週間でもTOEICの点数を100点単位であげることができます。  



現役東大生であるEnglish Loungeの運営者が

最新英単語学習法をまとめた書籍と一緒に学べるので、

ぜひ英語学習の本質を知るためにも一読してみてください。

 ※書籍はお持ちのスマホ・PC ですぐに読むことが可能です。

書籍と同時に受け取れる公式LINEのコラムでは、
  • 「英語で年収を100万アップさせる方法」
  • 「東大も合格できる、どんな試験にも使える勉強法」
  • 「3倍充実した海外旅行法」
など、英語学習の成果を最大化する方法がストーリー形式で学べます。  



最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事を書いた人

山崎
山崎
TOEIC950点取得。某大手オンライン英会話講師、英検教材作成、翻訳など英語に関わる仕事を経験。
現役高校英語教師を務めながらライターとしても活動中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。